【ライトユーザー向け】流行りのWatchTowerをUmbrel Ver 0.5.0に導入した際の備忘録

【ライトユーザー向け】流行りのWatchTowerをUmbrel Ver 0.5.0に導入した際の備忘録

WatchTowerとはなんぞやという方はYuyaさんの記事を参照してね、あと本記事は引用だらけなので予めご了承ください。(SpotLightのLightning記事充実しすぎ問題)

・UmbrelにSSHで接続する

SSHでの接続方法が分からない方は以下piyoさんの記事内で詳しい手順が解説されています。

WatchTowerを使うためにはlnd.conというファイルに追記する必要があるのですが、そのlnd.confの場所がUmbrel Ver0.5.0から変わってしまったのでVer0.5.0を利用している人は以下のコマンドからconfファイルの編集をしましょう

sudo nano /home/umbrel/umbrel/app-data/lightning/data/lnd/lnd.conf

あとは先人たちの記事を参考に

[Wtclient]
wtclient.active=1

の二行を適当な場所に張り付け追加し、ctrl+X の後にYを押し、Enterで上書き保存

Dockerを再起動させるのがスマートだけど素人なのでUmbrelの設定画面から本体ごと再起動を実施。

しばらくしてLightning Nodeを開き、立ち上がっているかを確認する。

この状態だとまだ立ち上がっていないので待機、チャネルが表示されてオンラインになってきたらLNDgアプリを開く。

メニューからTowerをクリックする。

Towerの状態が表示されるので、下部のAdd A Watch TowerからLN+/Voltageのウォッチタワーを追加する。

こちらもおなまえさんの記事を参考に

赤枠部に

023bad37e5795654cecc69b43599da8bd5789ac633c098253f60494bde602b60bf@iiu4epqzm6cydqhezueenccjlyzrqeruntlzbx47mlmdgfwgtrll66qd.onion:9911

と入力して「OK」をクリック。

追加されたらミッションコンプリートです。

12時間後に確認したらちゃんと機能してるっぽいです。

余裕があればUmbrelとは別の環境に自前のWatchTowerやノードの死活管理ができるものを構築したいなぁと思います。(お気持ち)

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

スマートウォッチなどのガジェットがメインのブログ「ずいずいBASE」を書いています。 ブログやTwitterで書ききれないものなどはこちらに書いていこうと思います!

Share

Popular stories

【ドタキャン△】ジモティーとかいうメルカリより民度のやべぇフリマアプリを使った感想とトラブル事例

3258

バイナンスから手数料180円程でJPYC(Polygon/xDai)を手に入れるお得なルート

3006

「男の娘風俗」に行ったらこの世の理不尽さを痛感した話

2647