日吉大社の大戸開き神事(東本宮篇)と、能「高砂」の「四海波」の謡い

日吉大社の大戸開き神事(東本宮篇)と、能「高砂」の「四海波」の謡い

日吉大社の大戸開き神事(東本宮篇)と、能「高砂」の「四海波」: 伝統芸能づくしの新春・オニオニパニック・弾丸ツアー(1月1日篇 その2)

「四海波静かにて 国も治まる時つ風 枝を鳴らさぬ御代なれや 逢ひに相生の 松こそめでたかりけれ」

(能「高砂」の謡いのなかの「四海波」のところの冒頭の言葉。参考文献:佐成謙太郎(1941年)「高砂」,『謡曲大観第3巻』,明治書院,1864~1865ページ.)

ここでは、2020年1月1日に、日吉大社でおこなわれた「大戸開き」という神事についてお話したいとおもいます。

大戸開き神事というのは、日吉大社で毎年1月1日の朝5時からおこなわれる儀式です。大戸開きの儀式は、日吉大社の、西本宮の本殿の正面の扉と、東本宮の本殿の正面の扉の、それぞれの扉をあけておこなわれる儀式です。

先日は、この「大戸開き神事」の前半部分である、西本宮での一連の儀式のほうを紹介しましたので、今回は、後半部分である、東本宮での一連の儀式のほうについてお話したいとおもいます。

「大戸開き神事」の前半部分である、西本宮での一連の儀式がおわったあとは、神職の方が担ぐ松明を先頭にして、神職の方々や、参拝者のみなさんが列になって、東本宮まで歩いていきます。

この下のURLの動画は、西本宮から歩いてきた人々の行列が、東本宮の門をとおって東本宮の本殿へ行くまでのようすです。

 


東本宮の大戸開きのようす(東本宮の大戸開きのときの、神職の方による「おおー」という警蹕(けいひつ)の声と、扉がきしむ音)

 


東本宮の大戸開きの祝詞(のりと)

 

能「高砂」のなかの「四海波」の部分について

この下の動画は、日吉大社の「大戸開き神事」でおこなわれる儀式のひとつである、東本宮の本殿の前の拝殿でおこなわる、能「高砂」(たかさご)のなかの「四海波」(しかいなみ)の部分謡い(うたい)の映像です。

また、この動画の下にある文章は、「四海波」(しかいなみ)謡い(うたい)の言葉と、その現代語訳です。

「四海波静かにて 国も治まる時つ風 枝を鳴らさぬ御代なれや 逢ひに相生の 松こそめでたかりけれ げにや仰ぎても ことも愚かやかかる世に 住める民とて豊かなる 君の恵みぞありがたき 君の恵みぞありがたき」

(現代語訳:天下静穏、国もよく治まって、吹く風も枝を鳴らさぬ泰平の御代です。このような大御代に生まれて、相老となるのはほんとうにめでたいことです。申すまでもないことながら、このような泰平の御代の民として生まれあったことは、わが大君の厚い大御恵みによることで、ほんとうにありがたいことです。)

(能「高砂」のなかの「四海波」の部分。(参考文献:佐成謙太郎(1941年)「高砂」,『謡曲大観第3巻』,明治書院,1864~1865ページ.))

 

「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」

 

http://wisdommingle.com/

 

 

(この記事には、有料部分はありませんので、ご注意いただければとおもいます。m(_ _)m)

100