倉田幸暢

倉田幸暢

たくさんの人が、目を輝かせて生きている社会は、きっと、いい社会なのだろうとおもいます。 https://wisdommingle.com/memorandum-of-intent/

「あの王墓から想像される絶対権力者の王が、どうして、このように、鬼神をおそれたのであろうか」

画像1:古代中国の殷王朝の時代の青銅器(簋(き)(英語表記:gui)) 「この多様にして広大な大陸は、悠久の時の流れのなかで、世に比類ない美術を生み続けてきた。神話と呪術に裏づけられた鬼神の美術は、やがて怪力乱神を敬して遠ざける人間の美術となった。それらの多くは、死者を慰めるために大地に埋められ、数百年、数千年の時を経て掘り起こされ、現代に衝撃をはしらせる。」 (出典: 〔序文〕 (1981年) 樋口隆康(著者), 菅谷文則(著者), 繭山康彦(著者), 陳舜臣(著者), 利根山光人(著者), 林巳奈夫(著者), 岡村秀典(著者), 『新潮古代美術館 10 : 鬼神と人間の中国』, 新潮社, 7ページ.) ●画像1:の出典: "Gui (vessel for serving grain) China Shang Period 13th century BCE Bronze" by Mary Harrsch on Flickr (License: CC BY 2.0).https://www.flickr.com/photos/mharrsch/20155596255/    画像2:中国の安陽(現在の河南省安陽市)にある、古代中国の殷王朝の時代の殷墟から出土した青銅器(司母戊鼎(しぼぼてい)(英語表記:Si Mu Wu Ding))の複製品(レプリカ) 「商王は絶対の権力をもっていた帝王であった。安陽の殷墟から発見された王墓には、大量の奴隷や動物を犠牲として、ほうむり、多くの財宝をみたした。あの王墓から想像される絶対権力者の王が、どうして、このように、鬼神をおそれたのであろうか。権力者でももっていた人間の弱さをかいまみるようである。」 (出典: 樋口隆康 (1981年) 「古代中国の祭祀」, 「鬼神の世界」, 「中国古美術の展開」, 樋口隆康(著者), 菅谷文則(著者), 繭山康彦(著者), 陳舜臣(著者), 利根山光人(著者), 林巳奈夫(著者), 岡村秀典(著者), 『新潮古代美術館 10 : 鬼神と人間の中国』, 新潮社

「あの王墓から想像される絶対権力者の王が、どうして、このように、鬼神をおそれたのであろうか」

『石山寺縁起絵巻』第1段に描かれた比良明神と、水神の証(あかし)

『石山寺縁起絵巻』〔模写〕〔一部分〕第1段詞書(ことばがき) 『石山寺縁起絵巻』〔模写〕〔一部分〕第1段絵図 比良明神(ひらみょうじん)(岩に座して釣り糸を垂れる老翁)と、良弁僧正(ろうべんそうじょう)『石山寺縁起絵巻』〔模写〕〔一部分〕第1段絵図 「この姿はいづれも水神としての要素をあらわし、なかでも釣竿は水界を支配する表象であると解釈して、「釣をする老翁は、水界支配に関わり、水路さらには土地の教導者」としての神であるという」(出典: 阿部泰郎 (1980年) 「二節 白鬚明神: 比叡山縁起」, 「四章 比良山の神々」, 「一、比良山系をめぐる宗教史的考察: 寺社縁起を中心とする」, 『比良山系における山岳宗教調査報告書』, 元興寺文化財研究所, 48ページ.)  えの!   しま!!  どーん!!!(」・ω・)」 (〉・ω・)〉 (/・ω・)/ どうも、倉田幸暢です。m(_ _)m   滋賀県大津市石山寺(滋賀県南部)に、石山寺(いしやまでら)というお寺があります。 この石山寺の縁起(お寺の起源についての伝説)を描いた、『石山寺縁起絵巻』という絵巻物があります。 この『石山寺縁起絵巻』のなかには、ぼくが研究し

『石山寺縁起絵巻』第1段に描かれた比良明神と、水神の証(あかし)

『三井寺仮名縁起』に記された、園城寺(三井寺)の南院の鎮守神としての三尾明神の伝承

『三井寺仮名縁起』(『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』(1927年出版)所収) 『三井寺仮名縁起』(『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』(1927年出版)所収) 『園城寺縁起』『三井寺仮名縁起』(『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』所収) 『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』(『三井寺仮名縁起』が所収されている本) 『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』

『三井寺仮名縁起』に記された、園城寺(三井寺)の南院の鎮守神としての三尾明神の伝承

酒呑童子の赤い鬼瓦(?): 比叡山延暦寺の根本中堂の屋根にある酒呑童子のような色をした赤い鬼瓦

(この上の動画の 1:20~ 現在の根本中堂の赤い鬼瓦の映像) ぼくはいま、酒呑童子(酒天童子)の伝説について研究しているのですが、酒呑童子(酒天童子)の伝承を構成する重要な要素のいくつかは、比叡山延暦寺に代表される天台教団(天台宗の教団)がつくったといわれています。(くわしくは、こちらの記事をご覧ください。) そうしたこともあってか、比叡山延暦寺には、酒呑童子(酒天童子)の伝説とのつながりをかんじるモノがいろいろあります。たとえば、伝説のなかで酒天童子が変化した楠の巨木をおもわせる、比叡山延暦寺の根本中堂の本尊である薬師如来像の御衣木(造仏のために使用される霊木)やその跡地、また、まるで酒呑童子(酒天童子)のような色をした赤い鬼瓦、などなどがあります。 今回は、そういったもののなかから、比叡山延暦寺の根本中堂の赤い鬼瓦について、お話してみたいとおもいます。 この下の絵図は、江戸時代後期に制作された「延暦寺根本中堂他造営絵図」という絵図です。(※この下の絵図は、元の原画を模写したものです。) 「延暦寺根本中堂他造営絵図」〔模写〕(比叡山延暦寺の東塔地区にある伽藍を描いた絵図) この下の絵図は、この上の「延暦寺根本中堂他造営絵図」のなかの、根本中堂が描かれている部分を拡大したものです。すこしわかりにくいですが、この根本中堂の絵図のなかの、屋根の棟木(むなぎ)の左端(ひだりはし)のところに、赤い鬼瓦が描かれています。(※この下の絵図は、元の原画を模写したものです。) <p style="text-align: c

酒呑童子の赤い鬼瓦(?): 比叡山延暦寺の根本中堂の屋根にある酒呑童子のような色をした赤い鬼瓦

ハロハロでフロフロなごちゃまぜ体験と、自動生成でお名前入れちゃいました画像

ハロハロ!でフロフロ! ハロハロ!(≧∇≦)ノ〃 とつぜんですが、「ハロハロ」(Halohalo、Halo-halo)というのは、タガログ語で「ごちゃまぜ」を意味する言葉だそうです。(※ タガログ語というのは、フィリピンでつかわれている言語です。) なにを隠そう、ぼくは、ある本のなかにあった、「ごちゃまぜ」という言葉をきっかけにしてブログをやり始め、 しかも、そのブログのタイトルを、「(いろいろなものを)ごちゃまぜにする」というニュアンスを込めた、「mingle」(ミングル)(まぜる)という言葉を入れた「WisdomMingle.com」(ウィズダムミングル・ドットコム)というタイトルにし、 おまけに、メタバース(仮想世界)のなかにつくった2つの図書館にも、「Mingle Mangle Library」(ミングルマングル・ライブラリー)(ごちゃまぜ図書館)という名前をつけてしまうほどの、ごちゃまぜ好きであり、 なおかつ、なにかと、おもしろおかしいかんじの、ファンキーなあいさつの言葉が好きなぼくとしては、 「ごちゃまぜ」という意味をもっていて、しかも、なんだかウキウキするような語感のある、この「ハロハロ!」という言葉は、まさに、あいさつの言葉としてつかうのに、うってつけな気がします!d(≧∀≦)b これからは、ことあるごとに、なにかと、意味もなく、「ハロハロ!」「ハロハロ!」言ったりするかもしれませんが(笑)、どうか、あたたかく見守っていただければうれしいです。m(_ _)m   ちなみに、この記事の冒頭にあった画像は、(本来は、)ちょっとしたプログラムによって、元の背景画像のうえに、任意のテキスト文字を表示させる、というかたちで自動生成された画像なのです。(ですが、この記事では、諸事情により、ただの画像にしています。) その自

ハロハロでフロフロなごちゃまぜ体験と、自動生成でお名前入れちゃいました画像

「画家が、これを使えば腕が上がるという筆を手にしたら、自分の描く絵でそれを使ってみたいだろう」

「これはまるでラテン語の勉強について語っているみたいじゃないか。ラテン語を勉強しても就職には役に立たない(まあ、古典の教授を除いては)。でもそれはあなたの心を豊かにし、 英語なり何なりの実際に使う言葉をよりうまく使えるようになる。〔中略〕 だとしたら、もしエリックが言うようにLispが良いプログラマを作るなら、Lispを使ってみちゃあどうか。画家が、これを使えば腕が上がるという筆を手にしたら、自分の描く絵でそれを使ってみたいだろうと私は思うんだ。」(出典: ポール・グレアム『ハッカーと画家 : コンピュータ時代の創造者たち』174ページ.)     「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」   https://wisdommingle.com

「画家が、これを使えば腕が上がるという筆を手にしたら、自分の描く絵でそれを使ってみたいだろう」

『寺門伝記補録』に記された、園城寺(三井寺)の長等山の地主神としての、三尾明神の伝承について

ぼくはいま、酒呑童子(酒天童子)の伝説について研究しています。その研究のなかのテーマのひとつとして、「酒天童子は、比良山地の地主神である比良明神と同一視されている」という説について、いろいろと調べています。(くわしくは、こちらの記事をご覧ください。) そうして調べていくなかで、滋賀県の湖西地域をはじめとする、琵琶湖周辺の各地には、比良明神(ひらみょうじん)や、白鬚明神(しらひげみょうじん)や、三尾明神(みおみょうじん)などの名前で呼ばれる、「老翁の姿をした神」についての伝承が残っていて、しばしば、それらの神々が同一視されたり、混同されていたらしい、ということがわかってきました。 また、その現象の周辺には、どうやら、比叡山延暦寺に代表される天台教団(天台宗の教団)の存在が見え隠れしているようだ、ということもわかってきました。 ちなみに、酒呑童子(酒天童子)の伝承を構成する重要な要素のいくつかは、天台教団がつくったといわれています。そうしたこともあり、比良明神(ひらみょうじん)をはじめとする「琵琶湖周辺の各地に点在する、老翁の姿をした神々」の伝承が、天台教団の手を通じて、酒呑童子(酒天童子)の伝承へとつむがれていったのではないかな、とかんがえたりしています。 この下の引用文では、そうした「琵琶湖周辺の各地に点在する、老翁の姿をした神々」の伝承のいくつかが紹介されています。この引用文は、『日本の神々: 神社と聖地 第5巻 (山城・近江)』という本からの引用です。  琵琶湖を中心とした近江の各地には、老翁(老いたる神)が姿を表わす物語が点在する。たとえば甲賀郡水口在大岡寺の甲賀三郎譚で知られた『神道集』の「諏訪縁起」、蒲生郡奥島の大島奥津島神社の縁起「大島鎮座記」などがそれである。さらに大和国の長谷寺所蔵の『長谷寺縁起絵巻』中巻には、長谷観音の御依木となるべき仏木を運ぶ場面がみられるが、それを守護する「三尾(みお)明神」が老翁の姿で描かれている。同じ場面は白鬚神社にほど近い高島町大字音羽の長谷寺の「白蓮山長谷寺縁起」にもみられる。(出典: 橋本鉄男(著者), 谷川健一(編集), (1986年) 「白鬚神社」, 「湖西地方」, 「近江」, 『日本の神々: 神社と聖地 第5巻 山城・近江』, 白水社, 348~352ページ.) 今回は、このような、「琵琶湖周辺の各地に点在する、老翁の姿をした神々」のなかの、三尾明神(みおみょうじん)についての記述がある文献を紹介したいとおもいます。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazon

『寺門伝記補録』に記された、園城寺(三井寺)の長等山の地主神としての、三尾明神の伝承について

『大嶋神社・奥津嶋神社文書』で、釣垂岩のような岩で釣り糸を垂れる白鬚明神(比良明神)の末裔の翁

ぼくはいま、酒呑童子(酒天童子)の伝説について研究しています。その研究のなかのテーマのひとつとして、「酒天童子は、比良山地の地主神である比良明神と同一視されている」という説について、いろいろと調べています。(くわしくは、こちらの記事をご覧ください。) そうして調べていくなかで、滋賀県の湖西地域をはじめとする、琵琶湖周辺の各地には、比良明神(ひらみょうじん)や、白鬚明神(しらひげみょうじん)などの名前で呼ばれる、「琵琶湖に釣り糸を垂れる老翁の姿をした神」についての伝承が残っているということがわかってきました。 ここでは、そうした比良明神についての伝承のひとつとして、『大嶋神社・奥津嶋神社文書』に記されている伝承を紹介したいとおもいます。 (ちなみに、いずれは、このテーマについての研究成果をまとめて、本(電子書籍)として出版する予定ですので、期待していてください。) 『大嶋神社・奥津嶋神社文書』滋賀大学経済学部附属史料館(編纂) 大嶋神社・奥津嶋神社の所在地の地図<br /

『大嶋神社・奥津嶋神社文書』で、釣垂岩のような岩で釣り糸を垂れる白鬚明神(比良明神)の末裔の翁

ごちゃまぜ図書館の分館をメタバース(仮想世界)のDecentralandの中につくってみました☆

Decentraland(ディセントラランド)のメタバース(仮想世界)のなかに、「ごちゃまぜ図書館 Decentraland分館」(Decentraland Branch of Mingle Mangle Library)をつくってみました。 そして、そこに、『百鬼夜行絵巻』(ひゃっきやこうえまき)(Hyakki Yakō Emaki)の絵画を飾ってみました。 この下のURLは、Decentraland(ディセントラランド)のなかの、「ごちゃまぜ図書館 Decentraland 分館」がある場所(地図上の位置(横,縦): -128,-78)のURLです。この下のURLにアクセスすることで、「ごちゃまぜ図書館 Decentraland) 分館」に行くことができます。 (※ 現在は、スマートフォンでDecentraland(ディセントラランド)の仮想世界(メタバース)にアクセスすることはできません。ですので、デスクトップパソコンや、ノートパソコンなどで閲覧していただければとおもいます。) 「ごちゃまぜ図書館 Decentraland 分館」の場所のURL(地図上の位置(横,縦): -128,-78)(Decentraland Branch of Mingle Mangle Library)https://play.decentraland.org/?position=-128,-78 (参考)(この下のURLのページは、Decentraland(ディセントラ

ごちゃまぜ図書館の分館をメタバース(仮想世界)のDecentralandの中につくってみました☆

鬼学会の会報誌が届きました!ぼくの論文も掲載されています

世界鬼学会の会報誌が届きました!今回の会報には、ぼくが書いた論文も掲載されています。 その論文の題名は、「香取本『大江山絵詞』の「平野山」と「近江国かが山」: 比叡山延暦寺による土地領有権説話としての酒呑童子譚」です。 この論文は、下記のURLでも見ることができます。https://wisdommingle.com/bookshelf/article/hiranoyama_ouminokunikagayama/hiranoyama_ouminokunikagayama_020.pdf   ちなみに、世界鬼学会(鬼学会)というのは、鬼好きな人たちや、鬼に興味がある人たちが集まる、すてきコミュニティーです。鬼学会の拠点は、酒呑童子伝説の舞台である大江山の中腹にある、日本の鬼の交流博物館(愛称:鬼博(おにはく))です。 日本の鬼の交流博物館(鬼博(おにはく))がある京都府福知山市大江町は、鬼にまつわる3つの伝説が残る鬼伝説の地です。その3つの鬼伝説というのは、つぎの3つの伝説です。 ・「酒呑童子の伝説」(源頼光(みなもとのよりみつ)の鬼退治伝説)<

鬼学会の会報誌が届きました!ぼくの論文も掲載されています

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

先日の著名人Twitterハッキング事件により、久々にビットコインの事を思い出したという方も多いのではないでしょうか。 今回の事件で世の中的には、“ビットコイン=詐欺・やっぱり怪しい”のイメージを強める結果になってしまったかもしれませんが、そんな人たちにこそ是非触れて頂きたいのは、“マスタリング・ビットコイン”の著者アンドレアス・M・アントノプロス氏の講演動画や著作たち。 中でも初期の講演集を集めた『ザ・インターネット・オブ・マネー』は、なぜテクノロジーとしてのビットコインが、インターネットに次ぐ革命的発明なのかが初心者にもよく分かる分かりやすい例えと含蓄に富むお話の数々で構成された素晴らしい名著となっています。 ですが、現在の所、残念ながら日本語版は未発売です。 なので訳しました。※出版元から公開の許可は得てあります。公開したらアンドレアスさんにもリンクで伝えてくれと言われましたので、アンドレアス近々Spotlightへ降臨ですわお! ここに集う方々にはすでに基本情報かもしれませんが、復習もかねてお楽しみください。ではどうぞ! こんにちは、アテネの皆さん。本日は、お招きいただきありがとうございます。 ディスラプトが必要なんですか?私は持ってますよ。 いや、私が持ってるのは正真正銘の革命です。 これからお話しするのは最もエキサイティングで興味深く、そしておそらくもっとも重要な技術革新、ここ20年の間のコンピューターサイエンスの分野における最も価値のある発明です。 今日はビットコインの事をお話しに来ました。皆さんもおそらく以前に聞いた事があると思います。 簡単なチェックをしてみましょう。今日より前からビットコインについて耳にした事がある方は何人いますか? わかりました。いい集まりですね。ではビットコインを保有しているという人は? ますますいい感じです。 ビットコインはデジタル・マネーです。ですが、それ以上のものです。ビットコインをデジタル・マネーと言うの

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

ローソンPBのパッケージデザインをくわしくみる

ローソンのPBが変更されて、賛否両論ありますね。 ネガティブな意見が多いように思いますが、個人的にはすごく好みなデザインで、これからの時代にもぴったりな変更だなーと思ってます。 その変更について、デザイナー目線から考察していきます。 デザイナー目線といってもデザインのことだけ書くのではなく、ローソンのビジネス的な話からデザインへ深掘りをしていきますので、最初の方は退屈かもしれません!   もくじ IR資料から読み解くローソンの戦略 戦略とデザインの関わり 変更したデザインのポイント まとめ   1. IR資料から読み解くローソンの戦略 [IR資料] ローソンは令和から「マチのほっとステーション」というスローガンを掲げています。他のコンビニとは違い、店内で作ったお弁当、惣菜の販売や手渡しのコーヒー販売など、ローソンはマチや人に対して美味しさだけではなく温もりを提供しています。 そうした個性とは裏腹に、店舗数は大幅に増えているものの、売り上げは少ししか上がっておらず、営業利益率は下がっています。   実質、コンビニとして1番になれないことが確定しているに近いデータです。 私がローソンの社長だったら間違いなくやばい、と思います。これから人口減少が進み、景気も悪くなりコンビニで物も買えないような貧困層が増えていきます。そんな中、この伸び率では着実に衰退していくことが見えています。 資料にもそう予測する文章があります。 私は、平成時代に大きく成長したような、品揃えも営業時間も一律なコンビニエンスストアのあり方は、今後、社会の変化とともに当然変わっていくべきではないかと思います。今、社会全体でも一人ひとりのお客さまのなかでも、世の中の非常に多様な価値観を互いに 認め合う流れがどんどん生まれてきています。そこ

ローソンPBのパッケージデザインをくわしくみる

UTXO and Account

普段はレイヤー2のライトニングネットワークについて調査することが多いんですが、今回はビットコインのレイヤー1で扱われるUTXOと呼ばれるものについて調査したのでその備忘録を残したいと思います。余談ですが、今回はUTXOと対比されることがあるイーサリアムのAccountについても触れていてます。両者は対比されることがありますが、今回は善し悪しではなく、それぞれの仕組みと違いについて書いていきます。 UTXO型モデル UTXOとはUnspent Transaction Outputの略称で、「未使用なトランザクションアウトプット」と訳され、このアウトプットがビットコインにあたります。例えば、以下の図のような3つのトランザクションがあった場合、未使用なトランザクションアウトプットはTx1のOut[1BTC]、Tx2のOut[2.4BTC]、Tx3のOut[0.8BTC]とOut[0.6BTC]となります。そして、これらのアウトプットを合計すると4.8BTCとなり、これがビットコインの残高となります。このビットコインの残高管理をUTXO型モデルと呼びます。 私たちの財布の中には大小さまざまな小銭が入っていると思いますが、それらを合計しないと残高が分からないことに似ていますね。 ビットコインのブロックのデータ構造は以下の図のようになっています。これは後ほどイーサリアムのデータ構造と比較するために記載するので読み飛ばしてもらって構いません。

UTXO and Account
100

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう4!バイト代をBitcoinで受け取ろう!

  音楽家の内橋和久、住宅確保給付金の申請結果を報告「フリーランスとはフリーター、職安に行けと言われた」引用:https://matomame.jp/user/yonepo665/58dea3f681ee43f55356 いいですか行政の皆さん!“フリーランス”と“フリーター”は全然別のものなんですよ!ましてや自分で探してきたタスクをこなしてビットコインを稼ぐマイクロランサーは、もっともっと違うものなんです! マ、マイクロランサー?? 今日、ご紹介する#サト活サービスは、前に紹介した小さなタスクをこなす事でビットコインが貰える内職系サト活サービス第2弾です! Microlancer.io それでは、いつものように登録➜バイト➜報酬GET➜出金までの流れを光の速さで見ていきましょう⚡ <h2

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう4!バイト代をBitcoinで受け取ろう!

【途中経過発表】Bitcoin プレゼントキャンペーン

キャンペーンが開催されて1週間が立ちました。ここで、これまでに投稿された記事のアクセス数トップ10の途中経過発表をしたいと思います。 キャンペーン詳細は以下よりご確認できます。 途中経過発表なので、同じユーザー様がランクインしている場合もあります。お1人様1度限りの当選となりますので、最終結果発表時(2020年5月10日)に同じユーザー様がランクインしていた場合、繰上げ当選となります。 まだまだチャンスがあるので、どしどし参加してください!!! 途中結果発表は以下よりご確認ください!

100

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう3!無料ゲームでBitcoinをゲットしよう!

前回は、リツイートなどの小さいタスクをこなしながらビットコインをゲットできる内職系#サト活サイトをご紹介しました。 でも聞こえてくるのはこんな声: 『そんなんチマチマたらたらやってられっかタリーんだよ!ただでさえこちとら自宅に幽閉状態でストレスたまってんだ。好きでもないおっさんのつぶやきをえんえんリツイートなんかしてられるかっての。』 わかります。今の若者風に言えば、わかりみが深く、仏道を願ふに似て、闘諍をこととす。 [訳]:Twitter上での自己への執着がはなはだしく、仏道を願うように見えながら、争い事ばかりしている。(徒然草) それでは今日もKatakotoさんがつれづれなるままに、日暮らし、PC画面に向かいてネットに浮かぶよしなしごとから見つけてきたこんな#サト活情報はいかがでしょうか。 ゲームをダラダラ遊んでるだけでビットコインが貰える! “Bitcoin Bounce” 遊び方は、めちゃくちゃ簡単で、バウンスするビットコインボールをタップにて軌道をコントロールしながら、地面に落ちているチケットを集めていくだけ。 ソフトバンク千賀のフォーク(世代的には野茂)みたいにタップで軌道をストンと落としながら、ボールをブロックから落とさないよう進めていくだけの単純なゲームながら、やってみると結構中毒性が高いです。どれぐらい高いかと言うとこれぐらいだバー――ンッ!!! 堂々の世界ランク14位!時給で換算してみたら、0.1JPYという驚愕のレートがはじき出されました。 貯めたチケットへの抽選が毎日1回行われ、当選すれば順位に応じたSatoshiが貰えるようになっています。 <img

₿コツコツ集めるBitcoin #サト活を始めよう3!無料ゲームでBitcoinをゲットしよう!
100

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 16

“信用するな、検証せよ”についての考察 “「証拠は得られた」王様がいった。「では、求刑を!」”引用元:不思議の国のアリス ビットコインは従来の通貨を置き換えるか、少なくとも代替通貨を提供することを目的としている。従来の通貨は、米ドルのような法定通貨であれFortniteのV-Bucks(ゲーム内通貨)のような現代的な独占的通貨であれ、中央集権化された権威によって拘束されている。両方の例において、あなたはあなたのお金を発行、管理そして流通させる中央集権的権威を信用しなければならない。ビットコインはこの拘束を解き放つ。ビットコインが解決する主な問題は、信用の問題である。 “従来の通貨の根本的な問題は、それを機能させるために必要なあらゆる信用である。 […] 必要なのは、信用の代わりに暗号的証明に基づく電子決済システムである。”サトシ ビットコインは、中央サーバーや信用できる主体を持たず、完全に分散化されることにより信用の問題を解決する。信用できる主体どころか、信用できる第三者すらない。以上。中央の権威がない場合、単純に信頼すべき人も誰もいない。完全な分散化こそがイノベーションなのである。これこそが、ビットコインの強靭さの源であり、ビットコインが今も生き残っている理由である。分散化はまた、我々がマイニング、ノード、ハードウェア・ウォレット、そしてそうブロックチェーンを有している理由でもある。“信用”すべきなのは唯一、我々の数学と物理学の理解が完全に的外れではないということと、マイナーの過半数が(彼らがそうするように動機づけられているように)誠実に行動すると言うことのみである。 通常の世界は“信用するが、検証する”という仮定の下に動くが、ビットコインは“信用するな、検証せよ”という仮定の下に動いている。サトシはビットコイン・ホワイトペーパーの導入と結論部分の両方で、信用を取り除くことの重要性を非常に明確にした。 “結論: 我々は信用に基づかない電子取引のシステムを提案してきた。

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 16

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

MakerDAOと信用創造の考察
1,000

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

MakerDAOの債務危機に関して
1,000

コロナ狂想曲~金融篇

皆さんおはようございます。和尚です。 このパンデミック状況に、金利をほぼゼロにして中小企業を救おうとしている政府でありますが、 「俺も借りられないのかよぉ!」 という人々から相談を受けてお陰さま?でむちゃくちゃ忙しい私です。 とある人には 「和尚は人の不幸につけこんで商売しとるなー」 とか言われますが、私からやらせてくれ!と営業してやってるわけではないのでお許しください。 というわけで、これについての一席を。

コロナ狂想曲~金融篇
100
description

zjwpx9g78を購入しました。

-100
card_giftcard

Culi-zusiさんから swvl22eb1が購入されました。

100
create

swvl22eb1を投稿しました。

-100
card_giftcard

サトウさんから tiltnqxky へ投げ銭がありました。

10
card_giftcard

サトウさんから tiltnqxkyが購入されました。

100
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-500
description

tih6jfn0nを購入しました。

-100
card_giftcard

紫雲和尚さんから xtcw00biyが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから xtcw00biyが購入されました。

100
create

xtcw00biyを投稿しました。

-100
create

bkndqz9smを投稿しました。

-100
description

45kq5417lを購入しました。

-100
card_giftcard

Motokanさんから xvk3cff8dが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから 2s0xiwco8が購入されました。

100
card_giftcard

紫雲和尚さんから xvk3cff8d へ投げ銭がありました。

88
card_giftcard

紫雲和尚さんから xvk3cff8dが購入されました。

100
create

xvk3cff8dを投稿しました。

-100
create

2s0xiwco8を投稿しました。

-100
create

5mmc34qekを投稿しました。

-100
create

fbta9v24cを投稿しました。

-100