(スーパー機関)富達投資:貨幣圏はあと10倍!

(スーパー機関)富達投資:貨幣圏はあと10倍!

よろしければ、身近にビットコインを遊んでいる友達をお勧めして注目してください。サポートありがとうございました

G 7(7カ国グループ)はデジタル通貨について合意し、財務長官は、どの世界の安定貨幣も基準なしに開始すべきではないと声明した。監督層にとっては,グローバル安定貨幣は法定通貨の悪夢であるため,この意見の統一はほぼ必然的であり,現在世界の代表的な安定貨幣にはUSDT,USDC,また面識もなく流産しているLibraがあり,前両者の発行はコンプライアンス以外であり,後者はコンプライアンスによる発行を図っており,結果としてSECという第一関も経過していない。Facebookのような世界の数十億のトラフィックを持つプラットフォームが安定貨幣を発行すれば、世界の通貨システムをどのように覆すかを考えてみてください。イギリス人はアメリカに買い物に行って、もうドルを両替する必要はありません。カンボジア人は日本に行って、日本円は必要ありません。皆さんはLibraで定価と取引を完成すればいいです。この遊び方は、紙幣の大権を握っている監督層を半殺しにしたこのような考えを持つ者は,急いでそれをゆりかごの中で殺しなければならない.このことは、ブロックチェーン技術がすごいことを証明することができ、この革命は遅かれ早かれのことだろう。

スーパー機関の富達投資グループは新たな報告書を発表し、数兆ドルがビットコイン市場に参入すると報告するとともに、同研究主管は、50兆ドルの債券市場に1%の資金がビットコインを配置すれば、暗号通貨の時価を5兆ドル(現在は3620億ドル)に引き上げると予測しており、驚くべきことだ。すなわち,富達という報告によれば,暗号化市場の増幅には少なくとも10倍以上の余地があることが期待される.。また、富達はこの報告書で投資家にアドバイスを与え、投資家がポートフォリオの5%をビットコインに割り当てることを提案しており、これも投資配置割合のアドバイスを与えており、皆さんは自分のポジションに応じていくつか調整することができます。ここ数年校長は暗号化資産の投資を個人総資産の10%程度に抑えてきたが,原因の1つは本当に有望であることであり,その2つは私の年齢層では投資が比較的急進的であることである.。ご参考までに。富達はこの報告書で、ビットコインが将来的に成熟した独立資産になることを排除しないという観点も示している。つまり、将来的に株式市場と金の連動性が再び弱まり、自分の独立相場から抜け出すことになる。

また先週から、米国の上場企業11社がビットコインを購入する情報を次々と開示しており、今日では4社の上場企業がドイツ、オーストラリアなどからの情報を開示している。つまり、米国の機関投資家に促されて、世界のビットコイン購入の波が続いており、暗号化市場の未来を有望視し、購入して持つことが正道である理由がある。資産管理大手のStone Ridgeも最近、ビットコイン1万枚を購入し、約1億15億ドルの価値があることを明らかにした。同時に階調の管理資産は63億ドルに達しており、時価は貨幣価格の上昇に伴い上昇している。

                                              市場分析

ビットコイン:取引所ビットコインの純流入量は低下し続けており、オプション市場のコールオプションはコールオプション価格に対して最近最低となっている。前者は供給量の持続的な減少を意味し、後者は機関や大戸たちのオプション市場での強気が高まり続けていることを意味する。貨幣圏にとって唯一不確実なのは米国の総選挙と、刺激法案が成立しないか、あるいはトランプ氏が再びブラックスワン事件を起こした場合、貨幣圏は一時的な衝撃を受ける可能性がある。市場の大資金は総選挙の着地を待っている。この変数が着地した後、トランプ氏もバイデン氏が当選しても、貨幣圏は自分の相場から出てくると信じている。だから校長は11月の総選挙後の相場をよく見ていますが、これからは10000以上で積極的に購入すべきです。短期的には、今日の反弾量が不足しており、一定のコールバック予想を備えているか、それともその言葉に暴落の基礎がなく、コールバックがあれば加倉することができ、大幅なコールバックがあれば大幅に加倉することができる。

ETH:圧力位では量が上昇し、一定のコールバック需要があり、全体的に主流貨幣より強くなり、購入することができる。

XRP:昨日は量を上げず、短期的にチップ密集区を形成し、必要な量を突破するためには、そうでなければ動揺相場に移行した。

LINK:この流れはまだ終わっていないようで、今日は回復して一定の強さを示しており、引き続き保有することができる。

BCH:昨日1本の陽線が4日間の振動をすべて食べたが,リバウンドの傾向が確認され,継続可能であり,圧力位265−270であった。

LTC:李デブは今日話をしました。LTCはプライバシー強化機能を統合していて、来年メインネットワークにアップグレードすると言いました。そして引いて、それからなくなりました。幸い昨日の戻し量は大きくなく、リバウンドを続ける機会がありました。

画像1

100

記事を書いた人