信用創造(貨幣創造)

信用創造(貨幣創造)

はじめに

本ブログはイギリス中央銀行が発行した「Money creation in the modern economy」の記事を意訳したものです(動画はここから参照できます)。この記事では、普段私たちが教科書や経済書籍などで習う信用創造の仕組みには大きな誤解があることを大胆不敵にも指摘しています。最初は狐に摘まれたように感じるかもしれませんが、何度も読むことで信用創造の仕組みや中央銀行の金融政策に対する真理を理解できるものと信じています。

原文はCredit creation(信用創造)ではなく Money creation(貨幣創造)という言葉を使っていますが、本ブログでは信用創造の誤解を解くために敢えて信用創造という言葉を使い解説していきます。

 

概要

  • このブログでは、どのようにして銀行が貸し付けを行うことでお金が作られるかについて解説しています。
  • 実際の信用創造は、教科書などで説明されているものとは異なっています。銀行は預金者の預金を貸し出すための単なる仲介者ではなく、また、中央銀行のお金の量を操作することで市場の預金と貸出を創出しているものではありません。
  • 信用創造によるお金の量は最終的には中央銀行の金融政策に依存します。通常時は、これは政策金利によって実施されます。また、中央銀行はQEを通して直接マネーストックの量に影響を与えることができます。

 

信用創造についての2つの誤解

大部分のお金は銀行の預金によって形成されています。しかしこの預金(以降、ストックマネーと呼ぶ)がどこから来るかについて誤解されがちです。1つめの誤解は、銀行は預金者の預金を貸し出すための単なる仲介者と考えられている点です。この考えでは、家計がお金を預けることで預金が作られ、その預金を企業へ貸し出します。実際は、家計がお金を預けると、その預金はモノやサービスの支払いのための支出として使われます。その預金自体が銀行へ貸し付けるための利用可能資金とはなりません。

2つめの誤解は、中央銀行が、中央銀行のお金の量を操作することで市場の預金と貸出の量を決定するという、いわゆる「貨幣乗数」によるアプローチです。この考えでは、中央銀行は準備預金(Reserve)の量を決定する金融政策を実施します。そして、ここではストックマネーとベースマネー(いわゆる日銀当座預金の合計)の一定比率があると仮定されており、準備預金が乗算されてより大きな預金と貸出に繋がるというものです。しかし、実際には中央銀行はベースマネーを操作するのではなく金利を操作する金融政策をとっています。

参考書などの手順とは逆で、まず最初に銀行がいくら貸付を行うかを決めます。この貸付量は後に説明をする収益率などを考慮して決定されますが、これには金利が大きく依存しています。この貸付の決定によって預金量が決まります。そして、その預金量がいくら中央銀行の準備預金に必要になるかに影響を与えます。

 

信用創造の現実

貸付によって預金が創造される

ストックマネーは家計や企業が保有する預金通貨のことで、流通市場における97%がこのストックマネーです。銀行がお金を貸し付ける時、例えば家計が家の購入時に住宅ローンを組む時に、銀行はその住宅ローンと同じ量の預金をその家計の口座に振り込みます。この瞬間に新しいお金が作られます

このプロセスを図を使って示します。

3段目の図に示すように、新しい預金が消費者の資産として追加され、また新しいローンが負債として追加されます。同様に、新しい資産と負債が銀行のバランスシートにも追加されていることが分かります(2段目の図)。

新しいストックマネーが消費者のバランスシートに追加されている一方で、中央銀行のお金の量(これをマネタリーベースと呼びます)に変化が無いのが見て取れます(1段目の図)。

上記の説明で、銀行は預金からのみ貸付ができるという考え方とは対照的だと言えるでしょう。預金通貨は銀行が家計ににいくら貸しがあるかの記録にすぎず、預金通貨は銀行にとっての負債であり、資産ではないのです。これに関係した1つの誤解に、「銀行は日銀当座預金を家計や企業に貸付ができる」というものがあります。日銀当座預金は銀行間でのみ貸し借りができるもので、そもそも家計は日銀に口座を持つことができません。

お金の創造と消滅のその他の方法

100

コメント(1件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

これ、高学金融教育受けている人ほど分かってないんだよね〜。究極の認知的不協和。