ライトニングネットワークによる為替取引・資金移動の備忘録

資金移動に関しての海外サービス企業による考察は、中継者が盗むことができない仕様になっているから、資金移動ライセンスは不要と考えているみたい(記事はこちら

また、為替取引や資金移動よりも、AML/CFT(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策)の方が日本含め世界のトレンドだとは思うのでとりあえず、金融庁と日銀が公開しているレポートを掲載しておく(日銀は単にブロックチェーンのスケーリング手法を紹介しているだけ)

ResearchPaper_MRI_ja.pdf (fsa.go.jp)

ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応 (boj.or.jp)

LNノードを運用することが規制対象になるかは分からないが、オフチェーン取引だけではあまり意味がなく、取引所やオンチェーンスワップとの接点をKYCやモニタリングすればいいんじゃないかなと、それで資金洗浄等の監視はできると思う。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1477

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

896

猫でも分かるLightning Network解説!

739