Umbrelサーバーを冷やす

Umbrelサーバーを冷やす

この記事をクリックした皆さんはきっとUmbrelのサーバーをラズベリーパイかなんかで動かしているかと思います。

皆さんはサーバーを冷やしていますか?私は冷やしていませんでした。

ある日、下駄箱にデプロイしていたサーバーの様子を見てみると、とんでもない高温になっていました。まるで炎天下で放置された石のようでした。

私のサーバーにはファンが付いていないので、夏の影響もあってどんどん熱が上がったのでしょう。かわいそうです。

熱ければ冷やせば良い。冷やすには風。風といえば扇風機。扇風機といえば、そう、最近キッズ達がみんな持っているこれです。

ハンディファンです。これを使います。Amazonで数千円で買えます。安いやつだと1000円とかです。

ハンディファンから生まれる風をサーバーとSSDに当てて冷やしましょう。

インストール

Umbrelサーバーへは同じネットワーク内から簡単に入れます。

ssh umbrel@umbrel.local

CPUの温度を調べるlm-sensorsをインストールします

sudo apt install lm-sensors

あとは "sensors" コマンドで温度が出力されます。

ハンディファン導入前

umbrel@umbrel:~ $ sensors
cpu_thermal-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +82.8°C

82.8度

ハンディファン導入後

umbrel@umbrel:~ $ sensors
cpu_thermal-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +74.5°C

74.5度

いい感じに温度が下がりました。ハンディファン導入前の82度だとUmbrelのweb管理画面でも「温度が高いよ」という警告が出ます。ファン導入後はこの警告も消えました。素晴らしいですね。

皆さんもUmbrelサーバーを冷やしてあげましょう。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

中国でのモナコインの最新事情

2120

なぜモナコインに価値があるのか

2007

CoinExに実装されているAMMが面白い [MONA]

775