バイクのお話

バイクのお話

今回は、Desmosedici RRのお話…。(場違い)

バイクに馴染みがない人にはピンとこないですが、

バイクレースを見ていたり、レーサータイプのバイクに興味がある人は、「オッ」ってなるかもしれません。

2007年、イタリアが誇るバイクメーカーDUCATIMotoGPで活躍した"Desmosedici GP5"をベースに市販したバイク、それが、"Desmosedici RR"です。


何が凄いのか

バイクのレースの最高峰、MotoGPで実際に走っていたレーサーバイクを殆どそのまま市販したモデルであること。


市販バイクでも、レースで実際走っているものが市販されているものは沢山あります。

私のバイクもそれ系のバイクで、WSBK(ワールドスーパーバイク選手権)に出ていたモデルで、身近には鈴鹿8時間耐久レースなんかでも出場しています。

私のバイク

鈴鹿8時間耐久レースのバイク

しかし、MotoGPは別格。

車でたとえると、F1のクラスにあたります。

レース用に開発にされ、フレームからエンジンから、全てが競技用に設計、開発されたものです。

よって、市販バイクとはいえ、値段も普通ではありません。

私のはせいぜい200300万程度に対し、50000€。当時の価格で900万にもなります!

世界で1500台しか製造されず、

特注のホイールは前後で200万!

ホイールだけですよ

各部に軽量パーツが採用されて、乾燥重量170kg

下手にスロットルをあけようもんなら、フロントアップして300キロオーバーでぶっとんでしまうでしょう

5年後に出た私のモデルよりも低排気量かつ、高回転でトルクも出る、まさに、怪物です。

正直、乗りやすさなら、私のバイクのような量産型の方が遥かに楽チンです。

しかし、実際にMotoGPで走ったモデル

センターアップの独特なデザインのマフラーから繰り出されるエキゾースト、16個のバルブとducati特有の強制開閉のバルブ(セディッチは16という意味)をもち、L2気筒のDUCATIの概念を打ち破るV4気筒の990ccのエンジン

MotoGPとほぼ変わらないエクステリア

乗りやすさなんて全く考えてない、、これぞ、夢のバイクなのです。

一応、日本では、ホンダがMotoGPでマルケスが乗る、rc213vを市販で出しましたが、コレは2000万以上!しかし、少しデザインが残念でした

で、今回なんと

友人が"Desmosedici RR"をお買い上げされることになりました

ヤバイです、、自分のことのように興奮してしまいます!

だって奥さん、、あのデスモセディッチですよ!?

電気で動く車がコレからの主流

でも、やっぱ、マシンはこうでなくっちゃ!

うるさくて、扱いにくいぐらいがちょうど良い!!

メカニカルノイズでガチャガチャしてて、ホントたまらんのです!

とにかく、楽しみです!!

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

好きなものは、釣りとバイクと旅行…仕事もきらいではないかも🤔

Share

Popular stories

活路を見出すと言うこと。

182

釣り🎣

43

クレーマー社会

40