暗号通貨で自分語り

2017年
私がビットコインを知ったきっかけは兄だった。暗号通貨というものがあり、買えば儲かる。
コインチェックのコイン一覧を見せられ、それぞれアイコンや値段が違うと思った。
何が何やらわからない私はとりあえず、兄に進められるがままなんだかおしゃれなリップルを買った。

5万円をコンビニ入金して0.2BTC購入、BTCで1,221XRPを買った。

株取引もしたことがない私にとってこれが初めてのトレードとなった。リアルタイムに自分の金が増えたり減ったりするのが衝撃だった。
その後二日と経たずにXRPを半分売りNEMを買った。(ビギナーほど安いコインを買うというのは真実だ)
声優養成所のダンスや日舞といった幼少期から運動神経を作ってきたものだけが着いていけるレッスンに早々挫折した私は、返還された入所金の半分の使い道を決めた。
bitFiyer,bitbank国内取引所も登録したし、妙なコインを求めてBittrex,Phoronix海外取引所も登録した。ETHも買った。BCH(ドラコンスレイヤー)も買った。Numeraireも買った。Byteballも買った。ecobitも買った。けれどBTCは買わなかった。

ノートを取る勉強もせず、漫然とツイッターで暗号通貨関連のツイートを見ては金を増やしたいと思っていた。そしてチャンスが来た。MONAがbitFiyerに上場しグングン値上がりしたのだ。秋葉原にCM見に行って良かった。やはりこれからはMONAだ。スマホをみると評価額は700万と表示されている、見間違いではない。人生勝った!と思った。どこまで上がる?1000万か?2000万か?

それがピークだった。MONAはするすると下降をしていった。儲けるには儲けた。が一度手の内にあった大金が消えたショックは大きかった。あのとき。あのとき。
ああ入社した会社のプログラミング研修なんてやっている場合ではなかった!

ほどなくして出川哲郎さんがテレビCMにでた。

2020年
11月暗号通貨に戻ってきた。残高は0.2BTC。
Jihanは消えていた。もうkazmaxサロンに入らない。チャートにhenashampしない。変なコイン買わない。SOONを信じない。AidosMarket早くBTC出金させて。少しづつでいいビットコインとイーサリアム、ブロックチェーン技術を勉強するんだ。DeFiも寿司や雲丹と言い出した時にちゃんと調べていれば先行者利益に乗ることができたハズだ。

BTC保有者ゼロのIT派遣会社なんて辞めた。無職の子供部屋おじさんだ。
おばあちゃんが孫のために貯めた定期預金を元手にいくで!やるで!

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

子供部屋おじさんです。会社やめて実家で夕ごはん作ってます。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

子供部屋おじさんのための愛されレシピ①

26