ヘッダー画像

8耐トライアウト

なまえ

7/28に決勝が行われる8時間耐久ロードレース、通称 "8耐" のトライアウト FINAL STAGEに行ってきました。

毎年応援しているDUCATIで出場するディライト鈴鹿さん。

今年は、まだ日本では発売前のpanigale V4Rでの出場です。

体制は、奥田選手、片岡選手、森選手の3人です。

 

文字 635字

200

コメント(2件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

楽しいですね🤨 落ち着いたらサーキット走行始めたいです!

なまえ

2輪も4輪もレースはええですね〜

関連記事

名前

神がなければ、すべてが許させる

  神がなければ、すべてが許させる ドストエフスキーのこの言葉、この意味について考えてみた。 この言葉は、実際にドストエフスキーが書いた言葉ではないのだが、著書「カラマーゾフの兄弟」の中の様々なシーンで、「すべてが許される」という言葉が使われている。また、前後の文脈からは以下のような言葉も発言されている。 「人類から不死に対する信仰を根絶してしまえば、(中略)すべては許される」 「不死がなければ、善なんてないんです」 不死という言葉が使われているが、不死=神と解釈することができる(不死

名前
サムネイル

いろいろ埋め込み

  Google Apps Redesign with Customize Feature by Hunter Carter https://t.co/dZcioiT43O <a href="https://t.co/DDozhUVoC

名前
サムネイル

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークは、ビットコインを拡張したプロトコルで、1秒に7件しか決済できない問題(スケーリング問題)を解決するために考案された仕組みです。 現在、世界中でこの仕組を実装するプロジェクトが進行中であり、Spotlightでもこの新技術を活用しています。 この仕組は、Suicaにお金をチャージする仕組みに似ており、事前にビットコインをある特別なビットコインアドレスに送金します。 一度、チャージすれば、半永久的にそのアドレスを使い、誰にでも、ライトニングネットワークに参加している相手に送金ができます。 その時の、送金手数料はわずか1円以下で、決済時間も数秒で完了します。この仕組が完成すればVisaやMasterCardの決済処理を上回ることができます。  <