FTXの裁判の状況を子供にもわかるように解説します

こんにちは、みんな!今日は、世界で一番有名だった仮想通貨の会社の社長さんが、どうして裁判になったのか、わかりやすくお話ししますね。

仮想通貨というのは、インターネット上で使えるお金のことです。みんなは、ビットコインとかイーサリアムとか聞いたことがありますか?それらは仮想通貨の種類です。仮想通貨は、特別な場所で売ったり買ったりできます。その場所を「取引所」と言います。

このお話の主人公は、サム・バンクマン・フリードさんという人です。彼は、FTXという取引所の社長さんでした。FTXは、世界で一番人気があった取引所でした。でも、去年の年末に、突然FTXが閉まってしまいました。そして、バンクマン・フリードさんは、警察に捕まってしまいました。

どうしてそんなことになったのでしょうか?実は、バンクマン・フリードさんは、お客さんから預かったお金を自分のものにしてしまったのです。それはとても悪いことですよね。それに、彼は嘘をついていたのです。彼は、自分が作った仮想通貨を高く売るために、取引所でごまかしをしていたのです。

これを知ったアメリカの政府は、バンクマン・フリードさんを訴えました。訴えるというのは、裁判官に正しく判断してもらうために、悪いことをした人に責任を取らせることです。裁判官は、バンクマン・フリードさんが本当に悪いことをしたかどうかを決める人です。

バンクマン・フリードさんは今、裁判が始まるまで自宅にいます。でも、彼は自分が悪くないと言っています。彼は、新聞やテレビや本の作家さんに話をしました。彼は、自分の元カノさんが嘘をついていると言いました。元カノさんは、バンクマン・フリードさんと一緒に仕事をしていた人です。でも、彼女は政府に協力しています。

政府は、バンクマン・フリードさんが話すことで裁判に影響を与えていると言っています。だから、政府は裁判官に頼んで、バンクマン・フリードさんを刑務所に入れてほしいと言っています。刑務所というのは、悪いことをした人が行く場所です。

裁判官はどうするか考えています。裁判官はバンクマン・フリードさんに言いました。「あなたも真剣に考えなさい」と。

みんなもわかりましたか?このお話から学ぶことは何でしょうか?それは、「悪いことをすると後で大変なことになる」ということですね。だから、「正直者が一番」ということを忘れないでくださいね。

それでは、今日はこのへんで。また次回お会いしましょう。バイバイ!

参考文献
https://www.npr.org/2023/07/26/1190364957/bankman-fried-crypto-ftx-jail-bail

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

人生がときめく投げ銭のススメ

343

人生でもてたことあります?

122

時代とそぐわないことをするという愚行

116