武蔵コイン(MUSASHIトークン)は詐欺の可能性があるのか徹底検証

皆さん、武蔵トークン(コイン)をご存知でしょうか。知らない方が多いと思いますが、今一部の人の間でとても流行っています。簡単に説明すると、DeFiトークンとしてリリースされる武将系の仮想通貨なのです。今月中旬にリリースされ、この仮想通貨は投資家たちにとっても投資家魂に火をつけると言っても過言ではないでしょう。これはまだ完全なる情報は公開されていませんが、6月中に海外などの大手メディアで大々的に報道されると思われます。それでは、武蔵トークンについて詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧下さい。

武蔵トークンが稼げる仕組み

結論から言いますと、武蔵トークン(仮想通貨)は稼げます。では一体なんで?どうやって?本当に稼げるの?と思う方がいると思います。たしかに、稼げると聞くと絶対何かあると思ってしまいますよね。でも武蔵トークンは、きちんとした稼げる理由があるのです。それが、この武蔵トークンの特徴なんです。武蔵トークンの特徴はいくつかあります。1.ジャックポットプール2.デフレスワップ3.NFT市場この3つの仕組みによって武蔵トークンの稼げる仕組みとなっているのです。それぞれどういうものなのか以下で一つずつ解説していきます。

ジャックポットプール

これは、「全ての利益の35%を、参加者全員の中から抽選をし、抽選に当たった5名に配布する」というものになります。これだけ聞くと、参加者沢山いるだろうから、5名の中に入るのは厳しいんじゃないかと思う方がいると思います。しかし、なんといってもこの仕組みの魅力の一つである、抽選頻度が高いのです。なんと、2週間に1回この抽選が行われるのです。つまり、月に2回、年に24回もチャンスがあるということになります。これを聞いたら当たる確率はかなり高いと思いませんか。しかも、この参加、無料でできちゃうんです。「武蔵トークンを保有する人全員」が参加することができるのです。なので、武蔵トークンを少なからず持っている方は、このお金持ちになれるチャンスがあるのです。これは、宝くじが当たる確率よりも非常に当たる確率が高いのです。宝くじの当選確率は、0.0000001%であり、ジャックポットプールの当選確率は、0.5%になります。数字を見ると一瞬で分かりますね。宝くじが当選するよりも、断然に武蔵トークンを保有して当選するほうが利益を得られる確率が高いと思いませんか。更に、武蔵トークンを沢山持っている方は、トークンを持てば持つほど、ジャックポットプールの抽選に当たる確率がぐんと上がります。そのため、投資家たちはこのジャックポットプール狙いで武蔵トークンにつぎ込む人が多いとされています。また、ジャックポットプールの魅力の1つに、抽選に外れた人にも「利益全体の30%」が配られるのです。抽選に外れた人にも利益があるというのは、とてもありがたいですし、稼げるのは間違いないですよね。

デフレスワップ

この「デフレスワップ」はご存知でしょうか。これは、暴落を防ぐための仕組みとなっています。武蔵トークン(コイン)を売ると、手数料が発生するため、売る側はお金がかかります。そのお金は、売る金額の4%が手数料としてかかります。しかし、このうちの2%は保有者へ配られ、残りの2%はBANされるのです。通貨には発行する量が決まっており、その量に応じて欲しい人が少なければ価値が上がります。つまり、売却されるほど価値が上がり、暴落がおさえられる。これが「デフレスワップ」の仕組みになります。

NFT市場

今年、NFTを使ったデジタルアートが数億円の値がつきましたが、武蔵トークンもNFTを使った事業展開をホワイトペーパーにて告知しています。そのため、このまま武蔵トークンの価格が上昇し、上手くいけば月に行ける可能性もあるのです。

ホワイトペーパーについて

NFT市場についての話の中で、ホワイトペーパーが出てきたので、ここではそれについてお話ししていきます。武蔵トークン(コイン)では、英語のホワイトペーパーを使い、海外への告知をしています。ホワイトペーパーに何が書いてあるか、以下でまとめてみました。

1.宮本武蔵の、武士としての生き方をヒントにして作られたもの2.武蔵ファイナンスは、ファーミング・アグリゲーター・プラットフォームの一つになることを計画しており、デジタル化することを目標としている3.内在価値、セキュリティ、プライバシーといった特徴を持っており、グループファーミングの活動の参加者数を増やす方向でいる4.武蔵トークンは、武蔵ガバナンスとファーミング報酬トークンとしての役割を担う5.ジャックポットプールという仕組みを設けており、敗者はおらず、参加者全員に最大のチャンスがある6.ユーザーの参加と武蔵トークンを使用したインセンティブ付きのリクイディティプロバイダーに基づき、リクイディティマイニングまたはイールドファーミングの報酬を提供している7.ユーザーが武蔵エコシステムに参加できるよう最大限のインセンティブ化を行い、追加報酬受け取れるようなモデルを採用する方向でいる8.ムソウスワップは、非オーダーブック非カストディアルな取引所で、分散型ネットワークにさらなる価値を付ける9.NFTマーケットプレイスの仕組みにより、ユーザーがトークン拠出のために資産を貸し出すことが可能10.デフレスワップ、ジャックポットプール、ステーキング・ファーム、その他の武蔵ファーム、リクイディティスワップ、リスティング手数料、NFTの作成とリスティング、NFT交換手数料といった利益を得ることができるモデル11.武蔵トークンの割り当て

これらの内容がそれぞれの項目に書いてあります。文ばかりで読むのが大変だと思いますので、簡単にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

ホームページが海外ウケ

武蔵トークンの公式ホームページをご覧になられましたでしょうか。「宮本武蔵の伝説」と書かれており、海外ウケを狙っているものと思われます。海外の方は、武士や侍が好きな方が多いのです。そのため、ホームページも海外の人たちに合わせて作られているのではないかと考えられ、海外の人たちの目に止まるホームページですね。

武蔵トークンのプレセールと上場予定日

武蔵トークンのプレセール前にこの記事を読んでいる方がいましたら、悩むことなく全力で、そして買える分だけ買っておくことを強くオススメします。全力で購入することで、その分の利益が返ってきます。このお話は以下で詳しく説明します。それでは、武蔵トークンのプレセールからお話ししていきます。武蔵トークンのプレセールの日程が決まりました。日程 6月15日21時〜これがプレセールの日程になります。プレセールにて、総発行量100億枚のうち、10億枚が販売される予定となっています。そして、プレセールにて購入する金額と比べて、販売利益が1.5倍になるのです。この最大の武蔵トークンの魅力が、多くの投資家たちの目を惹きつけています。そのため、プレセールにてかなりの激戦が繰り広げられると考えられます。購入する金額より、販売して得ることができる金額の方が多ければ、元を取れるどころかそれ以上の利益が出るので、みんなが狙う理由も分かりますよね。また、6月15日に全世界同時にプレセールが行われます。そのため、海外の投資家たちもこぞって参加するでしょう。

一方で、プレセールが終わるのは、7月15日である。気付いたら終わってた、なんていうことがないように、終了日を把握しておいてくださいね。

武蔵トークンの購入方法

ここまで読んで、武蔵トークンを買いたい、買おうかなと思ってくれた方が少なからずいると思います。そんな方のために、武蔵トークンの購入方法を説明していきます。1.バイナンスウォレットチェーンと自身のウォレットを連携する2.ETHまたはUSDTを購入し、ウォレットに入れておく3.バイナンスウォレットアドレスを「Your BSC wallet adddress」へ4.武蔵トークン購入枚数を「Amount of Musashi token」へ入力5.「PURCHASE NOW(購入)」ボタンをクリック

これで購入可能です。どうですか?購入する方法としては非常に簡単ではありませんか。公式ホームページにも載っているため、ぜひそちらもみて購入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで読んでいかがでしたでしょうか。武蔵トークンのプレセールがもうまもなく始まります。武蔵トークンを今まで買ったことがない人がいたら、ぜひプレセールの期間に買ってみてはどうでしょうか。購入金額よりも、販売して得られる金額の方が多い(1.5倍)ため、非常に利益を得る絶好のチャンスだと思います。公式ホームページに飛んでもらうと、武蔵トークンを購入できるところがあるため、そちらで購入してみて下さい。武蔵トークンが稼げる仕組みをわかりやすく説明してきました。そのため、この武蔵トークンの魅力を体感してみて下さい。最後まで読んで下さりありがとうございました。この記事が誰かの役に立てたのならば幸いです。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

折原です。生きてて楽しいことが何もありません。

Share

Popular stories

AfterBudgetコインについて情報をまとめましたがかなりいい仮想通貨でした

33