「自伝小説カマキリ」リメイク!

「自伝小説カマキリ」リメイク!

以前好評をいただいた、拙著「自伝小説カマキリ」をリメイクしました。途中まで読んでいただいて続きを読みたいようでしたらご購入をお願いいたします。

なお初版についてはこちらをご覧ください。完全無料ですhttps://spotlight.soy/detail?article_id=qbhvj9tyx

それでは始めます。

自伝小説カマキリ

むかしむかし、ある日、庭で遊んでいた若い少女、さくらという名前の子がいました。彼女は庭にいるカマキリを観察していました。そのカマキリの鋸のような腕に、彼女は驚きました。なぜ、こんなに歯のある腕を持っているのか、さくらは不思議に思いました。

すると、さくらの母親が言いました。「おそらく、それはカマキリが獲物を捕まえて保持しやすくするためかもしれませんよ。」

このシンプルな説明が、さくらの中で何かを刺激しました。

それからさくらは、まわりの世界を違った視点で見るようになりました。草の刃の鋸模様から、葉っぱの模様まで、何でも注意深く観察するようになったのです。物の形や姿が、その機能を大きく変えることができることに気づいたことは、さくらにとって魅力的でした。

さくらは、一つのことから学び、自然の驚異を発見し続けました。そして、それは彼女の未来に素晴らしい冒険と発見をもたらすことになるのでした。

さくらの心は、日を追うごとにますます世界への好奇心でいっぱいになっていきました。五歳の子供にしてはめずらしいほど複雑な質問を、彼女は母親にふりかけるようになりました。水はなぜ透明なのか、ヘリウムで膨らんだ風船はどうして浮くのか、など。彼女は知識を求め、ますます知りたくなったのです。

彼女の知識の探求心は、のちに大いなる冒険を導くことになるでしょう。

むかしむかし、保育園で友達のトモと一緒に遊んでいたある日、さくらは特別なことに気づきました。彼女は、一緒に遊んでいたゴムボールが、固い地面では草むらよりも跳ね返ることを観察しました。これがまた、彼女の好奇心をくすぐりました。

「なぜだろう?」とさくらは考えました。その時から、彼女の大いなる冒険が始まったのです。

さくらはこの観察を母親に話しました。母親は、それは二つの表面の硬さの違いが原因だと説明しました。硬い表面はボールのエネルギーを吸収しないため、ボールは高く跳ね返るのです。

この説明は、さくらの物理学への興味を一層高めました。そして、さくらの好奇心の冒険はますます深まっていくのでした。

さくらは歳を重ねるにつれ、物理学への傾倒心が深まりました。彼女は特に摩擦に魅了されました。それは、彼女が初めてカマキリの鋸のような腕から知った基本的な力でした。

今や十代になったさくらは、大学で物理学を学ぶ決意を固めていました。彼女の物理学への情熱は、未来への道を明るく照らし続けました。

さくらは一生懸命勉強し、日本一の名門、東京大学に入学が許されました。そこで、彼女は物理学の研究に一層の深みを加えました。彼女は特に、物質の異なる状態における性質を探究する材料科学の分野に興味を持っていました。

こうして、さくらは学問の道を突き進み、物質の奥深い謎に挑むことを決意しました。その決意は、彼女の物語に新たな章を加えることになるのでした。

材料の物理的な性質への魅力は、教科書や教室にとどまりませんでした。彼女は常に身のまわりの世界を観察し、日常の物や自然現象から洞察を得ていました。さくらは、物理的な世界を理解する際に常に独自の視点を持っていました。

彼女の不思議な視点は、さくらの物語をより豊かにし、物理学の奥深い秘密に迫る手助けをしてくれたのでした。

さくらは、ブラの完璧なフィット感がサイズだけでなく、形状や素材にも依存していることに気づきました。同じ一枚の布が異なる形に仕立てられると、ブラの美しさや快適さがどのように変わるのかに魅了されました。これは、形と素材が機能に影響を与える優れた例でした。

この物語は、さくらが学んだ物理学の不思議な世界への道を照らす一片となったのでした。

この観察からインスパイアを受け、さくらは異なる素材や形状を研究し、完璧なブラを作り出す実験を始めました。彼女の目標は、快適で美しいだけでなく、適切なサポートも提供するブラを作り出すことでした。友達たちは彼女の試作品をテストすることを熱心に志願しました。

こうして、さくらの物語は、友情と探求心に満ちた素晴らしい冒険へと続いていきました。

Remaining : 932 characters / 5 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

人生がときめく投げ銭のススメ

343

人生でもてたことあります?

123

時代とそぐわないことをするという愚行

117