MastercardがCBDC開発に参加!ブロックチェーンでお金の未来を切り開く

こんにちは、みなさん!今日は、Mastercardという大きなお金の会社が、CBDCという新しいお金の種類を作るために、RippleやConsensysというブロックチェーンという技術の会社と一緒になったことについて話します。

みなさんは、お金って何だかわかりますか?お金とは、物やサービスを交換するために使うものです。例えば、アイスクリームを買うときに、お店の人にお金を渡しますよね。それが交換です。

でも、お金にはいろいろな種類があります。紙や硬貨でできたものだけではありません。インターネット上で使えるお金もあります。それがデジタル通貨です。デジタル通貨は、コンピュータやスマホで管理できるお金です。

デジタル通貨にもいろいろな種類があります。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や暗号資産と呼ばれるものもデジタル通貨です。これらは、ブロックチェーンという技術で作られています。ブロックチェーンとは、インターネット上で情報を安全にやり取りするための仕組みです。

今回話すCBDCもデジタル通貨の一種です。CBDCとは、中央銀行という国のお金を管理するところが発行するデジタル通貨のことです。中央銀行が発行するから、信頼できるお金だと言えます。

では、なぜMastercardがCBDCを作りたいのでしょうか?それは、CBDCがお金の使い方を便利にしてくれるからです。例えば、CBDCを使えば、インターネット上で簡単に支払いができます。また、CBDCは紙や硬貨よりも安全で環境に優しいです。

でも、CBDCを作るのは簡単ではありません。どんな形や機能を持つか決めなければなりません。それには、いろいろな人や会社が協力しなければなりません。

そこでMastercardは、CBDCを作るために、ブロックチェーンという技術の会社や支払いの会社と一緒になりました。これらの会社は、CBDCの開発や試験に参加します。Mastercardは、CBDCがただ作られるだけではなくて、経済に何か良いことをもたらすようにしたいと言っています。

Mastercardは、CBDCを試すためのプラットフォームやカードも作っています。プラットフォームとは、CBDCの動きを見ることができる場所です。カードとは、CBDCを使うことができるものです。これらは、CBDCが実際に使えるようにするためのものです。

みなさんは、CBDCについてどう思いますか?CBDCがあれば、お金の使い方が変わるかもしれませんね。

それでは、今日はこのへんで。次回もお楽しみに!バイバイ!



参考文献
https://www.theblock.co/post/246140/mastercard-cbdc-ripple-consensys

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

人生がときめく投げ銭のススメ

343

人生でもてたことあります?

123

時代とそぐわないことをするという愚行

117