暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要で

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要で

100
暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要です。 コンピュータの乱数は、擬似乱数といわれて真の乱数ではありません。長い周期をとると繰り返しがみられてしまうほか、初期値(シード)の与え方がわるいと同じような数列が出てしまうことが有ります。コンピュータのランダム関数をそのまま秘密鍵の生成に使うのは暗号の安全性の基準からはよろしくありません。 多くは、コンピュータ内部の情報だけでなく、マウスの動きや、機器の電子ノイズなどの信号を取り入れて、ランダムネスを向上させています。 さて、今回手に入れたのは、プレシジョンダイスといわれるサイコロです。
100

記事を書いた人