日産のEV急速充電、北米でテスラ規格を採用について、子供でもわかるように解説します

みんな、電気自動車って知ってる?ガソリンやディーゼルなどの燃料を使わずに、電気だけで走る車のことだよ。電気自動車は、空気や水に優しいし、静かで速いし、おもしろい車なんだ。でも、電気自動車には一つ問題があるんだ。それは、電池が切れたらどうやって充電するかということだよ。

電気自動車には、家庭用のコンセントからゆっくり充電する方法と、専用の充電器から早く充電する方法があるんだ。早く充電する方法を「急速充電」というんだけど、この急速充電にはいろんな種類があって、同じ充電器で充電できる車とできない車があるんだ。それはちょっと不便だね。

日本では、日産という会社が作った「リーフ」という電気自動車が有名で、そのリーフは「チャデモ」という急速充電の方法を使っているんだ。でも、世界では「チャデモ」よりも別の方法が人気になってきているんだよ。それは、「NACS」という方法で、アメリカのテスラという会社が作ったものなんだ。

アメリカでは、テスラ以外の会社も「NACS」を使うことに決めて、たくさんの充電器を作っているんだ。アメリカ政府も、「NACS」を応援していて、お金を出してくれるんだよ。そうしたら、「NACS」がアメリカで一番多く使われる急速充電の方法になったんだ。

日産もこれからアメリカで売る電気自動車に「NACS」を使えるようにすることにしたんだって。それは、「NACS」がアメリカで一番便利な方法だからだよ。日産は日本でも「チャデモ」を使い続けるみたいだけど、他の日本の会社も「NACS」に変えるかもしれないね。

みんなは、急速充電の方法についてどう思う?コメント欄で教えてね!それではまた次回!バイバイ!

参考文献
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC19CKY0Z10C23A7000000/

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

人生がときめく投げ銭のススメ

343

人生でもてたことあります?

122

時代とそぐわないことをするという愚行

116