CoinbaseがBaseという新しい仮想通貨のネットワークを公開します!

こんにちは、みなさん!今日は、仮想通貨というお金の話をしましょう。仮想通貨とは、インターネット上で使えるお金のことです。仮想通貨には、ビットコインやイーサリアムなど、いろいろな種類があります。仮想通貨を使って、商品やサービスを買ったり、売ったりすることができます。

でも、仮想通貨にも問題があります。問題とは、困ったことや難しいことのことです。例えば、仮想通貨の取引には時間がかかったり、手数料が高かったりすることがあります。時間がかかるとは、お金を送るのに待たなければならないことです。手数料が高いとは、お金を送るのにお金を払わなければならないことです。

この問題を解決するために使われているのがレイヤー2という技術です。レイヤー2とは、仮想通貨のネットワークの上に別のネットワークを作る技術のことです。レイヤー2のネットワークでは、仮想通貨の取引を早くしたり、安くしたりすることができます。

今日は、レイヤー2のネットワークを作った会社の話をします。その会社の名前はCoinbaseと言います。Coinbaseは、アメリカで一番大きい仮想通貨の取引所です。取引所とは、仮想通貨を売ったり買ったりする場所のことです。

Coinbaseは、Baseというレイヤー2のネットワークを作りました。Baseは、Optimismという会社が作ったOP Stackという技術を使っています。OP Stackとは、レイヤー2のネットワークを作るための工具箱みたいなものです。

Baseは、8月9日に公開されます。公開されるとは、誰でも使えるようになることです。公開される前に、8月5日から仮想通貨をBaseに移すことができます。移すとは、お金を別の場所に持って行くことです。

Coinbaseは、「オンチェーンサマー」というイベントも始めました。「オンチェーンサマー」とは、「Baseでアートやアプリを作ろう」というイベントのことです。アートやアプリとは、絵や音楽やゲームなどのことです。

このイベントには、コカ・コーラやアタリやOpenSeaなど有名な会社も参加しています。コカ・コーラやアタリやOpenSeaは、飲み物やゲームやNFTを作って売っている会社です。NFTとは、インターネット上で一つしかないもののことです。

このように、CoinbaseはBaseで仮想通貨の取引を早くしたり安くしたりするだけでなく、アートやアプリを作る楽しみも提供しています。

このように、仮想通貨は便利なお金ですが、問題もあります。レイヤー2という技術は、その問題を解決するために作られました。Coinbaseは、レイヤー2のネットワークを作って、仮想通貨の世界をもっと面白くしようとしています。それでは、また次回!

参考文献
https://www.coindesk.com/tech/2023/08/03/coinbase-sets-public-launch-of-base-layer-2-blockchain-for-next-week/

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

人生がときめく投げ銭のススメ

344

人生でもてたことあります?

125

時代とそぐわないことをするという愚行

117