bigstone

bigstone

BTCの4年サイクルと長期ビジョン

BTCはご存知の通り4年に一度半減期がやってきます。BTCの価格サイクルも約4年ごとに一定のパターンを描いているという分析があります。   これは私も参考にしており、現在呼吸するようにこのサイクルが身についています。 長期の投資を考える時、このサイクルや線から、どれだけ乖離しているかということを見ています。    

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要で

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要です。 コンピュータの乱数は、擬似乱数といわれて真の乱数ではありません。長い周期をとると繰り返しがみられてしまうほか、初期値(シード)の与え方がわるいと同じような数列が出てしまうことが有ります。コンピュータのランダム関数をそのまま秘密鍵の生成に使うのは暗号の安全性の基準からはよろしくありません。 多くは、コンピュータ内部の情報だけでなく、マウスの動きや、機器の電子ノイズなどの信号を取り入れて、ランダムネスを向上させています。 さて、今回手に入れたのは、プレシジョンダイスといわれるサイコロです。

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要で

ブロックチェーンも不要?Hosted Channelとは

Lightning Networkは、ペイメントチャネル(以下、チャネルと略す)という、資金をブロックチェーン上にロックし、ロックした金額内で相手との送金を行う仕組みです。LNですらコインの送受信をするには、必ず1度は資金ロックのために、ブロックチェーンへの書き込みが必要となります。そのため、EclairなどのノンカストディLNウォレットをインストールしてもすぐにはコインの送受信ができずセットアップが必要になります。その代替案として、BlueWalletのようなカストディLNウォレットを使うユーザーが大半ではないでしょうか。 ウォレットをインストールしたら、何のセットアップもせずに直ぐに使いたい!そんな願いをかなえるべく誕生したのがPhoenixというウォレットですが、これも実際にコインを受取るためには、まずは1度ブロックチェーンにデータを書き込まないといけないため、効率的とは言いがたいです(PhoenixはDenryuシステムに似ていますが、これはここでは割愛します)。 そこで、満を持して登場したのが、僕が尊敬するAnton氏が開発しているBLW(Bitcoin Lightning Wallet)で、最近追加された機能、「Hosted Channel」です!  

ブロックチェーンも不要?Hosted Channelとは

Spotlightのポイントと規制について考える

Spotlightの残高はなぜポイントで、有効期限があるのでしょうか。 入金したBitcoinを出金できますが、これは来年からの暗号資産カストディ規制の対象にならないのでしょうか。 ポイントを仮想通貨に変えて出金できるのは、仮想通貨交換業に当たらないのでしょうか。   なぜSpoglightの残高がポイントで、有効期限があるのかを法律から考えます。 そして、Spotlightが規制の対象になる可能性があるのかどうか、考えます。 最終的には、Spotlightのポイント入出金を規制に当たらない形に整理する仮説を示します。 なお、あくまで個人の解釈として、Spotlightのサービスの設計を分析したものです。本記事を参考にされることに対して、一切の責任を負いません。 (昨日サービス内容をみて調べた情報に基づくので、勘違いがまざっていたらごめんなさい。ご指摘があればなるべく修正版をだします)

Spotlightのポイントと規制について考える

手軽にライトニングを利用する方法・ポイント

いつもはnoteやビットコイン研究所サロンで記事を書いていますが、Spotlightさんのβ版リリースを記念してこれからはこっちで書く機会を増やそうと思います。 noteでたまに投げ銭をいただけるのですが、25%くらい手数料として取られてしまいます。ですので、手数料もかからず、超少額の値段設定もできるSpotlightみたいなサービスに移りたいと思ってました! 今回書く記事は、手軽にライトニングを利用する方法・ポイントです。 いちいちフルノードを動かして、ライトニングノードをインストールして、常時接続するようにするのはハードルが高いと感じる方がほとんどではないでしょうか?私もそう思います。 ですが、少額でライトニングを利用するのであれば、ここに書いてあるステップで誰でも簡単にできます。ご紹介します。 1. 預け型のライトニングウォレットを使うBluewalletやLntxbotなど、資産を預けるタイプ(custodial)のライトニングウォレットを使う方法です。ノードの管理はいりませんし、普通にいつでも使えます。持ち逃げされるリスクやハッキングリスクなどを考えても、数百円とかなら全然問題ないですよね!(大半の人にとって、現段階では自分でLNノード管理するより安全だと思います) 2. ライトニング上のBTCをゲットする:稼ぐ場合なにかお金を払ってもらえそうな知識や、文才がある場合はSpotlightで記事を書いて投げ銭をもらい、ウォレットに出金してしまえばそれだけでLN上のBTCがゲットできますね。他にも、paywall.linkというサービスがあって、なにかリンクを紹介するのに報酬を得ることができます。(見る人は支払わないとリンクが見れない)また、「稼ぐ」なのかは微妙ですが、LntxbotのSats4Ads<

card_giftcard

kopokopaさんから juo362ip1が購入されました。

100
card_giftcard

kopokopaさんから 2okrv52irが購入されました。

100
card_giftcard

kopokopaさんから lvtmhfgvmが購入されました。

100
card_giftcard

kopokopaさんから vjwv5nry9が購入されました。

100
card_giftcard

kopokopaさんから hwt25t01qが購入されました。

100
card_giftcard

kopokopaさんから x5yzq0l7wが購入されました。

100
card_giftcard

やまとまとさんから x5yzq0l7wが購入されました。

100
card_giftcard

ねさたささんから juo362ip1が購入されました。

100
card_giftcard

賢太郎さんから juo362ip1が購入されました。

100
card_giftcard

賢太郎さんから lvtmhfgvmが購入されました。

100
card_giftcard

賢太郎さんから hwt25t01qが購入されました。

100
card_giftcard

賢太郎さんから x5yzq0l7wが購入されました。

100
description

u3bli33hqを購入しました。

-100
card_giftcard

匿名ユーザさんから x5yzq0l7wが購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから lvtmhfgvmが購入されました。

100
card_giftcard

Kokiさんから 2okrv52irが購入されました。

100
card_giftcard

Kokiさんから juo362ip1が購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから hwt25t01qが購入されました。

100
card_giftcard

hidejさんから juo362ip1が購入されました。

100
card_giftcard

hidejさんから hwt25t01qが購入されました。

100