ビトすき

ビトすき

投稿はまだありません。

昨日デフォルトしたアルゼンチン。通貨下落する中でBTCが使われるか現地調査した

はじめまして!Token Labという有料クリプト情報サイトでリサーチャーをやってるDa-です。 私は仕事がら、北米と南米に出張に行く事が多いので、現地で調べてきた色々なクリプト事情をシリーズで書いていこうと思います。   皆さんはアルゼンチンという国をご存知でしょうか?日本から見ると地球の本当に裏側、緯度で見ても経度で見ても裏側です。私はこの国にコロナウィルスで渡航を禁止されるまで、2か月に一度訪れてました。 そのアルゼンチンが昨日デフォルトしました。デフォルトについてはBitflyer加納さんのNotesが詳しいです。 デフォルトは債務不履行のことで、簡単にいうと政府の借金が返せなくなった状況です。国債の残高が増えすぎて、税収が増えずに借金が返済できなくなっています。 そして、借金の減額や支払いを延期してもらうように政府は国債を持っている人に交渉することになります。 もともと経済は悪化していたのですが、コロナがとどめを刺した感じです。企業に対して解雇禁止など60日間設けるなど中々すごいことをしています。 そんな中、アルゼンチンペソの価値は急速に下落しています。何がすごいって、2年間で価値が3分の1になっています。国内品はいいんですが、輸入品の価格が3倍になってるんですよね。 また、アルゼンチンペソからUSドルへの両替も月に$200!に制限されています。 <p style="color: #222222; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; font-

昨日デフォルトしたアルゼンチン。通貨下落する中でBTCが使われるか現地調査した

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされることがあります。c-lightningの開発をしているBlockstreamのデベロッパーであるRusty氏は以前、デフォルト手数料ポリシーを協調して各社引き上げようと提案をしたほどです。この背景として、LNノードを運用しているオペレータは手数料を調整することなく、デフォルト値のまま運用していることがありました。LNの手数料は1回の送金中継では1~10satoshiほどしか稼げません。より多くの送金を中継するには、多くのノードと接続する必要もあるため、企業などの大型LNノードや有名サービスを持っていないと、手数料を稼ぐことは現実的ではないのです。 例えば、1回の送金手数料を10satoshiと仮定し、100回/日の送金中継をした場合でさえ、10円/日しか稼げないんですね。 今回、オフチェーンの手数料市場について面白いデータを見つけたので、ちょっとご紹介をしようと思います。

ライトニングネットワークの手数料市場

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフトを動かしてマイニングしていた人物など、多く見積もって数十人というところだったでしょうから。 2013年の記事で、初期のビットコインマイニングのプライバシー面での欠陥に注目し、サトシと見られる主体をパターンから発見したというものがあったので、同じ著者による2019年の追記と合わせて意訳して紹介します。 元記事→"The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius" 追記→"The Return of the Deniers and the Revenge of Patoshi" 初期のビットコインマイナーの欠陥と「Patoshi」 欠陥① ExtraNonceが新規ブロック発見ごとにリセットしないため、マイナーを区別することができる 新しいブロックを採掘したマイナーはコインベーストランザクションというもので新規発行のコインを入手できるのですが(当時は50BTC)、初期のコインベーストランザクションにはExtraNonceという情報が記録されていました。 マイニングにおいて、新しいブロックを発見するのはNonce(ナンス)という数字を見つける作業に他ならないのですが、32ビットのナンスを1から順番に増やしていくという作業をイメージしてください。 ある程度の時間が経つと、ナンスは32ビットに収まらなくなり(オーバーフロー)、再び1から数え始めることになります。そのとき、ExtraNonceに1を加算することになっており、実際に採掘されたブロックにはナンスと採掘時のExtraNonceが記録されます。 欠陥は、新しいブロックを見つけ

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

ビットコインアート

突然ですが、ビットコインアートというものを聞いたことがあるでしょうか?世の中にはビットコインの魅力に取り付かれた人々は、何もプログラマーやエンジニアだけではなく、作家や芸術家など様々な分野で活躍している人々もいるんです。 その中でも、今回はビットコインを絵画を通して表現している1Dq氏のアートをご紹介します。実際にビットコイン支払いで購入することもできるので、サイトに掲載されていた価格も一緒に記載しました(本記事の見出し画像は、今月のビットコインの下落×新型コロナをテーマにしたものらしいです)。  

ビットコインアート

ブロックチェーンとDefiのキャッチアップ

■はじめに自身のブロックチェーン界隈のキャッチアップと整理を兼ねて、ホットな技術・サービス、特にDefi周りをまとめたいと思います。前半はブロックチェーンのおさらいで、後半はDefiの整理となってます。 ■ブロックチェーン(前半)ブロックチェーンを語る上で、まず最初に大事になるのが、それ自体の定義です。大きく分けて、(1)誰でも参加自由なパブリック型と(2)特定の参加者のみ参加可能なプライベート型に分けられます。今回はパブリック型ブロックチェーンについての課題についてみていきます。 パブリック型ブロックチェーンが抱えている問題として、処理性能の乏しさがあげられます。ビットコインを例にとると、ビットコインの1ブロック生成時間は約10分で、1ブロック(1MB)に格納される取引件数は平均2000件となっています。1秒間に3件ほどの処理性能しかないことが分かります。これでは多くの人がビットコイン取引をしようとしても処理が追いつかなくなり、決済手段として機能しないでしょう。この問題をスケーラビリティ問題といい、解決策としていくつかの改善案が提案・実装されており、これについては日銀がレポートとして公開しています。 ■スケーラビリティ問題の改善策日銀のレポートを参考に、スケーラビリティ問題の改善策について3つ紹介します。 1.オフチェーン 全ての取引をブロックに格納せず、最初と最後の取引残高のみをブロックに書き込む方法です。オフチェーン技術についてはこの記事に簡単に説明してあるので、よければ見てみてください。このオフチェーン技術を使ったプロダクトとしては、Lightning Networkが上げられます。Lightning Networkは開発も活発に行われており、今後の発展に期待がもたれています。この他に、イーサリアム上のオフチェーン技術としてRaiden Networkが存在しますが、ビットコインほど活発に使われてはいないのが現状です。 2.サイドチェーン メインのブロックチェーンからサブのブロックチェーンへ資産を移動する仕組みで、双方のチェーン上を資産が自由に移動することができます。ただし、チェーン間の資産移動をする場合のみ管理者による検証が必要となります。 ビットコインのブロックチェーンのサイドチェーンとしてLiquidといわれるものが稼動しており、これは取引所間によるビットコインの取引を目的として作られました。通常のBTC承認では10分かかるのが、Liquidのサイドチェーン上では2分で承認が済みま

猫でも分かるLightning Network解説!

ライトニングネットワークは、ビットコインを拡張した技術です。ビットコインが有名になったことで、ビットコインを使うユーザが多くなりました。それによって、送金手数料が高くなったり、送金時間が遅くなってしまいました。これを「スケーリング問題」というのですが、この問題を解決するために「ライトニングネットワーク」という技術が開発されました。   現在、ライトニングネットワークはメインネットで稼動し、多くのユーザーに使われています。ライトニングは、モバイルアプリやデスクトップアプリとして使うことができます。モバイルアプリの紹介はここを参照してみてください。   <span style="font-size: 11pt; font-family: Arial; color: #000000; background-color: transparent; font-weight: 400; font-style: normal; font-variant: normal; text-decoration: none; vertical-al

猫でも分かるLightning Network解説!
description

g29dwlz5pを購入しました。

-100
description

buiccdzbyを購入しました。

-77
description

buiccdzbyを購入しました。

-923
card_giftcard

ビトすきさんから 投げ銭がありました。

5000
description

lsi01x8qsを購入しました。

-639
description

lsi01x8qsを購入しました。

-361
description

5rzt537jkを購入しました。

-100
card_giftcard

5f84tntou へ投げ銭しました。

-306
card_giftcard

5f84tntou へ投げ銭しました。

-100
card_giftcard

5f84tntou へ投げ銭しました。

-100
card_giftcard

5f84tntou へ投げ銭しました。

-161
card_giftcard

5f84tntou へ投げ銭しました。

-110
description

5f84tntouを購入しました。

-100
card_giftcard

カラコンルさんから おねだり へ投げ銭がありました。

306
card_giftcard

カラコンルさんから おねだり へ投げ銭がありました。

100
card_giftcard

カラコンルさんから おねだり へ投げ銭がありました。

110
card_giftcard

カラコンルさんから おねだり へ投げ銭がありました。

1284
card_giftcard

カラコンルさんから おねだり へ投げ銭がありました。

100
card_giftcard

カラコンルさんから おねだり へ投げ銭がありました。

100
description

34dlu4i1kを購入しました。

-100