ヨースケ@表参道燻製堂

ヨースケ@表参道燻製堂

名古屋の今池ガスビルのカレー屋です

悟コインと存在するということ

いきなりですが、悟コインってご存じですか? フィジカル(=身体的・物理的)ビットコインと呼ばれるもので、触れるビットコインです。 ↑カジノのコインみたいです。ひとつひとつのデザインにいろいろと意味が込められてますので、詳しくは悟コインのWEBで(丸投げ) ↑裏面はシリアルナンバーと0.001Bitcoinとホログラムで描かれたシールになってます。 ↑シールを剥がすとQRコードが出てきます。 ↑QRコードを読み取ると、このような文字列が書いてあって、これが秘密鍵になっています。この秘密鍵をウォレットアプリで読み込むと0.001BTCがウォレットに取り込まれます(実際には送金手数料がかかるので0.001未満になります)。 仕組みとしては秘密鍵が書かれた紙と同じなのですが、コインという一般的なお金の形をしていることが面白いですね。 存在するということ ちょっと話が変わりますが、このコイン自体が存在するということを証明しようと思ったらどうしたら良いでしょうか? コインじゃなくても、いま手に持っているスマホでも。 実は、何かが存在していると証明することはなかなか大変で「見えるからある」と言っても、もしかしたらこれはCGかもしれないし、ぱっと見で人に見えた木は人であるのか木であるのか分からないし、今木に見えているだけで、実際はまた別のものかもしれないし、他人にはやっぱり人に見えているかもしれません。 例えば、テーブルクロスの下にコインが置かれてたとして、気づかなければ「何もない」と思ってしまうし、一回気づいて

悟コインと存在するということ
100

スポットライトポイント払いで燻製カレーが食べれるぞい!

ども。表参道燻製堂のヨースケです。 今日は、スポットライトポイントで燻製カレーが食べられるようになったよ!ってお知らせです。 スポットライト開発者のYuyaさんに教えてもらいながら決済しましたがチョー簡単! お会計に円建てで入力して ビットコイン(ライトニング)かスポットライトポイントか選んで、QRコードを生成するだけ。 これをライトニングウォレットかスポットライトでスキャンして支払うだけ。 1sat=1ポイントなのでレートは同じ。 当然ながらすぐ決済完了しました。 2年前、赤坂時代にもライトニング決済やったことあるけど、あのときはまー大変でしたw

スポットライトポイント払いで燻製カレーが食べれるぞい!
100

クラフトビールってどうなの?

ど~も~、JNWです~!お願いします~!あ~ありがとうございます!今、クラフトビールについてのリクエストを頂きました!もう、こんなんなんぼあってもいいですからね~!                                    と言う事で、今回のテーマはクラフトビールなのですが(笑)、ビールに関してはそこまで私は詳しくないので、この前クラフトビールのオンラインイベントに参加してみました。その時の様子も織り交ぜながら、色々と書いてみたいと思います。                                    早速ですが、そもそもクラフトビールって何なのでしょうか?気付けば最近は、クラフトビールブームなんかもあって、すっかり市民権を得たような印象ですが、ビールとクラフトビールって違うの?と言う素朴な疑問が湧いてきたので調べてみました。                                    すると、日本のクラフトビールには明確な定義がない事がわかりました。アメリカのクラフトビールに関しては、①小規模、②独立している(他の酒造メーカーに所有されたりコントロールされていない事)、③伝統的な製法である、と言う明確な定義があるそうですが、必ずしも日本のクラフトビールにはこの定義は当てはまらないそうです。では、日本でクラフトビールが出始めたのはいつ頃なのでしょうか?少し歴史を振り返ってみました。                                    日本では、これまでビールの製造免許取得には、年間最低生産量2,000KLと言う条件がありました。つまり大手メーカーしかビール製造に参入出来ない状況でした。しかし1994年の規制緩和により、年間最低生産量が60KLまで引き下げられました。これにより、全国に小規模な醸造所、いわゆるマイクロブルワリーが数多く誕生しました。そして、この流れで各地に生まれたのが地ビールでした。珍しいビールや町おこし目的のご当地ビールなども含め、全国に地ビールブームが巻き起こったのです。                                    しかし、当時はお土産としての側面が強く、中には未熟な醸造技術で造られた品質の低い商品もありました。そして、いつしか地ビールには高くてあまり美味しくないと言うイメージが付いてしまい、地ビールブームそのものも廃れていきました。                                    そんな中でも、一部のマイクロブルワリーは醸造技術などを磨き続け、次第に世界でも評価されるような高品質のビールを造るようになっていきました。そして、ちょうどアメリカでクラフトビールが注目され始めた2000年代に、日本の地ビールも新たにクラフトビールとして名前を変えて、登場する事になったのです。                                    さて、ざっくりとで

クラフトビールってどうなの?
100

クラフトビールってどうなの?~後日談~

みなさんこんにちは。以前、私はクラフトビールのオンラインイベントに参加しました(その時の内容はこちらです)。実はその時に、主催者の方にビールに関する質問をしていました(チャットに書き込む事で、司会者の方がリアルタイムに確認する事ができ、その場で答えていくスタイルでした)。 しかし、当日は参加者も100人以上と多く、質問の数が多かった事と、私の質問があまりにもマニアックだったために(笑)、イベント内で答えてもらう事が出来ませんでした。その後送られてきたメールには、本日頂いた質問に関しては後日ご返答させて頂きますと書かれていたのですが、私はその事をすっかりと忘れていました(笑)。 そして先日、主催者からその質問の答えが送られてきたのです!完全に忘れていたので驚いたのと、とても丁寧に回答して下さったので、今回はその内容について少しマニアックな話も交えながらお伝えしたいと思います。 さて、さっそくですが私がした質問はどんなものかと言うと、 「4VGはビールの醸造においてはポジティブなものですか?(日本酒ではあまり4VGは好意的にとられないので)」 と言うものでした。おそらくみなさん「はあ?」ってなっていると思いますが、どうか見捨てずに最後までお付き合い下さい(笑)。これからわかりやすくご説明します! まずは、4VGと呼ばれるものについてです。これは「4-ビニルグアイアコール」と呼ばれるフェノール化合物の事で、簡単に言うと酒類の香りの成分の一種です。特徴としては、燻製の様な香りやカーネーション、水彩絵の具の香りなどと言われています。 この4VGは醸造過程において発生する成分なのですが(詳しい発生メカニズムは複雑で、みなさんの読む気力を奪うので割愛します(笑))、以前日本酒やワインの勉強をした時に、4VGの香りはオフフレーバー、つまり欠陥臭としてネガティブに捉えられると教わりました。ですから私の中には、4VGは好ましくない成分と言う認識がありました。 ところが、この前のクラフトビールのオンラインイベントの時に、私はこんな場面に出くわしたのです。 ちょうどクラフトビールと燻製ベーコンを合わせる時に、主催者の方が「これはベーコンの燻製香とビールの香ばしい香りがよく合います。専門用語では4VGと言うのですが。」とコメントされたのです。 そもそも、ビールにも4VGが存在する事を知らなかったのですが、何よりこの4VGを好意的に評価している部分に私は驚いたのです。そして、ついつい先ほどのような質問をしてしまいました(笑)。 これで、「はあ?」だった質問の意味がおわかり頂けたと思うので、ここ

クラフトビールってどうなの?~後日談~
100

某ステーブルを交換してもらった話

理由 書こうか迷ったがモヤリとしたのと、口止めされていないし極秘ではないけれど表で述べるのに忌避感があるのでペイウォールに隠してスッキリします。 追記 2020/9/26 今回の記事について、読む前に必ず下記を参照して下さい。https://twitter.com/lcnem_ja/status/1309788476485677057?s=19 公式ツイによりNamespaceの期限切れは予定の行動のようです。https://twitter.com/lcnem_ja/status/1216923646070906881?s=20

某ステーブルを交換してもらった話
10,000

チップの相場

数年前、フィリピンのセブ島に行ったときのこと。     セブ島にある、シャングリラホテルに宿泊しました。   とても素敵なホテルで、フロアの中央にあるバーで毎晩ライブをやっていました。 ライブのステージが、ホテルのどこにいても聞こえるように設計されており、客室にいても素敵な演奏や歌声を聞くことができました。     フィリピンは治安が悪いと聞いていたので、ずっとホテル内で過ごしており、夜にはホテル内のバーでカクテルを飲んでいました。 フィリピンは日本に比べ物価が安いので、リーズナブルな値段でとってもおいしいカクテルをいただくことができました!このホテルで飲んだカクテルを超えるものは今でもまだ出会っていません。   そんなシャングリラホテルのバーでの忘れられない(恥ずかしい)思い出。       ホテルのバーで簡単な食事をすませた後、お酒を飲んでいると3人組のバンドが演奏を始めました。毎日違うシンガーがステージに出ており、その日も演奏を楽しみにしていました。 なかなか上手で、近くで演奏を聞けたのでノリノリで音楽を楽しんでいました。 ※動画は貼り方がわかりませんでした。。 おしゃべりをするカップルなどもいたため、私のグループは比較的熱心に音楽を聴いており、ステージのメンバーもこちらにむけて視線をくれたり、こちらを向いて演奏してくれるようになりました。     ライブが中盤をすぎると、テーブル担当のウエイトレスがやってきて、「もしよければリクエストの曲も歌ってもらえますよ、その時にはチップを渡すと彼らも喜びます」と言ってくれました。 旅行をするときにはガイドブックなどで、あらかじめチップの額を調べて渡すようにはしていますが、ライブのリクエストの時にいくら

チップの相場

「ひやおろし」ってどんなお酒?

みなさんは「ひやおろし」と呼ばれる日本酒をご存じですか?この時期になると、酒屋さんの棚に並び始める季節限定の日本酒の事です。秋になったら「ひやおろし」について書こうと悠長に考えていましたが、最近冷え込む日が出てきて、急がないと秋が終わってしまいそうなので(笑)、今回書く事にしました。普通の日本酒とは一体何が違うのか、あなたの知らない「ひやおろし」の世界へとご案内します。 冒頭でもお伝えしましたが「ひやおろし」とは、だいたい9月~11月ぐらいの秋にリリースされる季節限定酒の事です。 こんな感じで、「ひやおろし」と書かれているラベルをご覧になった事がある方もいらっしゃるかもしれません。では、何故これらのお酒は「ひやおろし」と呼ばれるのでしょうか? 実はこれらのお酒は、読んで字のごとく「冷や」のまま「卸す」からそう呼ばれているのです。と言われても、何の事かさっぱり意味がわかりませんよね(笑)。では、「冷や」のまま「卸す」とは一体どう言う事なのか見ていきましょう。 一般的に日本酒は、「火入れ」と呼ばれる作業を行います。「火入れ」とは、簡単に言うと加熱殺菌の事で、発酵を止めて、品質を劣化させる微生物を殺菌する為に行います。通常は、出来上がったお酒を貯蔵する前に一回、そして出荷する直前に一回の合計2回行います(ちなみに、この「火入れ」を一度も行わない日本酒が生酒と呼ばれるものです)。 しかし、「ひやおろし」は貯蔵前の「火入れ」は行いますが、出荷前の「火入れ」は行わずに出荷されます。つまり、出荷前に「火入れ」を行わない「冷や(日本酒の温度で常温を意味する)」の状態で「卸す」事からこう呼ばれているのです。 元々は冷蔵設備がなかった江戸時代、春先に絞ったお酒を「火入れ」し、品質劣化が起こりやすい夏の暑い時期に蔵の涼しい場所で貯蔵、その後2回目の「火入れ」を行わなくても品質が保てる、外気温が蔵の中と同じぐらいの温度になった秋口に出荷していたのが起源です(ちなみに、細菌の概念がない江戸時代に、すでに加熱殺菌と言う手法を経験的に知っていた当時の蔵人は凄いですね。フランス人の細菌学者ルイ・パスツールが低温殺菌法を考案するのは、およそ300年後です!)。では、「ひやおろし」の味わいの特徴はどんなものなのでしょうか? 春先に「火入れ」をした「ひやおろし」は、夏の間貯蔵庫で寝かされます。それによって酒質が程よく熟成し、絞りたての時の粗さや角が取れて、丸くてまろやかな味わいのバランスに変化するのです。そして、2回目の「火入れ」を行わないので、そのバランスや香味を失う事なく味わえるのです(どうしても「火入れ」をすると、元のお酒が持っているフレッシュさは弱くなり、味わいのバランスが変わる事があります)。 しかも、この「ひやお

「ひやおろし」ってどんなお酒?
100

Monaparty に登場した MONANA アセットについて

2020 年 9 月中旬から、Monaparty に MONANA という名前のアセットが登場しました。このアセットについて、非公式な見解を記しておきます。 ちなみに Monaparty の公式な見解は 「ノンカストディアルなチェーンの上で利用者が何をして何が起きても知らんがな」 です。バグでチェーンが止まるなんてことはないよう、ノードのコードについては最善は尽くします。以上。 MONANA アセットとは XMP 以外の全てのアセットと同様に、誰かが生成した Monaparty 上のアセットです。 Monaparty のアセットは、埋め込みのコントラクトしか動作しないので、アセット自身には別段の特徴はありません。 しかし、どうやらオフチェーンで、いわゆる金融庁ホワイトリスト銘柄である Monacoin と双方向に交換できる…よう…です…。 …と曖昧な表現にしているのは、MONANA の発行者が日本の資金決済法が定める仮想通貨交換業の登録を受けているか、現時点では不明だから。 ここでは交換の方法など、具体的なところには踏み込みません。幇助での検挙という極悪な得意技を持つ、警察のご厄介にはなりたくないので。 ご興味ある方は Google 先生を駆使するなり Telegram やら ダーク web やらに潜るなりしてください。 誰が発行し誰が交換に応じているのか 不明です。秘密鍵の所有者が発行したことは確定的に言えますが、誰が所有者なのかは本人以外知りえません。 このようなサービスを作り切れるのは、日本全体を見ても 1000 人も居ないでしょう。さらに Monaparty に興味を持つ人となれば、かなり絞られてきます。外国人という可能性もゼロではありませんが。大体の目星はつきます。言わないけど。 ちなみに作者は当業者 BOT および中の人ではありません。証明できないですが。 DEX の開発運用者というだけでも淡いグレーを感じるのに、仮想通貨交換業の登録無くこのようなサービスを行ったら、完全に役満、クロでしょう。実績上げたくて仕方がないサイバー警察が喜んで乗り込んできますわ。さすがにそこまで人生賭けられません。 信じていいの?安全なの? MONANA 自身は単なる Monaparty アセットなので、安全というか、まあ、他の Monacard などと差はありません。 たぶん、この質問が出る真意は「1 MONA == 1 MONANA と信じていいの?」ということでしょう。 こたえは「わからん。お墨付きの与えようがない」です。 デポ

MicroStrategy社はなぜビットコインを440億円分買ったのか【インタビュー要点和訳】

ビットコインに関する有名なポッドキャストを主催しているAnthony Pompliano氏が9月16日、自身のポッドキャストにMicroStrategy社のCEOであるMichael Saylor氏を招き、会社の現金の大部分をビットコインに変えるという決断にどのように至ったのかについて質問しました。 このポッドキャストの内容が大変興味深かったので、要点を訳して共有させていただきます。Michael Saylor氏とMicroStrategy社の背景、そこから会社としてビットコインを購入する決断に至った経緯、Saylor氏のビットコイン観など、読んでいただければ新鮮な視点に触れられると思います。 インタビュー抄訳 ー(Anthony Pompliano氏)本日はMicroStrategy社の共同創業者で現CEOのMichael Saylor氏にお越しいただきました。ビットコインコミュニティでは、会社の資産のうち4億ドル以上をビットコインに投じたことが話題になっています。今回はSaylor氏がどのようにMicroStrategy社を創業したか、会社が今年初めに直面した「5億ドル問題」とは何だったのか、そしてなぜ会社の資産4億ドル以上をビットコインに投じたかを聞いていきます。 ーあなたのバックグラウンドについて教えて下さい。 (Michael Saylor氏)空軍の軍人一家に育ち、MITで航空宇宙工学と科学の歴史を学び、在学中に空軍でパイロットの訓練を受けました。卒業後最初に勤めた会社は6ヶ月ほどで倒産し、その後はデュポン社でコンピューターシミュレーションの開発に関わり、2年足らずのときに辞めてMITに舞い戻るつもりをしていました。 関わっていたシミュレーションは石油産業における10億ドル単位の投資判断に使われるもので、まだ24歳だった自分は家具もない家賃7万円のアパートでこれを開発していたのですが、会社の堅苦しさに嫌気が差していたので辞めたいと言ったところ、強く引き止められたため、シミュレーションソフトを納品するまで残ることを条件に25万ドルのボーナスを引き出せました。 「これなら7年はもつ」と思って、誰の元でも働きたくない、失敗したらアカデミアに挑戦すると決め、MicroStrategy社を創業しました。みるみるうちに会社は成長し、株式公開し、今に至ります。 ードットコムバブル序盤の1998年に上場したわけですが、マーケットのサイクルなどに関して得た重要な学びはありますか。 2~3年ごとに会社の存続に対する脅威となる新しい技術や環境の変化が出てきましたが、それを早い段階で取り入れることでMicroStrategy社は成長し続けてきました。 続けていくう

MicroStrategy社はなぜビットコインを440億円分買ったのか【インタビュー要点和訳】

SpotlightのLN決済動向を初公開!

(2020/8/17 追記) 6/30までの統計データを7/31へ更新 (2020/7/1 追記) 5/31までの統計データを6/30へ更新 (2020/6/1 追記) 5/26までの統計データを5/31へ更新 昨年2019年11月22日からベータ版をリリース後、今日までたくさんの記事投稿や投げ銭が行われてきました。本当にありがとうございます。 今回は、Spotlightのサトシポイントの購入や投げ銭、匿名決済などLN決済された取引回数と取引金額を月別集計したので、以下に掲載したいと思います。 まだまだ国内のLN決済は少なく未熟ではありますが、本サービスを機に国内でもビットコイン・LN決済が日常生活の中で使われる日が来ることを願っています。 課金は100,000P(約1000円)とやや高いと思われるかもしれませんが、LN決済という次世代のインターネットのお金・決済手段であり、将来への先行投資だと思って、是非現状を見てみてください。

SpotlightのLN決済動向を初公開!
100,000

暗号通貨界最強のSNS「Ask Mona 3.0」

Askmonaはモナコイン関連サービスの中でも太古から存在するSNSサービスです。 暗号通貨を活用したいと考える愛好家であれば、誰でも気軽にコインを投げたり受け取ったりできるSNSを一度は夢見るでしょう。 モナコインには、あります。 機能はシンプルで、スレッド型の掲示板型で、コメントに対して気軽にモナコインが送金できる機能が搭載されています。 本来は、ヤフー!知恵袋的な質問に答えてモナコインをもらう的なコンセプトということでしたが、現在では掲示板としての利用が主となっています。 もともとはAsk Monaという名称でしたが、日本のカストディ規制に対応するためAsk Mona 3.0へアップデートし、最先端の新時代のSNSサービスとなりました。 秘密鍵は自分で管理しつつ、全ての投稿に対して、モナコインの送受信が可能です。<br style="outline:

暗号通貨界最強のSNS「Ask Mona 3.0」

チェックインLN端末作ってみた

以前、ビットコイン価格ティッカーを作ったことを記事で紹介しました。 今回は、昨年ツイッター上でBen Arc氏がLightning Networkを使ったビットコインのフィジカルLN蛇口(原名はphysically-faucet)を作って紹介していたので、今回はそれをマネしてM5StackにそのLN蛇口機能を実装してみました。 動作は以下のとおりシンプルです。 端末がビットコインのギフト用QRコードを生成 LN対応ウォレットでQRコードをスキャンしてビットコインを受け取る 以下がそのデモ動画になります。 これを使えば、お店やゲストハウス、コワーキングスペース等に設置して、訪問するたびにビットコイン(100satoshi)が貰える、なんてことができます!! 少額でもなんか嬉しくないですか?? ポイントよりもやっぱり本物?のビットコインが欲しいですよね(笑) もしこのチェックイン端末に興味がある方がいましたらご連絡ください!コメントもいただけると嬉しいです!!   (参考) 今回のプロジェクトの仕様は以下となります。 デバイス:M5Stack Basic LNノード:c-lightning プラグイン:Sparko 参考プロジェクト(フォーク元)の仕様は以下となります。 デバイス:ST7735 1.8 TFT, ESP32 NodeMCU 32s LNノード:LND インタフェース:Zap Wallet <

チェックインLN端末作ってみた
description

prgopdlkwを購入しました。

-100
description

p8fwnww6aを購入しました。

-100
description

jmnm7ap2iを購入しました。

-10000
description

rtp7hp7ajを購入しました。

-100
description

otfmo1zd3を購入しました。

-100
description

nif6lj9x5を購入しました。

-100
description

qilg7d34gを購入しました。

-10000
card_giftcard

加盟店決済がありました。

830
description

cc3vve0fgを購入しました。

-100000
card_giftcard

加盟店決済がありました。

66360
card_giftcard

加盟店決済がありました。

84
card_giftcard

加盟店決済がありました。

84
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83
card_giftcard

加盟店決済がありました。

65570
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83
card_giftcard

加盟店決済がありました。

83