カラコンル

カラコンル

ビットコイナーです。 2018年からビットコインに投資してます

巨大市場は潜在需要にあり

こんにちは、カラコンルです。   昨夜ゴールドマンサックスが顧客を招いて電話会議を開催しました。価格の変動が大きいこと、インフレ・ヘッジに利用出来る根拠に欠けていること等を理由に「ビットコインの投資は推奨できない」とビットコインを批判しました。著名投資家のポール・チューダー・ジョーンズがビットコインに投資していることから、既存金融に認められたかと思いましたが、まだその日は遠そうです。   さて、話は変わりますが「行列の女神 らあめん才遊記」というドラマをご存知ですか?ラーメン屋のコンサルティング会社社長が主人公で、先日第6話が放送されました。第6話ではチェーン店最大手の新メニューを決める競合他社とのコンペを中心に進められていきます。 主人公の会社は"おこげラーメン"を提案します。サクサクの食感とおこげの醤油が染み出すことで味が変わるラーメンでした。一方、もう1つの会社は"唐揚げラーメン"を提案します。「若い男の人はわかりやすい味が好みだから」という理由であえてシンプルな味に仕上げたのです。結果の投票では5対3で主人公の会社の勝利でした。 勝利を確信していたので落ち込んでいるもう1つの会社に対して主人公はこう言います。「決してお客のレベルを見切ってはいけない」(すみません、うろ覚えなので完璧には合っていないと思います💦)   「お客のレベルを見切ってはいけない」これは主人公の会社が潜在需要を重視したのに対し、もう一方の会社が顕在需要のみを重視して「このぐらいのレベルだろう」と判断したということです。顕在需要とは既に消費者がユースケースを理解して表面化している需要のことです。これとは反対に潜在需要は表面化していない需要のことです。   暗号通貨にも言えることで"トラストレスに利用出来る"というのはリバタリアン以外には顕在化していない需要です。だからといって「トラストレスなんて必要ない、すぐに実利用出来るコインの方が良い」となるのは短絡的だと思います。そのように''すぐに実利用できるコイン''を作ったら、法定通貨や電子マネーとあまり変わらないものになってしまう危険性が高いです。  

巨大市場は潜在需要にあり
100

ハイテク株投資家と草コイナー

こんにちは、カラコンルです。   COVID-19の影響で3月の株式市場は大混乱に陥り、ほぼ全ての金融資産が暴落する事態にまで発展しましたが現在年初来でNASDAQ総合指数はプラスになっています。(ビットコインもプラス) NASDAQは世界最大の新興企業向け株式市場でハイテク企業などの技術的新規性の高い企業が多数上場しています。 ※写真はNASDAQの年初来チャートです   元々ハイテク株は不況に弱いと言われ、リセッション(景気後退)が起きた時には最も高い下落率をもたらすと言われてきました。しかし、今回のコロナショックでは初動では高い下落率を記録したものの、米国の代表的な指数であるS&P500が未だに年初来リターンがマイナスなのにもかかわらず、ナスダック総合指数はプラスになったのです。 なぜハイテク株は最も早く復活したのかハッキリとした理由はわかりませんが、おそらくCOVID-19によるリモートワーク(Work From Home)の影響が強いと思われます。あまり進んでいなかったリモートワークがSocial Distancingの錦の旗の元に急激に進んだことによりZoomなどの新興ハイテク企業は新高値を更新し、GAFAMなどの巨大IT企業の株価も年初来でプラスになりました。   こうしたことから「ハイテク株は暴落しない」「ハイテク株は好況にも不況にも強い」「ハイテク株はディフェンシブ」という言葉が流行りました。

ハイテク株投資家と草コイナー
100

隠れインフレにご注意を

こんにちは、カラコンルです。   先日、はなまるうどんがかけうどんの価格を70円値上げしました。これにより価格は150円→220円になりました。 実ははなまるうどんが値上げをするのは今回が初めてではなく、3回目です。最初は100(税込)から始まり、7年間の間に130円(税込)→150円(税抜)→220円(税抜)です。   今までが破格の価格だったとも言えますが、物価がどんどん上昇していて、もはやその価格を維持出来なくなったとも考えられます。   日本経済は失われた30年と言われ、デフレに陥っていたことは事実です。そのデフレ脱却を脱却するために量的緩和(もちろん量的緩和だけではないが)を行ってきました。 その影響なのか、隠れインフレが水面下で動いていたこともまた事実です。それは価格は変わらないけれど、内容量が減ってしまうことです。つまり実質的な値上げをしているということです。これはシュリンクフレーションと呼ばれる現象です。   いつの間にか容量が減っているwiki このサイトを見ればどの商品がどれくらい減っているかがわかります。値上げをしたら明らかに分かるけれど、シュリンクフレーションなら値上げをしているかどうかはわかりません。はなまるうどんのように明らかに値上げとわかる普通の値上げと違って、シュリンクフレーションに対して我々は敏感になる必要があると言えます。  

隠れインフレにご注意を
100

DeFiトークンの投資尺度

こんにちは、カラコンルです。   暗号通貨(暗号資産)にはコモディティ的なビットコイン(PoWコイン)のようなものもあれば、キャピタルアセット(株式のような)的なトークンもあります。  キャピタルアセット的なトークンの適正価値はどれくらいなのか?ということは今まで検証するのは難しかったです。   例えば、株式であればPER(株価収益率)という投資尺度があります。Price Earning Ratioの略で1株当たり純利益の何倍まで買われているかを見ることができます。 PER=株価/1株当たりの純利益 で求められます。 キャピタルアセット的な暗号通貨だとPERのような尺度は大変重要です。 トークンのPER=トークン価格/1トークン当たりの収益 で求められます。 実はこれ一瞬で見れるサイトがあります。 Token Terminal 図1.各プロトコルのP/E このP/Eという部分を見ればPERがわかります。  

DeFiトークンの投資尺度
100

ビットコインは高級おもちゃ?

こんにちは、カラコンルです。   「ビットコインはビットコインだ、デジタルゴールドではない」という意見はビットコイナーの中でよく聞かれますが、そうだなと思いつつ(但しデジタルゴールドと宣伝した方が分かりやすいので自分個人はデジタルゴールドと言っている)、ビットコインって暗号通貨投資家以外の投資家からどう思われているのかな?と気になりました。 ビットコインの価格は現在100万円を越えていて、時価総額は約18兆5000億円程です。Silver(銀)の時価総額が1.5兆円(調べるサイトによってかなり違うが)だとすると、最早トレードのおもちゃではないとも言えそうです。株式投資ブロガーもビットコインを将来の安全資産として取り上げるようになってますしね。   ただ、Gold(金)の時価総額は約900兆円なのでGoldに比べるとビットコインの市場規模は大分小さいです。 だからデジタルゴールドって言われるほど巨大でもないですし、だからと言ってトレードのおもちゃってわけでもないかなって感じですね。   ここ数日良い言い方を色々考えてみたのですが、全然思いつきませんでした、、、 「ソニーの本質は高級なおもちゃ会社」 ですが、この記事を見て「あっ!高級なおもちゃってなんか良い表現じゃん」と思ったわけです。(記事の内容とは関係ないです) ※ここから長い画像が出るので注意

ビットコインは高級おもちゃ?
100

dAppsゲームはオワコンか?

こんにちは、カラコンルです。 昨日5月12日に4年に1度の大イベント、ビットコインの半減期を迎えました。朝の4時30分頃?だったので眠い目を擦りながら起きていた方も多いのではないでしょうか。(僕は死ぬほど眠かったw)   さて、話は変わりますが皆さんNFTをご存知ですか? NFTとはNon-Fungible Tokenの略で代替不可能なトークンのことです。NFTはERC721規格で発行され、唯一無二の価値を持ちます。普通のトークンとは何が違うのでしょうか? 例えばA君とB君がいたとして、A君の持っている1円とB君の持っている1円の価値は同じで交換しても価値は変わりません。そのため円はFungible(代替可能)だと言えます。ビットコインの場合でも同様です。 しかし、A君が描いた絵とB君が描いた絵は当然違うものであり交換したら価値が変わってしまいます。つまり、唯一無二でNon-Fungible(代替不可能)だと言えます。 つまり、NFTは代替不可能で固有の価値を持つトークンです。NFTはゲーム内の資産(土地、絵、キャラ)として使われるのに相性が良いです。 実際に使われた事例(いわゆるdApps)がCrypto kitties,My Crypto Heroes,Etheremonなど多数あります。dAppsとはブロックチェーン上で動く分散型アプリケーションのことです。   実際の価格で取引もされるためのNFT専用取引所もできました。世界最大のNFT取引所はOpenseaです。Openseaは過去に約422万ドルの資金調達に成功しています。   また、実際の価格で取引されることによってバブルも引き起こしました。最も高い価格で取引されたゲームがCryptokittiesでした。

dAppsゲームはオワコンか?
100

3rd halving

こんにちは、カラコンルです。   ビットコインの半減期が5月12日に迫っています。一般的に知られている半減期(half-life)とは放射性物質が元の量の半分の量になるまでの時間です。   ビットコインの半減期(halving)はマイニング報酬のビットコインの枚数がそれまでの半分になります。ビットコインの発行上限は2100万BTCになるように設計されていて、全体の半分である1050万BTCが発行された時が初回の半減期を迎えます。2回目の半減期はさらに半分の525万BTC、3回目の半減期は262.5BTCが発行された時迎えます。 1ブロックのマイニング報酬だと最初の半減期までは50BTC、2回目の半減期は25BTC、3回目の半減期は12.5BTCという感じになります。   何故ビットコインの半減期が注目されているのでしょうか? ここまでは半減期後に価格が大幅に上昇してきたからです。ビットコイン自体の供給が半分になることで「価格が上がる!」と考えた投資家達が飛びついてきたからです。 しかし、供給が少なくなるから価格は上がるといった単純なことではありません。

3rd halving
100

Stock-to-flow Modelの弱点

こんにちは、カラコンルです。   昨日の記事「ビットコインは割高か?」でStock-to-flow Modelを紹介しました。Stock-to-flow Modelは供給量に注目し、 SF=stock(現在存在する量)/flow(年間生産量) の式からSFの値が希少性を表し、それによって市場価値などを用いて価格を予測するという方法です。   しかし、Stock-to-flow Modelにも問題点が存在します。それは供給量だけに注目し、需要を考えずに価格を予測していることです。価格は本来需給と流動性によって決まりますが、Stock-to-flow-Modelでは1つの側面でしか見ていません。   そこで、ネットワークの取引数量にも注目しようと言う考えがNVT比率です。NVT比率はNetwork Value to Transaction比率のことで時価総額をビットコインのネットワークの日又は週ごとにやり取りされるドル総額で算出したものです。  

Stock-to-flow Modelの弱点
100

ビットコインは割高か?

こんにちは、カラコンルです。   昨日の夜に1BTC=100万円を突破し、さらには一時1万ドルまで達したことで再びビットコインが盛り上がっています。 理由は定かではありませんが、著名投資家のポール・チューダー・ジョーンズがビットコインを購入したり、アメリカや日本で現金給付が行われたこと、各国の中央銀行が史上最大の量的緩和を始めたこと、そしてビットコインの半減期が1週間以内に控えていること等、ビットコインにポジティブなファンダメンタルが揃っています。 ジョーンズ氏は「インフレヘッジとして1970年代に金が担った役割をビットコインが担うことになるだろう」と語っています。これはビットコインがようやくSoV(価値の保存)性を持つ安全資産として、暗号通貨投資家以外の投資家にも目を向けさせることになります。   僕はたまに米国株投資家のブログを見ることがあるのですが、2019年頃からビットコインに関して将来の安全資産になるという内容が書かれていることが増えてきました。さすがにLightning NetworkやサイドチェーンのLiquidに関しての記述は無いので、MoE(交換の手段)としての期待はありませんが、SoVとしての期待は非常に高まっています。もはやビットコインは投資家に1つのアセットとして見られているのです。   しかし、価格が割高か?割安か?を判断する指標がビットコインには長い間ありませんでした。なので安全資産であっても明らかに割高な価格で買ってしまうことがあります。例えば株価ならPER(株価収益率)やPBR(純資産倍率)のように割高であると判断してくれる指標が当然のようにあるのです。 その課題を解決してくれたのはStock-to-flow Modelでした。  

ビットコインは割高か?
100

インターネットのMoE

こんにちは、カラコンルです。   よくTwitterで「仮想通貨ってそもそも決済で使われないから意味無くね」という意見を目にします。 暗号通貨はそれぞれ仕組み自体が違いますが、僕はビットコインがSoV(価値の保存)として安全資産のように使われるようになると思っているし、将来的にはLightning NetworkやLiquidを通してMoE(交換の手段)として使われるようになると思っています。   「わざわざ日本円やドルが使えるのにビットコインを使う意味がわからない」これは本当にその通りだと思います。例えば野菜や肉などの食料品を買う際にビットコインを使ってなんて、面倒くさすぎます笑 ただ、だから意味が無いという訳でもないと思います。 各国で使われている通貨は違います。しかし、使ってるインターネットのサービスは同じっていうことはよくありますよね?ただ、海外のサイトを使う際、共通の通貨が違うので価値の尺度が国によって違います。ですが、暗号通貨を使うといちいち他の通貨に為替レートで変換するということをする必要がなくなります。   ただ、インターネット上だから使われるわけでもないと考えています。

インターネットのMoE
100

悟りコインの開封率を調べてみた

前置き あまり覚えていないのだが2016年6月頃だったようだ。悟りコインの配布が某通貨コミュニティの板で話題になった。当時、界隈の空気がどん底だった(のだろうか?)ので募集者が少なく(割れたはず)、人によっては5枚とか25枚とまとめて送られてきた。 上記は所有している悟りコイン。青いのはZaifのキャンペーンで配布されたもの。もちろん今でも大事に保存してある。Bitflyerからオリジナル悟りコインが販売されていたようだが購入していない。惜しいことをしたと今でも悔いている。 本題 他にもガチャで販売されたりと配布イベントは多くあったようだ..たぶんね。大量に配布&販売された..そうなると気になってくる事がある。これにはホログラムシールにより0.001BTCの入ったアドレスの秘密鍵が隠されている。いったいどれだけの所有者が開封したのだろう? ブロックチェーンは取引がすべて記録され公開される。なのでアドレスさえわかれば調べる事はできる。悟りコインの公式サイトにて全てのアドレスが公開されている。Link 今のところ50500個の悟りコインが存在し、1TXにつき1000~2000のoutputsで分配されている。なので25~50TXを集計すればいいが、手作業ではやっていられない。そこでPython🐍でスクリプトを組んで集計する。 結果 まぁ妥当な数字だなっというのが感想。副産物として例外的な悟りコインが発見されてとても面白い。これが本当のレアモノという事だろうか? 3000P=30円で購入してもらえると以下の4項目が見れます。 スクリプト 集計 0.009BTCの悟りコイン 例外の正体とは メンバーでない人も登録時に運営から1000P配布されるので心配する必要はない

悟りコインの開封率を調べてみた
3,000

Ethereumエコシステムの雑な評論 Part3

その後、Ethereumのエコシステムを少し体験した。 元祖トークン経済は、Counterpartyとぺぺキャッシュ等だったが、2017年にビットコインの取引手数料が高騰して、EthereumとERC20にリプレースされた。2017年末に、ビットコイン、Ethereum、ERC20、アルトコイン全てのバブルが弾けて、約3年弱ですが、最近はERC20が復活してきた。 現時点で、USDTは成長と成功を継続中のアプリケーションであり、USDT向けインフラとしてはEthereum > Bitcoinである。 印象に残ったEthereum上のアプリケーションは3つある。 まず、Uniswap。これで草コインの流動性が上がった。 次に、Compound。もし大成功すると、おそらくBlockFiと競合する。 そして、OMG。もしUSDT#OMGが、USDT#ERC20を上回ると本物である。ただし、現時点でUSDTは稼働してない模様。https://wallet.tether.to/transparency 個人的体験を書くと、私の実験は毎回gas代に負けていて、大変面白いが損失が嵩んでいる。真のユースケースはKYC回避辺りだろうか。あるいはUSDTをリプレース出来るトラストレスなUSD相当が流動性を持つとインパクトである。 ビットコイナーの重要な指摘として「もしEthereum上のDeFiが成功すると、CeFiにリプレースされる」だが、私は判断保留。つまり、Ethereumにとってスケーリングは依然として重要事である。

Ethereumエコシステムの雑な評論 Part3
100

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

先日の著名人Twitterハッキング事件により、久々にビットコインの事を思い出したという方も多いのではないでしょうか。 今回の事件で世の中的には、“ビットコイン=詐欺・やっぱり怪しい”のイメージを強める結果になってしまったかもしれませんが、そんな人たちにこそ是非触れて頂きたいのは、“マスタリング・ビットコイン”の著者アンドレアス・M・アントノプロス氏の講演動画や著作たち。 中でも初期の講演集を集めた『ザ・インターネット・オブ・マネー』は、なぜテクノロジーとしてのビットコインが、インターネットに次ぐ革命的発明なのかが初心者にもよく分かる分かりやすい例えと含蓄に富むお話の数々で構成された素晴らしい名著となっています。 ですが、現在の所、残念ながら日本語版は未発売です。 なので訳しました。※出版元から公開の許可は得てあります。公開したらアンドレアスさんにもリンクで伝えてくれと言われましたので、アンドレアス近々Spotlightへ降臨ですわお! ここに集う方々にはすでに基本情報かもしれませんが、復習もかねてお楽しみください。ではどうぞ! こんにちは、アテネの皆さん。本日は、お招きいただきありがとうございます。 ディスラプトが必要なんですか?私は持ってますよ。 いや、私が持ってるのは正真正銘の革命です。 これからお話しするのは最もエキサイティングで興味深く、そしておそらくもっとも重要な技術革新、ここ20年の間のコンピューターサイエンスの分野における最も価値のある発明です。 今日はビットコインの事をお話しに来ました。皆さんもおそらく以前に聞いた事があると思います。 簡単なチェックをしてみましょう。今日より前からビットコインについて耳にした事がある方は何人いますか? わかりました。いい集まりですね。ではビットコインを保有しているという人は? ますますいい感じです。 ビットコインはデジタル・マネーです。ですが、それ以上のものです。ビットコインをデジタル・マネーと言うの

『ザ・インターネット・オブ・マネー』第1章 What is Bitcoin? 日本語訳

使われることを目指すアルトコイン

btc_dakaraさんとぼんさんのtwitter上のやりとり見て面白いなーと思って。 (12:30追記 価値→価格で修正しました) (18:00追記 有料部の表現を上品にしました) 「使われると価格が上がる」って主張するアルトコイン(ほとんど全部)に関して。自身もこれでかなり焼かれた経験があるので。意見を言う権利はあるはず。   1。目的が手持ちアルトコインの価格上昇であるケース。 大体の層(fiatを殖やしたい層)はこれだと思うのですが、この場合そのアルトコインを使うインセンティブはありません。 使ったら自分の分が減るので、誰が好き好んで率先して使うのか。誰か自分以外が使ってコミュニティ発展させてくれー。ってのが本心だと思います。 みんながみんな、こういう発想なので、誰も自分から発展させようなんてインセンティブは起きません。稀に奇特な人がいたとしても、その人が努力を搾取されるコミュニティなんてうまくいく訳ないです。むしろそんな殊勝な人が多ければ元来この世界は平和でしょう。 仮に発行体・胴元に依存したとします。胴元はなんらかの方法にて大衆より大量に通貨を調達していますので、その価格を上げるインセンティブは大衆よりはあるはず。(無い場合は無残にも上場売り逃げで終了。)そこがそのアルトコインを使うことで何かサービスを得られるものを提供したとしましょう。そうであっても、本当にそのアルトコインの価格が上がると思うならば上記のロジックの通り自分の保有分を減らしたくないので積極的に使うインセンティブは依然としてありません。 もし例外があるとすれば「そのアルトコインを使うことによる宣伝費」がそれを上回る「宣伝の効果による価格上昇」を惹起するときでしょう。まぁ間違いなくfiatで宣伝費払おうという話になると思いますが。しかもこれ使われるというより買ってもらうから価格が上がるというイメージ。   2。目的がアルトコイン使用の普及の場合。 逆にアルトコイン価格が安いほうが使いやすいし普及しやすい。 ガス代とか正味だるいし。     以上より使われると価格上昇するということは僕には信じられません。 機能が優れているから価格上昇するというのは「使われる」の一側面でしかないので同様の帰結です。     保有されないと価格は上がりません。これを謳っているアルトコイン(あるのか?)は価格上昇の点では有望かもですね。     とおもた。 上記は価格に関してであって、すみませんが価

使われることを目指すアルトコイン
200

【途中経過発表②】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾

キャンペーン第3弾が開催されて約3週間が立ちました。 これまでに投稿された記事の合計アクセス数の途中経過発表をしたいと思います。 キャンペーン詳細はここよりご確認できます。 過去の当選結果は以下よりご確認ください。 ・第1弾結果発表 ・第2弾結果発表   第3弾の途中結果発表は以下よりご確認ください!

【途中経過発表②】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾
100

USDC/USDTのBlacklistと担保資産

ここ二日間でUSDCとUSDTそれぞれで特定アドレスのUSDC、USDTがそれぞれ凍結されました。 USDCを例に挙げると、凍結アドレスではUSDCの送受信が出来なくなります。つまり持っていても送れない、受け取れない訳です。対象のアドレスはこちら https://etherscan.io/address/0xaa05f7c7eb9af63d6cc03c36c4f4ef6c37431ee0#tokentxns 良し悪しではありますが、基本的にこうした機能は法的に管理された法定通貨担保型ステーブルコインでは標準装備だと考えるべきでしょう。そうでないと大手を振って扱えないと考えられます。 こうした問題は普通の人は自分は無関係だと思いがちですが、誤認凍結が発生する事もありえますし、中国の様な強権の下ではブラックリストの意味合いが全く違うと思われます。なので自由を重んじるクリプト界隈では忌み嫌われる傾向が強いでしょう。 ちなみにこうした規制に強いのは合成資産型ステーブルコインであるDAIやsUSD、mUSD、USD++みたいなタイプのステーブルコインです。(多くはあまり直接的な用途がなくファーミング用みたいな存在ですが一応) そして問題なのは凍結アドレスが担保としてCompoundやMakerDAOにUSDCを入れている場合はどうなるのかです。MakerDAOがUSDCを担保追加した際にはここで意見が別れました。 以下は個人的な考察です。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産
100

暗号通貨でメイド喫茶を満喫する方法

暗号資産が「暗号通貨」と呼ばれていた時代、人々は暗号通貨での買い物を夢見た。しかし、今では通貨として使う者も少なくなり、「暗号資産」へと人々の意識も変化しつつあるように思う・・・。 しかし!モナコイナーは頑固なのである!今だに彼らの間では「暗号通貨」としてモナコインは存在しているのである! 「モナコインと言えば、秋葉原」というイメージを持つ方がいる。 モナーグッズの販売など、「2ちゃんねる文化」があった秋葉原は、モナコインにも寛容であった。 秋葉原UDXと秋葉原ラジオ会館の大型ディスプレイで喋るモナコインちゃんのプロモーション動画が放送されたり、パソコンショップを運営する「株式会社アーク」とコラボしてJR秋葉原駅のデジタルサイネージでモナコインちゃんが広告に出たり、路上でリアルモナコインがリアルでばら撒かれたり、パソコン本体・周辺機器・PCパーツの専門店「ツクモ」全店を始め、モナコインちゃんや、モナコイン関連キャラクターのポスターが秋葉原の街中に貼られまくったなど、秋葉原に関するモナコインの出来事・事件が山ほどあるからなのかはわからないが、「モナコインと言えば、秋葉原」、「秋葉原はモナコインのホームタウン」という印象がある。 しかし、逆に秋葉原と言えば、モナコインというわけではない。 「秋葉原と言えば、メイド喫茶」…という時代もあった。メイド喫茶が流行った頃には、ドキドキしなが「めいどりーみん」へ行ったものだ。 もちろん「めいどりーみん」も、モナコインフレンドリーな企業として、モナコイン関連キャラクターのポスターを掲示していた。 「秋葉原が街中でモナコインフレンドリーなのはわかった、では、つまりは暗号通貨払いででメイド喫茶に行けるのか」 「はい、行けます!」 ご紹介しよう、その名も「リリアンプリアン」である。 姉妹店に「プリモプリマ」というメイド喫茶があり、モナコイナーが夜な夜な集まりドンペリを飲む溜まり場になっていたのだが、天界へ戻ってしてしまったので、暗号通貨払いで飲み食いができるのは、今では「リリアンプリアン」のみである。

暗号通貨でメイド喫茶を満喫する方法
114

2020年 グレート・リセット 始まる     きみは 生き残れるか?

この記事では、2020年から始まっている地球のグレート・リセットの前兆がどのような推移だったのかについて、まとめています。 今年1月7日に上記のツイートをしたときは、バカじゃねーの?と思った人がほとんどでしょう。 「 世界が消えるわけないだろう 」 「 消えてほしいけど、俺は別 」 いろんな思いはあるにしても、すべてを呑み込む グレート・リセットが始まりました。 世界は、コロナ・パンデミックに呑まれ 7月上旬、日本の九州は水害に呑まれつつあります。 まさに 君は生き残れるか?の世界が始まっています。 地球の世界線時間軸の変化は昨年2019年12月22日の冬至から始まりました。時間軸の変化はブレて不安定な状態がしばらく続いていましたが、2月頃から安定期に入り、7月7日現在で約17分、冬至以前の地球よりも早く進んでいます。 今の世界線は以前よりも「未来」に生きているのです。 これからは昨年までと比べて、未来が現実化する体感速度が早まります。そのうち、この世界線の時間変化に慣れることになりますが、それまでは 「 どーゆーこっちゃぁぁぁぁーーー 」 という日々が続きます。 いつから世界線は変わりだしたのでしょうか? それは2017年秋、9月から10月にかけて、グレートリセットの下準備が始まりました。今から約2年半ほど以前に始まったのです。このことに気づいた日本人はほんのわずかでした。 下準備の目的は、それまでの地球の記憶と地球で起きてる出来事、生きとしいけるものたちすべての記録を保存することでした。 この目的を遂行するため、地球上の生物のうち、人類以外の魂は銀河に帰還し、先遣隊が太陽からやってきました。太陽からやってきた魂たちは地球上のありとあらゆる生命の肉体に宿りました。人間に宿った者たちも少数ですが、いました。 2019年12月下旬に、太陽から派遣されてきていた先遣隊は帰還しました。もう二度と地球に来ることはないと言っていました。 2017年10月中旬から2019年12月下旬までの地球上での出来事は今も太陽に大切に保管されています。 2019年12月下旬、先遣隊に代わって、銀河の彼方から本隊がやってきました。 いまの地球では、人類のほとんどは以前からの人で、ほんの少数だけ銀河から来た魂が宿った人間もいます。そして、人間以外の動物植物に宿るのはすべて銀河からやってきた魂たち、という構成になっています。 ---

2020年 グレート・リセット 始まる
    きみは 生き残れるか?
100

暗号通貨のプレマインについてもう一度考えてみる (1)

プレマインはネットワークの分散性に悪影響を及ぼし、ネットワークで関係するノード同士が完全に対等かつ公平な条件でスタートしているという前提を損なうものである。本来ネットワークにおいて開発者とユーザを分けることはできないため、開発者を何らかの形で優遇するネットワークは一部のユーザを特権的に扱うネットワークに等しい。それはすなわち非対称的に特定の参加者に与信することに等しく、本来のビットコインが解決するはずだった問題自体を改変するものである。市場がこの不公平さを評価に反映するのはどのような前提条件が働くときなのかを、以下でビットコインとアルトコインにおけるそれぞれの市場力学で説明を試みる。 最初に、ビットコインのプレマインとアルトコインのプレマインは別物であるということを説明する。 ここで言うビットコインとは、ナカモトコンセンサスに基づくものの中で技術的に改良され続けるコンセンサスを持つ最大ハッシュパワーのコインであり、主観的に最も「良い」ものである。 もしもあるコインがビットコインより「良い」方式であると主張するならば、反証されるまでは、そのコインもまた、その支持者にとってはビットコインである。例えばビットコインキャッシュがブロックサイズを拡大したとき、それが正しいかどうかというのは分からず、検証が難しくなるとか通信量が多くなりすぎるという問題が表面化したり指摘されるまでは、より良いビットコインを目指す一つのビットコインの流派であり、信念によって別のビットコインと競争することになる。 一方、ビットコインを代替することを目指さないアルトコインは、ビットコインに将来的に機能を取り込むことができるので、ビットコインのテスト用の価値を持つと言える。例えばライトコインやモネロがこれに当たる。 ビットコインのプレマインとアルトコインのプレマインが異なるのは、ビットコインのプレマインでは他のビットコインの候補と実需の市場で長期的に明確な競争をしなければならないのに対して、アルトコインはそもそもビットコインの代替を目指していないためにビットコインと競争をする必要がない点である。 ビットコインのプレマイン 以下ではまず、ビットコインの候補となりうるコインのプレマインについて考える。すなわち、実際には起こらなかったが、例えばビットコインキャッシュがプレマインを設けたような場合の話である。 まずプレマインが必要という主張を考えてみる。 一般的にプレマインと呼ばれるものは  開発者のサポート やマーケティング に使われる。 開発者のサポートについては、プレマインをせずに精力的に開発を行っているビットコインが存在している以上、プレマインが必要ではないということがわかる。また、本当に実需があるならばそれを必要とする人が自ら出資したり開発に加わることで達成できるはずであり、理屈の上でもプレマインは必要ではない。 マーケティングについては、市場に本当に需要が存在するならば自ずから広まるものであるし、実際に時間はかかったものの実需に基づいた活動でビットコインが広まったという例が存在している以上、こ

暗号通貨のプレマインについてもう一度考えてみる (1)

【途中経過発表】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾

キャンペーン第3弾が開催されて約2週間が立ちました。 これまでに投稿された記事の合計アクセス数の途中経過発表をしたいと思います。 キャンペーン詳細はここよりご確認できます。 過去の当選結果は以下よりご確認ください。 ・第1弾結果発表 ・第2弾結果発表   第3弾の途中結果発表は以下よりご確認ください!

【途中経過発表】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾
100
card_giftcard

はじめさんから 9378frkjaが購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから g62swn1zoが購入されました。

100
card_giftcard

Kei Tanakaさんから snrgkzh75が購入されました。

100
card_giftcard

Obyte_Cafeさんから l42xdjfc0が購入されました。

100
card_giftcard

i4fvykxbi へ投げ銭しました。

-1000
card_giftcard

Shingenさんから 0jb206c3lが購入されました。

100
card_giftcard

gy73ilhjd へ投げ銭しました。

-1000
description

joauma3ksを購入しました。

-300
card_giftcard

Lapp へ決済しました。

-1000
description

wiqirarpuを購入しました。

-100
card_giftcard

katakotoさんから 751ge7rmaが購入されました。

100
description

zjwpx9g78を購入しました。

-100
description

jdmiw2innを購入しました。

-100
card_giftcard

693eud9j7 へ投げ銭しました。

-1000
description

adatx6ek7を購入しました。

-200
description

vg22jlfp0を購入しました。

-100
description

odrxxwp59を購入しました。

-114
card_giftcard

Kei Tanakaさんから mfbnnzxsyが購入されました。

100
description

6h42f0i0xを購入しました。

-100
card_giftcard

Shingenさんから mfbnnzxsyが購入されました。

100