カラコンル

カラコンル

ビットコイナーです。 2018年からビットコインに投資してます

隠れインフレにご注意を

こんにちは、カラコンルです。   先日、はなまるうどんがかけうどんの価格を70円値上げしました。これにより価格は150円→220円になりました。 実ははなまるうどんが値上げをするのは今回が初めてではなく、3回目です。最初は100(税込)から始まり、7年間の間に130円(税込)→150円(税抜)→220円(税抜)です。   今までが破格の価格だったとも言えますが、物価がどんどん上昇していて、もはやその価格を維持出来なくなったとも考えられます。   日本経済は失われた30年と言われ、デフレに陥っていたことは事実です。そのデフレ脱却を脱却するために量的緩和(もちろん量的緩和だけではないが)を行ってきました。 その影響なのか、隠れインフレが水面下で動いていたこともまた事実です。それは価格は変わらないけれど、内容量が減ってしまうことです。つまり実質的な値上げをしているということです。これはシュリンクフレーションと呼ばれる現象です。   いつの間にか容量が減っているwiki このサイトを見ればどの商品がどれくらい減っているかがわかります。値上げをしたら明らかに分かるけれど、シュリンクフレーションなら値上げをしているかどうかはわかりません。はなまるうどんのように明らかに値上げとわかる普通の値上げと違って、シュリンクフレーションに対して我々は敏感になる必要があると言えます。  

隠れインフレにご注意を

DeFiトークンの投資尺度

こんにちは、カラコンルです。   暗号通貨(暗号資産)にはコモディティ的なビットコイン(PoWコイン)のようなものもあれば、キャピタルアセット(株式のような)的なトークンもあります。  キャピタルアセット的なトークンの適正価値はどれくらいなのか?ということは今まで検証するのは難しかったです。   例えば、株式であればPER(株価収益率)という投資尺度があります。Price Earning Ratioの略で1株当たり純利益の何倍まで買われているかを見ることができます。 PER=株価/1株当たりの純利益 で求められます。 キャピタルアセット的な暗号通貨だとPERのような尺度は大変重要です。 トークンのPER=トークン価格/1トークン当たりの収益 で求められます。 実はこれ一瞬で見れるサイトがあります。 Token Terminal 図1.各プロトコルのP/E このP/Eという部分を見ればPERがわかります。  

DeFiトークンの投資尺度

ビットコインは高級おもちゃ?

こんにちは、カラコンルです。   「ビットコインはビットコインだ、デジタルゴールドではない」という意見はビットコイナーの中でよく聞かれますが、そうだなと思いつつ(但しデジタルゴールドと宣伝した方が分かりやすいので自分個人はデジタルゴールドと言っている)、ビットコインって暗号通貨投資家以外の投資家からどう思われているのかな?と気になりました。 ビットコインの価格は現在100万円を越えていて、時価総額は約18兆5000億円程です。Silver(銀)の時価総額が1.5兆円(調べるサイトによってかなり違うが)だとすると、最早トレードのおもちゃではないとも言えそうです。株式投資ブロガーもビットコインを将来の安全資産として取り上げるようになってますしね。   ただ、Gold(金)の時価総額は約900兆円なのでGoldに比べるとビットコインの市場規模は大分小さいです。 だからデジタルゴールドって言われるほど巨大でもないですし、だからと言ってトレードのおもちゃってわけでもないかなって感じですね。   ここ数日良い言い方を色々考えてみたのですが、全然思いつきませんでした、、、 「ソニーの本質は高級なおもちゃ会社」 ですが、この記事を見て「あっ!高級なおもちゃってなんか良い表現じゃん」と思ったわけです。(記事の内容とは関係ないです) ※ここから長い画像が出るので注意

ビットコインは高級おもちゃ?

dAppsゲームはオワコンか?

こんにちは、カラコンルです。 昨日5月12日に4年に1度の大イベント、ビットコインの半減期を迎えました。朝の4時30分頃?だったので眠い目を擦りながら起きていた方も多いのではないでしょうか。(僕は死ぬほど眠かったw)   さて、話は変わりますが皆さんNFTをご存知ですか? NFTとはNon-Fungible Tokenの略で代替不可能なトークンのことです。NFTはERC721規格で発行され、唯一無二の価値を持ちます。普通のトークンとは何が違うのでしょうか? 例えばA君とB君がいたとして、A君の持っている1円とB君の持っている1円の価値は同じで交換しても価値は変わりません。そのため円はFungible(代替可能)だと言えます。ビットコインの場合でも同様です。 しかし、A君が描いた絵とB君が描いた絵は当然違うものであり交換したら価値が変わってしまいます。つまり、唯一無二でNon-Fungible(代替不可能)だと言えます。 つまり、NFTは代替不可能で固有の価値を持つトークンです。NFTはゲーム内の資産(土地、絵、キャラ)として使われるのに相性が良いです。 実際に使われた事例(いわゆるdApps)がCrypto kitties,My Crypto Heroes,Etheremonなど多数あります。dAppsとはブロックチェーン上で動く分散型アプリケーションのことです。   実際の価格で取引もされるためのNFT専用取引所もできました。世界最大のNFT取引所はOpenseaです。Openseaは過去に約422万ドルの資金調達に成功しています。   また、実際の価格で取引されることによってバブルも引き起こしました。最も高い価格で取引されたゲームがCryptokittiesでした。

dAppsゲームはオワコンか?

3rd halving

こんにちは、カラコンルです。   ビットコインの半減期が5月12日に迫っています。一般的に知られている半減期(half-life)とは放射性物質が元の量の半分の量になるまでの時間です。   ビットコインの半減期(halving)はマイニング報酬のビットコインの枚数がそれまでの半分になります。ビットコインの発行上限は2100万BTCになるように設計されていて、全体の半分である1050万BTCが発行された時が初回の半減期を迎えます。2回目の半減期はさらに半分の525万BTC、3回目の半減期は262.5BTCが発行された時迎えます。 1ブロックのマイニング報酬だと最初の半減期までは50BTC、2回目の半減期は25BTC、3回目の半減期は12.5BTCという感じになります。   何故ビットコインの半減期が注目されているのでしょうか? ここまでは半減期後に価格が大幅に上昇してきたからです。ビットコイン自体の供給が半分になることで「価格が上がる!」と考えた投資家達が飛びついてきたからです。 しかし、供給が少なくなるから価格は上がるといった単純なことではありません。

3rd halving

Stock-to-flow Modelの弱点

こんにちは、カラコンルです。   昨日の記事「ビットコインは割高か?」でStock-to-flow Modelを紹介しました。Stock-to-flow Modelは供給量に注目し、 SF=stock(現在存在する量)/flow(年間生産量) の式からSFの値が希少性を表し、それによって市場価値などを用いて価格を予測するという方法です。   しかし、Stock-to-flow Modelにも問題点が存在します。それは供給量だけに注目し、需要を考えずに価格を予測していることです。価格は本来需給と流動性によって決まりますが、Stock-to-flow-Modelでは1つの側面でしか見ていません。   そこで、ネットワークの取引数量にも注目しようと言う考えがNVT比率です。NVT比率はNetwork Value to Transaction比率のことで時価総額をビットコインのネットワークの日又は週ごとにやり取りされるドル総額で算出したものです。  

Stock-to-flow Modelの弱点

ビットコインは割高か?

こんにちは、カラコンルです。   昨日の夜に1BTC=100万円を突破し、さらには一時1万ドルまで達したことで再びビットコインが盛り上がっています。 理由は定かではありませんが、著名投資家のポール・チューダー・ジョーンズがビットコインを購入したり、アメリカや日本で現金給付が行われたこと、各国の中央銀行が史上最大の量的緩和を始めたこと、そしてビットコインの半減期が1週間以内に控えていること等、ビットコインにポジティブなファンダメンタルが揃っています。 ジョーンズ氏は「インフレヘッジとして1970年代に金が担った役割をビットコインが担うことになるだろう」と語っています。これはビットコインがようやくSoV(価値の保存)性を持つ安全資産として、暗号通貨投資家以外の投資家にも目を向けさせることになります。   僕はたまに米国株投資家のブログを見ることがあるのですが、2019年頃からビットコインに関して将来の安全資産になるという内容が書かれていることが増えてきました。さすがにLightning NetworkやサイドチェーンのLiquidに関しての記述は無いので、MoE(交換の手段)としての期待はありませんが、SoVとしての期待は非常に高まっています。もはやビットコインは投資家に1つのアセットとして見られているのです。   しかし、価格が割高か?割安か?を判断する指標がビットコインには長い間ありませんでした。なので安全資産であっても明らかに割高な価格で買ってしまうことがあります。例えば株価ならPER(株価収益率)やPBR(純資産倍率)のように割高であると判断してくれる指標が当然のようにあるのです。 その課題を解決してくれたのはStock-to-flow Modelでした。  

ビットコインは割高か?

インターネットのMoE

こんにちは、カラコンルです。   よくTwitterで「仮想通貨ってそもそも決済で使われないから意味無くね」という意見を目にします。 暗号通貨はそれぞれ仕組み自体が違いますが、僕はビットコインがSoV(価値の保存)として安全資産のように使われるようになると思っているし、将来的にはLightning NetworkやLiquidを通してMoE(交換の手段)として使われるようになると思っています。   「わざわざ日本円やドルが使えるのにビットコインを使う意味がわからない」これは本当にその通りだと思います。例えば野菜や肉などの食料品を買う際にビットコインを使ってなんて、面倒くさすぎます笑 ただ、だから意味が無いという訳でもないと思います。 各国で使われている通貨は違います。しかし、使ってるインターネットのサービスは同じっていうことはよくありますよね?ただ、海外のサイトを使う際、共通の通貨が違うので価値の尺度が国によって違います。ですが、暗号通貨を使うといちいち他の通貨に為替レートで変換するということをする必要がなくなります。   ただ、インターネット上だから使われるわけでもないと考えています。

インターネットのMoE

一見安く見える1sat上場

こんにちは、カラコンルです。   皆さん、1sat上場を知っていますか? 1sat上場とは1satoshi上場の略で、一単位あたりの価格を1satoshi(0.00000001BTC)の暗号通貨を取引所に上場することです。例えばKarakonrucoin(単位:KRK)があったとしたら、1KRK=1satoshiで上場させるということです。   一見すると何の問題もないし、むしろ安く買えるならそれでいいじゃんって思いがちです。しかし、そもそも1sat上場させるのはICOが出来ないからなんです。 ICOとは新規仮想通貨公開(現在は新規暗号資産公開)のことです。ICOは95%以上が詐欺と言われていて、日本の金融庁も規制に乗り出しました。これにより実質的にICOは仮想通貨交換業という資格が無ければできなくなったんです。 「ICOはできない、でも資金調達しなきゃコイン(暗号通貨)の運営ができない...」と悩んでいた時に出てきた解決策が1sat上場でした。 1satoshiで上場させ、暗号通貨の運営チームは取引所の板に出し「勝手に買ってね〜」という感じで、売り出す。ただ、1satで買おうにも1satで売り出してる板が少なくて買おうしたらどんどん高くなる。これ結局ICOではないけどトークンセールです。   今回は1sat上場の具体例を出しながら1sat上場コインを批評(批判?ww)していきたいと思います。

一見安く見える1sat上場

スターウォーズは6部作?3部作?

こんにちは、カラコンルです。   昨日の5月4日が「スターウォーズの日」だったことで、海外のビットコイナーが「スターウォーズは6部作だ」「いやスターウォーズは3部作」的なことを呟いていたので今日の投稿はスターウォーズに関して書きたいと思います。   スターウォーズシリーズを見たことがない方にとっては「何の事?」と思うかもしれませんが、スターウォーズシリーズの本編は9部作あります。 では、なぜ3部作や6部作と主張する人がいるのかというと、シリーズ物でよくある続編が期待よりもつまらないから、又は前の作品が衝撃的すぎたと考えているからです。 そもそもこんなに賛否両論を引き起こしてるのは作った順番にも問題があります。 旧三部作エピソード4~6(1977~1983) 新三部作エピソード1~3(1999~2005) 続三部作エピソード7~9(2015~2019) こんな感じでバラバラなんですよね.... 例えば新三部作で設定を新しく加えたら、旧三部作で辻褄が合わなくなるみたいなこともあったわけです。 しかも、三部作ごとに間がかなり空いていてキャストやスタッフも一新せざるを得なくなっています。続三部作に関してはスターウォーズを創り出したジョージ・ルーカスは関わっていません。   ちなみに僕は9部作肯定派です。なぜなら新三部作のせいで合わなくなった辻褄を続三部作で合わせることも出来たからです。 有料部分の方でネタバレを含んだスターウォーズ続三部作の批判に対する反論を書きます。(完全な個人の見解ですww)

スターウォーズは6部作?3部作?

【ビットコイナー反省会】Lightning Network3倍祭り!

昨日、ビットコイナー反省会でLNについて話してきました。内容は以下のYoutubeでみれるので、興味のある方は是非!技術的な話というより、LNの現状やユースケース、今後の展望などについて話しています。LN界隈の雰囲気を知るにはいいんじゃないかなと思います。 発表で使った資料は以下よりダウンロードできます。 https://spotlight-s3-001.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/openbox/LN-Stats-From-Blockchain-Data.pdf  

【ビットコイナー反省会】Lightning Network3倍祭り!

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされることがあります。c-lightningの開発をしているBlockstreamのデベロッパーであるRusty氏は以前、デフォルト手数料ポリシーを協調して各社引き上げようと提案をしたほどです。この背景として、LNノードを運用しているオペレータは手数料を調整することなく、デフォルト値のまま運用していることがありました。LNの手数料は1回の送金中継では1~10satoshiほどしか稼げません。より多くの送金を中継するには、多くのノードと接続する必要もあるため、企業などの大型LNノードや有名サービスを持っていないと、手数料を稼ぐことは現実的ではないのです。 例えば、1回の送金手数料を10satoshiと仮定し、100回/日の送金中継をした場合でさえ、10円/日しか稼げないんですね。 今回、オフチェーンの手数料市場について面白いデータを見つけたので、ちょっとご紹介をしようと思います。

ライトニングネットワークの手数料市場

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフトを動かしてマイニングしていた人物など、多く見積もって数十人というところだったでしょうから。 2013年の記事で、初期のビットコインマイニングのプライバシー面での欠陥に注目し、サトシと見られる主体をパターンから発見したというものがあったので、同じ著者による2019年の追記と合わせて意訳して紹介します。 元記事→"The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius" 追記→"The Return of the Deniers and the Revenge of Patoshi" 初期のビットコインマイナーの欠陥と「Patoshi」 欠陥① ExtraNonceが新規ブロック発見ごとにリセットしないため、マイナーを区別することができる 新しいブロックを採掘したマイナーはコインベーストランザクションというもので新規発行のコインを入手できるのですが(当時は50BTC)、初期のコインベーストランザクションにはExtraNonceという情報が記録されていました。 マイニングにおいて、新しいブロックを発見するのはNonce(ナンス)という数字を見つける作業に他ならないのですが、32ビットのナンスを1から順番に増やしていくという作業をイメージしてください。 ある程度の時間が経つと、ナンスは32ビットに収まらなくなり(オーバーフロー)、再び1から数え始めることになります。そのとき、ExtraNonceに1を加算することになっており、実際に採掘されたブロックにはナンスと採掘時のExtraNonceが記録されます。 欠陥は、新しいブロックを見つけ

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン第2弾

ビットコインプレゼントキャンペーンの第2弾を発表をします。 第2弾の内容も第1弾とほぼ同様ですが、ルール変更がありますので以下よりご確認ください。 第1弾の内容はこちらの記事を、結果発表はこちらの記事をご確認ください。 <キャンペーン内容> キャンペーンへの応募方法は至ってシンプル、画像付き記事を投稿していただくだけです。 キャンペーン期間中に、記事の投稿をしていただき、記事の合計アクセス数が多いトップ10人の方へビットコインを贈呈いたします!キャンペーン期間の終了日に運営側よりアクセス数を発表いたします。トップ10へランクインされた方へは、ビットコインが装備された悟コイン*1を送付させていただきます。贈呈金額は以下の通りです。 *1 悟コインとは、ビットコインが装備されており実際にビットコインを手にとって実感することのできるフィジカル・ビットコインです。 <贈呈金額> <期間> 第2弾:2020年5月  11日(月) ~ 2020年6月19日(金) <応募詳細> 画像付き記事を投稿(複数回、投稿していただけます。) 2020年5月11日以降に投稿された記事を対象 記事の合計アクセス数で競う <span style=

総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン第2弾

草コインはサイドチェーンを使え!

突然ですが、モナコインはお好きですか?モナコインとは Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。通貨単位表記は「MONA」。(Wikiより) 日本独自のコインなのですが、以下に2020/5/7時点の統計データを記載してみました(Coingecko調べ)。 時価総額   :100 億円 取引量(日) :3.5億円 ランキング  :61位 統計データによれば暗号資産の中でも上位100位にランクインしているし、そこそこ知名度もあると言ってもいいのではないでしょうか。また取引量も日に3.5億円もあります。 ちなみにビットコインの時価総額18兆円は、取引量は4.8兆円もあります。すご! ちなみにちなみに、トヨタ自動車の時価総額は20兆円ほどです。 と、統計データはこの辺にして、本題に移りたいと思います。

草コインはサイドチェーンを使え!

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

これはミンブルウインブルと呼ばれる暗号資産の送金情報を秘匿するためのプロトコルについての記事を、翻訳したものです。出典元はここでBEAMとよばれるプロジェクトを参考に解説してあります。ミンブルウインブルはBEAMやGrinまたLitecoinで活用されるプロトコルですが、その仕組みについて12才の子供でも分かるような解説があったので、ここに翻訳することを決めました。より多くの人に暗号資産の面白さが伝わればと思います。 ~~本文~~ ミンブルウインブル(Mimblewimble)は公開型ブロックチェーンから個人情報を隠すためのおかしな名前の技術である。この名前は、人々が秘密を言いふらすのを防ぐためのハリーポッターの呪文から名づけられた。 サトシナカモトのビットコイン論文には「プライバシー」についての章があり、ナカモトはビットコインのプライバシーの制限について言及している。この制限は、悪意ある人がビットコインから流出するデータを不正に使うことでさらに悪くなる。これは、個人名を開示しないからビットコインは匿名だと思っていた人たちを驚愕させる。それではどのようなデータが開示されているのか、またどうしてかについて見ていこう。 ビットコインは2つの要件を満たすために3つの秘密を言いふらす ビットコインはトランザクションごとに次の3つの情報を公開する 送信アドレス 金額 受信アドレス ビットコインはプライバシーを嫌っているから上記の情報を公開するわけではない。どんな貨幣システム(ゴールド、現金、物々交換)でも次の2つの要件を満たすためにそれらの情報を開示する。 送信金額と受信金額が等しいことを確認する必要がある。もし私があるアドレスから1コインを送信して、あるアドレスに2コイン受信するようなトランザクションが作れたら暗号通貨は成り立たない。 私が他人の銀行口座から送金処理ができないこと(自分の口座からのみ可能)。キャッシュカードとPINコードもしくはオンラインバンキングのパスワードを知っているもの、または暗号資産の場合は秘密鍵を持っているものからトランザクションが送られたことを確認する必要がある。 ビットコインはこの2

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

Ethereumエコシステムの雑な評論 as of 5/5/2020

約半日掛けて、主に時価総額と流動性から、Ethereumエコシステムの現状理解に努めた。やっつけなサマリーを共有するが、批判される事で、状況が可視化される事を期待している。 これまでで、Ethereumの最大のインパクトは、2017年のETH及びICOバブルである。その後の検証は業界に重要である。 1.ERC20で発行されたコイン、トークンは多数で、最大の成功例はバイナンスである。バイナンスは、ICOでの資金調達を武器に短期で世界最大の取引所に成長した。そして、BNBトークンは、バイナンスのDPoSチェーンに移行された。もし再びICOブームあれば、Ethereumが利用される可能性は高い。 2.ETH, ERC20の交換プラットフォームとして、0x, Kyber Network, Bancor, Uniswapがある。  0x ZRX 49位 $133M 主にUSDT, ETH, BTCと交換されている。 https://coinmarketcap.com/ja/currencies/0x/markets/ Kyber Network KNC 53位 $119M USDT, BTC, ETHと交換されている。 https://coinmarketcap.com/ja/currencies/kyber-network/markets/ Bancor BNT 179位 $13M 取引所として流動性が$232K/日 https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bancor-network/ Uniswap コインなし 流動性は$12M/日 Bancorの2桁上 HEX, USDC, DAI, UBT, MKR, REPが流動性の上位 Uniswapは草コインに流動性を与えるプラットフォームとして期待されている。 3.期待されたWBTCだが、時価総額315位 $10M 流動性は、$200K@Kyber, $75K@Uniswapで、インパクトはイマイチ。 4.現時点で、最も影響力あるアプリケーションは、USDCに見える。時価総額21位 $705M https://coinmarketcap.com/ja/currencies/wrapped-bitcoin/markets/ Daiは、時価総額56位 $111M で、現時点ではUSDCの方が便利。 5.その他のアプリケーションとして、Augur, Gnosis, OmiseGo辺りが話題だったが、実動の印象はない。https://twitter.com/pierre_rochard/status/1257433463692709892?s=20 6.Chainlinkはオラクルとして、真面目に開発されてる印象。

Ethereumエコシステムの雑な評論 as of 5/5/2020

UTXO and Account

普段はレイヤー2のライトニングネットワークについて調査することが多いんですが、今回はビットコインのレイヤー1で扱われるUTXOと呼ばれるものについて調査したのでその備忘録を残したいと思います。余談ですが、今回はUTXOと対比されることがあるイーサリアムのAccountについても触れていてます。両者は対比されることがありますが、今回は善し悪しではなく、それぞれの仕組みと違いについて書いていきます。 UTXO型モデル UTXOとはUnspent Transaction Outputの略称で、「未使用なトランザクションアウトプット」と訳され、このアウトプットがビットコインにあたります。例えば、以下の図のような3つのトランザクションがあった場合、未使用なトランザクションアウトプットはTx1のOut[1BTC]、Tx2のOut[2.4BTC]、Tx3のOut[0.8BTC]とOut[0.6BTC]となります。そして、これらのアウトプットを合計すると4.8BTCとなり、これがビットコインの残高となります。このビットコインの残高管理をUTXO型モデルと呼びます。 私たちの財布の中には大小さまざまな小銭が入っていると思いますが、それらを合計しないと残高が分からないことに似ていますね。 ビットコインのブロックのデータ構造は以下の図のようになっています。これは後ほどイーサリアムのデータ構造と比較するために記載するので読み飛ばしてもらって構いません。

UTXO and Account
description

wt9bfguccを購入しました。

-100
description

z0t5pg605を購入しました。

-100
description

z0t5pg605を購入しました。

-100
description

z0t5pg605を購入しました。

-100
card_giftcard

Cuributoさんから 0jb206c3lが購入されました。

100
card_giftcard

Cuributoさんから 4hjdzen86が購入されました。

100
card_giftcard

Cuributoさんから l42xdjfc0が購入されました。

100
card_giftcard

Cuributoさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

高野勝通さんから onybd70nxが購入されました。

100
card_giftcard

Nisagusaさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから i8uo4qbuvが購入されました。

12
card_giftcard

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから i8uo4qbuvが購入されました。

88
card_giftcard

Kyさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

暗号だるまさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

紫雲和尚さんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

Hataabさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

Kei Tanakaさんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
card_giftcard

高井さんから i8uo4qbuvが購入されました。

100
description

buiccdzbyを購入しました。

-100