tadashim

tadashim

投稿はまだありません。

5分でBitcoin Layer 2 キャッチアップ!

Bitcoin Layer2のイベントへ参加してきました(詳細はここ)。 会場はHashhubということで、名古屋から新幹線に揺られながら、久しぶりの東京へ。 久しぶりの東京だったので緊張しましたが、無事イベント会場へ到着。 50名ほどの方が参加されていました。 イベントでは3名がビットコインのレイヤー2の技術動向と今後の展望について説明されていました。 以下に各発表の概要をまとめたので、ビットコインのレイヤー2のキャッチアップとして読んでいただければと思います。

5分でBitcoin Layer 2 キャッチアップ!

Amazonギフト券で換金開始!

サービス内容の変更に伴い、ポイント還元キャンペーンを開催します。 キャンペーン期間中に、ツイッターにてリツイートしていただいた先着1,000名様へ10,000ポイントを贈呈いたします。 応募方法は①このツイートをリツイートして②SpotlightのユーザIDを公式ツイッターアカウントまでDMしてください ユーザIDの確認方法は、マイページのアドレスバー(URL)より確認できます。(例)https://spotlight.soy/mypage?user_id=73 ←これがユーザID リツイートしていただいたユーザアカウントを確認後、アカウント宛に10,000ポイントを送金いたします。 期間:2020年2月  1日(土) ~ 2020年2月29日(土)キャンペーンツイート:https://twitter.com/spotlight_ja/status/1223050860097179650公式ツイッターアカウント:https://twitter.com/spotlight_ja※お一人様一度限りとなりますのでご了承ください。

Amazonギフト券で換金開始!

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 8

🐇Lesson 8🕳️経済的無知 「そしたらその方、そんなことを聞くなんて、あたしのことをすごくバカな女の子だと思っちゃうわ!だめだめ、そんなこと聞いちゃ。どっかに書いてあるのが見つかるかもしれない。」引用元:不思議の国のアリス 私にとって最も驚くべき事の一つは、一見純粋なコンピュータ・ネットワークと言う技術システムに思えるものを把握するのに必要な財政学・経済学そして心理学の知識量だった。毛むくじゃらの足したホビットの言葉を言い換えるなら「そいつは危険な仕事だ。フロド。ビットコインに足を踏み入れるなんて。ホワイトペーパーを読んでから、慎重に足を運ばないことには、どこに連れ去られるかわからない。」 新しい金融システムを理解するには、古いシステムに精通している必要がある。私は自分が教育システムで学んだ金融教育の量が、本質的にゼロだった事にすぐに気づき始めた。 5歳児のように、私は自分自身にたくさんの質問を問い始めた。銀行システムはどのように動いているの?株式市場はどのように動くの?法定通貨って何?普通のお金って何?どうしてこんなにたくさん借金があるの?実際どれくらいのお金が印刷されているの?そしてそれを決めるのは誰? 自身の無知のとてつもない範囲に軽いパニックに陥った後、仲間がいた事に気づいて安心した。 “ビットコインが私にお金について、私が金融機関で働いていた何年分以上もの事を教えてくれたというのは皮肉ではないだろうか。…私のキャリアが中央銀行からスタートした事を含めても。”aarontaycc “私は財政、経済、テクノロジー、暗号、人間心理、政治、ゲーム理論、そして自分自身に関して大学での3年半以上の事を、この3ヶ月で暗号通貨から学んだ。” bitcoindunny これらはツイッター上の<a href="https://twitter.com/search?q=bitcoin%20AND%20I%20AND%20%28learned%20OR%20taught%29&s

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 8

ブロックチェーンとDefiのキャッチアップ

■はじめに自身のブロックチェーン界隈のキャッチアップと整理を兼ねて、ホットな技術・サービス、特にDefi周りをまとめたいと思います。前半はブロックチェーンのおさらいで、後半はDefiの整理となってます。 ■ブロックチェーン(前半)ブロックチェーンを語る上で、まず最初に大事になるのが、それ自体の定義です。大きく分けて、(1)誰でも参加自由なパブリック型と(2)特定の参加者のみ参加可能なプライベート型に分けられます。今回はパブリック型ブロックチェーンについての課題についてみていきます。 パブリック型ブロックチェーンが抱えている問題として、処理性能の乏しさがあげられます。ビットコインを例にとると、ビットコインの1ブロック生成時間は約10分で、1ブロック(1MB)に格納される取引件数は平均2000件となっています。1秒間に3件ほどの処理性能しかないことが分かります。これでは多くの人がビットコイン取引をしようとしても処理が追いつかなくなり、決済手段として機能しないでしょう。この問題をスケーラビリティ問題といい、解決策としていくつかの改善案が提案・実装されており、これについては日銀がレポートとして公開しています。 ■スケーラビリティ問題の改善策日銀のレポートを参考に、スケーラビリティ問題の改善策について3つ紹介します。 1.オフチェーン 全ての取引をブロックに格納せず、最初と最後の取引残高のみをブロックに書き込む方法です。オフチェーン技術についてはこの記事に簡単に説明してあるので、よければ見てみてください。このオフチェーン技術を使ったプロダクトとしては、Lightning Networkが上げられます。Lightning Networkは開発も活発に行われており、今後の発展に期待がもたれています。この他に、イーサリアム上のオフチェーン技術としてRaiden Networkが存在しますが、ビットコインほど活発に使われてはいないのが現状です。 2.サイドチェーン メインのブロックチェーンからサブのブロックチェーンへ資産を移動する仕組みで、双方のチェーン上を資産が自由に移動することができます。ただし、チェーン間の資産移動をする場合のみ管理者による検証が必要となります。 ビットコインのブロックチェーンのサイドチェーンとしてLiquidといわれるものが稼動しており、これは取引所間によるビットコインの取引を目的として作られました。通常のBTC承認では10分かかるのが、Liquidのサイドチェーン上では2分で承認が済みま

Bitcoin over Tor

Torとは ビットコインとの出会い ビットコインノードをTorで運用すること ライトニングネットワークをTorで運用すること   Torとは Torとは「The Onion Router」の頭文字をとった名前で、インターネット上の通信を匿名化するための規格やソフトウェアを開発するプロジェクト団体です。あまり日本では馴染みのないプロジェクトですが、プライバシーを大事にしているアメリカなどでは、様々なユーザーが使用しています。Torの詳細については以下にリンクを載せておくので興味がある方は読んでみてください。 いまさら聞けない「ダークウェブ」入門  |  TechCrunch Japan 匿名通信システム「Tor」を使うのに知っておくべき7つのこと - GIGAZINE  ビットコインとの出会い ビットコインには(1)フルノードと(2)軽量ノードの2種類があります。前者はビットコインの取引データをすべて検証するため、24時間365日稼動している場合が大多数です。後者の軽量ノードはSPVウォレットとも呼ばれ、自身の取引データのみ検証するため、常時稼動する必要はなく、主にスマホのウォレットなどに採用されています。 フルノードが参加することで、ビットコインのネットワークが強くなります(ハッシュパワーもビットコインを強

Bitcoin over Tor

個人間送金としてのビットコインの魅力

Twitterでこんなやり取りがありました。 ちなみに現在は一泊750円の超お洒落でいい感じのスタッフのいるホテルのドミトリー。朝食は200円でコーヒー飲み放題。昼食や夜飯は一食300円。やってることは朝に瞑想と筋トレしてあとはネットサーフィンしながら勉強。宿泊客は年齢層高めでまともそう。超充実してる生活を手放すか否か🙄 pic.twitter.com/GEHQLlkQm4 — ぷーさん☀ (@poo_life) January 6, 2020   僕の友達のぷーさんは、ラオスに滞在しており、現金不足になっているみたいです。 ATMで現金を引き出すには500円の手数料がかかるとのことだったので、「ビットコインで朝食分を送金しますよ」と。 ラオスでビットコイン支払いを受け付けているかは不明ですが、ぷーさんは現地人の方に布教し現金と交換してもらおうとしているみたいです。うまくと交渉できるといいな。 個人間送金と言えば、PayPal、Paymo、LINEPayなどがありますが、全て各企業に依存しており、KYCや銀行口座の登録などが必要ですし、送金するには各社のアプリを使う必要があります。 しかし、ビットコインの場合は、それを管理している特定企業が存在せず、ネットワークに分散化された勘定元帳をみんなが管理している(これを巷ではブロックチェーンと呼んでいます)ので、誰でもいつでもビットコインを使うことができます。まさにインターネット上のお金といわれるだけはあると思います。 今後はもっと多くの日本人に使ってもらえるようにユースケースを増やしていきたいです。

[終了]30分一本勝負!

本キャンペーンは終了しました。皆様ありがとうございます。   3分毎に1000satoshi が貰えるエアードロップを開始します! 制限時間は今から30分で、3分×10回の合計10,000satoshiの大放出!? やり方は簡単! 1.マイページ - ポイントの入金ボタンから1000ポイントを入力しインボイスを生成 2.以下のリンク先から、1で生成したインボイスを貼り付けて、「Withdraw」をタップ リンクは↓↓↓↓

[終了]30分一本勝負!

ブロックチェーンも不要?Hosted Channelとは

Lightning Networkは、ペイメントチャネル(以下、チャネルと略す)という、資金をブロックチェーン上にロックし、ロックした金額内で相手との送金を行う仕組みです。LNですらコインの送受信をするには、必ず1度は資金ロックのために、ブロックチェーンへの書き込みが必要となります。そのため、EclairなどのノンカストディLNウォレットをインストールしてもすぐにはコインの送受信ができずセットアップが必要になります。その代替案として、BlueWalletのようなカストディLNウォレットを使うユーザーが大半ではないでしょうか。 ウォレットをインストールしたら、何のセットアップもせずに直ぐに使いたい!そんな願いをかなえるべく誕生したのがPhoenixというウォレットですが、これも実際にコインを受取るためには、まずは1度ブロックチェーンにデータを書き込まないといけないため、効率的とは言いがたいです(PhoenixはDenryuシステムに似ていますが、これはここでは割愛します)。 そこで、満を持して登場したのが、僕が尊敬するAnton氏が開発しているBLW(Bitcoin Lightning Wallet)で、最近追加された機能、「Hosted Channel」です!  

ブロックチェーンも不要?Hosted Channelとは

サブマリンスワップとは?

はじめに 今回は2019年のおさらいを兼ねて一度は耳にしたことのある「サブマリンスワップ」についての話をしたいと思います。サブマリンスワップの話を始める前に、アトミックスワップについての簡単な概要から説明し、サブマリンスワップの概要から実際のコーディングや応用についてご紹介します。 アトミックスワップとは コインの交換を2者間で行うことです。通常は、株式の売買でも仮想通貨の売買でも取引所が売り手と買い手の仲介役となり取引を行うことが一般的です。仲介役の役割は、売買相手をマッチングさせたり、取引の執行を確実に行うことです。例えば、アリスがビットコインを売って、ライトコインを買いたい場合を想定してみましょう。まずは、取引所がライトコインを売ってビットコインを買いたい相手ボブを見つけてくれます。そして双方がそれぞれのコインを取引所に預けます。双方がコインを送金したことを確認後、取引所はアリスへライトコインを、ボブへビットコインを送金します。これがザックリとしたコイン交換の1つの方法です。しかし、もし取引所なしでこの取引を実行しようとする場合、相手を信用する必要があります。例えば、アリスがボブへビットコインを送金したのにボブがライトコインを送金してくれない場合やその逆も然り。そのリスクを回避するために第3者として取引所が仲介してくれます。 しかし、取引所はその仲介役を買って出てくれる一方で、取引の数パーセントを手数料として取ることがあります。そこで、アリスとボブの2者間で取引をする場合、相手を信頼することなく完全に取引を実行するための方法をアトミックスワップと呼び、スマートコントラクトを使うことで可能になります。 サブマリンスワップとは では、本ブログの本題のサブマリンスワップについてです。サブマリンスワップとは、オンチェーンの資金とオフチェーンの資金を交換する方法で、Alex Bosworthによってプロトタイプが開発されました。 アリスはライトニングネットワークを使いたいと考えますが、ライトコインしか持っていません。こんな時はサブマリンスワップの出番です。アリスがライトコインを資金としてライトニングネットワークへチャージすることはできませんが、ここでサブマリンスワップを提供してくれるボブがいたとします。まず、アリスは自身のライトニングネットワーク対応ウォレットから請求書(インボイス)を作成し、ボブへ渡します。次にボブはその請求書からあるスマートコントラクトを作成し、特別なライトコインアドレスを生成し、アリスへ渡します。アリスは、その特別なライトコインアドレスへコインを入金します。ボブは、その入金を確認後(この時点ではまだライトコインはまだボブのものではありません)、アリスからもらった請求書に対しライトニングペイで支払いをします(この時点でアリスの目的は達成されました:ライトニングに資金がチャージされました)。支払いが完了するとレシートが受理できます。このレシートが重要で、これを使うことで先に生成した特別なライトコインアドレスからコインを取り出すことができるので

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"

一人寒い部屋で迎えた2019年のクリスマス、ひとすじのぬくもりを求めてネットの海をさまよい歩いていたKatakotoさんは、とんでもないプレゼントに出会った。それはGigi氏という方が執筆した本。その名も “21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト” 執筆者のGigi氏は自分のサイト上でも自身のことを多く語っておらずその詳細は謎に包まれているが、書いてある文章や写真、そしてbitcoin-resources.comの運営などからも分かるように、バリバリのビットコインマキシマリストであるのが感じられる。名前にkatakoto.ethみたいなんがくっついてる奴が気安く近づいた日には、眼から出る₿eamで焼き払われてしまいそうな気迫を感じだいぶビビった。 しかし最近、書籍化されたこの“21lessons.com”は、一度落ちたら抜けられないとされるビットコインのうさぎ穴に落ちてGigi氏自身が自らの体験から学んだコトが、哲学的・経済的・技術的見地から、初心者にもわかりやすいようにエッセイ形式で21のレッスンとしてまとめられていて、ビットコイン初心者にとってもその革命性がよく分かる網羅的な内容になっているではないか! クリスマスの奇跡!この出会いは僥倖! 夢中で読み終えたあと、Katakotoさんはいてもたってもいられぬ衝動に突き動かされていた。 これは凄い本だ。翻訳して広く皆と共有せしめねばならぬ・・・ と言うわけでこの年末になって慌ただしく、ひとり勝手に翻訳プロジェクトに取り組んでいます。翻訳公開に関しては、なんとも太っ腹なことに元の記事が<a href="https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"
description

cdyvvc1pkを購入しました。

-100
description

0q3lhds34を購入しました。

-100
description

ox4otb9tkを購入しました。

-99
description

ox4otb9tkを購入しました。

-1
description

9fez25vp5を購入しました。

-100
description

p8d96u7cmを購入しました。

-100
description

sdt8obj4vを購入しました。

-100
description

5rzt537jkを購入しました。

-100
description

tou041hkuを購入しました。

-100
description

yu7bsb0psを購入しました。

-100
attach_money

出金しました。

-1
description

gclqfs46nを購入しました。

-100
card_giftcard

tadashimさんから 投げ銭がありました。

1000
description

x5yzq0l7wを購入しました。

-100
description

u3bli33hqを購入しました。

-100
attach_money

出金しました。

-700
attach_money

出金しました。

-900
attach_money

出金しました。

-1000
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000
description

z8uhbr58jを購入しました。

-100