Yaman

Yaman

投稿はまだありません。

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

MakerDAOと信用創造の考察

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

MakerDAOの債務危機に関して

コロナ狂想曲~金融篇

皆さんおはようございます。和尚です。 このパンデミック状況に、金利をほぼゼロにして中小企業を救おうとしている政府でありますが、 「俺も借りられないのかよぉ!」 という人々から相談を受けてお陰さま?でむちゃくちゃ忙しい私です。 とある人には 「和尚は人の不幸につけこんで商売しとるなー」 とか言われますが、私からやらせてくれ!と営業してやってるわけではないのでお許しください。 というわけで、これについての一席を。

コロナ狂想曲~金融篇

金融リテラシーについて考える

おはようございます。和尚です。 コロナウイルスで毎日大変なことになっております、この日本。 自宅待機に始まり、マスクとティッシュペーパー以外の消費は落ち込み、株価は下がるわ、経済が縮小するのはもう火を見るよりも明らかな状態になって。 で、その影響を受けている人々も多くって。 で、和尚は自営業者からこの2週間くらい 「どうしたらお金が借りられるんや!」 という問い合わせが殺到状態で。   いやいや、この機に乗じて、コロナには関係ないのにカネだけ借りようという輩もいたりして。 これ、米国も借金まるけの人がいるから、日本だけお金に関する教育がなされてないわけではないでしょうが、なんかどうなのよこのレベル? このサイトを覗いてらっしゃる諸兄ならばそんなことはないのでしょうが。 このいわゆる金融リテラシーというものについて一席。  

金融リテラシーについて考える

ビットコインアート

突然ですが、ビットコインアートというものを聞いたことがあるでしょうか?世の中にはビットコインの魅力に取り付かれた人々は、何もプログラマーやエンジニアだけではなく、作家や芸術家など様々な分野で活躍している人々もいるんです。 その中でも、今回はビットコインを絵画を通して表現している1Dq氏のアートをご紹介します。実際にビットコイン支払いで購入することもできるので、サイトに掲載されていた価格も一緒に記載しました(本記事の見出し画像は、今月のビットコインの下落×新型コロナをテーマにしたものらしいです)。  

ビットコインアート

日経平均2万円割れ、円は対ドル100円に迫る。そしてBTCは暴落(3月9日午前の状況)

前回、武漢肺炎の記事を書いてから、ちょうど1カ月がたちました。 →武漢ウイルスの死者800人越え、BTCは110万円回復(2月9日の状況)   ではでは、3月9日の情報をまとめておきたいと思います。 中国本土の感染者数・・・累計8万735人 前回の記事では3万7000人だったので、115%の増加です。2倍以上ですね。   中国本土の死者数・・・累計3119人 前回の記事では800人を超えたところでした。それから約300%の増加。約4倍です。 出典:新型コロナ、中国本土の死者3119人に (日本経済新聞 2020/3/9)   前回記事では、中国のAIが「感染拡大のピークは2月16日ごろ」と予測したという話題を紹介しました。そして、ピーク時の感染者数は約6万人だとされていました。 これ、完全に外れましたね。 予断を許さない状況、というのはこのことなのではないかと思います。   経済への影響も気になるところ。 3月9日午前の終値は、日経平均株価が前週末比1276円68銭(6.15%)安い1万9473円07銭、円は対ドルで101円台をつけました。 大荒れです。   そしてビットコインです。   ビットコイン価格は、前日比で10%以上も安い(!)1BTC=82万円台に下落しています。 1BTC=110万円だった1カ月前と比べると、その下げ幅は25%!! つまり4分の1の価値が消えるという大暴落!!   ・・・悲鳴が聞こえてきそうです。   皆さん、この苦難の時期を、ともに乗り切りましょう。  

日経平均2万円割れ、円は対ドル100円に迫る。そしてBTCは暴落(3月9日午前の状況)

今度こそは…ちょっとどーなの?

この記事 をみてください。さっきテレビで言うてたんですけど、マスクを国家が優先的にメーカーから売り渡すよう要請した、とかの話ですが、 これ、戦中の物資統制法の臭いがしませんか?? まじめな話、政府がこーゆーことするから、マスクの買い占めやら、ティッシュの買い占めやら、起こるんですよね。 日本人で本当に危機管理がヘタで、個人的には、うーん、言霊の影響もあると思うんですが、悪いことは想像しない、言わない、ということで、そこは検査をしまくって感染者がいっぱいいるよ!と言うた韓国はエライと思います。 基本的に、いいたいことはこれだけで、有料部分は、ぐちばかりになりそうな気配です。

今度こそは…ちょっとどーなの?

コロナの考察

こんにちは、和尚です。 コロナウイルスって言うのが蔓延してますので、みなさん、お気をつけてくださいね。 また、これ、コロナってなんだかかわいい名前をつけられてしまったがゆえに、私の中では軽いもんだ、というイメージがついてしまっているのですが、そんな簡単なものではないですよね。 今日は、あまり流行モノには疎い和尚が流行モノを書きます。

コロナの考察
description

nvehua1w0を購入しました。

-100
description

utquws7hhを購入しました。

-100
description

altzjov28を購入しました。

-100
description

cjv4g8aqbを購入しました。

-100
description

0ndvemb29を購入しました。

-100
description

34dlu4i1kを購入しました。

-100
description

og0q2885wを購入しました。

-100
description

5gorhobh3を購入しました。

-100
description

gw3o10vm4を購入しました。

-100
description

df2sqhw3aを購入しました。

-100
description

zfka68ba7を購入しました。

-100
description

exuwc8kh8を購入しました。

-100
description

cdyvvc1pkを購入しました。

-100
description

ie18z4ggzを購入しました。

-100
description

i9zmshlafを購入しました。

-100
card_giftcard

Yamanさんから 投げ銭がありました。

4400
description

8m7pnmwekを購入しました。

-100
description

ol5v3phx4を購入しました。

-100
description

mwn2k5sdaを購入しました。

-100
description

3pcnpy2vvを購入しました。

-100