借金をぶっ殺す

借金をぶっ殺す

知的好奇心はなぜ尊いか

人間の3大欲求は性欲、食欲、睡眠欲である。知的好奇心はこの三つと同等、もしくはそれ以上に尊いと考える。それはなぜか。 セックスと食事は人生における最高の快楽だが長くてもせいぜい2時間しか時間を費やすことができない。睡眠なら8時間は使えセックスや食事と比較すれば長い時間を費やすことができるが、それでもその後1日のうち16時間を持て余すことになる。また、睡眠は本質的に価値が逓減するものである。3時間しか寝れないときの追加1時間の価値はとても大きいが、8時間寝れたときの追加の1時間はとても価値が小さい。もしくはゼロ、マイナスにもなり得る(寝すぎることは身体によくない)。 知的好奇心を満たす遊び(仕事や読書など)は8時間でも続けて行うことが可能である。長い時間行うことで発生するデメリットもないのでやりすぎという概念もない。そのうえ、知的好奇心は価値が逓減しづらい。SF小説を8時間読み続け飽きてしまったとしても、経済学はやっぱり楽しい。 また、子供でも漫画や百科事典を読んでワクワクドキドキするような知的興奮をするし、年齢を重ねても仕事や読書を楽しんでいる人は多い。人生の特定の時期に依存せず再現性が高く、長い期間において継続することができるのは大きな魅力だろう。 一人で行うことができ場所や時間を選ばない点も魅了的だ。セックスは相手が伴うし(それが魅力でもあるのだが)場所にも依存する(そうでない人もいるが知的好奇心のそれと比べれば限定的である)。食事や睡眠もいつでもどこでもというにわけにはいかないだろう。知的好奇心はとても自由で解放されている。 そのほか、地位や名誉、富を得ることがあり、特定コミュニティへの参加券になり得ることも特筆すべき点だ。知的好奇心を満たすその行為自体が人生を豊かにする尊いものだが、知的好奇心を満たすプロセスによって得られるさまざまな副産物がさらに加速度的に人生を充実させる。知的好奇心は一度で二度美味しい。 もしセックスや食事、睡眠がもっと長い時間を費やせるものであったならば人間や社会はまったく違うものであっただろうと思う。まあ、長い時間セックスや睡眠ができる(する)種は狩猟時代に食料の確保が困難になり争いでも命を落としそうであるし、長い時間を食事に費やせる(費やさないといけない)種は燃費が悪すぎて必要なカロリーを確保できず淘汰されていたのだろうとは思うが。 脱線したがこれは非常に示唆に富んだ仮説である。人間が知的好奇心を強く持てるのは淘汰の結果であり必然であると言えそうだからだ。知的好奇心が生存において重要な三大欲求に勝るとも劣らないほど魅力的なのはそれなりに理由があるはずだ。 我々は知的好奇心の奴隷である。知的好奇心はとても尊い。

知的好奇心はなぜ尊いか

2017年の暗号資産バブルではどのようなシグナルが発されていたか

これはなにか 2017年5月より暗号資産を触っている筆者の体験をもとに、当時発されていたバブル特有のシグナルについて記載をまとめたものです。 なぜ書くか 記憶が喪失しないうちに言語化しておくことで正確に歴史を記述しておくため。その教訓を活かし次に来るであろうバブルで早期かつ正確にバブルの頂点を察知し投資判断に反映させ、利潤を最大化させるため。その果実をほかの投資家と共有するため。 Googleトレンドが急上昇を示す 2017年5月から上昇し12月にピークを迎えています。Googleトレンドは無料でだれでも簡単に利用できバブル度を測る指標として非常に有効ですが、デメリットはそれがバブルの頂点であるかの判断困難である点です。トレンド的に急上昇していることがわかったとして、そのトレンドがまだ続くのか、すでにピークをすぎたのかそれだけで判断はできないので参考程度としましょう。 渋谷宮益坂の深夜の松屋でDQNが暗号資産を語る 忘れもしない2017年12月15日華の金曜日深夜、たまたま渋谷宮益坂の松屋に行くことがありました。傍目でDQNとわかる3名ほどがビットコインで盛り上がっていたのを明確に覚えてます。 「これからもっと上がりますよ」「〇〇コインが上がりますよ」、よく覚えてないのですがだいたいそんなことを話してました。同店は日常的に頻繁に利用していましたがこのような光景は初めてでした。 1ETHが18万円を記録した2018年1月ごろ、日高屋 渋谷宮下公園前店でも同様のことがありました。 オフィスビルでエスカレーターに乗るとみんな暗号資産の話をしている おおよそ2017年11~12月ごろだったと記憶しています。当時、筆者は渋谷のオフィスビルに通勤していたのですが、この頃は暗号資産市場が非常に熱気に包まれており、それはオフィスビルのエレベーターも例外ではありませんでした。エレベーターで同席した他社の方々が毎回ビットコインの価格上昇について興奮気味に会話していたのを覚えています。 毎回は大袈裟なんじゃないかと思うかもしれませんが、相場が大きく動いた日はリアルに四分の三回はこんな感じでした。 知人の母親がポンジに誘われる 相場のトレンドとネズミ講の検挙数は相関があると言われています。S&P500の四半期リターンとその四半期中にSECが検挙したネズミ講詐欺の件数には、47・9%の相関があるそうです。筆者の身の回りでも知人の母親が明らかにポンジと思われる勧誘を受けるなど、相場の盛り上がりと詐欺の勧誘が相関することは暗号資産でも同様であると

2017年の暗号資産バブルではどのようなシグナルが発されていたか

損切りできない人はどのようにして損切りすべきか

この記事はなにか トレードで損切りできない人、できるけど苦手な人向けに損切りとの向き合い方について書いた記事です。 大前提 感情をコントロールして損切りを効率よく行うことは非常に困難です。また、一時的にできたとしても精神が磨耗するため持続的ではないです。そのため感情をコントロールするのではなく事前に一定の損切りルールを定めておき、ルールに則って淡々と損切りすることが重要であると筆者は考えます。そのため今回は感情のコントロールでなく仕組みで損切りを徹底する方法をご紹介します。 注文した時点で損切りの指値を入れる まず注文した時点で損切りの指値を入れておきましょう。これが一番確実です。例えばロングならロングした時点で「だいたいここまで価格が上昇するだろう」「おおよそこの程度の価格まで下がることは事前に予想できる」などの見立てがあるはずで、それを参考に予め指値を入れておくべきです。 実際に価格が下がってくると冷静でなくなり客観的な判断が行えなくなることが多いです。成行では「ここから反転するのでは」「もう少しだけ耐えてみよう」などの誘惑で溢れています。 注文時点で指値を入れておくことのメリットは損切りすべき価格を冷静に判断できる点です。冷静な状況での見立てに応じて注文した時点で損切りのための指値を入れておくのがベストです。 ロット数を減らす 注文時に指値を入れなかった場合の損切り方法です。ロットが小さいほど簡単に損切りすることができます。そのため損切りできない人は1回あたりの注文のロット数を小さくすべきです。 例えば 資産の10%に当てはまるロットで注文する。その注文が10%下落した時点で全体資産の1%減として損切りする 資産の100%に当てはまるロットで注文する。その注文が10%下落した時点で全体資産の10%減として損切りする の2つの取引では前者がより損切りしやすい取引であることは明白です。後者では全体資産の10%の損失を確定することとなり、精神的には非常に損切りの判断がしづらい取引です。 暗号資産で全資産を一つのトークンに振り分けし損切りできず塩漬けになる事例が多々見受けられますが、これはまさしく後者の事例に当てはまるためでしょう。 また、もし仮にどうしても一つの金融商品に多くのロットで注文をしたい場合は、小さいロ

損切りできない人はどのようにして損切りすべきか

ALISトークンでどのようにして資産を2倍にしたか

これはなにか 2017年にALISトークンで資産を2倍にした話を共有する記事です。 2倍にした手法その1 バーンによる価格上昇で対BTCで資産を増やしました。ALISトークンのバーンの実施自体はもともと予定されていたもので市場の価格に折り込まれているのではと考えていたのですがなぜかこれが価格上昇のきっかけとなり結果的に資産の増加に繋がりました。 2倍にした手法その2 こちらが特に紹介したい内容なのですがBidとAskの両方に指値を入れてBidとAskの価格差(スプレッド)で利鞘を得ました。どういうことかというと当時ALISは流動性が低く、BidとAskの価格に大きな開きがあったのです。例えば Bid 0.1  Ask 0.2 のように大きな解離が生じていました。そこで私はBidとAskの両方でもっとも安い、または最も高い注文を指値を入れどの注文が入っても私の注文が約定するように指値を入れていました。 その結果、Bidで売り注文が入れば私の買いが約定し、買い注文が入れば私の売り注文が約定する状況が作られていました。注文が入れば入るほど差額の分だけ利鞘を稼ぐことができたのです(いわゆるマーケットメイク)。わずか数日間での取引です。 この取引手法は一歩間違えれば大量のALISトークンの在庫を抱えることになる(Askに出している指値がいつまでも売れるとは限らない)リスクのあるトレードなのですが、当時の私は最悪ALISトークンの在庫を抱えてもその後のイベントでの価格上昇(前述のバーンでの価格上昇など)で損失を出さずに売り抜ける自信があったので取引していました。 BidとAskの価格差で利鞘を稼ぐ手法はいまでも有効なのか 当時は流動性の低いALISトークンかつコインエクスチェンジという草コイン取引所、かつ2017年といういくつかの偶然が重なって起きた事象だったのでいまでも再現できるかというとどうでしょう。Binanceなどの大手取引所で知名度のあるトークンでは不可だと思いますが、マイナーな取引所やトークンではいまでも可能かもしれません。 しかしもし同じ事象が発生すると仮定しても前述のとおり草コインを大量に抱えるリスクが大きすぎる、それを見つけるのにもコストがかかる、本質的に安全でない取引はしなくなった、などの理由からいまだったら絶対にやらないです(当時はトレードはじめたてでALISにかなり賭けていたので在庫保有のリスクもとれた)。 このトレードでの投資家としての学びはなにか 伝統的ないわゆるバリュー投資やテクニカルでのトレードなどの手法もありますが、板やチャートをずっと眺めてるとこういう市場の歪みを見つけることもあるので眺めてる時間も時にはチャンスに変わる、という学びはあると思います。 <

ALISトークンでどのようにして資産を2倍にしたか

米上場中国企業版マネーショート、映画「チャイナ・ブーム」はなぜ投資家が見るべき映画か

これはなにか 中国の中小企業がアメリカに上場するブームの前後を書いたドキュメンタリー「チャイナ・バブル 一攫千金の夢」についての投資家目線での感想記事です。アメリカのリーマンショックを追った映画「マネーショート」と類似して投資の映画として示唆に富み非常におもしろかったので感想記事を書いておきます。 映画「チャイナ・ブーム 一攫千金の夢」とはなにか 2006年~12年ごろにアメリカで起こった中国企業のアメリカ市場での上場ラッシュを追ったドキュメンタリーです。Netflixで見れます。 登場人物が投資判断のために具体的に行ったことはなにか(東方紙業の場合) 年商1億ドルで高品質紙を出荷する中国の東方紙業について興味を持ち投資判断のために中国のメイン工場を視察。 しかし工場は劣悪な環境で公表の年商1億ドルは妥当ではないと判断(工場周辺の道路が劣悪、工場の中も機械の半分が故障か停止中、工場前にはゴミが溢れが工場内も水浸しなど) 同社の株を空売りする 登場人物が投資判断のために具体的に行ったことはなにか(中国緑色農業の場合) 米市場に上場した中国企業には粉飾している企業が多いのではとの仮説から肥料会社の中国緑色農業について興味を持つ。 仮説を検証するため事業の実態を調べるべく工場入り口に監視カメラをセットし同社の従業員や車の出入りを344日間撮影。 決算報告の内容が正しければ多くの従業員や作業の車が出入りするはずだがその姿がまったくないことを知る。 仮説をより強固なものとするためお茶のセールスマンを同社に送り込みアンケートを回収したところ疑惑が確信に変わる(従業員は40人、運転手は一人しか在籍しないことを知る) 同社の株を空売りする 具体的にどのような点が示唆に富んでいるか 決算報告書の報告内容を鵜呑みにせず、足を運び実態をツブサに検証した点。当時は中国企業のアメリカ市場での上場バブルで市場は熱気につつまれていたのですがその熱気に飲み込まれず疑問を持ち足を運び冷静に検証をした点が投資家のあるべき姿として非常に示唆に富んでいると感じました。 「監査をするのは米の有名監査法人だが資料を揃えるのは依頼元の企業、監査をするのは本店でなくフランチャイズ企業、企業が隠すか監査法人を丸め込めば表に出ない」の監査法人に関する説明については映画「マネーショート」での格付け機関を彷彿とさせます。「有名監査法人が監査しているから」「有名格付け期間がAAAの評価をつけているから」など第三者の評価を安易に信頼をしてはいけないことがわかります。 このチャイナブームで一番の被害者はなにか、視聴者としての学びはなにか 一般投資家です。米市場で上場した中国企業の株は一般の投資信託にも含まれており、中国企業の株式を直接購入していない一般の人にも被害が及びました。ま

米上場中国企業版マネーショート、映画「チャイナ・ブーム」はなぜ投資家が見るべき映画か

BTCの4年サイクルと長期ビジョン

BTCはご存知の通り4年に一度半減期がやってきます。BTCの価格サイクルも約4年ごとに一定のパターンを描いているという分析があります。   これは私も参考にしており、現在呼吸するようにこのサイクルが身についています。 長期の投資を考える時、このサイクルや線から、どれだけ乖離しているかということを見ています。    

100

各仮想通貨のファンダは価格にどのように反応したのか(Defi等15銘柄の分析)

1.本記事の概要  2020年の6月下旬以降、特にDeFi銘柄を中心として仮想通貨が高騰傾向にあります。  これらの価格高騰は、各通貨の運営陣が公式に発表する重要なニュース(例:新プロダクトのローンチ、Binanceへの上場、企業とのパートナーシップ)に特に強く反応しているように見えます。  運営陣の発表は、Twitterなどで誰でも簡単に見ることができ、また、公式発表後の価格の動きを検証することが可能です。このため、重要なイベントを定義した上で、それらのイベントに各仮想通貨の価格がどのように反応しているかを調べれば、今後、他通貨で同様のイベントがあった時の対応の参考となるかもしれません。  そこで、上位100の仮想通貨のうち、直近2か月で大きなイベントがあった15銘柄について、そのイベント後の1週間の価格変動を調査し、その傾向を分析します。  先に、本記事の結果のまとめです。   ・今回対象となった銘柄は、イベント発表後に平均して1週間で約30%以上価格が上昇している   ・イベント発表後、価格上昇には時間差があり、特に4日後に価格が大きく反応している。   ・プロダクトのローンチ、取引所の上場、パートナーシップの発表は、Twitterの公式アカウントなどで簡単に捕捉できるため、(現在のバブル傾向が続いている限りは、)今回の結果は他の銘柄にも応用できる可能性がある。  以下は上記の結論をどのように導出したのか、分析に関する詳細です。 2.イベントの定義  以下の3つのイベントを、価格上昇に関連の深い重要イベントと定義する。  (1)プロダクトのローンチ等     ここでは、新プロダクトの発表、ロードマップの更新、新たなRewardプログラムのアナウンスを対象とする。  (2)有力取引所への上場     ここでは、特に価格上昇への影響が強いと考えられるBinance及びCoinbaseへの上場の発表を対象とする。  (3)企業提携     ここでは、企業との契約・パートナーシップに関する運営側(又は相手企業)の発表を対象とする。 3.対象銘柄  上位100の仮想通貨から、6月下旬以降に上記のイベントがあった銘柄を抽出する。抽出した仮想通貨は次の15銘柄  Chainlink、Stellar、Tron、Neo、Aave、Maker、Synthetic、Compound、Waves、Band、Augur、Ocean、Kava、Balancer、Bancor <

各仮想通貨のファンダは価格にどのように反応したのか(Defi等15銘柄の分析)
card_giftcard

katakotoさんから dxl3yi7h3が購入されました。

100
card_giftcard

JNWさんから s1x6v6wd9が購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから s1x6v6wd9が購入されました。

100
card_giftcard

Kei Tanakaさんから s1x6v6wd9が購入されました。

100
card_giftcard

紫藤かもめさんから s1x6v6wd9 へ投げ銭がありました。

100
card_giftcard

紫藤かもめさんから s1x6v6wd9が購入されました。

100
card_giftcard

Cryptocoin Junkeyさんから dxl3yi7h3が購入されました。

100
card_giftcard

あんずさんから s1x6v6wd9が購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから s1x6v6wd9が購入されました。

100
create

s1x6v6wd9を投稿しました。

-100
card_giftcard

Yuyaさんから dxl3yi7h3が購入されました。

100
card_giftcard

Shingenさんから dxl3yi7h3が購入されました。

100
card_giftcard

JNWさんから dxl3yi7h3が購入されました。

100
card_giftcard

bxvr7r057 へ投げ銭しました。

-100
card_giftcard

天丼界の、やんちゃんさんから dxl3yi7h3が購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから 投げ銭がありました。

10000
create

dxl3yi7h3を投稿しました。

-100
description

vjwv5nry9を購入しました。

-100
description

x5yzq0l7wを購入しました。

-100
card_giftcard

JNWさんから ztiyuepfwが購入されました。

100