Daishi

Daishi

投稿はまだありません。

【一休み】暗号通貨市況&ビットゼニー(&DeFi)の定点観測【2020年9月】

こんにちは。ジャノメ羊ノブナガです。 9月に入り暑かった日々もようやく落ち着いてきましたね。それにしても今年の夏はしんどかったです・・・。  さて毎月恒例の暗号通貨の定点観測をしていきます。では行ってみましょう。 暗号通貨市況の定点観測とは・・・月に1回暗号通貨の市況(&ビットゼニー )を振り返ろうという企画です。 【前月の定点観測はこちら】【DeFiバブル】暗号通貨市況&ビットゼニーの定点観測【2020年8月】 2020年9月の暗号通貨市況の定点観測 暗号通貨の時価総額とBTC比率 まずは今月と先月の暗号通貨時価総額とBTC比率からです。  今月 前月   時価総額→3730億ドルから3527億ドルへ調整。 BTC比率→58.8%から57.5%へ。ほぼ変化なし。 時価総額は今月は一休みですね。幸い出来高は先月より増えているので悲観的になる必要はないでしょう。 BTC比率は微調整の範囲で特にコメントすることはありません!   次は8/19〜9/19の時価総額全体チャートです。 <img class="alignnone size-medium wp-image-5562"

【一休み】暗号通貨市況&ビットゼニー(&DeFi)の定点観測【2020年9月】
500

BTCの4年サイクルと長期ビジョン

BTCはご存知の通り4年に一度半減期がやってきます。BTCの価格サイクルも約4年ごとに一定のパターンを描いているという分析があります。   これは私も参考にしており、現在呼吸するようにこのサイクルが身についています。 長期の投資を考える時、このサイクルや線から、どれだけ乖離しているかということを見ています。    

100

BinanceSmartChainでCream祭りに参加する方法

皆さんこんばんは、akkyです。 今までTwitterでdAppsゲーム周りのネタを中心につぶやいていましたが、DeFi祭りが色々面白すぎたのでついに自分も記事を書くことにしました! ※(9/21追記)その後のCREAMの価格暴落→唐突なトークンBurn等の流れもあり、CREAM運営自体がいつまで続くのかやや不安がよぎる状況になってきたので、CREAMへ実際に資金を預けるかどうかは必ずCREAM自体を自己調査してからお願い致します。 ※この記事は無料記事です。 今日紹介しようと思うのは、明日14日の日本時間23時から開始されるBSC(Binance Smar Chain)版CREAMでのエアドロ祭りについてです。 https://medium.com/cream-finance/c-r-e-a-m-launches-on-binance-smart-chain-365734c54a5c# まず、BSCって何?って人が多いと思いますが、これは今年の夏のGAS代高騰事件で加速したポストETHプラットフォーム競争にバイナンスが全力で参入してきたプラットフォームです。 今まであったBinanceChainとは違うので要注意です。簡単に説明すると、ETHのプライベートチェーンです。ホワイトペーパが公式サイト( https://www.binance.org/en/smartChain)にあるので、ざざっと流し読みすると、初期はバイナンス関係者だけが運営できる20のノードで運用されるDPosとPoAを組み合わせたチェーンになります。 出展 https://docs.binance.org/smart-chain/validator/guideline.html え?それってDecentralizedじゃなくない???  と思ったそこのあなた、正解です。 冒頭にも述べたように、BSCはプライベートチェーンなのでパブリックチェーンではありません。 昔だったらそんなプライベートチェーンに人気は出なかったと思いますが、

BinanceSmartChainでCream祭りに参加する方法

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

仮想通貨Ampleforth(以下「AMPL」)が情報に敏感な海外投資家の間で話題になっています。7月前半の仮想通貨の世界トレンドランキングでは1位となりました。 AMPLは仮想通貨の中ではかなり異質な存在ですが、(プロダクトに対する個人的評価は別として)社会実験としては非常に面白いプロジェクトだと思います。 今回は、AMPLの仕組みについて解説します。 (補足)1.本記事の性質上、AMPLの投資的側面の言及がありますが、本記事は投資を推奨・助言するものではありません。2.また、投資パートについては公開範囲を限定しています。金儲けのカラクリや個人の投資成績、投資戦術を記載しており、いたずらに投機を助長することが不適切と考えるためです。ご関心のある方だけお読みください。(8月31日追記:投資パートを8月31日に公開)3.既に信玄さんがAMPLの良質な記事を作成されていますので、そちらもご参考ください。 <目次>1.プロダクトの概要(1)どんな製品か(2)チームメンバー(3)AMPLの価格・供給量の推移2.AMPLへの投資について(1)資産増幅メカニズムのカラクリ(なぜ先行者は儲かるのか)(2)Rebaseで見過ごされがちな事実(3)Geyserにデポジットするのと単純ホールド、どちらが得か(4)今後の先行きについての個人的見解3.AMPLを購入する方法 1.プロダクトの概要(1)どんな製品か ①AMPLの概要 AMPLが生まれたのは2019年6月です。わずか11秒で、500万ドルをIEO(Initial Exchange Offering)で調達しました。ERC-20トークンです。  AMPLの特徴を一言で言うと「市場の需給に応じて供給量が調整される」通貨です。  ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、供給量が固定されており、市場の需給に対して価格が反応してきました。つまり、人気が出れば価格は上がるし、人気が下がれば価格が下がります。 一方、AMPLは、需要が高まってあらかじめ設定したターゲット価格を上回った場合、供給量を増やして対応します。AMPLのターゲット価格は約1ドルです。具体的には、市場価格が約1.06ドルよりも高ければ、その時の価格に応じて供給量を増やすことで、通貨1単位当たり実質価値を下落させ

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!

DeFiプロダクトのYearn、そして仮想通貨のYFIは、世間一般には全く知られていないプロダクトだと思います。仮想通貨民の間でも「BTC価格を抜いたことで話題になった、いっぱいあるYF系トークンの一つ」というくらいのイメージしかない人が多いのではないでしょうか。 しかし、Yearnは、個人的には2014年に仮想通貨を始めて以来、久しぶりに今後が楽しみなプロジェクトです。 本記事では、Yearn/YFIのココがすごいと感じた点について、軽いノリで書きたいと思います。   <Yearnのココがすごい>   1.DeFi界の「食べログ」ですごい  いきなり「食べログ」って何?と思われるかもしれませんので、Yearnとはどんなプロダクトかを簡単に解説します。  Yearnの代表的な機能は、仮想通貨を預けるだけで、最高(と思われる)の利回りで自動的に運用してくれることです。  最初に生み出された製品が「Earn」です。これはレンディングの最適化を図るものです。ユーザーがステーブルコインをYearnに預けると、ユーザーはyTokenを受け取ります。例えば、DAIを預けると、プロトコルは同数のyDAIを発行します。預けられたDAIはプールされ、Aave、dYdX、Compoundの3つのレンディングプロトコルの中から最も良い利回り先へ自動で移動されます(なお、Earnにデポジットされた資金はCurveのypoolの流動性供給の原資ともなり、収益を最大化させます)。ユーザーが資金を引き出す場合、最初に預けたDAIに加えて、yDAIをバーンすることでレンディングで得られた利息分を受け取る、という流れです。  Earnでは、他のトークンに交換した方が利率が高くなる場合であっても、トークンの売買(swap)を行わないのが特徴です(例えばUSDTよりUSDCの方がレンディング利率が高くても、預けられたUSDTをUSDCに替えたりしない)。このため、USDTで預けた資金は、利息も含めて必ずUSDTで戻ってきます。当初は、レンディングも非常に単純だったので、こうしたやり方でワークしてきました。  しかし、2020年6月のCompoundのCOMP配布を皮切りに、DeFiを巡る状況は一変しました。YAM、CREAM、SUSHI、Buger、UNI・・・。目まぐるしく高利回りのプロダクトが量産され、レンディングや流動性供給で生み出される利息計算は非常に複雑になりました。そして、新しい製品が出るたび、ユーザーは資金移動の判断に迫られる。さらに年利は1日で大変動する。ユーザーは気が休まらない。DeFiユーザーの中でも、そろそろ疲れたな、と思っている方もいるのではないでしょうか(私です)。  Yearnは、こうした状況を改善し得るも

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!
300

Crypto.comとは?仕組みと体験談、値動き

上場以来ずっと上がりっぱなしで今や上位アルトコインにまで上り詰めているCrypto.com、日本では知名度は低いですが、これは何だと気になっている人も多いでしょう。実際に色々遊んでみてわかったことがたくさんあったので今回はCrypto.comについてまとめてみます。 Crypto.comとは Crypto.comは実はもともとMONACOというプロジェクトでした。Crypto.comというドメインを手に入れてからリブランディングしたらしく、旧名でしたら知ってる人も多いかもしれません。 MONACOは暗号資産の使えるデビットカードを発行するプロジェクトでしたがCrypto.comでも健在です。さらに取引所、融資、決済、ウォレットサービスを現在は展開しています。   デビットカード MONACOのときからのカード事業は現在も健在です。ヨーロッパ、米国、シンガポール居住者にのみ発行しており、今のところ日本居住者は残念ながらこのカードを受け取ることができません。 デビットカードはMCOをアプリ内で180日間以上ロックするとその量に応じてカードのランクを上げることができます。NETFLIXやアマゾンプライムあたりが無料になるのは結構嬉しいので、早く日本へも発行してほしいものです。 カードを使って買い物をすると1~5%のキャッシュバックがMCOでもらえるので還元率もかなり高め(例: 住信SBIネット銀行のデビットカードは0.6%)。   アプリと報酬について スマートフォンアプリはウォレットやステーキング、カード発行、決済等の機能があります。ここでのユーティリティトークンとしてMCOが利用されています。 アプリダウンロード後の登録(要KYC)の際に紹介コードを入力すると50ドル分のMCOが貰えます。しかし、ここでもらえるMCOですがロックされており、アンロックするためには50MCO以上をカード発行用にロックする必要があります。日本居住者はカードが送られてはきませんが、アンロックすることは可能とのことです。 一応念のため招待コードを利用して登録してみるとしても報酬をアンロックするべきかは微妙なところです。 コード: dww

Crypto.comとは?仕組みと体験談、値動き
100
description

wu7rswxz2を購入しました。

-500
description

x5yzq0l7wを購入しました。

-100
description

vjwv5nry9を購入しました。

-100
description

juo362ip1を購入しました。

-100
description

2okrv52irを購入しました。

-100
description

hwt25t01qを購入しました。

-100
description

bxvr7r057を購入しました。

-100
description

ppjnmv55cを購入しました。

-10000
description

qwsk9s21oを購入しました。

-300
description

b4q9r0qabを購入しました。

-100
card_giftcard

j8f9f4r51 へ投げ銭しました。

-1000
description

l42xdjfc0を購入しました。

-100
description

16zv8lokwを購入しました。

-100000
card_giftcard

Daishiさんから 投げ銭がありました。

200000
description

7rx90zwknを購入しました。

-100
description

j8f9f4r51を購入しました。

-100
description

lh5vcjkmlを購入しました。

-100
description

w7pxv2ehfを購入しました。

-80000
description

bf8p98xpfを購入しました。

-1000
description

zywmq3craを購入しました。

-100