Daishi

Daishi

投稿はまだありません。

米上場中国企業版マネーショート、映画「チャイナ・ブーム」はなぜ投資家が見るべき映画か

これはなにか 中国の中小企業がアメリカに上場するブームの前後を書いたドキュメンタリー「チャイナ・バブル 一攫千金の夢」についての投資家目線での感想記事です。アメリカのリーマンショックを追った映画「マネーショート」と類似して投資の映画として示唆に富み非常におもしろかったので感想記事を書いておきます。 映画「チャイナ・ブーム 一攫千金の夢」とはなにか 2006年~12年ごろにアメリカで起こった中国企業のアメリカ市場での上場ラッシュを追ったドキュメンタリーです。Netflixで見れます。 登場人物が投資判断のために具体的に行ったことはなにか(東方紙業の場合) 年商1億ドルで高品質紙を出荷する中国の東方紙業について興味を持ち投資判断のために中国のメイン工場を視察。 しかし工場は劣悪な環境で公表の年商1億ドルは妥当ではないと判断(工場周辺の道路が劣悪、工場の中も機械の半分が故障か停止中、工場前にはゴミが溢れが工場内も水浸しなど) 同社の株を空売りする 登場人物が投資判断のために具体的に行ったことはなにか(中国緑色農業の場合) 米市場に上場した中国企業には粉飾している企業が多いのではとの仮説から肥料会社の中国緑色農業について興味を持つ。 仮説を検証するため事業の実態を調べるべく工場入り口に監視カメラをセットし同社の従業員や車の出入りを344日間撮影。 決算報告の内容が正しければ多くの従業員や作業の車が出入りするはずだがその姿がまったくないことを知る。 仮説をより強固なものとするためお茶のセールスマンを同社に送り込みアンケートを回収したところ疑惑が確信に変わる(従業員は40人、運転手は一人しか在籍しないことを知る) 同社の株を空売りする 具体的にどのような点が示唆に富んでいるか 決算報告書の報告内容を鵜呑みにせず、足を運び実態をツブサに検証した点。当時は中国企業のアメリカ市場での上場バブルで市場は熱気につつまれていたのですがその熱気に飲み込まれず疑問を持ち足を運び冷静に検証をした点が投資家のあるべき姿として非常に示唆に富んでいると感じました。 「監査をするのは米の有名監査法人だが資料を揃えるのは依頼元の企業、監査をするのは本店でなくフランチャイズ企業、企業が隠すか監査法人を丸め込めば表に出ない」の監査法人に関する説明については映画「マネーショート」での格付け機関を彷彿とさせます。「有名監査法人が監査しているから」「有名格付け期間がAAAの評価をつけているから」など第三者の評価を安易に信頼をしてはいけないことがわかります。 このチャイナブームで一番の被害者はなにか、視聴者としての学びはなにか 一般投資家です。米市場で上場した中国企業の株は一般の投資信託にも含まれており、中国企業の株式を直接購入していない一般の人にも被害が及びました。ま

米上場中国企業版マネーショート、映画「チャイナ・ブーム」はなぜ投資家が見るべき映画か

XRPの証券性のガチ検証 前編

0.本記事の目的   SEC(米国証券取引委員会)は、仮想通貨が証券に該当するかの判断に資するよう、2019年にガイドラインを作成しました。本記事の目的は、恐らく日本で初めて、このガイドラインをベースにXRPの証券性の度合いを検証することです。   証券性を検証するに当たっては、議論が発散しないよう、事前に整理すべき重要事項がいくつかあります。このため、前編ではその重要事項を中心に記述し、後編で、SECのガイドラインに照らして、約40の項目を一つずつ検証していきます。法律の専門家ではありませんので、誤りのご指摘があれば随時訂正します。 <目次・本記事で分かること>(1~4は基本事項、5~6が本題)  1.証券認定する際の基準であるHowey testとその限界  2.SECのガイドラインの新規性は何か  3.XRPの証券性判断が他の仮想通貨と比べて難しいのはなぜか  4.証券認定でRipple社が困ることは何か  5.「いつの・どのXRP」が証券の対象となり得るのか  6.地裁がXRPの証券性に関して下した画期的な判断とは何か 1.Howey Testとその限界  1933年証券法では、米国で証券(Security)を販売する際は、SECに証券登録をすることが義務付けられています。証券法を遵守しない場合、企業に罰則が科されます。近年大量発生したICO(Initial Coin Offering)は、株式等の典型的な証券形態はとっていないものの、その資金調達スキームは証券と何ら変わらない点が指摘されてきました。1933年に制定された古い法律である証券法には、何が証券に該当するかが列挙されていますが、その中に仮想通貨の記載はありません。一方、証券法では「Investment Contract(投資契約)」が証券に該当する旨が明記されています。このため、仮想通貨が「投資契約」に当たるかどうかをもって、仮想通貨の証券性を判断することとされています。  では「投資契約」とは具体的に何でしょうか。証券法にはそれ以上の詳細な定義がありません。このため、投資契約の是非は、過去の判例を参考に判断することが慣例になっています。その判断基準が、当時の裁判名を用いて「Howey test(ハウィー・テスト)」と呼ばれているものです。  Howe

XRPの証券性のガチ検証 前編
100,000

DharmaでUniswapをガス代タダで使う(一部修正)

※ガス代は無料ですが、4.8%程度手数料で取られることがあるそうです。kyoronutさんありがとうございました。 https://twitter.com/kyoronut/status/1294947272975818754 ファーミングするべきDeFi系ガバナンストークンを、値上がりするからといってUniswapで買って、ガス代高すぎて脱出不可能なマヌケはいますか?私の事です。 ちなみに無駄無駄なのはTx failしたガス代です。   そんなThe worldで時が止まったUniswapの中でも動ける手段があります。そんな現代のスタープラチナがDharmaです。 8月中はDharmaがガス代を持ってくれます。ただ送受信のガス代を持ってくれてたArgentウォレットもそのサービスをやめたので、いつまで続くかはわかりません。   記事にするほどではないくらい簡単なのですが、やり方を書きますね。 まず、Dharmaアプリをここからダウンロードします。 https://www.dharma.io/ 次にDepositを選んで、Shareで自分の公開鍵をコピーします。このアドレスにUniswapで交換したいトークンを送ってください。 ちなみに今の200Gweiくらいのガス代だと送信も$10程度するし、いとも簡単に失敗するのでここから第一の難関です。 ただUniswapのガス代に比べると半分以下で済むと思います。 トークンが届いたら、Dharmaの一番左の画面でSwapします。MetamaskやUniswapでは自動表示してくれない、時価総額700位のおハーブコインでも自動表示してくれるので便利です。 Swapの画面を見るとFeeがF

DharmaでUniswapをガス代タダで使う(一部修正)

やさしいAMM

Uniswap, Curve, Bancor, Balancerに代表されるAutomated Market Maker (AMM)の雰囲気だけお伝えします。   AMMはプールされた複数のアセット間の取引を提供する仕組みです。Automatedと言っているので、ある基本原理のもとに勝手に動きます。それは大別すると主に次の2つです: x * y = 一定 x + y = 一定 ここでx, yはそれぞれプール内のアセットの量です。   x * y = 一定 のAMM Uniswap, Bancor v1, Balancerが該当します。 この原理は y = 1 / x の形に書き直せるので、プール内のアセット量が辿る軌跡を描いてみると、次の図の青線のようになります。 ある時点での価格はプールに少量(dx)が入ってきたときに出ていく量(dy)から考えることができるので、接線の傾き(dy/dx)です。   上の図の例で言えば、オレンジの点(x, y) = (1, 1)での価格は y/x = 1で、緑の点(x, y) = (2, 0.5)での価格は y/x = 0.25です。   x, yのどちらも0になることはないため、プール内のアセットバランスがどのような場合でも価格を算定し取引を提供することができます。逆に言うと、アセットバランスに応じて価格を導出するプライスファインダー(オラクル)としての役割を持ちます。   発展 Uniswap基本原理の正体は (x^0.5) * (y^0.5) = 一定 です。ウェイト(0.5)が隠れています。   Balancerではウェイトを自由に設定できます: (x^w1) * (y^w2) = 一定   さらにアセットの種類も3つ以上にすることができて、 (x1^w1) * (x2^w2) * ... * (xn^wn) = 一定 というのが一般化された姿です。 参考: Balancer whitepaper https://balancer.finance/whitepaper/ x + y

やさしいAMM

ETHって何?

皆さんもご存知の通り、今空前のDeFiブームが来ています。折角注目されるチャンスが来ているなら、という訳でETHの魅力を語ってみる事にしました。 ETHが価値あるとか無価値とかSOVだユーティリティだBONDだMONEYだとか、そんなややこしい話は置いておいて、今回話すのはコアなETHホルダー達はETHをどう扱ってるの?何が実益なの?という話です。 後はETHって何なの?みたいなところも適当にざっくり語っていきます。 HODL! ホルダーと言えばやっぱこんなイメージでしょうか。Cold walletにとか、取引所にとか、証拠金にしてデルタとか色々あると思います。 先に結論を述べますとコアなDeFiユーザーの多くはETHとステーブルコインを基軸にしているのではないかと思います。個別プロジェクト、Aave、SNX、KNC、LINK等で当てる人も居たとは思うけど、大量保有してた人は少数派でしょう。ちなみにETHホルダーとLINK Armyはまた別ですね。 なのでまあこんな感じでしょうか。ステーブル側はDAIにしましたが、実際には色々使い分けてます。 ETHホルダーなんでやはり長期投資としてETHを持ってますよね。でも只持ってるのは退屈だし値上がり以外で増やせないのは資産クラスとしてイマイチです。なので…運用して遊びます! ETHとステーブルコインのセットなのは、この2つが最もDeFiのプロダクト上で運用に利用出来るからです。ちなみにステーブルコインは元々持ってなくともETHを担保に借りるのでOKです。というかETHの用途はそっちの割合が多いです。 例えば… CompoundにETHを預け担保にして 一部はDAIを借りてCOMPマイニングに 一部はUSDCを借りてOpynでオプションを売ったり 他のETHとDAIをUniswapに入れて流動性供給したり BalancerでBALマイニングをしても良いし TokenSetsでETHを使ってLINK売買の投資信託に回したり 上記の収益を適当なトークン投資に回しても良いし再投資しても良い とまあ、色々な選択肢があります。ETHが値上がりしてくれると嬉しいし、危なそうな時には急いで担保比

ETHって何?

BTCのライトニングウォレットを作成してSpotlightで有料記事を読む手順(詳細解説)

最近、Spotlightで仮想通貨関係の良質な情報が掲載されることが増えました。 有料の記事を見るためには、BTCのLightningネットワークを使った支払いが必要になりますが、恐らく、最初につまずくのは、「どうやってライトニングを使って支払うの?」という点だと思います。 もちろん、Spotlightの公式HPにもやり方が書いてあります。しかし、肝心の部分が「お使いのライトニング搭載ウォレットからスキャンして送金します。」となっていて、詳細を記載していません。 そこで、以下では、どうやったらライトニングウオレットを作って有料記事を読めるのか、手順を解説したいと思います。 なお、今回はiPhoneを用いた手順について説明します。 1.BlueWalletをインストールする まずは、ライトニングウオレットを作成するために、スマホでBlueWalletをインストールします。(他にも方法はありますが、これが一番簡単です) 2. BTCのウオレットを作成する 初期段階ではライトニングWallet(下の写真の黄色)だけが作成されますが、写真の右の+部分を押して、通常のBTCウオレットを作成します。後で、このBTCウオレットから、ライトニングウオレットに資金を移すためです。 下の写真のような形で、ウオレットを追加する画面が出ますので、適当にウオレットの名前を入力し、Bitcoinのウオレット(青い方)をクリックします。 なお、「Import Wallet」を選べば、ハードウオレットなど既に持っているBTCウオレットをインポートすることができますが、秘密鍵を提供することになるので、大金が入っているウオレットはインポートしない方が無難かもしれません。 3.BTCウオレットにBTCを入金 写真の下の部分「Recieve」を押すと、QRコードとアドレスが表示されますので、他のウオレットからBTCを送金します。

BTCのライトニングウォレットを作成してSpotlightで有料記事を読む手順(詳細解説)

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識

今回はAmpleforth、$AMPLをテーマに高めの有料記事に挑戦してみようと思います。Ampleforth Geyserとは、運営が行うCOMP配布みたいなLiquidity Miningキャンペーンです。予定では9月末まで行われます。 WBTCの記事ではうまい棒1本でしたが、今回はざっくりラーメン一杯分の価格です。Spotlight感覚だとほぼ天井の超高額記事ですね 笑正直これを買う人は物好きだと思います。   ※実験的でもあるので、期待はずれだった場合は返金の相談も受け付けます ちなみにこれらの情報は自分で集めようと思えば集められるものしかありませんし、この内容は投資を推奨するものではありません。単純な値上がり値下がりだけじゃない、表面的なリスクとリターンだけではない要素を知ってもらう事が目的と言えます。それでも投資する際AMPLはハイリスクなので適当に大金を投じない事を薦めます。 あまり厳密には詰めずに細かいところはざっくりと、ただしポイントを押さえていく事を目標にします。 この記事を買う対象ユーザーは下記の通りです AMPL購入を検討している Ampleforth Geyserへの参加を検討している 単純にAmpleforthとGeyserの仕組みに興味がある 私のGeyser参加戦績に興味がある(少額ですがリターンの目安にはなります) ちなみにここ1ヶ月のAMPL価格と出来高推移は下記の通り。価格目標は1ドルなのに1度4ドル超えして、その後1.5ドル位まで下がり、今は2ドル超えになってますね… 理屈の上では供給が増えると価値が希薄化されて売られる筈なのに、人々の行動はその逆となり、凄まじい値上がりをしているにも関わらず大量に買われました。勿論それは長続きせず、4ドル超えで弾けた訳ですが伝説のARPと比較すれば可愛いもので比較的被害者は少なくて済んだのではないかと思っています。 そもそもAMPLとは何か?と言うとあまりステーブルではないステーブルコインとでも言えば良いでしょうか。 自分の意見があ

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識
80,000

ユーザー目線で理想のStakingを考える

ひよこクラブの信玄です。 ETH2.0のStakingですが、開始は2021年だという目線が有力なものの環境は時間が経つ程に整備されていくでしょう。既に色々な取引所がETH2.0 Stakingサービス取り扱いを発表しています。 とりあえずETHの価格やETHとBETH(2.0側初期のETH)の違いについては置いておいて、今回はユーザー目線で勝手に理想的なStakingサービスを考えてみます。 ベースにするのはCoinbaseやBlockFiです。 StakingとLendingって何が違うのって思う方も多いかと思いますが、取引所を筆頭としたStaking Service Providerを経由する場合、ユーザー目線では殆ど違いは出てこないと思います。 ちなみにBlockFiを利用した方はご存知だと思いますが、BlockFiはレンディング金利の受け取り銘柄を自分で選択できます。つまりETHを預けながらUSDCの受け取りというのも可能という訳です。更にLock期間も無いので引き出しに数日という時間はかかるものの、概ね何時でも引き出せます(ここではサービス提供者がETH-BETHの交換やStaking報酬の交換も自動でやってくれるもの仮定します)。 ここで更にデビットカードが加わると、LendingやStakingで得た金利をそのままデビットカードで使える事になりますよね。理想を言えば課税処理は減らしたいので、ステーブルコインで受け取り、それをカードで決済に使う形が理想ではないでしょうか。 更にCoinbase Commerceの様な決済サービスがあるとまた便利ですよね。Coinbaseのサービスについてはこちらの記事にまとめています。 ※ちなみに今のETHをETH2.0のBETHに変えてしまうとEthereum上では不可逆です。取引所等では勿論交換が可能だと思われます 次にStakingのRewardを計算しましょう。

ユーザー目線で理想のStakingを考える
100

USDC/USDTのBlacklistと担保資産

ここ二日間でUSDCとUSDTそれぞれで特定アドレスのUSDC、USDTがそれぞれ凍結されました。 USDCを例に挙げると、凍結アドレスではUSDCの送受信が出来なくなります。つまり持っていても送れない、受け取れない訳です。対象のアドレスはこちら https://etherscan.io/address/0xaa05f7c7eb9af63d6cc03c36c4f4ef6c37431ee0#tokentxns 良し悪しではありますが、基本的にこうした機能は法的に管理された法定通貨担保型ステーブルコインでは標準装備だと考えるべきでしょう。そうでないと大手を振って扱えないと考えられます。 こうした問題は普通の人は自分は無関係だと思いがちですが、誤認凍結が発生する事もありえますし、中国の様な強権の下ではブラックリストの意味合いが全く違うと思われます。なので自由を重んじるクリプト界隈では忌み嫌われる傾向が強いでしょう。 ちなみにこうした規制に強いのは合成資産型ステーブルコインであるDAIやsUSD、mUSD、USD++みたいなタイプのステーブルコインです。(多くはあまり直接的な用途がなくファーミング用みたいな存在ですが一応) そして問題なのは凍結アドレスが担保としてCompoundやMakerDAOにUSDCを入れている場合はどうなるのかです。MakerDAOがUSDCを担保追加した際にはここで意見が別れました。 以下は個人的な考察です。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産
100

Crypto.comとは?仕組みと体験談、値動き

上場以来ずっと上がりっぱなしで今や上位アルトコインにまで上り詰めているCrypto.com、日本では知名度は低いですが、これは何だと気になっている人も多いでしょう。実際に色々遊んでみてわかったことがたくさんあったので今回はCrypto.comについてまとめてみます。 Crypto.comとは Crypto.comは実はもともとMONACOというプロジェクトでした。Crypto.comというドメインを手に入れてからリブランディングしたらしく、旧名でしたら知ってる人も多いかもしれません。 MONACOは暗号資産の使えるデビットカードを発行するプロジェクトでしたがCrypto.comでも健在です。さらに取引所、融資、決済、ウォレットサービスを現在は展開しています。   デビットカード MONACOのときからのカード事業は現在も健在です。ヨーロッパ、米国、シンガポール居住者にのみ発行しており、今のところ日本居住者は残念ながらこのカードを受け取ることができません。 デビットカードはMCOをアプリ内で180日間以上ロックするとその量に応じてカードのランクを上げることができます。NETFLIXやアマゾンプライムあたりが無料になるのは結構嬉しいので、早く日本へも発行してほしいものです。 カードを使って買い物をすると1~5%のキャッシュバックがMCOでもらえるので還元率もかなり高め(例: 住信SBIネット銀行のデビットカードは0.6%)。   アプリと報酬について スマートフォンアプリはウォレットやステーキング、カード発行、決済等の機能があります。ここでのユーティリティトークンとしてMCOが利用されています。 アプリダウンロード後の登録(要KYC)の際に紹介コードを入力すると50ドル分のMCOが貰えます。しかし、ここでもらえるMCOですがロックされており、アンロックするためには50MCO以上をカード発行用にロックする必要があります。日本居住者はカードが送られてはきませんが、アンロックすることは可能とのことです。 一応念のため招待コードを利用して登録してみるとしても報酬をアンロックするべきかは微妙なところです。 コード: dww

Crypto.comとは?仕組みと体験談、値動き
100
description

b4q9r0qabを購入しました。

-100
card_giftcard

j8f9f4r51 へ投げ銭しました。

-1000
description

l42xdjfc0を購入しました。

-100
description

16zv8lokwを購入しました。

-100000
card_giftcard

Daishiさんから 投げ銭がありました。

200000
description

7rx90zwknを購入しました。

-100
description

j8f9f4r51を購入しました。

-100
description

lh5vcjkmlを購入しました。

-100
description

w7pxv2ehfを購入しました。

-80000
description

bf8p98xpfを購入しました。

-1000
description

zywmq3craを購入しました。

-100
description

gy73ilhjdを購入しました。

-300
description

5odqd755fを購入しました。

-100
description

6h42f0i0xを購入しました。

-100
card_giftcard

Daishiさんから 投げ銭がありました。

100000
description

cud0nyqt9を購入しました。

-1000
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000