siso

siso

DeFi触って遊んでます。 現在はCOMP農家。 本業はサイバーセキュリティ。 某秘密エージェント()

暗号資産コロナ組の奮闘記録(2020)

sisoです。最近は確定申告に向けて損益計算で四苦八苦しているところです。計算していると思い出が色々と蘇ってくるんですよね。「COMP祭り」「SUSHI祭り」「アフロ」などなど。せっかくなのでこれらの記憶を記録してみようと思います。ちなみに私は2020年の3月から暗号資産(仮想通貨)を触り始めた所謂「コロナ組」です。これから参入を検討されている方は、どのような罠が待ち受けているかという点で見ると面白いかもしれません。できるだけ新規の方にもわかりやすいように、なるべく抽象的な表現をするように心がけておりますが、分かりにくかったら申し訳ありません。 2020年3月 コロナショックで暗号資産が暴落、これはチャンスでは!? 実は以前から暗号資産にはなんとなく興味を持っていました。ただ、高値掴みするのは嫌だしなぁ…ということで手は出していなかったです。ところが、コロナショックにより千載一遇のチャンスが!急いで取引所の口座を申請しました。取引所の口座は適当に選びました。過去に事件起こったところのほうが、監査などしっかりやってるだろう程度の感覚です。 口座を申請したものの、なかなか開設の連絡がこない。 ここが一つ目の罠でした。私の場合には1週間かかりました。その間、暗号資産はどんどん値上がりしていく…こんなもどかしい1週間はなかったです。 開設された!さっそく買うぞ! ここが二つ目の罠でした。私は何も知らず、最初は販売所で暗号資産を買ってしまいました。通常、暗号資産交換業者には、「販売所」と「取引所」があります。販売所は交換業者と売買、取引所では板取引というものができ、買いたい人と売りたい人がマッチングして売買が行われます。何が罠だったかというと、販売所ではマーケットの価格から数パーセントから数十パーセント高い価格が提示されています。私は何も知らず、マーケットの価格+10パーセントで暗号資産を買いました…幸いなことに、最初は少額だったので被害(?)は最小限で済み、すぐに取引所で調達するようになりました。この時は、BTCとETHを購入しております。 2020年4月 海外取引所ではもっと魅力的な暗号資産を買えるらしい!? ここでは罠にはまりませんでしたが、罠は沢山あったと思います。まず、海外取引所の選択です。海外には日本とは比べ物にならないほ

暗号資産コロナ組の奮闘記録(2020)

Compoundにおけるユーザ動向調査

初めて記事を書きます!sisoと申します。普段はただのサラリーマンです。サイバーセキュリティ関係の仕事をしています。最近はDeFiが流行ってますが、私も乗り遅れまいとCompoundでレンディングをはじめました。Compoundが何かわからない方はこの記事を読んでもさっぱりだと思います。申し訳ないです。 私がCompoundを使っていて、色々と気になっていたことがありましたので、それを解析した結果について記事にしたいと思います。正直めちゃくちゃ時間かかりました…笑 【気になっていたこと】①Compoundのユーザ数(アドレス数)②ユーザの資産分布③ユーザのリスク志向④クジラのアドレス ①は実は公式にあるとおりなんですが、34,000アドレスくらいです。独自に調査した結果、非アクティブを含めると37,000アドレスくらいになります。まだまだ少ないですね。アドレス数の動向を追うのも面白そうです。https://compound.finance/markets ②は特に気になっていました。このCompoundの混沌の中で自分の立ち位置が…笑早速結論です。 わかりにくいかもしれませんが、横軸が「担保と借金の合計(対数表示)」縦軸がアドレス数です。例えば横軸が4ならば、10^4 = 10000ドルになります。都合上10ドル以下のアドレスは含んでいません。このヒストグラムにおける全アドレス数は16515です。 やはりという結果ですが、1万ドルを超えるアドレスはかなり少ないです。 対数表示はわかりにくいところもあるので、資産を区切ってみます。 100ドル~1万ドルの分布です。一番のボリューム層です。資産が増えるごとに急激にアドレス数が減ることがわかります。このヒストグラムにおける全アドレス数は8875です。 <img sr

Compoundにおけるユーザ動向調査
500

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!

DeFiプロダクトのYearn、そして仮想通貨のYFIは、世間一般には全く知られていないプロダクトだと思います。仮想通貨民の間でも「BTC価格を抜いたことで話題になった、いっぱいあるYF系トークンの一つ」というくらいのイメージしかない人が多いのではないでしょうか。 しかし、Yearnは、個人的には2014年に仮想通貨を始めて以来、久しぶりに今後が楽しみなプロジェクトです。 本記事では、Yearn/YFIのココがすごいと感じた点について、軽いノリで書きたいと思います。   <Yearnのココがすごい>   1.DeFi界の「食べログ」ですごい  いきなり「食べログ」って何?と思われるかもしれませんので、Yearnとはどんなプロダクトかを簡単に解説します。  Yearnの代表的な機能は、仮想通貨を預けるだけで、最高(と思われる)の利回りで自動的に運用してくれることです。  最初に生み出された製品が「Earn」です。これはレンディングの最適化を図るものです。ユーザーがステーブルコインをYearnに預けると、ユーザーはyTokenを受け取ります。例えば、DAIを預けると、プロトコルは同数のyDAIを発行します。預けられたDAIはプールされ、Aave、dYdX、Compoundの3つのレンディングプロトコルの中から最も良い利回り先へ自動で移動されます(なお、Earnにデポジットされた資金はCurveのypoolの流動性供給の原資ともなり、収益を最大化させます)。ユーザーが資金を引き出す場合、最初に預けたDAIに加えて、yDAIをバーンすることでレンディングで得られた利息分を受け取る、という流れです。  Earnでは、他のトークンに交換した方が利率が高くなる場合であっても、トークンの売買(swap)を行わないのが特徴です(例えばUSDTよりUSDCの方がレンディング利率が高くても、預けられたUSDTをUSDCに替えたりしない)。このため、USDTで預けた資金は、利息も含めて必ずUSDTで戻ってきます。当初は、レンディングも非常に単純だったので、こうしたやり方でワークしてきました。  しかし、2020年6月のCompoundのCOMP配布を皮切りに、DeFiを巡る状況は一変しました。YAM、CREAM、SUSHI、Buger、UNI・・・。目まぐるしく高利回りのプロダクトが量産され、レンディングや流動性供給で生み出される利息計算は非常に複雑になりました。そして、新しい製品が出るたび、ユーザーは資金移動の判断に迫られる。さらに年利は1日で大変動する。ユーザーは気が休まらない。DeFiユーザーの中でも、そろそろ疲れたな、と思っている方もいるのではないでしょうか(私です)。  Yearnは、こうした状況を改善し得るも

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!
300

ブロックチェーン再入門

2020/09/09編集 ブロックチェーンについて調べたことを再度まとめ,その定義やブロックチェーンの特徴を考える. また,しばしば聞かれるがBC(ブロックチェーン)における「分散」という言葉の意味するところを明らかにしたい 内容  BCとは BCの特徴 「分散」とは? Bitcoinについて Ethereumについて BCとは 不特定多数の人とデータを共有,管理して,なおかつそれが正しいことが検証可能で,さらに改ざんなどの不正がされにくい,共有されたメモリを持つシステム. 用語を使うと 分散化されたステートマシーン 悪意,故障のあるノード含め,無数のノードが参加しているP2Pネットワークで各ノードがコンセンサスアルゴリズムにしたがって単一のステートの同期をとりながら,暗号的に検証可能なかたちでデータを保存していくネットワーク,Nが定まってないビザンチン将軍問題を解いたシステム 互いを信用することなく妥当性を確認・検証可能である. ビザンチン障害がある中で,ある地点での履歴が一つのステートに落ち着き,それが確率的に覆される確率が時間の経過のとともに,0に漸近するようなシステム.  ------- ステートマシン 「トランザクション」に応じて「状態」を変化させるもの.状態を変えるためにはトランザクションを実行する必要があり、トランザクションなしに状態が勝手に変わったりしない. 決定論的であり,現在のステートが同じで同じトランザクションを入力するといつも同じ結果になる ビザンチン将軍問題 wikiによると 故障または故意によって偽の情報を伝達する

ブロックチェーン再入門
100

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

前回の記事ではいくつかのライトニング搭載ウォレットとその特徴ある機能について簡単に紹介しました。今回の記事では、Muunというライトニング搭載ウォレットについて紹介したいと思います。まずはMuunの特徴を以下に記載します。 (1)2 of 2マルチシグによるプロテクション Muunウォレットへの全ての送金は2 of 2マルチシグアドレスに対して行われます。このマルチシグアドレスに対する秘密鍵は2つ存在するわけですが、1つはパーソナル鍵(personal key)、もう1つは共同署名鍵(co-signing key)と呼んでいます。この2つの秘密鍵はMuunウォレットに保有されていますが、共同署名鍵はMuunのサーバー側(運営側)にも送信され保有されます。Muunが共同署名鍵を保有していても、マルチシグアドレスからの送金には鍵が2つ必要なので、運営側が不正をすることはできない仕組みとなっています。 (2)サブマリンスワップによるLN送金代行 サブマリンスワップとは、オンチェーンのBTCとオフチェーンのBTCをアトミックに交換する仕組みです。Muunウォレットではライトニング搭載とは言いつつ、実はLN送金はMuunのサーバー側が代行してくれます。以下の図のように、MuunウォレットではMuunサーバーへオンチェーン送金をし、サーバーが実際の送金先であるLNウォレットへLN送金をします。このサブマリンスワップはアトミックにコインの送金が行われ、中間者であるMuunサーバーは不正ができないようになっています。 以上の上記2つの機能がMuunウォレットの特筆すべき点だといえます。 ここで、1つ疑問点がでてきます。それはMuunウォレットからLNウォレットへ送金する場合、実際ウォレット自身はオンチェーン送金するので、その都度オンチェーン手数料が発生するのではないか?ということです。この点に関して実際にMuunウォレットからLNウォレットへ送金してみれば分かりますが、送金ごとにサブマリンスワップによるオンチェーン送金はされません。 どういうことかと言うと、LN送金の場合、その金額は数百サトシと少額です。そのため、ある一定金額以下の送金の場合は、MuunサーバーがツケとしてLN送金をしてくれます。そして、次回のLN送金がある一定金額以上の大きな送金の場合に、それまでに貯まったツケの金額を合算して、サブマリンスワップによるオンチェーン送金がされます。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.a

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

XRPの証券性のガチ検証 後編

1.本記事の概要 前編に続き、本編では、SECのガイドラインに沿って、XRPの証券性を一つずつ検証していきます。 以下、非常に長くなるため、最初に本記事の結論をまとめます。 ・全39項目のうち、XRP(正確には2017年5月以降にRipple社が取引所に販売したXRP)が証券性の項目を満たすと考えられるのは32.5項目(全項目の約83%) ・このうち、Howey testの4要件に相当する重要項目だけに絞ると、29項目中27項目が該当(約93%)し、その割合は非常に高いと言える。 ・ただし、これをもってXRP=証券と認定されることが決まったわけではない。むしろSECが証券認定する未来は来ない可能性が高い 2.各論 それでは、ガイドラインの項目に沿って一つずつ判定していきます。なお、あくまで私個人が独自に判断したものなので、私の知識不足による事実誤認等があるかもしれません。誤りの指摘をいただければ随時修正します。 前編で述べたように、SECのガイドラインの各項目は、Howey testの4要件を具体化したものです。したがって、その構成も基本的にはHowey testの4要件に沿っています。順番に、「金銭投資:1項目」「共通性:1項目」「他人の努力:11項目」「利益期待:16項目」で計29項目です。これに加えて「その他の考慮事項」として11項目が加えられています。合計40項目です。なお、SECには「何個当てはまったら証券」というように、該当数だけで証券性を判断する考えは見られませんので、あくまで総合判断、ということになろうかと思います。 以降、該当するものは〇(証券性高い)、該当しないものは×(証券性低い)、私が判断できなかったものは△(△は最終的には0.5ポイントとして計算します)で書いていきます。 (捕捉)  ガイドラインでは重要なキーワードとしてAP(Active Participant)という言葉がよく出てきます。これは、プロモーター、スポンサー、その他の第三者と定義されていおり、仮想通貨に影響を与える彼らの行動が、証券性の判断に当たって非常に重要となります。本稿では、分かりやすさの観点から、APをRipple社と読み替えます。また、「デジタル資産」という単語も「XRP」と置き

XRPの証券性のガチ検証 後編
500

CRVのブースト、その計算方法

はじめに   現在、Curve のガバナンストークンである CRV が DeFi 関連の話題の中でも注目を集めています。その理由の1つとして、8月28日から実施予定の CRV のロックによる CRV ファーミング量のブースト機能が追加されることが大きいかと思います。 しかし現状このブースト機能については、まだまだどんな機能なのか情報が正しく広まっていないように思われます。そこで、今回はこのブースト機能がどのようなものなのかを説明していきます。 ブースト機能の概要   まず、ブースト機能とは何かということですが、その名の通り CRV のファーミング量を増加させることができる機能です。最大でファーミング量を2.5倍にすることが出来ます。しかし、これには当然条件があります。 その条件は、CRV を Curve.fi にロックする必要があるということです。 CRV をロックすることで、veCRV というものを獲得することができます。これが、いわゆる投票力と呼ばれているもので veCRV が多い程、ブーストの増加量が増えます。 また、CRV をロックする際には1週間から4年間までの期間を段階的に選択することができ、ロック期間が長ければ長いほど、CRV に対して良いレートで veCRV を獲得することが出来ます。・例1:1週間ロックする場合、1 CRV ≒ 0.0048 veCRV・例2: 4年間ロックする場合、1 CRV = 1 veCRV では、どれぐらい veCRV を獲得していればブーストの最大値である2.5倍のブーストを得られるのでしょうか。この計算方法は実はすでに公式から発表されていますが、重要なこととして得られるブーストの量は veCRV に依存するだけではなく、pool に供給している自分の供給量の割合にも影響します。 そのため、供給量が多ければ多いほど2.5倍のブーストを得るには、多くの veCRVが必要となります。   詳細な計算方法   まずは、計算式から見てみましょう。 公式が発表している計算方法を若干わかりやすくしたのが次の式です。 ・DollarProvided:自分の供給量・TotalLiquidity:pool 全体の供給量・Voting

CRVのブースト、その計算方法

裁定取引ボットの実験(2020年2月~7月)

はじめに  ビットコインの裁定取引(アービトラージ)をご存知ですか。ビットコインが安くなっている取引所で買って、高くなっている取引所で売る、良く知られた取引の方法です。 この記事では、フリーで利用できる裁定取引ボット(プログラム)を半年くらい運用し、結果を他の取引方法と比べました(2020年2月6日~2020年7月24日)。 結果をすぐに見たい方は、このページの最後の"まとめ"を見てください。有料部分を購入しなくても、結果は見えるように書きました。有料部分は、毎日の損益データと苦労した点をまとめています。 本記事は、興味本位の実験内容をまとめたもので、コイン売買等の投資を推奨・勧誘する記事ではありません。投資は自己判断で行ってください。   裁定取引ボットの説明(R2 Bitcoin Arbitrager) 取引ボットはGithubで公開されている"R2 Bitcoin Arbitrager"を使わせてもらいます。この"R2"は、2017~2018年に開発されたものです。 https://qiita.com/bitrinjani/items/3ed756da9baf7d171306https://github.com/bitrinjani/r2 ネットオークションで"R2"が出品されていますが、開発者の方はもちろん私も関係無いです。"R2"の説明ページやプログラムを見て「よく判らない、面倒だな」と思った方は手を出さない方が良いと思います。 "R2"のおおまかな動作について説明します。あらかじめ、2つの取引所にビットコインと現金を同じ分量だけ用意しておきます。API経由で取引所の板情報をチェックして、一番安い買値と一番高い売値を取得します(スプレッド逆転の判定)。買値が売値より安い場合、売りと買いの注文を指値で2つの取引所に出します(taker注文)。注文の約定後にスプレッドの逆転が解消したら、最初の注文と反対の売買を行い利益を確定します。利益は日本円です。最初の2つの注文が約定しなかった場合は、反対売買を行います。この時はある程度損失が出てしまいます。 対応している取引所は、日本国内の取引所です。 bitFlyer Quoine (Liquid) Coincheck bitbank BTCBOX このプログラムが開発された2017年は、Zaifも有力な取引所でしたが対応されていません。開発者の方に考

裁定取引ボットの実験(2020年2月~7月)
100

日本酒が裏技でおいしくなりました

こんばんは。 JNWさんの「誰でも簡単に日本酒を美味しくする裏技」を試してみました。ちょっと工夫するだけで口当たりまろやかになり、飲みやすくなります。 日本酒がお家にある皆さん、ぜひリンク先の記事を参考に試してみてください。超おすすめです。 記事:「誰でも簡単に日本酒を美味しくする裏技とは?」 それではお休みなさい           上の感想文だけでは、お叱りを受けると思ったので自分なりに工夫してみました。使った道具はこれです。 ごく普通の超音波洗浄器です。お家で眼鏡やアクセサリーをきれいにできるやつです。これに水を入れます。 次に日本酒を適当な容器に注ぎます。今回は50mlくらいです。 日本酒入り容器を超音波洗浄器に入れて、スイッチON 1~2分くらい超音波をかけると日本酒のピリピリとした舌ざわりが軽くなり、オリジナルの方法と同じくらいのまろやかな口当たりになりました。この方法も道具があれば、おすすめ?です。 <

日本酒が裏技でおいしくなりました

太陽電池マイニングその2(自動化)

前回のまとめ  まず前回の記事の簡単なまとめです 2019年4月 太陽電池の電力だけを使ったビットコインのマイニングをやる気になる 2019年10月 半年近くかかってようやく完成 2019年12月 2ヶ月半ほどトラブルも無くマイニング。しかし報酬を計算してみると、費用の元がとれるまで700年以上かかってしまうのでした こんな感じです。組立中の写真もあるので、前回の記事も良かったら見てください 反省 問題に対して解決方法を整理してみます 元がとれない問題の解決は、報酬を増やすか費用を減らすしかありません。報酬を増やす方をもう少し具体的にします。費用を減らす方は別の機会にします 色々出てきましたが、今回は稼働時間を増やす事にします。ハッシュレート(マイニングの計算能力)や、マイニングプール(集団でマイニングできるサービス)についても別の機会に記事にしたいです 稼働時間を増やす→自動化の方法 稼働時間を増やす為に、マイニングマシンのON/OFFを自動化します。 上の赤枠部分をもう少し詳しく見てみます 左下の人間がスイッチをON/OFF マイコンにつながったリレー(スイッチ)がON/OFFしてマイニン

太陽電池マイニングその2(自動化)

太陽電池でビットコイン・マイニング

はじめに  はじめまして。突然ですが下の画像を見てください。 悟コインがフリマサイトで2万円で売っています。1BTCに換算すると、なんと2,000万円です! そんなトム・リーもびっくり価格の悟コインが欲しくなり、Spotlightに投稿する事にしました。   マイニングのきっかけ 以前に下の動画を視ていたところ、”マイニングはビットコインのオプション※と同じようなもの”と言う説明がされていました(※あらかじめ決められた価格で買う権利)。 動画を見終わった後に、漠然と「電力とマイニングマシンが安く調達できれば、割安でビットコインが入手できるかも?」とか、「太陽電池で結果的に電力を安く調達できないかな?」と思い、実験的にマイニングを始めてみました。   マイニングの準備 機材の購入 費用はなるべく安くしたいので、機材の購入はネット通販/ネットオークション/ネットフリマ/ホームセンターで済ませました。 マイニングマシン(Bitmain Antminer S9):ヤフオク 太陽電池、充電器、バッテリー:アマゾン 電子部品:秋月電子通商、千石電商(通販) 電線、スイッチ等:ホームセンター、アマゾン 太陽電池の台:ホームセンター   太陽電池の設置 まずはじめに、太陽電池を乗せる台を単管パイプで組み上げます。   次に、台へ太陽電池400W分を固定します。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200628202756mceu_5014540

太陽電池でビットコイン・マイニング
100

ノジマ電気のCランク中古品スマホを購入して完全勝利した。

iOS14のテスト端末が欲しかったのでよさそうなスマホないかな〜といろいろ探してノジマ電気にたどり着きました。 いろんな中古スマホサイトがありますが、CtoCを除けばノジマかリコレが安いんじゃないかなとおもいます(物によりますが) ノジマ電気のアウトレット・中古スマホは商品説明文のみで写真がないため、完全ガチャらしく本当に当たり外れががあるようですが今回はあたりを引けました。評価記事に載ってるようなスマホはだいたいアウトレット品やBランク品だったので、Cランクがどんなもんかとビクビクしてましたがよかったです。 気をつけたこと 文章しかないので文章を徹底的に読みました。他の同じようなランクの商品と比較して文章を読み解きます。 「傷が目立つ」と「傷がある」では全く状態が違うため、注意してください。また、傷のつく場所も正面なのか背面なのかなど細かく気にする必要があります。 画面に傷がついている場合はあまり購入しないほうがいいと思っています。利用する時にも気になりますし、売却する際にも背面より正面の傷の方が気にされます。 また、金額も他の商品と比べてどうなのかを気にした方がいいと思います。どんな理由で安いのか、逆にどんな理由で高いのかなど。 金額に差が出るのが、傷の多さ、ネットワーク利用制限、バッテリー劣化率、SIMフリーか否かです。 ネットワーク利用制限は赤ロム保証があるのであまり気にせずに、バッテリー劣化率も3000円程度でバッテリー交換が可能なので気にしなくていいと思います。 今回購入したもの iPhone XS 64GB Softbank ネットワーク利用制限 ▲ バッテリー劣化率 90% 付属品なし 傷が複数箇所にあり 40,500円(平均中古価格53,000円程度) 実際届いたもの 正直、側面に少し傷がある程度で綺麗すぎてびっくりしました。利用制限ありでバッテリー劣化率がそれなりにしろ、ここまでの品をこの金額で購入できることはまずないかな。 届いたら、見た目だけじゃなくてカメラ撮影に不具合がないか、マイクとスピーカーに問題がないかなどを確認してくださいね!!!! 有料部分には写真載せておきます。  

ノジマ電気のCランク中古品スマホを購入して完全勝利した。
200
card_giftcard

katakotoさんから tn5g24ve5が購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから tn5g24ve5が購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから tn5g24ve5が購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから tn5g24ve5が購入されました。

100
card_giftcard

Hiroryさんから tn5g24ve5が購入されました。

100
card_giftcard

RAPTORさんから tn5g24ve5 へ投げ銭がありました。

10000
card_giftcard

RAPTORさんから tn5g24ve5が購入されました。

100
create

tn5g24ve5を投稿しました。

-100
card_giftcard

d50e6jkwx へ投げ銭しました。

-5000
card_giftcard

elevenさんから diht3tfmfが購入されました。

500
card_giftcard

Gukoさんから diht3tfmfが購入されました。

500
card_giftcard

hapixさんから diht3tfmfが購入されました。

500
card_giftcard

vxynさんから diht3tfmfが購入されました。

500
description

qwsk9s21oを購入しました。

-300
card_giftcard

らくがきacさんから diht3tfmfが購入されました。

500
description

d49fth32fを購入しました。

-100
description

6qklukldwを購入しました。

-100
description

ev6nq3ja3を購入しました。

-500
card_giftcard

暗号だるまさんから diht3tfmfが購入されました。

500
description

6q3pu6573を購入しました。

-100