ttmiya

ttmiya

投稿はまだありません。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!

こんにちは。最近 Uniswap に入門した @shidokamo というものです。 みなさん Uniswap 使っていますか? Uniswap は、暗号資産同士の交換ができる取引所なのですが、普通の取引所と違って管理をしている人がいません。簡単に言うと、ブロックチェーン上で管理者不在でうまいこと取引が動いています。 そして、もっとも興味深い点として、Uniswap では各自の取引は全てトランザクションに記録され公開されています。 今回、とある億り人の方(実際はピーク時 80万ドル程度)のウォレットの興味深い取引履歴を見つけました。みなさんもその取引履歴をぜひ眺めてみて、おー、Uniswap って新しい!という気分を味わっていただければ幸いです。 ただし、以下の内容は品性下劣な根性のねじ曲がった人間の書いた下衆な文章となりますので、念の為有料としておきます。 内容のまとめとしては、何かと話題のAMPLのトレードでピーク時に 2523.2 ETH の残高を得て、その後何度かトレードをしてすぐにETHの残高を 1310.5 ETH まで減らした。その後またAMPLを買い戻し保持中(2020年7月30日現在)。というものです。バブル時に一個人がどういった巨額の取引を行っているかが完全に正確にブロックチェーンに刻まれた世界初の貴重な記録だと思います。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!
1,000

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法

まずはSpotlightですがあまり怪しくはないです。BTC系のブログメディアとかんがえてもらっていいでしょう。まずは会員登録をしてください。 https://spotlight.soy/ ログインのした方にこじんまりと新規登録のリンクがあります。この記事は全部無料にしようとしたんですが、どうやらSpotlightの仕様で強制的に少しでもお金を途中から払わないと見れない仕様のようです。 会員登録すると少しコインがもらえますのでそれで続きをみてください。最低価格の1円に設定してあります。まあ前の方読めばだいたい感じはつかめるとは思います。 はじめに 信玄先生のAmpleforthの高額記事が話題になっていた。一方で、Spotlightは記事を書いてポイントをもらうのであるが、信玄先生の記事価格の80000ポイントを持つ人間はほとんどいない。 そう外部から入金しない限り手に入らないのだ。DAPPS系で人口の増えたEthereum勢の多いこの界隈ではETH支払いであれば多くのものが対応できたのであろうが、このSpotlightはBTC勢である。なかなか難しい。 今日はこの記事で入金の仕方をお伝えする。 前提知識 Spotlightの入金は Lightningネットワーク対応のウオレットから行う必要がある。流れとしてはこうだ。Bitcoin walletからの送金はできるのかもしれないが、Lightning Walletを噛ませたほうがよいような気がしている。 もし新しい試みをするときは泣かない程度の小額でためしてみるのはありかもしれない。   Bitcoin WALLET -> Lightning Wallet -> Spotlight   Bitcoinの送金は取引所直接ではなく、Walletからの方が安全かも。取引所の前につBTCのウオレットに一旦送金することをおすすめする。僕はTrust Walletに入っていたBitCoinをLightning Walletに送って試してみた。 Lightning Walletの準備 Spotlight内のヘルプでも推奨している Blue Walletでいいと思う。こちらはAndroidでもiPhoneにもアプリが用意されている。下記からまずはダウンロードだ。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200721221854mceu_757224381

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法
100

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

仮想通貨Ampleforth(以下「AMPL」)が情報に敏感な海外投資家の間で話題になっています。7月前半の仮想通貨の世界トレンドランキングでは1位となりました。 AMPLは仮想通貨の中ではかなり異質な存在ですが、(プロダクトに対する個人的評価は別として)社会実験としては非常に面白いプロジェクトだと思います。 今回は、AMPLの仕組みについて解説します。 (補足)1.本記事の性質上、AMPLの投資的側面の言及がありますが、本記事は投資を推奨・助言するものではありません。2.また、投資パートについては公開範囲を限定しています。金儲けのカラクリや個人の投資成績、投資戦術を記載しており、いたずらに投機を助長することが不適切と考えるためです。ご関心のある方だけお読みください。3.既に信玄さんがAMPLの良質な記事を作成されていますので、そちらもご参考ください。 <目次>1.プロダクトの概要(1)どんな製品か(2)チームメンバー(3)AMPLの価格・供給量の推移2.AMPLへの投資について(1)資産増幅メカニズムのカラクリ(なぜ先行者は儲かるのか)(2)Rebaseで見過ごされがちな事実(3)Geyserにデポジットするのと単純ホールド、どちらが得か(4)今後の先行きについての個人的見解3.AMPLを購入する方法 1.プロダクトの概要(1)どんな製品か ①AMPLの概要 AMPLが生まれたのは2019年6月です。わずか11秒で、500万ドルをIEO(Initial Exchange Offering)で調達しました。ERC-20トークンです。  AMPLの特徴を一言で言うと「市場の需給に応じて供給量が調整される」通貨です。  ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、供給量が固定されており、市場の需給に対して価格が反応してきました。つまり、人気が出れば価格は上がるし、人気が下がれば価格が下がります。 一方、AMPLは、需要が高まってあらかじめ設定したターゲット価格を上回った場合、供給量を増やして対応します。AMPLのターゲット価格は約1ドルです。具体的には、市場価格が約1.06ドルよりも高ければ、その時の価格に応じて供給量を増やすことで、通貨1単位当たり実質価値を下落させます。 逆に、需要

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~
10,000

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識

今回はAmpleforth、$AMPLをテーマに高めの有料記事に挑戦してみようと思います。Ampleforth Geyserとは、運営が行うCOMP配布みたいなLiquidity Miningキャンペーンです。予定では9月末まで行われます。 WBTCの記事ではうまい棒1本でしたが、今回はざっくりラーメン一杯分の価格です。Spotlight感覚だとほぼ天井の超高額記事ですね 笑正直これを買う人は物好きだと思います。   ※実験的でもあるので、期待はずれだった場合は返金の相談も受け付けます ちなみにこれらの情報は自分で集めようと思えば集められるものしかありませんし、この内容は投資を推奨するものではありません。単純な値上がり値下がりだけじゃない、表面的なリスクとリターンだけではない要素を知ってもらう事が目的と言えます。それでも投資する際AMPLはハイリスクなので適当に大金を投じない事を薦めます。 あまり厳密には詰めずに細かいところはざっくりと、ただしポイントを押さえていく事を目標にします。 この記事を買う対象ユーザーは下記の通りです AMPL購入を検討している Ampleforth Geyserへの参加を検討している 単純にAmpleforthとGeyserの仕組みに興味がある 私のGeyser参加戦績に興味がある(少額ですがリターンの目安にはなります) ちなみにここ1ヶ月のAMPL価格と出来高推移は下記の通り。価格目標は1ドルなのに1度4ドル超えして、その後1.5ドル位まで下がり、今は2ドル超えになってますね… 理屈の上では供給が増えると価値が希薄化されて売られる筈なのに、人々の行動はその逆となり、凄まじい値上がりをしているにも関わらず大量に買われました。勿論それは長続きせず、4ドル超えで弾けた訳ですが伝説のARPと比較すれば可愛いもので比較的被害者は少なくて済んだのではないかと思っています。 そもそもAMPLとは何か?と言うとあまりステーブルではないステーブルコインとでも言えば良いでしょうか。 自分の意見があ

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識
80,000

USDC/USDTのBlacklistと担保資産

ここ二日間でUSDCとUSDTそれぞれで特定アドレスのUSDC、USDTがそれぞれ凍結されました。 USDCを例に挙げると、凍結アドレスではUSDCの送受信が出来なくなります。つまり持っていても送れない、受け取れない訳です。対象のアドレスはこちら https://etherscan.io/address/0xaa05f7c7eb9af63d6cc03c36c4f4ef6c37431ee0#tokentxns 良し悪しではありますが、基本的にこうした機能は法的に管理された法定通貨担保型ステーブルコインでは標準装備だと考えるべきでしょう。そうでないと大手を振って扱えないと考えられます。 こうした問題は普通の人は自分は無関係だと思いがちですが、誤認凍結が発生する事もありえますし、中国の様な強権の下ではブラックリストの意味合いが全く違うと思われます。なので自由を重んじるクリプト界隈では忌み嫌われる傾向が強いでしょう。 ちなみにこうした規制に強いのは合成資産型ステーブルコインであるDAIやsUSD、mUSD、USD++みたいなタイプのステーブルコインです。(多くはあまり直接的な用途がなくファーミング用みたいな存在ですが一応) そして問題なのは凍結アドレスが担保としてCompoundやMakerDAOにUSDCを入れている場合はどうなるのかです。MakerDAOがUSDCを担保追加した際にはここで意見が別れました。 以下は個人的な考察です。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産
100

【和訳】New York Times 『プログラマーと独裁者』

New York Timesが"The Coder and the Dictator"という、ベネズエラ政府による仮想通貨ペトロの開発を担当したベネズエラ国内の仮想通貨ベンチャーの社長視点で語られる、ペトロ開発の経緯に関する非常にスリリングで小説のような記事があったので、翻訳してみました。 主役の若者が、仮想通貨をベネズエラ政府のような圧制に対する切り札として捉えつつ、ペトロの開発を依頼され、「最終的に国民が政府の管理を逃れる方法になれば」と専門性を活かして政府の意図しないものができるようプロジェクトの舵を取ろうとするも、マフィアのようなベネズエラ政府にプロジェクトが乗っ取られていき、最終的には政権に協力してしまった形になるというドラマです。 大変長いですが、お暇なときに読み進めていただければ幸いです。   プログラマーと独裁者 ガブリエル・ヒメネスはベネズエラのトップに居座るニコラス・マドゥロを毛嫌いしていた。その一方で、暗号通貨を愛していた。彼が政権のためにデジタル通貨を作ったとき、その結果として命を失うことになりかけた。 掲載日:2020年3月20日著:Nathaniel Popper, Ana Vanessa Herrero和訳:@btc_dakara   2018年に入りたてのとある火曜日の真夜中過ぎに、ベネズエラの副大統領が国内のテレビ全局を使って放送を行った。遅い時刻にも関わらずきっちりとした青いスーツと赤いネクタイをしていた彼は、ベネズエラ政府が世界の国で初めて独自の仮想通貨を発売すると発表した。ペトロと呼ばれることになる仮想通貨だ。 たった数分離れた場所にある副大統領の広大なオフィスの会議室で、ガブリエル・ヒメネスはしょぼしょぼした目で猛烈に巨大なガラスのテーブルの上にあるノートパソコンでタイピングしていた。強力すぎる空調で空気はカラッカラに冷えていた。髭面にフレームの太い眼鏡をかけた細身で薄毛気味のヒメネスは何ヶ月もかけてペトロの詳細をデザインし、コードに落とし込んできた張本人だ。そして今、彼の元で働くチーフプログラマとともに大急ぎでペトロが実際に稼働できるように作業しているのであった…まだ明確に決まっていない根本的な方針があるにも関わらず。 副大統領が放送を終了した直後、その首席補佐官が激怒した様子で会議室に飛び込んできた。ヒメネスは首席補佐官の言っている

【和訳】New York Times 『プログラマーと独裁者』

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされることがあります。c-lightningの開発をしているBlockstreamのデベロッパーであるRusty氏は以前、デフォルト手数料ポリシーを協調して各社引き上げようと提案をしたほどです。この背景として、LNノードを運用しているオペレータは手数料を調整することなく、デフォルト値のまま運用していることがありました。LNの手数料は1回の送金中継では1~10satoshiほどしか稼げません。より多くの送金を中継するには、多くのノードと接続する必要もあるため、企業などの大型LNノードや有名サービスを持っていないと、手数料を稼ぐことは現実的ではないのです。 例えば、1回の送金手数料を10satoshiと仮定し、100回/日の送金中継をした場合でさえ、10円/日しか稼げないんですね。 今回、オフチェーンの手数料市場について面白いデータを見つけたので、ちょっとご紹介をしようと思います。

ライトニングネットワークの手数料市場
1,000

手軽にライトニングを利用する方法・ポイント

いつもはnoteやビットコイン研究所サロンで記事を書いていますが、Spotlightさんのβ版リリースを記念してこれからはこっちで書く機会を増やそうと思います。 noteでたまに投げ銭をいただけるのですが、25%くらい手数料として取られてしまいます。ですので、手数料もかからず、超少額の値段設定もできるSpotlightみたいなサービスに移りたいと思ってました! 今回書く記事は、手軽にライトニングを利用する方法・ポイントです。 いちいちフルノードを動かして、ライトニングノードをインストールして、常時接続するようにするのはハードルが高いと感じる方がほとんどではないでしょうか?私もそう思います。 ですが、少額でライトニングを利用するのであれば、ここに書いてあるステップで誰でも簡単にできます。ご紹介します。 1. 預け型のライトニングウォレットを使うBluewalletやLntxbotなど、資産を預けるタイプ(custodial)のライトニングウォレットを使う方法です。ノードの管理はいりませんし、普通にいつでも使えます。持ち逃げされるリスクやハッキングリスクなどを考えても、数百円とかなら全然問題ないですよね!(大半の人にとって、現段階では自分でLNノード管理するより安全だと思います) 2. ライトニング上のBTCをゲットする:稼ぐ場合なにかお金を払ってもらえそうな知識や、文才がある場合はSpotlightで記事を書いて投げ銭をもらい、ウォレットに出金してしまえばそれだけでLN上のBTCがゲットできますね。他にも、paywall.linkというサービスがあって、なにかリンクを紹介するのに報酬を得ることができます。(見る人は支払わないとリンクが見れない)また、「稼ぐ」なのかは微妙ですが、LntxbotのSats4Ads<

100
description

8sji6rleyを購入しました。

-100
description

e90cpgug6を購入しました。

-1000
description

buiccdzbyを購入しました。

-1000
description

6h42f0i0xを購入しました。

-100
description

bq9bdocfdを購入しました。

-1000
card_giftcard

ppjnmv55c へ投げ銭しました。

-10000
card_giftcard

ttmiyaさんから 投げ銭がありました。

50000
description

ppjnmv55cを購入しました。

-10000
description

w7pxv2ehfを購入しました。

-80000
card_giftcard

ttmiyaさんから 投げ銭がありました。

82000
card_giftcard

ttmiyaさんから 投げ銭がありました。

8000
description

uaf4kjpwcを購入しました。

-100
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000