Obyte_Cafe

Obyte_Cafe

投稿はまだありません。

XRPの証券性のガチ検証 前編

0.本記事の目的   SEC(米国証券取引委員会)は、仮想通貨が証券に該当するかの判断に資するよう、2019年にガイドラインを作成しました。本記事の目的は、恐らく日本で初めて、このガイドラインをベースにXRPの証券性の度合いを検証することです。   証券性を検証するに当たっては、議論が発散しないよう、事前に整理すべき重要事項がいくつかあります。このため、前編ではその重要事項を中心に記述し、後編で、SECのガイドラインに照らして、約40の項目を一つずつ検証していきます。法律の専門家ではありませんので、誤りのご指摘があれば随時訂正します。 <目次・本記事で分かること>(1~4は基本事項、5~6が本題)  1.証券認定する際の基準であるHowey testとその限界  2.SECのガイドラインの新規性は何か  3.XRPの証券性判断が他の仮想通貨と比べて難しいのはなぜか  4.証券認定でRipple社が困ることは何か  5.「いつの・どのXRP」が証券の対象となり得るのか  6.地裁がXRPの証券性に関して下した画期的な判断とは何か 1.Howey Testとその限界  1933年証券法では、米国で証券(Security)を販売する際は、SECに証券登録をすることが義務付けられています。証券法を遵守しない場合、企業に罰則が科されます。近年大量発生したICO(Initial Coin Offering)は、株式等の典型的な証券形態はとっていないものの、その資金調達スキームは証券と何ら変わらない点が指摘されてきました。1933年に制定された古い法律である証券法には、何が証券に該当するかが列挙されていますが、その中に仮想通貨の記載はありません。一方、証券法では「Investment Contract(投資契約)」が証券に該当する旨が明記されています。このため、仮想通貨が「投資契約」に当たるかどうかをもって、仮想通貨の証券性を判断することとされています。  では「投資契約」とは具体的に何でしょうか。証券法にはそれ以上の詳細な定義がありません。このため、投資契約の是非は、過去の判例を参考に判断することが慣例になっています。その判断基準が、当時の裁判名を用いて「Howey test(ハウィー・テスト)」と呼ばれているものです。  Howe

XRPの証券性のガチ検証 前編
100,000

CRVのブースト、その計算方法

はじめに   現在、Curve のガバナンストークンである CRV が DeFi 関連の話題の中でも注目を集めています。その理由の1つとして、8月28日から実施予定の CRV のロックによる CRV ファーミング量のブースト機能が追加されることが大きいかと思います。 しかし現状このブースト機能については、まだまだどんな機能なのか情報が正しく広まっていないように思われます。そこで、今回はこのブースト機能がどのようなものなのかを説明していきます。 ブースト機能の概要   まず、ブースト機能とは何かということですが、その名の通り CRV のファーミング量を増加させることができる機能です。最大でファーミング量を2.5倍にすることが出来ます。しかし、これには当然条件があります。 その条件は、CRV を Curve.fi にロックする必要があるということです。 CRV をロックすることで、veCRV というものを獲得することができます。これが、いわゆる投票力と呼ばれているもので veCRV が多い程、ブーストの増加量が増えます。 また、CRV をロックする際には1週間から4年間までの期間を段階的に選択することができ、ロック期間が長ければ長いほど、CRV に対して良いレートで veCRV を獲得することが出来ます。・例1:1週間ロックする場合、1 CRV ≒ 0.0048 veCRV・例2: 4年間ロックする場合、1 CRV = 1 veCRV では、どれぐらい veCRV を獲得していればブーストの最大値である2.5倍のブーストを得られるのでしょうか。この計算方法は実はすでに公式から発表されていますが、重要なこととして得られるブーストの量は veCRV に依存するだけではなく、pool に供給している自分の供給量の割合にも影響します。 そのため、供給量が多ければ多いほど2.5倍のブーストを得るには、多くの veCRVが必要となります。   詳細な計算方法   まずは、計算式から見てみましょう。 公式が発表している計算方法を若干わかりやすくしたのが次の式です。 ・DollarProvided:自分の供給量・TotalLiquidity:pool 全体の供給量・Voting

CRVのブースト、その計算方法

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る

言い訳しておくと自分は会計畑の人間ではないですし、この記事は調べた数字と「どうやったらこの数字が出てくるのか?」という疑問について書きなぐったメモです。もしこの記事が有識者の目に止まって有益な情報が得られたらな…という期待で書いています。 1)疑問に思った経緯 自分はbitFlyer社の加納さんのツイートから疑問に思ったので調べ始めました。 顧客の預かり資産以上に営業収益が出るのは、どういうことでしょう? https://t.co/xtkeg6Q8qr — 加納裕三 (Yuzo Kano) (@YuzoKano) August 8, 2020 こちらは、たなかたかゆき(パピコ)さん(@papico_chupa)がまとめられた国内の仮想通貨交換業者の2019年度決算について言及されたものです。 ここで確認したいのはSBI VCトレード社以外の業者は「預かり資産」>「営業収益」となっていることです。 取引所の収益源と言うと、顧客の売買等の手数料で稼ぐのが基本的だと思われます。例えば売買手数料1%だとして(クソ高いですがw)顧客から100万円を預かり、顧客が100万円分の売買を指示した時に取引所が1万円の収入を得ます。仮に顧客が全力で100回取引を繰り返したとしても取引所の取り分は約63.4万円です(顧客の手元には100万円 × 0.99^100 ≒ 36.6万円残る)。永遠に預かり資産を上回る収益は得られません。 入出金・レバレッジ取引・ポジション維持手数料、追証、呑み…等の要素も絡んでは来ますが、手数料ビジネスだけでは顧客の「預かり資産」を「営業収益」が上回ることは基本的にありえないと思います。あるとすれば、手数料とは全く別の収益源が必要になります。 ここで業界に鳴り物入りで参画してきたディーカレット社の数字を比較対象として見てみましょう。 <a href="https://www.decurret.c

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る
100

やさしいAMM

Uniswap, Curve, Bancor, Balancerに代表されるAutomated Market Maker (AMM)の雰囲気だけお伝えします。   AMMはプールされた複数のアセット間の取引を提供する仕組みです。Automatedと言っているので、ある基本原理のもとに勝手に動きます。それは大別すると主に次の2つです: x * y = 一定 x + y = 一定 ここでx, yはそれぞれプール内のアセットの量です。   x * y = 一定 のAMM Uniswap, Bancor v1, Balancerが該当します。 この原理は y = 1 / x の形に書き直せるので、プール内のアセット量が辿る軌跡を描いてみると、次の図の青線のようになります。 ある時点での価格はプールに少量(dx)が入ってきたときに出ていく量(dy)から考えることができるので、接線の傾き(dy/dx)です。   上の図の例で言えば、オレンジの点(x, y) = (1, 1)での価格は y/x = 1で、緑の点(x, y) = (2, 0.5)での価格は y/x = 0.25です。   x, yのどちらも0になることはないため、プール内のアセットバランスがどのような場合でも価格を算定し取引を提供することができます。逆に言うと、アセットバランスに応じて価格を導出するプライスファインダー(オラクル)としての役割を持ちます。   発展 Uniswap基本原理の正体は (x^0.5) * (y^0.5) = 一定 です。ウェイト(0.5)が隠れています。   Balancerではウェイトを自由に設定できます: (x^w1) * (y^w2) = 一定   さらにアセットの種類も3つ以上にすることができて、 (x1^w1) * (x2^w2) * ... * (xn^wn) = 一定 というのが一般化された姿です。 参考: Balancer whitepaper https://balancer.finance/whitepaper/ x + y

やさしいAMM

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!

こんにちは。最近 Uniswap に入門した @shidokamo というものです。 みなさん Uniswap 使っていますか? Uniswap は、暗号資産同士の交換ができる取引所なのですが、普通の取引所と違って管理をしている人がいません。簡単に言うと、ブロックチェーン上で管理者不在でうまいこと取引が動いています。 そして、もっとも興味深い点として、Uniswap では各自の取引は全てトランザクションに記録され公開されています。 今回、とある億り人の方(実際はピーク時 80万ドル程度)のウォレットの興味深い取引履歴を見つけました。みなさんもその取引履歴をぜひ眺めてみて、おー、Uniswap って新しい!という気分を味わっていただければ幸いです。 ただし、以下の内容は品性下劣な根性のねじ曲がった人間の書いた下衆な文章となりますので、念の為有料としておきます。 内容のまとめとしては、何かと話題のAMPLのトレードでピーク時に 2523.2 ETH の残高を得て、その後何度かトレードをしてすぐにETHの残高を 1310.5 ETH まで減らした。その後またAMPLを買い戻し保持中(2020年7月30日現在)。というものです。バブル時に一個人がどういった巨額の取引を行っているかが完全に正確にブロックチェーンに刻まれた世界初の貴重な記録だと思います。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!
1,000

AMPLホールドとGeyserの損益の差に関する試算(どっちが得か)

以下の論考は、全てきょろナッツさんの良質な記事(この記事や、この記事等)を参考にしながら私なりに作成したものですが、本稿に誤りがあった場合の責任は全て私に帰します。 1.問題意識 AMPLについて直近1か月の収益を報告している海外のTwitterによれば、単純ホールドだと資産61倍、Geyserに入れると約9.4倍となっています。 Daily Rebase Update:$AMPL +6118%; Geyser +943%Sorry missed the update yesterday as I was out for almost the whole day haha.Meanwhile, congratulations @AmpleforthOrg for surpassing the $500mil mark and sitting comfortably in Top 30!!! pic.twitter.com/MkWxQdxWX6 — Dark Crypto Lady (@DarkCryptoLord) July 26, 2020 一方、本報告は、Uniswapの流動性手数料や、Geyser収益を計算に含めていないので、どちらがどれだけ稼げるか、という点についてやや不正確な点があります。また、それらを含めた試算をしているサイト・記事は(少なくとも私の知る限り)ありません。 そこで、UniswapやGeyserによる収益及び損失の要素も含めた上で、ホールドとGeyserの選択の分岐点となる基準を試算します。 2.結論 投資期間1か月の場合、AMPLの(ETH建)時

AMPLホールドとGeyserの損益の差に関する試算(どっちが得か)
100

仮想通貨取引所FTX「Tether(USDT)、お前はステーブルコインではない」

画像とタイトルで煽っていきますが、BTCのインデックスの話です。「そもそもFTXってどこのぽっと出の取引所だよ」という方は下記のBloomberg記事辺りを見てください。アフロすげーってなるので。 仮想通貨トレーダー、匿名性捨てて急成長-世界の取引高の5%扱う - Bloomberg ※本記事は最後のPineエディタ用のコード以外は全て無料でお読みいただけます。 1)FTXのBTCインデックス構成 発端はくりぷ@CRYPTANNEWSさんが某Discordに貼ってくれたFTXのBTCインデックス計算の取説でした。 FTX Index Calculation 表は取引所FTXがBTCのUSドル建て価格のIndexを算出する時の要素(2020-03-27updated)です。要はFTXという取引所が定めたビットコインの平均価格算出要素という感じですね。 インデックス構成要素に着目すると以下の10の取引所の通貨ペアを1/10ずつ均等に重み付けして構成されています。 Binance BTC/TUSD Binance BTC/USDC Bitstamp BTC/USD Bittrex BTC/TUSD Bittrex BTC/USD Coinbase BTC/USD Coinbase BTC/USDC Kraken BTC/USD OKEx BTC/TUSD OKEx BTC/USDC (FTX BTC/USDも含めると11のハズだけどそれは記載されていない…) つまり、これらの取引所の通貨ペアこそFTXが「世界中で取引されているビットコインのUSドル建て平均価格を算出するのに相応しい」と

仮想通貨取引所FTX「Tether(USDT)、お前はステーブルコインではない」
10,000

ETHって何?

皆さんもご存知の通り、今空前のDeFiブームが来ています。折角注目されるチャンスが来ているなら、という訳でETHの魅力を語ってみる事にしました。 ETHが価値あるとか無価値とかSOVだユーティリティだBONDだMONEYだとか、そんなややこしい話は置いておいて、今回話すのはコアなETHホルダー達はETHをどう扱ってるの?何が実益なの?という話です。 後はETHって何なの?みたいなところも適当にざっくり語っていきます。 HODL! ホルダーと言えばやっぱこんなイメージでしょうか。Cold walletにとか、取引所にとか、証拠金にしてデルタとか色々あると思います。 先に結論を述べますとコアなDeFiユーザーの多くはETHとステーブルコインを基軸にしているのではないかと思います。個別プロジェクト、Aave、SNX、KNC、LINK等で当てる人も居たとは思うけど、大量保有してた人は少数派でしょう。ちなみにETHホルダーとLINK Armyはまた別ですね。 なのでまあこんな感じでしょうか。ステーブル側はDAIにしましたが、実際には色々使い分けてます。 ETHホルダーなんでやはり長期投資としてETHを持ってますよね。でも只持ってるのは退屈だし値上がり以外で増やせないのは資産クラスとしてイマイチです。なので…運用して遊びます! ETHとステーブルコインのセットなのは、この2つが最もDeFiのプロダクト上で運用に利用出来るからです。ちなみにステーブルコインは元々持ってなくともETHを担保に借りるのでOKです。というかETHの用途はそっちの割合が多いです。 例えば… CompoundにETHを預け担保にして 一部はDAIを借りてCOMPマイニングに 一部はUSDCを借りてOpynでオプションを売ったり 他のETHとDAIをUniswapに入れて流動性供給したり BalancerでBALマイニングをしても良いし TokenSetsでETHを使ってLINK売買の投資信託に回したり 上記の収益を適当なトークン投資に回しても良いし再投資しても良い とまあ、色々な選択肢があります。ETHが値上がりしてくれると嬉しいし、危なそうな時には急いで担保比

ETHって何?
description

16zv8lokwを購入しました。

-100000
card_giftcard

Obyte_Cafeさんから 投げ銭がありました。

10000
card_giftcard

Obyte_Cafeさんから 投げ銭がありました。

3000
description

6q3pu6573を購入しました。

-100
description

ifs5z76v4を購入しました。

-100
description

lh5vcjkmlを購入しました。

-100
description

u75oy55ooを購入しました。

-100
description

l42xdjfc0を購入しました。

-100
description

bq9bdocfdを購入しました。

-1000
description

anh56f9mnを購入しました。

-100
description

hwt25t01qを購入しました。

-100
description

1f9xb2pu2を購入しました。

-100
description

om16ztfvtを購入しました。

-10000
card_giftcard

Obyte_Cafeさんから 投げ銭がありました。

100000
description

gy73ilhjdを購入しました。

-300
description

ppjnmv55cを購入しました。

-10000
description

coyvse7m8を購入しました。

-100
description

3hc5xhrzgを購入しました。

-100
description

b4q9r0qabを購入しました。

-100
description

09td38oguを購入しました。

-100