hideaki imoto

hideaki imoto

暗号通貨✖︎Eコマースを実現するために日々精進しております。 プロダクトに興味のある方は是非お声がけ下さい

分散型マーケットプレイスは何を変えるのか

はじめに マーケットプレイスと言うと業者専門の市場やイオンモールの様な大型ショッピングセンターがあり、EコマースではAmazon、楽天、シェアリングエコノミーのメルカリ、Airbnb、Uber、などを入れると日本国内だけでも20兆円を超える大きなマーケットです。 この様な大きなマーケットでは多くの競争があります。しかし例に挙げている企業は競争している様で競争せずにニッチな市場から独占してきた企業になります。Amazonは本のオンラインショップから始めて今やAWSというSaaS企業の代表です。シェアリングエコノミーの分野もニッチな市場で潜在的にスケールする市場を探しビジネスにしています。多くのユーザーが便利になっているのは事実で私もその恩恵を受けています。 コロナも含めた時代の変化 しかし、少しずつ時代は変わりつつあります。上記の企業が市場を独占してしまうという事はユーザーのサービス利用出来る資産や個人情報も独占的に持てる事になります。現にFacebook(FB)がLibraをユーザーへ提供しようとした際に国から猛反発を受けました。理由としてFBに登録されているアカウントが米国民よりも多く、Libraの保有ユーザー数が全中国人並になります。また送受信のデータから与信に使用できる個人情報など様々な個人に紐つく情報が独占出来ます。これは集権的マーケットプレイスのプレイヤーにも同じ事が言えるでしょう。そして独占されるという事は情報は集中的に企業に管理される様になります。情報を盗み取るクラッカーの良い餌食になることは想像できます。 日本でも2019年上場企業の個人情報流出の件数は903万1,734人分というデータがあります。実は知らないだけで、ニュースになっていないだけで結構な人数の情報が漏洩しています。記事内にもある大阪ガスの子会社やトヨタの傘下企業(販売会社)といった誰もが知っている企業の名前ですし、2014年にはベネッセが2900万件もの個人情報流出を起こしています。SNSや個人単位で他人を写真に移さないように気をつけていても使用しているサービスへ登録したパスワード、誕生日、住所、名前、などの情報が盗まれます。盗んだデータはブラックマーケットで売買されるとも聞いていますが実際は知りません。ベネッセの件では実際に名簿屋に売られていたそうです。このような個人情報のデータは一気に大量に手に入れなければお金にはなりませんので情報を集中させるのではなく分散させる事が重要になります。 集権型と分散型のマーケットとは これまでのマーケットの特徴・運営側の一方的なルール変更(手数料値上げなど)・マーケット価値はネットワーク参加者(ユーザー)以上にオペレーター(運営)に集中している・政治、宗教的思想に基づく一部ユーザーの排除・個人情報は運営が管理・ユーザーのポイント資産は運営が

分散型マーケットプレイスは何を変えるのか

Blockchain & Marketplace News

この記事は自身のアウトプットの為に執筆しています。あまり取り上げられていないサービスや新しい何かを知る事で学びになればと思います。未来と現実の狭間を行き来する記事です。 アウトドア新市場を開拓 レンタルに特化したECモール・在庫管理ツールを提供するTENT アウトドア用品中心のレンタルモール「カウリル」の運営、在庫管理システム「ZAIKA」を開発・提供するスタートアップ株式会社TENTの紹介でRFIDを活用した在庫管理システム「ZAIKA」に関しての記事です。ブロックチェーンの業界にいると在庫管理や商品追跡にブロックチェーンを使おうと共同研究されている企業様がいますが・・・RFIDの発送/返送時の検品チェックをリーダーで一括して行えて、梱包もれや商品の間違いが防げるうえ、注文/返却数からKPIが自動的に算出され、在庫単位の稼働率や収益率を可視化されます。RFIDはGUなどでも採用されて一瞬で終わるセルフレジでの会計処理には驚いた事を覚えています。価格も下がってきており、特にレンタル商品はタグを捨てない為相性が良いそうですね。 ブロックチェーンのトレーサビリティはRFIDの体験を超える何かを提供して欲しいと切に願っております。   「ラクマ」が8周年、抽選で8%還元!トレンド変遷も公表 この記事で気になったのはこれまでのフリマアプリのトレンド変遷です。初期のフリルは女性ユーザーが中心。18年以降メンズファッションがトレンド上位に来る様になっています。 12年は1位が「INGNI」、2位が「LOWRYS FARM」、3位が「dazzlin」と、国内のレディースカジュアルブランドが上位に。15~17年は、スペインのファストファッションブランド「ZARA」がTOP3に入り、17年には「UNIQLO」が3位になるなど、フリマアプリの取引でもファストファッションブランドが台頭し、18年からは、「NIKE」「Supreme」などのメンズストリート系ブランドの取引が急増。背景には「フリル」と「旧ラクマ」の統合で、男性ユーザーによる取引が増えたことに加え、ストリート系ファッションに対する注目が高まったことが影響していると考えられる。18年は1位「Supreme」、2位「NIKE」、19年は逆転して1位「NIKE」、2位「Supreme」 となった。   <a href="https:/

Blockchain & Marketplace News

初めまして!

初めまして株式会社和らしべのimotoです。 知り合いが皆spotlightで記事にしていてが気になっていました。 私は暗号通貨✖︎Eコマースを実現する為に和らしべを共同創業者の長澤と設立しました。 プロダクト定期報告はこちらです(現在開発中) 私は2016年くらいに知り合いからBTCの紹介をされてbitflyerで触った事がきっかけでビットコイナーデビューをしました。私がラッキーだったのはその知り合いが陰謀論好きでBTCは国を破壊するインパクトがある的な感じで詳しく仕組みを教えてくれた事です。もちろん破壊は大袈裟だなと思ってますがその時に投機的な魅力よりもインフラとしての未来を知れたことには感謝してます。 その後バブルやらリップルやらリップルを経験(リップルの事は詳しくは知りません。なんか有名なんで連呼しましたw)しまして、ALISのアンバサダーやPoLのアンバサダーなどもさせて頂き現在の和らしべに至ります。かなり端折りましたが暗号通貨にどっぷりハマっている事が伝われば有難き幸せで御座候です! 今後はプロダクトの事やフリマ業界の情報、CtoCビジネスに関して記事にしていこうと思います。今後とも宜しくお願いします。 ツイッターやってます。宜しければフォローお願いします。https://twitter.com/datushachikujin    

初めまして!

暗号通貨でクラウドファンディング(資金調達)する方法

暗号資産が「暗号通貨」と呼ばれていた時代、人々は暗号通貨での買い物を夢見た。しかし、今では通貨として使う者も少なくなり、「暗号資産」へと人々の意識も変化しつつあるように思う・・・。 しかし!モナコイナーは頑固なのである!今だに彼らの間では「暗号通貨」としてモナコインは存在しているのである! 暗号資産が「暗号通貨」と呼ばれていた時代、人々は暗号通貨での買い物を夢見た。しかし、今では通貨として使う者も少なくなり、「暗号資産」へと人々の意識も変化しつつあるように思う・・・。 2019年8月1日、秋葉原を含む全国でモナコインのポスターが一斉に掲示された。 そう、「第四回モナコインポスターラリー」の開幕である。 最優秀賞(by yagi723) このイベントは、暗号通貨モナコインに関連するポスターをインターネットの外の世界に掲示し、実際にそれを見に行くことを楽しむイベントである。 第4回は、「あなたとつくる、未知の価値」をキャッチコピーとし、なんと20種類のポスターを日本全国に掲示した。(ポスター一覧は「続きを読む」にリンクを記載した。) このイベントでは、A4からA3サイズで印刷されたポスターを現地で見るというアナログなイベントでありながら、裏ではブロックチェーンをフル活用している。 例えば、 資金を集めについては、暗号通貨建てで「クラウドファンディング」を実施している。 モナコインのブロックチェーンを使った「投票管理システム」を使い、イベントのキャッチコピー決定のための投票と、ポスターの入賞作品決定のための投票を実施している。 キャッチコピーの考案者、ポスター入賞者、ウェブサイト制作者への報奨金は暗号通貨で支払っている。 上記についてブロックチェーンを採用したメリットとして、 どれも既存の企業の提供するプラットフォームサービスを利用しないための、経済的メリットが甚大(コスト0)であること(ただし、第三者により無償で提供されているサービスを利用している) 利用方法が柔軟であること 一人で管理することが可能であること である。

暗号通貨でクラウドファンディング(資金調達)する方法
114

Dev Protocol(Dev)ステーキングガイド

最近何かと話題になっている日本発のブロックチェーンプロジェクトDev Protocolのステーキング方法を紹介します。 Dev Protocol(Dev) クリエイターの収益化を支援 ブロックチェーンを活用した OSS(オープンソースソフトウェア)開発者向け収益化サービス。Dev は Ethereum のトークン標準仕様(ERC20)に準拠し、Dev に参加した OSS エンジニアに対して、ダウンロード数に応じてトークン(Dev トークン)を配布する。Dev トークンは仮想通貨交換所で Ethereum トークンと交換性があるので、これを報酬として受け取ることができる。現在はUniSwapでの取引が可能。 ステーキングはStakes.socialというサイトで行います。   1. ウォレットの連携 サイトにアクセスしたら、DEVを保管しているメタマスクなどのウォレットを連携させます。画像の赤枠のボタンを押して、連携させます。   2. ステーキング先を選択 自分のDevをステーキングするPropertyを選択します。画像では、一番上のPropertyを選択しています。   3. ステーキング量を決める ステーキングしたいDEVの量を決めます。量が多ければ多いほど、報酬も増えます。量を決めたらStakeを実行します。※ガス代がかかります DEVが送金されれば、ステーキング成功です。「Your Staking Amount」「Your Staking Share」に反映されます。   4.

Dev Protocol(Dev)ステーキングガイド

SpotlightとMonappy:クリプト系ブログサービスの比較

Spotlightに7本の記事を投稿し、なんとなく使い勝手がわかってきた。その経験をもとにSpotlight自体をクリプト系ブログサービスとしてMonacoin界隈で有名なMonappyと比較してレビューしたい。 なお、私の習熟度の問題で誤った認識をしていたら、ぜひご指摘いただければと思う。また、これは個人の感想であり、いかなる組織も関係ありません。 表にまとめると下記の通り。 では、細かくコメントをしていく。 Spotlight 運営会社:株式会社来夢(三重県) 暗号通貨との関連性:カストディ規制に対応し、BTCを入金するとAmazonギフトコードが買える(Spotlight)ポイントに変換される。悟コインを販売していた会社である。現在は、悟コインの販売に暗号資産交換業の登録が必要となったため販売終了した。 エディタの機能:弱い。極めてベーシックな機能のみを提供している。太字、斜体、下線、引用、リンク、リスト、ヘッドラインなど。文字の間隔や色、文字サイズなどの変更機能は提供していない。スマートフォン(Pixel4のchrome)からアクセスするとさらに機能が減る。行間が必ず段落扱いで広くなるが、Shift+Enterで改行可能(わかりにくい)。 ユーザーインターフェース:とても良い。テキスト投稿に特化しているため、余計なタブやリンクがない。広告もいまのところないが、今後は表示されると思われる。どのように収益を上げているかは不明。投稿した記事も見やすい。 ユーザーエクスペリエンス:良い。リンク付きの文章をコピペすると、リンクが消されてプレーンテキストになってしまうのは改善を希望する。1記事投稿するのに100pt必要だが、1円程度なので違和感なし。スパム防止にもなると思うが、今はまだ無料でもスパムがわかない規模だとも思う。 投げ銭のし易さ:しやすいが、最低100pt(約1円)からで、1円程度なのに高く感じる。(恐らくこれはBTCの送金手数料が高くて最初にもらえる1000ptから入金していないためという個人的な理由)0がたくさんつくから字面的になんとなく高く感じるのかも。 有料記事システム:使いやすい。常に有料記事コーナーが表示され、簡単。無

SpotlightとMonappy:クリプト系ブログサービスの比較
114

暗号通貨界隈のキーワードを考える のまとめ

「暗号通貨界隈のキーワードを考える」シリーズの数が増えたので、紹介するときはまとめてこのページを紹介します。記事のリクエストがあれば、ください。すらすら書けそうな内容なら、どんどん書きます。 すべてはモナコインの発展のために!ジーク!モナコイン! 暗号通貨界隈のキーワードを考える ・「使われると価値が上がる」: 暗号通貨界隈のキーワードを考える使われると価値が上がる?価格が上がる? ・「ビットコインマキシマリスト」: 暗号通貨界隈のキーワードを考える中央集権的存在を憎む中央集権主義者の自己矛盾。 ・モナコイン財団(Monacoin Foundation):暗号通貨界隈のキーワードを考えるモナコインを冠する組織の始まり、炎上、そして燃え尽きるまで。 ・「MONACOIN合同誌」:暗号通貨界隈のキーワードを考えるモナコイン歴史を同人誌とともに振り返る。 おすすめリンク ・暗号通貨で○○する方法のまとめ ・【光と闇】モナコインポスターラリーハードフォーク史 モナコインコミュニティに関する資料 ・暗号通貨を擬人化したキャラクター【モナコインちゃん特集】 ・「実写版」モナコインちゃんとモナコインちゃんの「声優」 ・モナコイン・フィジカルコイン(物理メダル)名鑑:金属製編 ・モナコイン・フィジカルコイン(物理メダル)名鑑:その他編 Spotlightで書く人へ ・Spotlightにツイートを埋め込む方法

暗号通貨界隈のキーワードを考える のまとめ

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法

まずはSpotlightですがあまり怪しくはないです。BTC系のブログメディアとかんがえてもらっていいでしょう。まずは会員登録をしてください。 https://spotlight.soy/ ログインのした方にこじんまりと新規登録のリンクがあります。この記事は全部無料にしようとしたんですが、どうやらSpotlightの仕様で強制的に少しでもお金を途中から払わないと見れない仕様のようです。 会員登録すると少しコインがもらえますのでそれで続きをみてください。最低価格の1円に設定してあります。まあ前の方読めばだいたい感じはつかめるとは思います。 はじめに 信玄先生のAmpleforthの高額記事が話題になっていた。一方で、Spotlightは記事を書いてポイントをもらうのであるが、信玄先生の記事価格の80000ポイントを持つ人間はほとんどいない。 そう外部から入金しない限り手に入らないのだ。DAPPS系で人口の増えたEthereum勢の多いこの界隈ではETH支払いであれば多くのものが対応できたのであろうが、このSpotlightはBTC勢である。なかなか難しい。 今日はこの記事で入金の仕方をお伝えする。 前提知識 Spotlightの入金は Lightningネットワーク対応のウオレットから行う必要がある。流れとしてはこうだ。Bitcoin walletからの送金はできるのかもしれないが、Lightning Walletを噛ませたほうがよいような気がしている。 もし新しい試みをするときは泣かない程度の小額でためしてみるのはありかもしれない。   Bitcoin WALLET -> Lightning Wallet -> Spotlight   Bitcoinの送金は取引所直接ではなく、Walletからの方が安全かも。取引所の前につBTCのウオレットに一旦送金することをおすすめする。僕はTrust Walletに入っていたBitCoinをLightning Walletに送って試してみた。 Lightning Walletの準備 Spotlight内のヘルプでも推奨している Blue Walletでいいと思う。こちらはAndroidでもiPhoneにもアプリが用意されている。下記からまずはダウンロードだ。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200721221854mceu_757224381

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法
100

 「犯罪収益移転危険度調査書 令和元年度版」①仮想通貨部分についてまとめてみた

はじめましてtaakeです。 さて、警察庁の犯罪収益移転防止対策室(JAFIC)は、日本の資金情報機関 (FIU)の業務を担っています。 「犯罪収益移転危険度調査書 令和元年度版」のうち、仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨部分の報告箇所をまとめてみました。 こうやって読んだ分をまとめるのは頭の整理になっていいですね。 今後、DeFiの中央開発者・中央ガバナンス主体も同等の規制を遵守を求められることになるので、整理はしておいた方が良いかと。リスクベースアプローチ上のリスクの特定・評価・低減のところをいかに行うかという話になると思います。   ア.危険度の要因 (1)危険の特徴 2018年中の仮想通貨交換業者等への不正アクセス等による不正送信事犯として169件、約677億3,820万円相当の被害 2018年1月及び9月には国内の仮想通貨交換業者等から多額の仮想通貨が不正に送信されたとみられる事案も発生 仮想通貨を取り扱う事業者における内部管理体制の未整備 仮想通貨の設計・仕様は様々で、中には移転記録が公開されず追跡が困難でマネー・ローンダリング等に利用されるおそれが高いものや移転記録の維持・更新に脆弱性を有するものの存在も知られている 取引に利用されるウォレットが、本人確認等の措置を適切に実施していない仮想通貨交換業者や、個人の取得・管理に係るものである場合、取引により移転した仮想通貨の所有者を特定することは困難 非対面取引がほとんどのため、対面取引と比べて匿名性が高い 匿名性を高めた仮想通貨との交換が行われた場合、その後の取引等の追跡は困難 利便性の一方で、諸外国ではマネーロンダリング使われる事例が多々ある  (2)疑わしい取引の届け出 仮想通貨交換業者による疑わしい取引の届出件数2018.4~2018.12 7,765件(以下、事例) 異なる氏名・生年月日の複数の利用者が使用した本人確認書類に添付されている顔写真が同一 同じIPアドレスから複数の口座開設・利用者登録がされている 利用者の居住国が日本にもかかわらずログインされたのが日本国外である 同一携帯番号が複数のアカウント・利用者連絡先として登録されていたが、使用されていない電話番号である (3)悪用された事例 ①マネー・ローンダリングに悪用された事例 不正に取得した他人

 「犯罪収益移転危険度調査書 令和元年度版」①仮想通貨部分についてまとめてみた
100

ユーザー目線で理想のStakingを考える

ひよこクラブの信玄です。 ETH2.0のStakingですが、開始は2021年だという目線が有力なものの環境は時間が経つ程に整備されていくでしょう。既に色々な取引所がETH2.0 Stakingサービス取り扱いを発表しています。 とりあえずETHの価格やETHとBETH(2.0側初期のETH)の違いについては置いておいて、今回はユーザー目線で勝手に理想的なStakingサービスを考えてみます。 ベースにするのはCoinbaseやBlockFiです。 StakingとLendingって何が違うのって思う方も多いかと思いますが、取引所を筆頭としたStaking Service Providerを経由する場合、ユーザー目線では殆ど違いは出てこないと思います。 ちなみにBlockFiを利用した方はご存知だと思いますが、BlockFiはレンディング金利の受け取り銘柄を自分で選択できます。つまりETHを預けながらUSDCの受け取りというのも可能という訳です。更にLock期間も無いので引き出しに数日という時間はかかるものの、概ね何時でも引き出せます(ここではサービス提供者がETH-BETHの交換やStaking報酬の交換も自動でやってくれるもの仮定します)。 ここで更にデビットカードが加わると、LendingやStakingで得た金利をそのままデビットカードで使える事になりますよね。理想を言えば課税処理は減らしたいので、ステーブルコインで受け取り、それをカードで決済に使う形が理想ではないでしょうか。 更にCoinbase Commerceの様な決済サービスがあるとまた便利ですよね。Coinbaseのサービスについてはこちらの記事にまとめています。 ※ちなみに今のETHをETH2.0のBETHに変えてしまうとEthereum上では不可逆です。取引所等では勿論交換が可能だと思われます 次にStakingのRewardを計算しましょう。

ユーザー目線で理想のStakingを考える
100

毛根4コマドカッと4本立て+1

どうもこんにちはTwitterで毎日4コマを書いている毛根女子と申します(*’ω’ノノ゙☆パチパチ こちらへの投稿は初となりますので以後お見知りおきをお願いします。 ではでは私め文章を書くのはあまり得意ではありませんので、早速4コマ行ってみようか! <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200708120758mceu_452082

毛根4コマドカッと4本立て+1
description

j3cko1u50を購入しました。

-114
description

ifs5z76v4を購入しました。

-100
description

7z8ntn4reを購入しました。

-100
description

dxq518jvxを購入しました。

-100
card_giftcard

rpno505dw へ投げ銭しました。

-100
description

4p8mriqszを購入しました。

-114
card_giftcard

JNWさんから 7zkz7yjqxが購入されました。

100
description

aypebrc4jを購入しました。

-114
description

uaf4kjpwcを購入しました。

-100
card_giftcard

こすもすさんから 7zkz7yjqx へ投げ銭がありました。

100
card_giftcard

Namuyangさんから 7zkz7yjqxが購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから 7zkz7yjqxが購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから 7zkz7yjqxが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから 7zkz7yjqxが購入されました。

100
create

7zkz7yjqxを投稿しました。

-100
description

n7bhnkrybを購入しました。

-100
card_giftcard

Shingenさんから bu67x12lo へ投げ銭がありました。

1000
card_giftcard

Shingenさんから bu67x12loが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから bu67x12loが購入されました。

100
description

zywmq3craを購入しました。

-100