Kazuya Aihara

Kazuya Aihara

投稿はまだありません。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産

ここ二日間でUSDCとUSDTそれぞれで特定アドレスのUSDC、USDTがそれぞれ凍結されました。 USDCを例に挙げると、凍結アドレスではUSDCの送受信が出来なくなります。つまり持っていても送れない、受け取れない訳です。対象のアドレスはこちら https://etherscan.io/address/0xaa05f7c7eb9af63d6cc03c36c4f4ef6c37431ee0#tokentxns 良し悪しではありますが、基本的にこうした機能は法的に管理された法定通貨担保型ステーブルコインでは標準装備だと考えるべきでしょう。そうでないと大手を振って扱えないと考えられます。 こうした問題は普通の人は自分は無関係だと思いがちですが、誤認凍結が発生する事もありえますし、中国の様な強権の下ではブラックリストの意味合いが全く違うと思われます。なので自由を重んじるクリプト界隈では忌み嫌われる傾向が強いでしょう。 ちなみにこうした規制に強いのは合成資産型ステーブルコインであるDAIやsUSD、mUSD、USD++みたいなタイプのステーブルコインです。(多くはあまり直接的な用途がなくファーミング用みたいな存在ですが一応) そして問題なのは凍結アドレスが担保としてCompoundやMakerDAOにUSDCを入れている場合はどうなるのかです。MakerDAOがUSDCを担保追加した際にはここで意見が別れました。 以下は個人的な考察です。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産
100

私の記事のアクセス数一覧と、恩返しのBINANCE CHARITYへの寄付。

※マッチングの寄付は終了しましたが、記事は購入可能です。 SpotlightのBINANCE CHARITYキャンペーン期間が6月30日までという事で、この記事を購入した分*0.0005BTC(500円分)を個人的に寄付したいと思います。この記事の購入10,000ポイント(100円分)で計1,800円分の寄付になります!1,700%upと草コインのような倍率です。 第2回キャンペーンで1位を頂いた恩返しです。私が500円寄付すると、Binanceがその倍の1,000円を寄付してくれるようです。6月30日中の購入が対象で、寄付の合計は0.01BTC(10,000円分:20人分)までとさせてください。 Maiさんの記事を見て思いつきました。ありがとうございます。 寄付結果もキャプチャして載せておこうと思います。(万一できなかったらごめんなさい。) 有料部分は、私の記事のアクセス数と、その時のTwitterのインプレッション数を公開させて頂きます。第3回キャンペーン参加者のご参考になれば幸いです。 下記画像の続きが載る感じです。皆さんの記事購入をお待ちしています。 結果 計10名の方にご協力頂きました。下記が証拠画像とTxIDです。 BAE7FAF35C0FCF7180532DB4B6D85B7A163447BBFBFDBB69D56D06D9C74ECCC4 E3C126B3415C594F772CDF3FDBB9B66732865EBA59BD500BB967261B4EEDB068</p

私の記事のアクセス数一覧と、恩返しのBINANCE CHARITYへの寄付。
10,000

投げ銭と購入金額が、全額寄付に繋がるという事なので、普段話さない事を話す事にします その1

こんにちは!MissBitcoin Maiです。みなさんー!この度はバイナンス チャリティ財団 & ミスビットコイン 藤本 真衣 共催マッチングドネーションキャンペーン #CryptoAgainstCovidJapan に関心を持ってくださりありがとうございます。 私が今ブログを書いているこちらのプラットフォーム、Spotlightさんもチャリティーに参加してくれているんですよ!アカウントがまだない方!1分未満でちょー簡単にアカウント作成できちゃうので今すぐ作ってみてくださいね!因みに初期アカウント作成の時には1000pもらえるので、その1000pを寄付対象の記事に投げ銭をするだけでも寄付につながります。 アカウントがまだない方、作成については、こちら 投げ銭のやり方はこちら 記事書いて寄付キャンペーンに貢献したい!という方はこちらをお読みください (^^) 今回は、寄付に繋がるという事なので普段友達には話してもわざわざSNSで話さない事とかを話そうと思っているのですが「バイナンスと仲良くなったのはいつ頃?きっかけは?」という質問をいくつか頂いたので、私がいつ初めてバイナンスチームと出会い、今日までどういう関係性を築いてきたか、懐かしい写真と共に振り返ってみようと思います。 振り返ってみると、withB設立や、BRDのICO、EOSの初の大きいカンファレンス..色々と紐づかれた思い出が同時に思い出されます(笑)まず、今からお見せするお写真は、初めて出会った時のキッカケと写真  

投げ銭と購入金額が、全額寄付に繋がるという事なので、普段話さない事を話す事にします  その1
10,000
description

6h42f0i0xを購入しました。

-100
card_giftcard

Kazuya Aiharaさんから 投げ銭がありました。

10000
description

dll9ocfdqを購入しました。

-10000
card_giftcard

Kazuya Aiharaさんから 投げ銭がありました。

10000
description

nqs64opmuを購入しました。

-10000
card_giftcard

Kazuya Aiharaさんから 投げ銭がありました。

9000
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000