YUT

YUT

パスフレーズでLedgerをより強固に!

初めまして!YUT(ユト)と申します。信玄さんの薦めで初めて記事を書いてみます。 最近はDeFiバブルもあり取引所外で資産を管理・運用する機会が多くなり、自分のウォレット内の資産を安全に管理する為にハードウェアウォレットは当たり前のものとなりました。 ハードウェアウォレットといえば、LedgerとTrezorが有名ですが、私はデザインがシンプルなLedger Nano Sを愛用しています。 秘密鍵は、24の単語(正確にはシードを人間にとって読みやすいようにしたもの)で作成されます。これらはリカバリフレーズと呼ばれ、ハードウェアウォレットを紛失した時や秘密鍵を複製したい時に使用します。リカバリフレーズさえ外部に流出しなければ、ウォレットの資産の安全は保たれます。 私の場合、リカバリフレーズをパスワードマネージャーで管理しています。利便性とトレードオフで、万が一の流出リスクが存在します。そこでセキュリティについて再度見直しをしている中で、”パスフレーズ”というものを発見しました。 これは24単語のリカバリフレーズに加え、25番目の自分で決めた任意の単語を使って秘密鍵が作れるというものです。任意の単語で作成出来るというのがポイントで、自動作成されてしまうリカバリフレーズを記憶するのは困難ですが、自分で決めたパスフレーズなら”記憶の金庫”に保管が可能です!(セルフGOXリスクがあるので紙に書きだしたものを金庫に保存することをお勧めしますw) これでパスワードマネージャーのリカバリフレーズが万が一流出した場合でも、自分で決めたパスフレーズが流出しなければ同じ秘密鍵は作成出来ません!!パスフレーズの設定手順は公式リファレンスをご参照。https://hardwarewallet-japan.com/2019/12/10/advanced-passphrase-security/(Ledger Nano Xの説明ですが、Ledger Nano Sも同様です) 私は「オプション1 - Attach to a PIN (2番目のPINコードの設定)」を設定しました。この第2のPINコードを設定すると、Ledgerにログインする時にこれまでのPIN入力だと既存のウォレットを、第2のPINを入力するとパスフレーズで作成したウォレットにアクセス出来ます。アクセスしてしまえば、これまでと同様にTXを発行出来ます。 「オプショ

パスフレーズでLedgerをより強固に!

【途中経過発表②】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾

キャンペーン第3弾が開催されて約3週間が立ちました。 これまでに投稿された記事の合計アクセス数の途中経過発表をしたいと思います。 キャンペーン詳細はここよりご確認できます。 過去の当選結果は以下よりご確認ください。 ・第1弾結果発表 ・第2弾結果発表   第3弾の途中結果発表は以下よりご確認ください!

【途中経過発表②】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾
100

ユーザー目線で理想のStakingを考える

ひよこクラブの信玄です。 ETH2.0のStakingですが、開始は2021年だという目線が有力なものの環境は時間が経つ程に整備されていくでしょう。既に色々な取引所がETH2.0 Stakingサービス取り扱いを発表しています。 とりあえずETHの価格やETHとBETH(2.0側初期のETH)の違いについては置いておいて、今回はユーザー目線で勝手に理想的なStakingサービスを考えてみます。 ベースにするのはCoinbaseやBlockFiです。 StakingとLendingって何が違うのって思う方も多いかと思いますが、取引所を筆頭としたStaking Service Providerを経由する場合、ユーザー目線では殆ど違いは出てこないと思います。 ちなみにBlockFiを利用した方はご存知だと思いますが、BlockFiはレンディング金利の受け取り銘柄を自分で選択できます。つまりETHを預けながらUSDCの受け取りというのも可能という訳です。更にLock期間も無いので引き出しに数日という時間はかかるものの、概ね何時でも引き出せます(ここではサービス提供者がETH-BETHの交換やStaking報酬の交換も自動でやってくれるもの仮定します)。 ここで更にデビットカードが加わると、LendingやStakingで得た金利をそのままデビットカードで使える事になりますよね。理想を言えば課税処理は減らしたいので、ステーブルコインで受け取り、それをカードで決済に使う形が理想ではないでしょうか。 更にCoinbase Commerceの様な決済サービスがあるとまた便利ですよね。Coinbaseのサービスについてはこちらの記事にまとめています。 ※ちなみに今のETHをETH2.0のBETHに変えてしまうとEthereum上では不可逆です。取引所等では勿論交換が可能だと思われます 次にStakingのRewardを計算しましょう。

ユーザー目線で理想のStakingを考える
100

USDC/USDTのBlacklistと担保資産

ここ二日間でUSDCとUSDTそれぞれで特定アドレスのUSDC、USDTがそれぞれ凍結されました。 USDCを例に挙げると、凍結アドレスではUSDCの送受信が出来なくなります。つまり持っていても送れない、受け取れない訳です。対象のアドレスはこちら https://etherscan.io/address/0xaa05f7c7eb9af63d6cc03c36c4f4ef6c37431ee0#tokentxns 良し悪しではありますが、基本的にこうした機能は法的に管理された法定通貨担保型ステーブルコインでは標準装備だと考えるべきでしょう。そうでないと大手を振って扱えないと考えられます。 こうした問題は普通の人は自分は無関係だと思いがちですが、誤認凍結が発生する事もありえますし、中国の様な強権の下ではブラックリストの意味合いが全く違うと思われます。なので自由を重んじるクリプト界隈では忌み嫌われる傾向が強いでしょう。 ちなみにこうした規制に強いのは合成資産型ステーブルコインであるDAIやsUSD、mUSD、USD++みたいなタイプのステーブルコインです。(多くはあまり直接的な用途がなくファーミング用みたいな存在ですが一応) そして問題なのは凍結アドレスが担保としてCompoundやMakerDAOにUSDCを入れている場合はどうなるのかです。MakerDAOがUSDCを担保追加した際にはここで意見が別れました。 以下は個人的な考察です。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産
100

あなたは何点?銀行があなたに点数をつけてるって知ってた?

銀行で外為関連の仕事をしている閲覧用と申します。稀にtwitterで仮想通貨や外為についてつぶやいています。今回はタイトルにあるように、最近銀行があなたに点数をつけ始めたよ、をテーマに書き進めていきたいと思います。 1.点数ってなんだよ まず、このタイトルを見て、「あーJ.ScoreとかLine Scoreみたいにスコアを上げるとお金を借りる時の金利が低くなるやつでしょ?銀行から金借りないから関係ないし。」と思った方。残念、違います。銀行と取引がある人みなさんにスコアがつけられているんです。つまり、あなたにも知らない間に点数がつけられているということです。ちょっと興味が湧いてきませんか? あなたが興味を示したことに期待をして説明していきます。まず、ここでいう点数とは何の点数でしょうか?twitterで私がマネロン(マネー・ローンダリング)の話ばっかりしているのを知っている人はピンと来るかも知れませんが、ズバリ「リスクの度合い」で点数がつけられています。ズバリ言った割に分かりづれーよって感じですね。簡単にいうと点数が高い人は銀行的に要注意人物ということです。   2.どうやって点数をつけてるんだよ それでは、具体的にどのように点数がつけられているのでしょうか。これは銀行によって多少違うでしょうが、簡単にいうとあなたの属性や利用しているサービス等によって点数がつけられています。ある属性の人は+1ポイント、このサービスを利用している人は+1ポイント、で合計3ポイント以上の人は高リスク顧客だ、とまあこんな感じです。と言われてもピンとこないと思うので、具体例を挙げていきましょう。 例えば属性で言えば「外国人」はほとんどの銀行がポイントを加算していると思います。このご時世に外国人差別かよ、って思う方もみえるかもしれませんが、実態として外国籍の方が母国に帰国する際に口座を売って、その口座が振り込め詐欺の受け口座に使われたりするケースが多いため、このような判断となっています。 サービスで言えば「外国送金」等海外との取引を行っている人にもポイントが加算されている可能性が高いです。これの理由はわかりやすくて、まさにマネロンリスクが高い取引だからです。 ちょっと飽きてきましたね?それではここで箸休め。どうやら記事に画像をつける必要があるようなので、ここで私のスマホにあった一番マネロンっぽい画像を添付します。松茸のソテー。数年前にミャンマーの北朝鮮

あなたは何点?銀行があなたに点数をつけてるって知ってた?

【途中経過発表】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾

キャンペーン第3弾が開催されて約2週間が立ちました。 これまでに投稿された記事の合計アクセス数の途中経過発表をしたいと思います。 キャンペーン詳細はここよりご確認できます。 過去の当選結果は以下よりご確認ください。 ・第1弾結果発表 ・第2弾結果発表   第3弾の途中結果発表は以下よりご確認ください!

【途中経過発表】Bitcoin プレゼントキャンペーン第3弾
100

さらばPepecash ~Pepecashの歴史を振り返る in 2020~

先日ついにZaifでPepecashの取扱いが廃止されました。個人的にはPepecashには思い入れがあるので残念な気もしますが、逆に今まで一応律儀に取り扱われ続けていたのがむしろ奇跡と言えるでしょう(取引高は超低空飛行でしたが)   さて、そもそもPepecashって一体何なの?という人もいると思います。もしくは鮮明に覚えていてすごい懐かしいという人もいるかもしれないですが、この機会にPepecashって結局何だったの?何か意味があったの?という話を振り返り、Pepeへのレクイエムにしようと思います。     ちなみに自分は今も結構な数のPepeカードとPepecashをどこかのウォレットに置いてあると思いますし、Fiat換算すると今の時価で一体どれくらいの金額をPepeに使ったんだろう、と思うとちょっとぞっとする気もしますが、朗らかに考えないようにしています笑ZaifのPepecash退場と共に自分も甘んじて沈んでいこうと思います…。   Rarepepeの始まり 最初から最期まできちんと説明すると長くなるので大胆に省略しつつ自分の記憶ベースで書いて行きます。 元々のPepeのカエルのキャラクターは、確かフランスの某漫画の中の一キャラクターだったと思います。それがどういう流れでそうなたっかは知らないですが、トランプ大統領選の時に政治的風刺画のような形で使われ始め、アメリカでこのカエルのイラストが大流行しました。まあよくある趣味の悪いイラストをベースにしたアメリカ的皮肉みたいな感じですね。日本人的にはよくわからない一種のアメリカンジョークとでも思いましょう。   それとは別に、2014年くらいからゲームアイテムのブロックチェーン上でのトークン化というコンセプトが存在し、これもなつかしいSpells of Genesis(SoG)がゲームアイテムをCounterpartyというビットコイン上のトークンプロトコルで発行して、送受信、トレードする、という試みを進めていました。   そしてなぜか?そこにポテンシャルを感じたMikeという謎の人

さらばPepecash ~Pepecashの歴史を振り返る in 2020~
description

vg22jlfp0を購入しました。

-100
description

zywmq3craを購入しました。

-100
description

oainf6vc1を購入しました。

-100
description

6h42f0i0xを購入しました。

-100
description

2e24mwcsuを購入しました。

-100
description

whtxi97zpを購入しました。

-100
card_giftcard

暗号だるまさんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
card_giftcard

Culi-zusiさんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
card_giftcard

紫雲和尚さんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
card_giftcard

Kei Tanakaさんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
card_giftcard

Da-さんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
card_giftcard

Shingenさんから yg2qqtiyu へ投げ銭がありました。

1000
card_giftcard

RAPTORさんから yg2qqtiyuが購入されました。

100
create

yg2qqtiyuを投稿しました。

-100
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000