Guko

Guko

Twitter: @crypt_guko

時系列分析で1年後のBTC,ETH,XRP価格を推計する

本記事は半分遊びです。 計量経済学の知見を用いて、時系列分析でBTC,ETH,XRPの価格を推計していきます。(なお、この分野の専門家ではないため、誤りがあればご指摘いただければ幸いです) 用いたデータは2013年4月以降2020年4月10日までのBTC,ETH,XRPの日時データ(CoinMarketCapから取得)です。 これらのデータを基にして、2021年4月時点の価格を推計します。 <推計手法について> ・計量経済学の中の「時系列分析」という分野の手法を用いて推計します。 ・使うモデルは、ベクトル誤差修正モデル (VECM: vector error correction model)です。つまり、基本的には過去の取引高・価格の関係を基にして、未来の価格を推計する手法になります。取引高と価格に長期的均衡が存在すると仮定した分析になります。したがって、用いる変数は、取引高と価格(いずれも対数階差)です。 1.BTC ・予測値 12,480ドル(95%信頼区間:2,958~52,648ドル) ・下が推計結果の図です。(といっても、対数なので分かりにくいです。左側が価格、右側が取引高) ・ほぼどうでも良い話(だし、自分もほとんど理解していない)ですが、推計の流れとしては、当初はVARモデル(ベクトル自己回帰モデル。ARモデルを多変量に拡張したもの)で推計しました。しかし、推計結果を見ると、BTCの取引高は価格の影響を受けるが、価格は取引高の影響を受けていない(グランジャー因果性)が確認されました。インパルス応答関数でも価格ショックが取引高に影響を与えるが、取引高が価格に影響を与えることはない、という結果です。 ・そこで、価格と取引高(自然対数)に共和分の関係があるかを調べます。ラグ次数4でトレース検定すると、1つの共和分関係があったので、VECモデルで推定し直しました。上記の予測値はその結果です。ここでも取引高→価格の因果の流れは確認できませんでした。 ・なお、これを推計した2020年4月中旬の時点ではBTCは7000ドル程度の価格だったのですが、ご案内の通り、その後価格が上昇しましたので、推計結果も少しリアルっぽく見えてきます。 2.ETH<

時系列分析で1年後のBTC,ETH,XRP価格を推計する
500

XRPの証券性のガチ検証 後編

1.本記事の概要 前編に続き、本編では、SECのガイドラインに沿って、XRPの証券性を一つずつ検証していきます。 以下、非常に長くなるため、最初に本記事の結論をまとめます。 ・全39項目のうち、XRP(正確には2017年5月以降にRipple社が取引所に販売したXRP)が証券性の項目を満たすと考えられるのは32.5項目(全項目の約83%) ・このうち、Howey testの4要件に相当する重要項目だけに絞ると、29項目中27項目が該当(約93%)し、その割合は非常に高いと言える。 ・ただし、これをもってXRP=証券と認定されることが決まったわけではない。むしろSECが証券認定する未来は来ない可能性が高い 2.各論 それでは、ガイドラインの項目に沿って一つずつ判定していきます。なお、あくまで私個人が独自に判断したものなので、私の知識不足による事実誤認等があるかもしれません。誤りの指摘をいただければ随時修正します。 前編で述べたように、SECのガイドラインの各項目は、Howey testの4要件を具体化したものです。したがって、その構成も基本的にはHowey testの4要件に沿っています。順番に、「金銭投資:1項目」「共通性:1項目」「他人の努力:11項目」「利益期待:16項目」で計29項目です。これに加えて「その他の考慮事項」として11項目が加えられています。合計40項目です。なお、SECには「何個当てはまったら証券」というように、該当数だけで証券性を判断する考えは見られませんので、あくまで総合判断、ということになろうかと思います。 以降、該当するものは〇(証券性高い)、該当しないものは×(証券性低い)、私が判断できなかったものは△(△は最終的には0.5ポイントとして計算します)で書いていきます。 (捕捉)  ガイドラインでは重要なキーワードとしてAP(Active Participant)という言葉がよく出てきます。これは、プロモーター、スポンサー、その他の第三者と定義されていおり、仮想通貨に影響を与える彼らの行動が、証券性の判断に当たって非常に重要となります。本稿では、分かりやすさの観点から、APをRipple社と読み替えます。また、「デジタル資産」という単語も「XRP」と置き

XRPの証券性のガチ検証 後編
500

XRPの証券性のガチ検証 前編

0.本記事の目的   SEC(米国証券取引委員会)は、仮想通貨が証券に該当するかの判断に資するよう、2019年にガイドラインを作成しました。本記事の目的は、恐らく日本で初めて、このガイドラインをベースにXRPの証券性の度合いを検証することです。   証券性を検証するに当たっては、議論が発散しないよう、事前に整理すべき重要事項がいくつかあります。このため、前編ではその重要事項を中心に記述し、後編で、SECのガイドラインに照らして、約40の項目を一つずつ検証していきます。法律の専門家ではありませんので、誤りのご指摘があれば随時訂正します。 <目次・本記事で分かること>(1~4は基本事項、5~6が本題)  1.証券認定する際の基準であるHowey testとその限界  2.SECのガイドラインの新規性は何か  3.XRPの証券性判断が他の仮想通貨と比べて難しいのはなぜか  4.証券認定でRipple社が困ることは何か  5.「いつの・どのXRP」が証券の対象となり得るのか  6.地裁がXRPの証券性に関して下した画期的な判断とは何か 1.Howey Testとその限界  1933年証券法では、米国で証券(Security)を販売する際は、SECに証券登録をすることが義務付けられています。証券法を遵守しない場合、企業に罰則が科されます。近年大量発生したICO(Initial Coin Offering)は、株式等の典型的な証券形態はとっていないものの、その資金調達スキームは証券と何ら変わらない点が指摘されてきました。1933年に制定された古い法律である証券法には、何が証券に該当するかが列挙されていますが、その中に仮想通貨の記載はありません。一方、証券法では「Investment Contract(投資契約)」が証券に該当する旨が明記されています。このため、仮想通貨が「投資契約」に当たるかどうかをもって、仮想通貨の証券性を判断することとされています。  では「投資契約」とは具体的に何でしょうか。証券法にはそれ以上の詳細な定義がありません。このため、投資契約の是非は、過去の判例を参考に判断することが慣例になっています。その判断基準が、当時の裁判名を用いて「Howey test(ハウィー・テスト)」と呼ばれているものです。  Howe

XRPの証券性のガチ検証 前編
100,000

各仮想通貨のファンダは価格にどのように反応したのか(Defi等15銘柄の分析)

1.本記事の概要  2020年の6月下旬以降、特にDeFi銘柄を中心として仮想通貨が高騰傾向にあります。  これらの価格高騰は、各通貨の運営陣が公式に発表する重要なニュース(例:新プロダクトのローンチ、Binanceへの上場、企業とのパートナーシップ)に特に強く反応しているように見えます。  運営陣の発表は、Twitterなどで誰でも簡単に見ることができ、また、公式発表後の価格の動きを検証することが可能です。このため、重要なイベントを定義した上で、それらのイベントに各仮想通貨の価格がどのように反応しているかを調べれば、今後、他通貨で同様のイベントがあった時の対応の参考となるかもしれません。  そこで、上位100の仮想通貨のうち、直近2か月で大きなイベントがあった15銘柄について、そのイベント後の1週間の価格変動を調査し、その傾向を分析します。  先に、本記事の結果のまとめです。   ・今回対象となった銘柄は、イベント発表後に平均して1週間で約30%以上価格が上昇している   ・イベント発表後、価格上昇には時間差があり、特に4日後に価格が大きく反応している。   ・プロダクトのローンチ、取引所の上場、パートナーシップの発表は、Twitterの公式アカウントなどで簡単に捕捉できるため、(現在のバブル傾向が続いている限りは、)今回の結果は他の銘柄にも応用できる可能性がある。  以下は上記の結論をどのように導出したのか、分析に関する詳細です。 2.イベントの定義  以下の3つのイベントを、価格上昇に関連の深い重要イベントと定義する。  (1)プロダクトのローンチ等     ここでは、新プロダクトの発表、ロードマップの更新、新たなRewardプログラムのアナウンスを対象とする。  (2)有力取引所への上場     ここでは、特に価格上昇への影響が強いと考えられるBinance及びCoinbaseへの上場の発表を対象とする。  (3)企業提携     ここでは、企業との契約・パートナーシップに関する運営側(又は相手企業)の発表を対象とする。 3.対象銘柄  上位100の仮想通貨から、6月下旬以降に上記のイベントがあった銘柄を抽出する。抽出した仮想通貨は次の15銘柄  Chainlink、Stellar、Tron、Neo、Aave、Maker、Synthetic、Compound、Waves、Band、Augur、Ocean、Kava、Balancer、Bancor <

各仮想通貨のファンダは価格にどのように反応したのか(Defi等15銘柄の分析)
500

AMPLホールドとGeyserの損益の差に関する試算(どっちが得か)

以下の論考は、全てきょろナッツさんの良質な記事(この記事や、この記事等)を参考にしながら私なりに作成したものですが、本稿に誤りがあった場合の責任は全て私に帰します。 1.問題意識 AMPLについて直近1か月の収益を報告している海外のTwitterによれば、単純ホールドだと資産61倍、Geyserに入れると約9.4倍となっています。 Daily Rebase Update:$AMPL +6118%; Geyser +943%Sorry missed the update yesterday as I was out for almost the whole day haha.Meanwhile, congratulations @AmpleforthOrg for surpassing the $500mil mark and sitting comfortably in Top 30!!! pic.twitter.com/MkWxQdxWX6 — Dark Crypto Lady (@DarkCryptoLord) July 26, 2020 一方、本報告は、Uniswapの流動性手数料や、Geyser収益を計算に含めていないので、どちらがどれだけ稼げるか、という点についてやや不正確な点があります。また、それらを含めた試算をしているサイト・記事は(少なくとも私の知る限り)ありません。 そこで、UniswapやGeyserによる収益及び損失の要素も含めた上で、ホールドとGeyserの選択の分岐点となる基準を試算します。 2.結論 投資期間1か月の場合、AMPLの(ETH建)時

AMPLホールドとGeyserの損益の差に関する試算(どっちが得か)
100

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

仮想通貨Ampleforth(以下「AMPL」)が情報に敏感な海外投資家の間で話題になっています。7月前半の仮想通貨の世界トレンドランキングでは1位となりました。 AMPLは仮想通貨の中ではかなり異質な存在ですが、(プロダクトに対する個人的評価は別として)社会実験としては非常に面白いプロジェクトだと思います。 今回は、AMPLの仕組みについて解説します。 (補足)1.本記事の性質上、AMPLの投資的側面の言及がありますが、本記事は投資を推奨・助言するものではありません。2.また、投資パートについては公開範囲を限定しています。金儲けのカラクリや個人の投資成績、投資戦術を記載しており、いたずらに投機を助長することが不適切と考えるためです。ご関心のある方だけお読みください。(8月31日追記:投資パートを8月31日に公開)3.既に信玄さんがAMPLの良質な記事を作成されていますので、そちらもご参考ください。 <目次>1.プロダクトの概要(1)どんな製品か(2)チームメンバー(3)AMPLの価格・供給量の推移2.AMPLへの投資について(1)資産増幅メカニズムのカラクリ(なぜ先行者は儲かるのか)(2)Rebaseで見過ごされがちな事実(3)Geyserにデポジットするのと単純ホールド、どちらが得か(4)今後の先行きについての個人的見解3.AMPLを購入する方法 1.プロダクトの概要(1)どんな製品か ①AMPLの概要 AMPLが生まれたのは2019年6月です。わずか11秒で、500万ドルをIEO(Initial Exchange Offering)で調達しました。ERC-20トークンです。  AMPLの特徴を一言で言うと「市場の需給に応じて供給量が調整される」通貨です。  ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、供給量が固定されており、市場の需給に対して価格が反応してきました。つまり、人気が出れば価格は上がるし、人気が下がれば価格が下がります。 一方、AMPLは、需要が高まってあらかじめ設定したターゲット価格を上回った場合、供給量を増やして対応します。AMPLのターゲット価格は約1ドルです。具体的には、市場価格が約1.06ドルよりも高ければ、その時の価格に応じて供給量を増やすことで、通貨1単位当たり実質価値を下落させ

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

BTCのライトニングウォレットを作成してSpotlightで有料記事を読む手順(詳細解説)

最近、Spotlightで仮想通貨関係の良質な情報が掲載されることが増えました。 有料の記事を見るためには、BTCのLightningネットワークを使った支払いが必要になりますが、恐らく、最初につまずくのは、「どうやってライトニングを使って支払うの?」という点だと思います。 もちろん、Spotlightの公式HPにもやり方が書いてあります。しかし、肝心の部分が「お使いのライトニング搭載ウォレットからスキャンして送金します。」となっていて、詳細を記載していません。 そこで、以下では、どうやったらライトニングウオレットを作って有料記事を読めるのか、手順を解説したいと思います。 なお、今回はiPhoneを用いた手順について説明します。 1.BlueWalletをインストールする まずは、ライトニングウオレットを作成するために、スマホでBlueWalletをインストールします。(他にも方法はありますが、これが一番簡単です) 2. BTCのウオレットを作成する 初期段階ではライトニングWallet(下の写真の黄色)だけが作成されますが、写真の右の+部分を押して、通常のBTCウオレットを作成します。後で、このBTCウオレットから、ライトニングウオレットに資金を移すためです。 下の写真のような形で、ウオレットを追加する画面が出ますので、適当にウオレットの名前を入力し、Bitcoinのウオレット(青い方)をクリックします。 なお、「Import Wallet」を選べば、ハードウオレットなど既に持っているBTCウオレットをインポートすることができますが、秘密鍵を提供することになるので、大金が入っているウオレットはインポートしない方が無難かもしれません。 3.BTCウオレットにBTCを入金 写真の下の部分「Recieve」を押すと、QRコードとアドレスが表示されますので、他のウオレットからBTCを送金します。

BTCのライトニングウォレットを作成してSpotlightで有料記事を読む手順(詳細解説)

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!

こんにちは。最近 Uniswap に入門した @shidokamo というものです。 みなさん Uniswap 使っていますか? Uniswap は、暗号資産同士の交換ができる取引所なのですが、普通の取引所と違って管理をしている人がいません。簡単に言うと、ブロックチェーン上で管理者不在でうまいこと取引が動いています。 そして、もっとも興味深い点として、Uniswap では各自の取引は全てトランザクションに記録され公開されています。 今回、とある億り人の方(実際はピーク時 80万ドル程度)のウォレットの興味深い取引履歴を見つけました。みなさんもその取引履歴をぜひ眺めてみて、おー、Uniswap って新しい!という気分を味わっていただければ幸いです。 ただし、以下の内容は品性下劣な根性のねじ曲がった人間の書いた下衆な文章となりますので、念の為有料としておきます。 内容のまとめとしては、何かと話題のAMPLのトレードでピーク時に 2523.2 ETH の残高を得て、その後何度かトレードをしてすぐにETHの残高を 1310.5 ETH まで減らした。その後またAMPLを買い戻し保持中(2020年7月30日現在)。というものです。バブル時に一個人がどういった巨額の取引を行っているかが完全に正確にブロックチェーンに刻まれた世界初の貴重な記録だと思います。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!
1,000

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識

今回はAmpleforth、$AMPLをテーマに高めの有料記事に挑戦してみようと思います。Ampleforth Geyserとは、運営が行うCOMP配布みたいなLiquidity Miningキャンペーンです。予定では9月末まで行われます。 WBTCの記事ではうまい棒1本でしたが、今回はざっくりラーメン一杯分の価格です。Spotlight感覚だとほぼ天井の超高額記事ですね 笑正直これを買う人は物好きだと思います。   ※実験的でもあるので、期待はずれだった場合は返金の相談も受け付けます ちなみにこれらの情報は自分で集めようと思えば集められるものしかありませんし、この内容は投資を推奨するものではありません。単純な値上がり値下がりだけじゃない、表面的なリスクとリターンだけではない要素を知ってもらう事が目的と言えます。それでも投資する際AMPLはハイリスクなので適当に大金を投じない事を薦めます。 あまり厳密には詰めずに細かいところはざっくりと、ただしポイントを押さえていく事を目標にします。 この記事を買う対象ユーザーは下記の通りです AMPL購入を検討している Ampleforth Geyserへの参加を検討している 単純にAmpleforthとGeyserの仕組みに興味がある 私のGeyser参加戦績に興味がある(少額ですがリターンの目安にはなります) ちなみにここ1ヶ月のAMPL価格と出来高推移は下記の通り。価格目標は1ドルなのに1度4ドル超えして、その後1.5ドル位まで下がり、今は2ドル超えになってますね… 理屈の上では供給が増えると価値が希薄化されて売られる筈なのに、人々の行動はその逆となり、凄まじい値上がりをしているにも関わらず大量に買われました。勿論それは長続きせず、4ドル超えで弾けた訳ですが伝説のARPと比較すれば可愛いもので比較的被害者は少なくて済んだのではないかと思っています。 そもそもAMPLとは何か?と言うとあまりステーブルではないステーブルコインとでも言えば良いでしょうか。 自分の意見があ

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識
80,000

ユーザーフレンドリーで一部Tx無料(だった)Argent Wallet

2020/08/14追記 残念ながらガス代の異常な高騰によりFee負担は無くなりました… 2020/07/29追記 Ethereumのガス代高騰に伴い、流石にArgentが負担してくれるトランザクションも対応の幅が減りました。最新情報はこちらで確認できますが、現時点で払って貰えるのは下記三点のみとなりました ETHとERC20の送信 PoolTogetherの利用 Guardian関連   はじめに 先日はBTCをWBTC化してEthereum DeFi上で運用する話について説明しました。 また記事の中でも、モバイルWalletはお薦めしない事や手数料にETHが必要な旨も述べています。 ですが実は手数料用のETHを持たずとも送金が出来て、同様に手数料無しでそれなりのDeFiを体験出来て、且つWeb2.0的なWalletのソーシャルリカバリーにも対応しているEthereum向けWalletが存在します。※ソーシャルリカバリーとは登録したメール&SMSでWalletのリカバリーや移行が出来る機能です これは余計なETHを持たないBTCホルダーにうってつけのWalletといえるのではないでしょうか。    そんな都合の良いWalletなんてScamなんじゃないか?と考えますよね。ご安心下さい。むしろその方がこの界隈では一般的な感覚です。しかしこのWalletはちゃんとしたサービスであり今の所はセーフだと思われます(要するにマネタイズ手法の違いです)。とは言え私も保証はできませんし基本的には体験用として少額運用を推奨します。 これはArgent Walletと言う名前で、私が知る限り最も先進的なWalletです。 要点としては 単純送金のTx手数料が無料 (運営側負担) アプリ上から利用する組み込みDeFi DappsのTx手数料も同様に無料 ソーシャルリカバリーや送金承認等のセキュリティ有り これでもノンカストディアル ※ただし取引所から送金する場合、Contract Walletに直接送れないケースがあります。例えばBinanceやOkexは大丈夫だけど国内取引所はNGといった具合です。理由は取引所からICOのContractへ送金させない為です ArgentはContract Walletというタイプにカテゴライズされており、Wallet運営側は顧客資産を動かせないのにユーザーリクエストでリカバリーやロック、送金承認等のセキュリティ周りが機能します。

ユーザーフレンドリーで一部Tx無料(だった)Argent Wallet
1,000

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する

Ethereumを主としたDeFiはこの業界ではすっかりバズワードとなり、多くの人が知るところとなりました。 DeFiではDecentralizedな性質上、何かの資産を担保に何かをするというタイプのサービスが多いです。最も著名なのはETHを担保にDAIというUSDペッグに"近い”性質を持つステーブルコインを発行するMakerDAOでしょうか。 そして借りたDAIをレンディングしたり、ETHやDAIでデリバティブを使ったり、DAIで何かを支払ったり、他の資産を買ったりという具合です。勿論DAIを借りて返す事に手数料となる金利が発生するのが一般的ですがそれを上回るリーたんが取れればアービトラージ的な事も可能という事です。 ただしこうした運用にはリスクがあります。リスクの考え方や適正は人それぞれで、取引所に預けておくのが安心な人もいれば自分のWalletでないと嫌な人もいるし、レンディングはOKだったりNGだったり、それらもサービスや取引所によってリスク度合いや好みが違ったりと様々… 今回紹介するのは手持ちのBTCをWBTCというERC20のBTCに交換し、それをEthereum DeFiで運用する足がかりにするという話になります。また基本はBTCやWBTCは売らずにホールド路線である為にこんな回りくどいやり方をする訳です。該当するのは下記条件に当てはまる方のみです BTC現物ホールド派 DeFiでの運用に興味があり、自分で調べ、試す方 運用による損失リスクを受け入れられる WBTC向けカストディアンであるBitGoをトラストするという妥協(限られた販売代理店しかBTCを出し入れしないので、取引所と比較すれば遥かにマシではある) BTCからWBTC変換の税的解釈は不明瞭で利確扱いの可能性もある 自分で挙げておいてなんですが、相当厳しいですね… 超古参で利確扱いされたら困る人には合わないかもしれません。比較的最近の人でBTC売買しても良いけど基本ホールド派みたいな人向けですね。 またこれは投資そのものを推奨するものはありません。あくまでも活用法としての紹介です。 この後続く内容としては下記の通りです。ちなみに私は実際にBTCをWBTC化して運用をはじめたのですが、結構悪くないと思ってます。 BTCをWBTCに交換するお薦めの手順 WBTC交換後の運用方法紹介としてTokenSetsとMakerDAOについての簡単な解説            

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する
1,000
card_giftcard

JNWさんから gscp5elegが購入されました。

500
card_giftcard

暗号だるまさんから gscp5elegが購入されました。

500
card_giftcard

Motokanさんから gscp5elegが購入されました。

500
card_giftcard

高井さんから gscp5elegが購入されました。

500
card_giftcard

Da-さんから gscp5elegが購入されました。

500
card_giftcard

Shingenさんから gscp5elegが購入されました。

500
create

gscp5elegを投稿しました。

-100
card_giftcard

匿名ユーザさんから 16zv8lokwが購入されました。

100000
card_giftcard

k3w9k5vrf へ投げ銭しました。

-10000
card_giftcard

Daishiさんから 16zv8lokwが購入されました。

100000
card_giftcard

奥田淳太さんから ylcq73cbcが購入されました。

500
card_giftcard

DSSさんから ylcq73cbcが購入されました。

500
card_giftcard

Obyte_Cafeさんから 16zv8lokwが購入されました。

100000
card_giftcard

匿名ユーザさんから ev6nq3ja3が購入されました。

500
card_giftcard

jimmyhommaさんから ev6nq3ja3が購入されました。

500
card_giftcard

sisoさんから ev6nq3ja3が購入されました。

500
card_giftcard

そみそさんから ev6nq3ja3が購入されました。

500
card_giftcard

Kei Tanakaさんから ev6nq3ja3が購入されました。

500
card_giftcard

高井さんから ev6nq3ja3が購入されました。

500
card_giftcard

Shingenさんから ev6nq3ja3が購入されました。

500