haruka

haruka

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法

まずはSpotlightですがあまり怪しくはないです。BTC系のブログメディアとかんがえてもらっていいでしょう。まずは会員登録をしてください。 https://spotlight.soy/ ログインのした方にこじんまりと新規登録のリンクがあります。この記事は全部無料にしようとしたんですが、どうやらSpotlightの仕様で強制的に少しでもお金を途中から払わないと見れない仕様のようです。 会員登録すると少しコインがもらえますのでそれで続きをみてください。最低価格の1円に設定してあります。まあ前の方読めばだいたい感じはつかめるとは思います。 はじめに 信玄先生のAmpleforthの高額記事が話題になっていた。一方で、Spotlightは記事を書いてポイントをもらうのであるが、信玄先生の記事価格の80000ポイントを持つ人間はほとんどいない。 そう外部から入金しない限り手に入らないのだ。DAPPS系で人口の増えたEthereum勢の多いこの界隈ではETH支払いであれば多くのものが対応できたのであろうが、このSpotlightはBTC勢である。なかなか難しい。 今日はこの記事で入金の仕方をお伝えする。 前提知識 Spotlightの入金は Lightningネットワーク対応のウオレットから行う必要がある。流れとしてはこうだ。Bitcoin walletからの送金はできるのかもしれないが、Lightning Walletを噛ませたほうがよいような気がしている。 もし新しい試みをするときは泣かない程度の小額でためしてみるのはありかもしれない。   Bitcoin WALLET -> Lightning Wallet -> Spotlight   Bitcoinの送金は取引所直接ではなく、Walletからの方が安全かも。取引所の前につBTCのウオレットに一旦送金することをおすすめする。僕はTrust Walletに入っていたBitCoinをLightning Walletに送って試してみた。 Lightning Walletの準備 Spotlight内のヘルプでも推奨している Blue Walletでいいと思う。こちらはAndroidでもiPhoneにもアプリが用意されている。下記からまずはダウンロードだ。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200721221854mceu_757224381

Spotlightの高額記事を買うために入金する方法
100

★Matcha★ DEXトレードのベストレートは君のもの

DeFi真っ盛りになり、数多くのDEXが登場しました。これは予測された未来なのですが、コンシェルジュのように数多(あまた)あるDEXの中から最適なトレードを見つけてくれるDEXが登場しました。   Matcha そう抹茶です。なんで和風な名前にしたのかはわかりませんが、とても上品なUIで使いやすそう。 開発母体は0xであるので流動性の問題を解決するためのISSUE STATEMENTを持つチームです。今回のこのプロダクトでは裏側で7種類のDEXのレートをサーチしています。 実際のトレードの例です。ETH-MANAの交換のチェックをします。すると  

★Matcha★ DEXトレードのベストレートは君のもの
100

仮想通貨ポエム

最近すっかり仮想通貨も投資としての注目が落ち着き、ちょっと普通の人が近寄り難いDiFiなどでの盛り上がりしか見られなくなりました。 2017−2018年あたりは多くのインフルエンサーらしき人が声高く仮想通貨関連で活躍され、一般人も取引所に口座を開けば取引がすぐにはじめられました。 思うにBinanceを始めとする中国系が大躍進をした時代でもありました。Binanceだから安心という中国系への評価が高まった感があります。まあ正確にいえば、中国かどうかより優秀な方々が取引所を運営していたからだと思いますが。 自身を振り返ると原体験はやはり、取引所であったかと思う。あまり儲からなかったが、AWS上でPythonベースのボットを動かして遊んでいたりもしていた。 でもまあおもだしても残念なんだが、大きく価格が動いた瞬間はオーダーが通ることはほとんどなく、多くのbotが討ち死にしていたようにも思うw。 取引所の受ける側としてのキャパの限界を超えているのだろうが、そこはかとなく面白かった。ビットフライヤーに張り付いていたものです。 また、今はなきICO投資もなかなか楽しいものがありました。多くのテクノロジーポエムがホワイトペーパーとして公開され、声高に集金をしまくっていました。 10倍、100倍の値上がりを短期で実現したのを目の当たりにした多くの人が群がっていたのを思い出します。深夜3時のICO送金バトルなどとち狂っていてとても楽しかった思い出です。 最近は多少ご無沙汰していますが BCG(ブロックチェーンゲーム)の界隈は今でも元気そうです。この界隈にも多くの逸材が集まっているのが見えます。ゲームという軸ではなく新しい文化の醸成のコアとなるのではないでしょうか? 仮想通貨、ブロックチェーンは現実のソリューションとしてエンタープライズ採用されていくさまがみえてきます。 でも個人的にはパブリックチェーンが作り上げる新しい世界の形に期待したいなと思っています。その時が来るのか。来ないのか。 かしこ      

仮想通貨ポエム

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!

DeFiプロダクトのYearn、そして仮想通貨のYFIは、世間一般には全く知られていないプロダクトだと思います。仮想通貨民の間でも「BTC価格を抜いたことで話題になった、いっぱいあるYF系トークンの一つ」というくらいのイメージしかない人が多いのではないでしょうか。 しかし、Yearnは、個人的には2014年に仮想通貨を始めて以来、久しぶりに今後が楽しみなプロジェクトです。 本記事では、Yearn/YFIのココがすごいと感じた点について、軽いノリで書きたいと思います。   <Yearnのココがすごい>   1.DeFi界の「食べログ」ですごい  いきなり「食べログ」って何?と思われるかもしれませんので、Yearnとはどんなプロダクトかを簡単に解説します。  Yearnの代表的な機能は、仮想通貨を預けるだけで、最高(と思われる)の利回りで自動的に運用してくれることです。  最初に生み出された製品が「Earn」です。これはレンディングの最適化を図るものです。ユーザーがステーブルコインをYearnに預けると、ユーザーはyTokenを受け取ります。例えば、DAIを預けると、プロトコルは同数のyDAIを発行します。預けられたDAIはプールされ、Aave、dYdX、Compoundの3つのレンディングプロトコルの中から最も良い利回り先へ自動で移動されます(なお、Earnにデポジットされた資金はCurveのypoolの流動性供給の原資ともなり、収益を最大化させます)。ユーザーが資金を引き出す場合、最初に預けたDAIに加えて、yDAIをバーンすることでレンディングで得られた利息分を受け取る、という流れです。  Earnでは、他のトークンに交換した方が利率が高くなる場合であっても、トークンの売買(swap)を行わないのが特徴です(例えばUSDTよりUSDCの方がレンディング利率が高くても、預けられたUSDTをUSDCに替えたりしない)。このため、USDTで預けた資金は、利息も含めて必ずUSDTで戻ってきます。当初は、レンディングも非常に単純だったので、こうしたやり方でワークしてきました。  しかし、2020年6月のCompoundのCOMP配布を皮切りに、DeFiを巡る状況は一変しました。YAM、CREAM、SUSHI、Buger、UNI・・・。目まぐるしく高利回りのプロダクトが量産され、レンディングや流動性供給で生み出される利息計算は非常に複雑になりました。そして、新しい製品が出るたび、ユーザーは資金移動の判断に迫られる。さらに年利は1日で大変動する。ユーザーは気が休まらない。DeFiユーザーの中でも、そろそろ疲れたな、と思っている方もいるのではないでしょうか(私です)。  Yearnは、こうした状況を改善し得るも

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!
300

Uniswap(ユニスワップ)のつかい方

Uniswap(ユニスワップ)のつかい方 DEX(分散型取引所)のUniswap(ユニスワップ)のつかい方をかんたんにかきました。   もくじ 事前準備 ながれ 注意点 おわりに   事前準備 ・Web3.0ブラウザ(メタマスクなどの利用も可) ・ウォレットにETHをいれておく ・売るばあいはウォレットにトークンもいれておく   ながれ 1.Uniswapに接続 Uniswapに"Connect Wallet(接続)"します。   2.バージョンをえらぶ バージョン(V2/V1)をえらびます。あとまわしにもできますが損得に直結するのでまじめにえらびましょう。   3.トークンをえらび、枚数を入力し、"Approve(承認)"し、"Swap(交換)"する ながれは以下です。 A.買いたい/売りたいトークンをえらぶ B.買いたいトークン/売りたいトークンの枚数を入力する C."Approve(承認)"する D."Swap(交換)"する   <st

Uniswap(ユニスワップ)のつかい方

CRVのブースト、その計算方法

はじめに   現在、Curve のガバナンストークンである CRV が DeFi 関連の話題の中でも注目を集めています。その理由の1つとして、8月28日から実施予定の CRV のロックによる CRV ファーミング量のブースト機能が追加されることが大きいかと思います。 しかし現状このブースト機能については、まだまだどんな機能なのか情報が正しく広まっていないように思われます。そこで、今回はこのブースト機能がどのようなものなのかを説明していきます。 ブースト機能の概要   まず、ブースト機能とは何かということですが、その名の通り CRV のファーミング量を増加させることができる機能です。最大でファーミング量を2.5倍にすることが出来ます。しかし、これには当然条件があります。 その条件は、CRV を Curve.fi にロックする必要があるということです。 CRV をロックすることで、veCRV というものを獲得することができます。これが、いわゆる投票力と呼ばれているもので veCRV が多い程、ブーストの増加量が増えます。 また、CRV をロックする際には1週間から4年間までの期間を段階的に選択することができ、ロック期間が長ければ長いほど、CRV に対して良いレートで veCRV を獲得することが出来ます。・例1:1週間ロックする場合、1 CRV ≒ 0.0048 veCRV・例2: 4年間ロックする場合、1 CRV = 1 veCRV では、どれぐらい veCRV を獲得していればブーストの最大値である2.5倍のブーストを得られるのでしょうか。この計算方法は実はすでに公式から発表されていますが、重要なこととして得られるブーストの量は veCRV に依存するだけではなく、pool に供給している自分の供給量の割合にも影響します。 そのため、供給量が多ければ多いほど2.5倍のブーストを得るには、多くの veCRVが必要となります。   詳細な計算方法   まずは、計算式から見てみましょう。 公式が発表している計算方法を若干わかりやすくしたのが次の式です。 ・DollarProvided:自分の供給量・TotalLiquidity:pool 全体の供給量・Voting

CRVのブースト、その計算方法

renBTCを担保にできるアプリが登場

CreamというレンディングプロトコルでrenBTCの担保採用されました。 https://medium.com/cream-finance/renbtc-token-renbtc-listed-67e664bb226   このことの意義 renBTCが初めて担保として認定されたことです。これまでイーサリアム上で(主に*)担保利用されていたのはWBTCだけでした。 *imBTCなども一応は可能 renBTCはBTCを持っている人ならパーミッションレスに誰でも発行が可能ですが、WBTCの発行にはKYCが必要です。ですので、これまではKYCを好まない人がBTCを担保利用するには、BTC->renBTC->WBTCという経路を選ぶ必要がありました。 その経路ではrenBTCからWBTCへの交換が必要であり、取引手数料がかかるほか、WBTC需要が切迫するとプレミアムがついてしまうという問題があります(ました)。また、単純にWBTCの仕組みが好きでない人もいるでしょう。   こうした問題から解放され、renBTCを直接運用できるようになったのです。   Creamについて CreamとはCompoundのコードをベースにしたレンディングマーケットで、2週間ほど前(2020年8月上旬)からイーサリアムメインネット上で稼働しています。 https://cream.finance/ 実績のあるCompoundをベースにしているとはいえ、あくまでベータ版という位置づけです。また、多くのボラタイルなトークンを選定していることから、大変実験色の強いリスキーなマーケットといえます。もしご利用される場合は、失っても良い額で、細心の注意を払ってください。記録のためにこの記事を書いていますが、正直まだ使わないほうが良いと思います。   必要担保率 CreamでのrenBTCのCollatera

renBTCを担保にできるアプリが登場

やさしいAMM

Uniswap, Curve, Bancor, Balancerに代表されるAutomated Market Maker (AMM)の雰囲気だけお伝えします。   AMMはプールされた複数のアセット間の取引を提供する仕組みです。Automatedと言っているので、ある基本原理のもとに勝手に動きます。それは大別すると主に次の2つです: x * y = 一定 x + y = 一定 ここでx, yはそれぞれプール内のアセットの量です。   x * y = 一定 のAMM Uniswap, Bancor v1, Balancerが該当します。 この原理は y = 1 / x の形に書き直せるので、プール内のアセット量が辿る軌跡を描いてみると、次の図の青線のようになります。 ある時点での価格はプールに少量(dx)が入ってきたときに出ていく量(dy)から考えることができるので、接線の傾き(dy/dx)です。   上の図の例で言えば、オレンジの点(x, y) = (1, 1)での価格は y/x = 1で、緑の点(x, y) = (2, 0.5)での価格は y/x = 0.25です。   x, yのどちらも0になることはないため、プール内のアセットバランスがどのような場合でも価格を算定し取引を提供することができます。逆に言うと、アセットバランスに応じて価格を導出するプライスファインダー(オラクル)としての役割を持ちます。   発展 Uniswap基本原理の正体は (x^0.5) * (y^0.5) = 一定 です。ウェイト(0.5)が隠れています。   Balancerではウェイトを自由に設定できます: (x^w1) * (y^w2) = 一定   さらにアセットの種類も3つ以上にすることができて、 (x1^w1) * (x2^w2) * ... * (xn^wn) = 一定 というのが一般化された姿です。 参考: Balancer whitepaper https://balancer.finance/whitepaper/ x + y

やさしいAMM

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

仮想通貨Ampleforth(以下「AMPL」)が情報に敏感な海外投資家の間で話題になっています。7月前半の仮想通貨の世界トレンドランキングでは1位となりました。 AMPLは仮想通貨の中ではかなり異質な存在ですが、(プロダクトに対する個人的評価は別として)社会実験としては非常に面白いプロジェクトだと思います。 今回は、AMPLの仕組みについて解説します。 (補足)1.本記事の性質上、AMPLの投資的側面の言及がありますが、本記事は投資を推奨・助言するものではありません。2.また、投資パートについては公開範囲を限定しています。金儲けのカラクリや個人の投資成績、投資戦術を記載しており、いたずらに投機を助長することが不適切と考えるためです。ご関心のある方だけお読みください。(8月31日追記:投資パートを8月31日に公開)3.既に信玄さんがAMPLの良質な記事を作成されていますので、そちらもご参考ください。 <目次>1.プロダクトの概要(1)どんな製品か(2)チームメンバー(3)AMPLの価格・供給量の推移2.AMPLへの投資について(1)資産増幅メカニズムのカラクリ(なぜ先行者は儲かるのか)(2)Rebaseで見過ごされがちな事実(3)Geyserにデポジットするのと単純ホールド、どちらが得か(4)今後の先行きについての個人的見解3.AMPLを購入する方法 1.プロダクトの概要(1)どんな製品か ①AMPLの概要 AMPLが生まれたのは2019年6月です。わずか11秒で、500万ドルをIEO(Initial Exchange Offering)で調達しました。ERC-20トークンです。  AMPLの特徴を一言で言うと「市場の需給に応じて供給量が調整される」通貨です。  ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、供給量が固定されており、市場の需給に対して価格が反応してきました。つまり、人気が出れば価格は上がるし、人気が下がれば価格が下がります。 一方、AMPLは、需要が高まってあらかじめ設定したターゲット価格を上回った場合、供給量を増やして対応します。AMPLのターゲット価格は約1ドルです。具体的には、市場価格が約1.06ドルよりも高ければ、その時の価格に応じて供給量を増やすことで、通貨1単位当たり実質価値を下落させ

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識

今回はAmpleforth、$AMPLをテーマに高めの有料記事に挑戦してみようと思います。Ampleforth Geyserとは、運営が行うCOMP配布みたいなLiquidity Miningキャンペーンです。予定では9月末まで行われます。 WBTCの記事ではうまい棒1本でしたが、今回はざっくりラーメン一杯分の価格です。Spotlight感覚だとほぼ天井の超高額記事ですね 笑正直これを買う人は物好きだと思います。   ※実験的でもあるので、期待はずれだった場合は返金の相談も受け付けます ちなみにこれらの情報は自分で集めようと思えば集められるものしかありませんし、この内容は投資を推奨するものではありません。単純な値上がり値下がりだけじゃない、表面的なリスクとリターンだけではない要素を知ってもらう事が目的と言えます。それでも投資する際AMPLはハイリスクなので適当に大金を投じない事を薦めます。 あまり厳密には詰めずに細かいところはざっくりと、ただしポイントを押さえていく事を目標にします。 この記事を買う対象ユーザーは下記の通りです AMPL購入を検討している Ampleforth Geyserへの参加を検討している 単純にAmpleforthとGeyserの仕組みに興味がある 私のGeyser参加戦績に興味がある(少額ですがリターンの目安にはなります) ちなみにここ1ヶ月のAMPL価格と出来高推移は下記の通り。価格目標は1ドルなのに1度4ドル超えして、その後1.5ドル位まで下がり、今は2ドル超えになってますね… 理屈の上では供給が増えると価値が希薄化されて売られる筈なのに、人々の行動はその逆となり、凄まじい値上がりをしているにも関わらず大量に買われました。勿論それは長続きせず、4ドル超えで弾けた訳ですが伝説のARPと比較すれば可愛いもので比較的被害者は少なくて済んだのではないかと思っています。 そもそもAMPLとは何か?と言うとあまりステーブルではないステーブルコインとでも言えば良いでしょうか。 自分の意見があ

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識
80,000

誓い

こんにちは。 7月12日土曜日 今日は誓いを残しておこうと思いブログを書いています。 誓い... 貴方は私が人生で最も困難な時 目覚めてから眠りにつくまで、ずっと 誰よりも近くに居てくれましたね。 貴方の周りには素敵な友達がいっぱい居て 笑顔に包まれながら生きている姿が大好きです。 病めるときも健やかなときも。 一生、愛すると誓います。 唯一の人です。 貴方しかいません。 藤本真衣さん。 愛しています。  いや、ふざけてないですよ。 大切な事を話すので最後まで読んでください! <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200712154530mceu

誓い
description

qwsk9s21oを購入しました。

-300
card_giftcard

hapixさんから w1xtdc4m1が購入されました。

100
description

vkhqy8j9bを購入しました。

-100
description

6q3pu6573を購入しました。

-100
description

9ei04h0hxを購入しました。

-1000
card_giftcard

tomoさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

Shoriさんから w1xtdc4m1が購入されました。

100
description

ifs5z76v4を購入しました。

-100
description

lh5vcjkmlを購入しました。

-100
card_giftcard

ttmiyaさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

暗号だるまさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
description

1f9xb2pu2を購入しました。

-100
card_giftcard

JNWさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

kusatra_bot3さんから w1xtdc4m1が購入されました。

100
card_giftcard

sbyoさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

安松克昇さんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

ぽんさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

ぽんさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

ぽんさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100
card_giftcard

yomogiさんから uaf4kjpwcが購入されました。

100