田中

田中

最近おすすめの爬虫類系YouTuber

ちゃんねる鰐 https://www.youtube.com/user/WANIVSPBAO 爬虫類から小動物まで、内容的にヤバい系と可愛いほのぼの系の動画が混じっているので、見る人を選ぶ。 最近エミューの赤ちゃんが生まれた。エミューかわいい ネズミの赤ちゃんも生まれた オオトカゲもかわいい 餌用のゴキブリを購入する動画が良い 最近料理動画も始めた   バジェットガエルがまた怒ってる https://www.youtube.com/watch?v=sHlcxBmF91E   餌よりも飼い主の指を齧るのが好きなエミューの赤ちゃん https://www.youtube.com/watch?v=FypjzdfuOfE   芋虫を食べたくて仕方ないエミューの赤ちゃん https://www.youtube.com/watch?v=0ek2Q1Zi_48   10000円分のゴキブリが届きました https://www.youtube.com/watch?v=j5LSpD7c6L4   ゴキブリ50匹のケージに腹ペコのトカゲを投入 https://www.youtube.com/watch?v=Le63qfFAhmg   ウシガエルの美味しい食べ方 https://www.youtube.com/watch?v=QjvhagOSyOs    

最近おすすめの爬虫類系YouTuber

巨大市場は潜在需要にあり

こんにちは、カラコンルです。   昨夜ゴールドマンサックスが顧客を招いて電話会議を開催しました。価格の変動が大きいこと、インフレ・ヘッジに利用出来る根拠に欠けていること等を理由に「ビットコインの投資は推奨できない」とビットコインを批判しました。著名投資家のポール・チューダー・ジョーンズがビットコインに投資していることから、既存金融に認められたかと思いましたが、まだその日は遠そうです。   さて、話は変わりますが「行列の女神 らあめん才遊記」というドラマをご存知ですか?ラーメン屋のコンサルティング会社社長が主人公で、先日第6話が放送されました。第6話ではチェーン店最大手の新メニューを決める競合他社とのコンペを中心に進められていきます。 主人公の会社は"おこげラーメン"を提案します。サクサクの食感とおこげの醤油が染み出すことで味が変わるラーメンでした。一方、もう1つの会社は"唐揚げラーメン"を提案します。「若い男の人はわかりやすい味が好みだから」という理由であえてシンプルな味に仕上げたのです。結果の投票では5対3で主人公の会社の勝利でした。 勝利を確信していたので落ち込んでいるもう1つの会社に対して主人公はこう言います。「決してお客のレベルを見切ってはいけない」(すみません、うろ覚えなので完璧には合っていないと思います💦)   「お客のレベルを見切ってはいけない」これは主人公の会社が潜在需要を重視したのに対し、もう一方の会社が顕在需要のみを重視して「このぐらいのレベルだろう」と判断したということです。顕在需要とは既に消費者がユースケースを理解して表面化している需要のことです。これとは反対に潜在需要は表面化していない需要のことです。   暗号通貨にも言えることで"トラストレスに利用出来る"というのはリバタリアン以外には顕在化していない需要です。だからといって「トラストレスなんて必要ない、すぐに実利用出来るコインの方が良い」となるのは短絡的だと思います。そのように''すぐに実利用できるコイン''を作ったら、法定通貨や電子マネーとあまり変わらないものになってしまう危険性が高いです。  

巨大市場は潜在需要にあり
100

ユーザーフレンドリーでTx無料のArgent Wallet

先日はBTCをWBTC化してEthereum DeFi上で運用する話について説明しました。 また記事の中でも、モバイルWalletはお薦めしない事や手数料にETHが必要な旨も述べています。 ですが実は手数料用のETHを持たずとも送金が出来て、同様に手数料無しでそれなりのDeFiを体験出来て、且つWeb2.0的なWalletのソーシャルリカバリーにも対応しているEthereum向けWalletが存在します。※ソーシャルリカバリーとは登録したメール&SMSでWalletのリカバリーや移行が出来る機能です これは余計なETHを持たないBTCホルダーにうってつけのWalletといえるのではないでしょうか。   そんな都合の良いWalletなんてScamなんじゃないか?と考えますよね。ご安心下さい。むしろその方がこの界隈では一般的な感覚です。しかしこのWalletはちゃんとしたサービスであり今の所はセーフだと思われます(要するにマネタイズ手法の違いです)。とは言え私も保証はできませんし基本的には体験用として少額運用を推奨します。 これはArgent Walletと言う名前で、私が知る限り最も先進的なWalletです。 要点としては 単純送金のTx手数料が無料 (運営側負担) アプリ上から利用する組み込みDeFi DappsのTx手数料も同様に無料 ソーシャルリカバリーや送金承認等のセキュリティ有り これでもノンカストディアル ※ただし取引所から送金する場合、Contract Walletに直接送れないケースがあります。例えばBinanceやOkexは大丈夫だけど国内取引所はNGといった具合です。理由は取引所からICOのContractへ送金させない為です ArgentはContract Walletというタイプにカテゴライズされており、Wallet運営側は顧客資産を動かせないのにユーザーリクエストでリカバリーやロック、送金承認等のセキュリティ周りが機能します。 以降の説明は 基本的な機能解説 扱えるDeFiサービスと簡単な補足説明 上記について前回の記事を踏まえた内容で記載                    

ユーザーフレンドリーでTx無料のArgent Wallet
1,000

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する

Ethereumを主としたDeFiはこの業界ではすっかりバズワードとなり、多くの人が知るところとなりました。 DeFiではDecentralizedな性質上、何かの資産を担保に何かをするというタイプのサービスが多いです。最も著名なのはETHを担保にDAIというUSDペッグに"近い”性質を持つステーブルコインを発行するMakerDAOでしょうか。 そして借りたDAIをレンディングしたり、ETHやDAIでデリバティブを使ったり、DAIで何かを支払ったり、他の資産を買ったりという具合です。勿論DAIを借りて返す事に手数料となる金利が発生するのが一般的ですがそれを上回るリーたんが取れればアービトラージ的な事も可能という事です。 ただしこうした運用にはリスクがあります。リスクの考え方や適正は人それぞれで、取引所に預けておくのが安心な人もいれば自分のWalletでないと嫌な人もいるし、レンディングはOKだったりNGだったり、それらもサービスや取引所によってリスク度合いや好みが違ったりと様々… 今回紹介するのは手持ちのBTCをWBTCというERC20のBTCに交換し、それをEthereum DeFiで運用する足がかりにするという話になります。また基本はBTCやWBTCは売らずにホールド路線である為にこんな回りくどいやり方をする訳です。該当するのは下記条件に当てはまる方のみです BTC現物ホールド派 DeFiでの運用に興味があり、自分で調べ、試す方 運用による損失リスクを受け入れられる WBTC向けカストディアンであるBitGoをトラストするという妥協(限られた販売代理店しかBTCを出し入れしないので、取引所と比較すれば遥かにマシではある) BTCからWBTC変換の税的解釈は不明瞭で利確扱いの可能性もある 自分で挙げておいてなんですが、相当厳しいですね… 超古参で利確扱いされたら困る人には合わないかもしれません。比較的最近の人でBTC売買しても良いけど基本ホールド派みたいな人向けですね。 またこれは投資そのものを推奨するものはありません。あくまでも活用法としての紹介です。 この後続く内容としては下記の通りです。ちなみに私は実際にBTCをWBTC化して運用をはじめたのですが、結構悪くないと思ってます。 BTCをWBTCに交換するお薦めの手順 WBTC交換後の運用方法紹介としてTokenSetsとMakerDAOについての簡単な解説            

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する
1,000

ハイテク株投資家と草コイナー

こんにちは、カラコンルです。   COVID-19の影響で3月の株式市場は大混乱に陥り、ほぼ全ての金融資産が暴落する事態にまで発展しましたが現在年初来でNASDAQ総合指数はプラスになっています。(ビットコインもプラス) NASDAQは世界最大の新興企業向け株式市場でハイテク企業などの技術的新規性の高い企業が多数上場しています。 ※写真はNASDAQの年初来チャートです   元々ハイテク株は不況に弱いと言われ、リセッション(景気後退)が起きた時には最も高い下落率をもたらすと言われてきました。しかし、今回のコロナショックでは初動では高い下落率を記録したものの、米国の代表的な指数であるS&P500が未だに年初来リターンがマイナスなのにもかかわらず、ナスダック総合指数はプラスになったのです。 なぜハイテク株は最も早く復活したのかハッキリとした理由はわかりませんが、おそらくCOVID-19によるリモートワーク(Work From Home)の影響が強いと思われます。あまり進んでいなかったリモートワークがSocial Distancingの錦の旗の元に急激に進んだことによりZoomなどの新興ハイテク企業は新高値を更新し、GAFAMなどの巨大IT企業の株価も年初来でプラスになりました。   こうしたことから「ハイテク株は暴落しない」「ハイテク株は好況にも不況にも強い」「ハイテク株はディフェンシブ」という言葉が流行りました。

ハイテク株投資家と草コイナー
100

【ビットコイナー反省会】Lightning Network3倍祭り!

昨日、ビットコイナー反省会でLNについて話してきました。内容は以下のYoutubeでみれるので、興味のある方は是非!技術的な話というより、LNの現状やユースケース、今後の展望などについて話しています。LN界隈の雰囲気を知るにはいいんじゃないかなと思います。 発表で使った資料は以下よりダウンロードできます。 https://spotlight-s3-001.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/openbox/LN-Stats-From-Blockchain-Data.pdf  

【ビットコイナー反省会】Lightning Network3倍祭り!
522

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされることがあります。c-lightningの開発をしているBlockstreamのデベロッパーであるRusty氏は以前、デフォルト手数料ポリシーを協調して各社引き上げようと提案をしたほどです。この背景として、LNノードを運用しているオペレータは手数料を調整することなく、デフォルト値のまま運用していることがありました。LNの手数料は1回の送金中継では1~10satoshiほどしか稼げません。より多くの送金を中継するには、多くのノードと接続する必要もあるため、企業などの大型LNノードや有名サービスを持っていないと、手数料を稼ぐことは現実的ではないのです。 例えば、1回の送金手数料を10satoshiと仮定し、100回/日の送金中継をした場合でさえ、10円/日しか稼げないんですね。 今回、オフチェーンの手数料市場について面白いデータを見つけたので、ちょっとご紹介をしようと思います。

ライトニングネットワークの手数料市場
1,000

M5Stackでビットコインを楽しむ方法

以前から気になっていたM5Stack、やっと購入しました。値段も3500円程度(このサイト)とお手ごろ価格で、注文して2日後には自宅へ届きました。 ビットコインの価格やライトニング決済用インボイスを表示して遊んでみようと思ったので、その備忘録として以下メモを残します。取扱説明書と公式サイトのチュートリアルを参考にしてサンプルコードの実行と、ビットコインの価格表示ができるまでを簡単に纏めました。 (追記)自分はArduinoとかIoT系デバイスは初めて触ったんですが、2~3時間でビットコインティッカーまで作れました。プログラミングを少しやったことある人ならできるはず。本当にめちゃ簡単なんで、ぜひDIYしてみてください! 1.UDB Driverのインストール 取説には記載ありませんでしたが、公式サイトのチュートリアルにはドライバーのインストールが必要とのことだったので、インストールしました。 2.Ardiuino IDEのイントール 以下のサイトからIDEをインストールします。 https://www.arduino.cc/en/Main/Software 3.Arduino-ESP32 Supportのダウンロード IDEを起動し必要な設定をします。 4.MD5Stack関連のライブラリをダウンロード IDEより必要なライブラリをインストールします。 5.サンプルを実行してみる サンプルコードがあるので、それを使ってM5Stackへ「Hello world」と表示します。ここで接続先ポートの設定が正しくなかったため、コンパイルしてもアップロードできないエラーが起きました。シリアルポートを変更して、再度コンパイルをしたら正常にデバイスへアップロードされ、画面に「Hello world」が表示されました。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200516164648gpxr43lg1_bl

M5Stackでビットコインを楽しむ方法
100

草コインはサイドチェーンを使え!

突然ですが、モナコインはお好きですか?モナコインとは Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。通貨単位表記は「MONA」。(Wikiより) 日本独自のコインなのですが、以下に2020/5/7時点の統計データを記載してみました(Coingecko調べ)。 時価総額   :100 億円 取引量(日) :3.5億円 ランキング  :61位 統計データによれば暗号資産の中でも上位100位にランクインしているし、そこそこ知名度もあると言ってもいいのではないでしょうか。また取引量も日に3.5億円もあります。 ちなみにビットコインの時価総額18兆円は、取引量は4.8兆円もあります。すご! ちなみにちなみに、トヨタ自動車の時価総額は20兆円ほどです。 と、統計データはこの辺にして、本題に移りたいと思います。

草コインはサイドチェーンを使え!
1,000
card_giftcard

紫雲和尚さんから t0xw44b98 へ投げ銭がありました。

888
create

t0xw44b98を投稿しました。

-100
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

500
description

b5fky6rosを購入しました。

-100
description

noielqi37を購入しました。

-100
description

bf8p98xpfを購入しました。

-1000
description

cud0nyqt9を購入しました。

-28
description

cud0nyqt9を購入しました。

-100
description

cud0nyqt9を購入しました。

-800
description

cud0nyqt9を購入しました。

-72
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

2000
card_giftcard

jimmyhommaさんから nllf64235が購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから nllf64235が購入されました。

28
card_giftcard

Motokanさんから nllf64235が購入されました。

72
create

nllf64235を投稿しました。

-100
description

fddjdhk6jを購入しました。

-100
description

wt9bfguccを購入しました。

-100
description

z0t5pg605を購入しました。

-300
description

buiccdzbyを購入しました。

-900
description

buiccdzbyを購入しました。

-100