田中

田中

Discordに書き込みしたらSatoshiがもらえる仕組みを作った

こんにちは。最近のSpotlightには真面目な投稿が増えてきてますね。私はツイッターみたいな使い方をしていたのですが、今日から改めたいと思います。 さて、私は普段コインランというプライベートコミュニティのDiscordでクリプト関連の情報を発信しています。このDiscord内で書き込みをしたら、1投稿あたり100satoshiがもらえる機能を実装したので、実現までの経緯を記録したいと思います。 ■ コインランの紹介ページhttps://lounge.dmm.com/detail/1114/   ビットコインのフルノードを建てる まずここが一番の障壁です。Discordのボットを動かしているのはクラウド上のサーバーなので、ビットコインのフルノード、そしてライトニングのノードもクラウド上に構築する必要がありました。 ビットコインのチェーンサイズは執筆時点で約300GB近くあるので、その辺の格安VPSではストレージが足りません。また、愚直にAWSで立てようとすると毎月のコストが1万円を超えます。 ということで、まずはPRUNEノードでの運用を考えました。PRUNEノードは、古いチェーンのデータは捨て新しいブロックのみを管理するノード設定のことです。もしPRUNEノードでライトニングを稼働させることができれば、月1000円弱の格安VPSでも運用可能になります。 しかし、PRUNEノードではライトニングのノード(LND)は動きませんでした。LNDに対してオンチェーン送金を行うと、なぜかコンファメーション数がマイナスの値になるなど、まともに動作しませんでした。 結局、流行りのSSH採用VPSではなくHDDのVPSを利用してフルノードを建てることにしました。カゴヤのVPSならHDD400GBで月1760円なので、これなら許容範囲です。(BigStoneさんに教えてもらいました)https://www.kagoya.jp/cloud/vps/ ライトニングのノードを建てる ライトニングの実装はいくつかあります。今回はLNDを採用することにしました。理由は周辺ツールが一番充実しているからです。https://github.com/lightningnetwork/lnd 外部からLN

Discordに書き込みしたらSatoshiがもらえる仕組みを作った

最近おすすめの爬虫類系YouTuber

ちゃんねる鰐 https://www.youtube.com/user/WANIVSPBAO 爬虫類から小動物まで、内容的にヤバい系と可愛いほのぼの系の動画が混じっているので、見る人を選ぶ。 最近エミューの赤ちゃんが生まれた。エミューかわいい ネズミの赤ちゃんも生まれた オオトカゲもかわいい 餌用のゴキブリを購入する動画が良い 最近料理動画も始めた   バジェットガエルがまた怒ってる https://www.youtube.com/watch?v=sHlcxBmF91E   餌よりも飼い主の指を齧るのが好きなエミューの赤ちゃん https://www.youtube.com/watch?v=FypjzdfuOfE   芋虫を食べたくて仕方ないエミューの赤ちゃん https://www.youtube.com/watch?v=0ek2Q1Zi_48   10000円分のゴキブリが届きました https://www.youtube.com/watch?v=j5LSpD7c6L4   ゴキブリ50匹のケージに腹ペコのトカゲを投入 https://www.youtube.com/watch?v=Le63qfFAhmg   ウシガエルの美味しい食べ方 https://www.youtube.com/watch?v=QjvhagOSyOs    

最近おすすめの爬虫類系YouTuber

Uniswap で買えるけど二度と売れないトークンを買った話

ある日、自分の運用している bot(自動売買ツール)がCORXという謎のトークンを、「いいの見つけたワーン」、とUniswapでスワップして拾ってきてくれました。これが地獄のスキャムトークンでした。 Uniswapでこのトークンを売る(ETHにスワップする)ことを試みると以下の画像のようなエラーが出てしまいました。TRANSFER_FROM_FAILD というのがエラーコードのようです。 結論から言いますと、これは特殊なトークンで、一度買ったら二度と売れません。 なぜこのようなことに成るかと言うと、仕組みとしては非常に簡単で、トークンの移動に制約が付いているからです。送信元(from)、宛先(to)のアドレスについて、以下の条件のうちどれかが当てはまらないとトークンの移動ができません。 'from' が Contract 作

Uniswap で買えるけど二度と売れないトークンを買った話
5,000

某ステーブルを交換してもらった話

理由 書こうか迷ったがモヤリとしたのと、口止めされていないし極秘ではないけれど表で述べるのに忌避感があるのでペイウォールに隠してスッキリします。 追記 2020/9/26 今回の記事について、読む前に必ず下記を参照して下さい。https://twitter.com/lcnem_ja/status/1309788476485677057?s=19 公式ツイによりNamespaceの期限切れは予定の行動のようです。https://twitter.com/lcnem_ja/status/1216923646070906881?s=20

某ステーブルを交換してもらった話
10,000

最近のモナコインで目立つトランザクションについて

攻撃なのか? こんなツイートを見かけました。 !? さっそく調査してみましょう。 https://blockbook.electrum-mona.org/block/2120485 いつもは閑散としているモナコインのチェーンにしては珍しく、 1 ブロックに 15 トランザクションも含まれています。 これは、なにかある。 さっそくトランザクションを見てみましょう。coinbase (採掘者への報酬) トランザクションは普通として。それ以外、14 個のトランザクションの

100

LN決済でオラクルサーバーのクラファンしてみる

以前の記事で、ライトニング決済でVPSのインスタンス購入ができるBitcloudsというサイトを紹介しました。またDLCの実装であるNDLCについてはこちらの記事にて紹介しました。今回は、このBitcloudsでホスティングしたサーバー上にNDLCをインストールしてオラクルになる、さらに、ホスティングのサーバーの費用ははみなさんの御気持ちで維持していきたいと思い、ちょっとしたWebサーバーを立ててみました。 まずは以下のサイトへアクセスしてみてください(ドメインは未取得で今後この費用もカンパ式にしたいですね笑) (追記 2020/10/7)以下のv1サーバーが死んでしまったのでv2サーバーを立てました。 http://78.46.203.106/(v2) http://135.181.105.171/(v1) アクセスするとあと何時間でホスティングサーバーがシャットダウンされるかが表示されます。上記の画像だと余命29時間ですね。そこで画面に表示されているQRコードに対してライトニング決済をしていただくことで、サーバ君の寿命が延命されます。1回の決済は1000sats(約10円)で、約14時間ほど延命されます。 ※一度サーバ君が死んでしまうとそのオラクルデータも全て消えてしまうのでご注意ください。(追記:オラクルのデータをバックアップしたので、最悪復元できるようにしました。) ページの下部にはNDLCで作ったTestnetのオラクル情報が表示されます。現在はまだ1つのイベントしか表示されていませんし、イベント結果もまだ未発表ですが、今後の開発ではオラクルのイベント登録や外部データの自動取得およびその結果への署名を自動化できるようにしたいですね。 lncloudsを含めて全てオープンソースなので、日曜プログラミングとして遊んでみるのも面白いと思います。

ライトニング決済でVPSサービスを使ってみよう

bitcloudsはライトニング決済でbitcoindやc-lightning、ubuntuなどのインスタンスを購入できるVPSサービスです。今回はSpotlightのポイント決済でbitcloudsのVPSサービスを購入し、ubuntuを立ち上げる方法を紹介します。基本的にはコマンドでの操作となりますが、至ってシンプルなので、興味のある方は是非試してみてくだっさい。有料部分のおまけではGitHubに公開されているWebサービスをデプロイしブラウザからアクセスするまでを解説してあります。 目次 1.インスタンス一覧の取得 2.インスタンスの購入 3.インスタンスへのログイン 4.インスタンス利用時間の追加購入 5.Webサービスをデプロイ(おまけ) まとめ 1.インスタンス一覧の取得 以下のコマンドで生成できるインスタンス一覧を取得できます。今回lightningdやbitcoindを立てようとしたのですが、上手くいかずサポートへ問い合わせたら、インスタンスイメージが古いらしく現在使用不可とのことでした。なので、今回はubuntuのインスタンスを購入して起動するまでを紹介します。 $ curl -s https://bitclouds.sh/images { "images": [ "debian", "centos", "ubuntu", "bitcoind", "lightningd", "rootshell", "vpn", "pay2exec" ] } 2.インスタンスの購入 以下のコマンドでubuntuのインスタンスを生成します。そうするとホスト名(今回の例ではfuyue-420となってます)とインボイスが取得できます。普通ならこのインボイスをライトニング決済するのですが、今回はSpotlightのポイント決済でこのインボイスの支払いをしました。 $ curl -s https://bitclouds.sh/create/ubuntu { "host": "fuyue-420", "paytostart": "lnbc4200n1p04tnkgpp5920ny985xeflwshvqj6wfmmqyfhqgxcc5394fl2zg9teggg0x66qdp9gf5hgsmvda6kguewwd5r5grxw4uh2efdxserqxqr8pqcqp2sp5ac5lcld4ruepavcxvejw454tecpq3c0esngfju6qf

ライトニング決済でVPSサービスを使ってみよう
100

各仮想通貨のファンダは価格にどのように反応したのか(Defi等15銘柄の分析)

1.本記事の概要  2020年の6月下旬以降、特にDeFi銘柄を中心として仮想通貨が高騰傾向にあります。  これらの価格高騰は、各通貨の運営陣が公式に発表する重要なニュース(例:新プロダクトのローンチ、Binanceへの上場、企業とのパートナーシップ)に特に強く反応しているように見えます。  運営陣の発表は、Twitterなどで誰でも簡単に見ることができ、また、公式発表後の価格の動きを検証することが可能です。このため、重要なイベントを定義した上で、それらのイベントに各仮想通貨の価格がどのように反応しているかを調べれば、今後、他通貨で同様のイベントがあった時の対応の参考となるかもしれません。  そこで、上位100の仮想通貨のうち、直近2か月で大きなイベントがあった15銘柄について、そのイベント後の1週間の価格変動を調査し、その傾向を分析します。  先に、本記事の結果のまとめです。   ・今回対象となった銘柄は、イベント発表後に平均して1週間で約30%以上価格が上昇している   ・イベント発表後、価格上昇には時間差があり、特に4日後に価格が大きく反応している。   ・プロダクトのローンチ、取引所の上場、パートナーシップの発表は、Twitterの公式アカウントなどで簡単に捕捉できるため、(現在のバブル傾向が続いている限りは、)今回の結果は他の銘柄にも応用できる可能性がある。  以下は上記の結論をどのように導出したのか、分析に関する詳細です。 2.イベントの定義  以下の3つのイベントを、価格上昇に関連の深い重要イベントと定義する。  (1)プロダクトのローンチ等     ここでは、新プロダクトの発表、ロードマップの更新、新たなRewardプログラムのアナウンスを対象とする。  (2)有力取引所への上場     ここでは、特に価格上昇への影響が強いと考えられるBinance及びCoinbaseへの上場の発表を対象とする。  (3)企業提携     ここでは、企業との契約・パートナーシップに関する運営側(又は相手企業)の発表を対象とする。 3.対象銘柄  上位100の仮想通貨から、6月下旬以降に上記のイベントがあった銘柄を抽出する。抽出した仮想通貨は次の15銘柄  Chainlink、Stellar、Tron、Neo、Aave、Maker、Synthetic、Compound、Waves、Band、Augur、Ocean、Kava、Balancer、Bancor <

各仮想通貨のファンダは価格にどのように反応したのか(Defi等15銘柄の分析)

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る

言い訳しておくと自分は会計畑の人間ではないですし、この記事は調べた数字と「どうやったらこの数字が出てくるのか?」という疑問について書きなぐったメモです。もしこの記事が有識者の目に止まって有益な情報が得られたらな…という期待で書いています。 1)疑問に思った経緯 自分はbitFlyer社の加納さんのツイートから疑問に思ったので調べ始めました。 顧客の預かり資産以上に営業収益が出るのは、どういうことでしょう? https://t.co/xtkeg6Q8qr — 加納裕三 (Yuzo Kano) (@YuzoKano) August 8, 2020 こちらは、たなかたかゆき(パピコ)さん(@papico_chupa)がまとめられた国内の仮想通貨交換業者の2019年度決算について言及されたものです。 ここで確認したいのはSBI VCトレード社以外の業者は「預かり資産」>「営業収益」となっていることです。 取引所の収益源と言うと、顧客の売買等の手数料で稼ぐのが基本的だと思われます。例えば売買手数料1%だとして(クソ高いですがw)顧客から100万円を預かり、顧客が100万円分の売買を指示した時に取引所が1万円の収入を得ます。仮に顧客が全力で100回取引を繰り返したとしても取引所の取り分は約63.4万円です(顧客の手元には100万円 × 0.99^100 ≒ 36.6万円残る)。永遠に預かり資産を上回る収益は得られません。 入出金・レバレッジ取引・ポジション維持手数料、追証、呑み…等の要素も絡んでは来ますが、手数料ビジネスだけでは顧客の「預かり資産」を「営業収益」が上回ることは基本的にありえないと思います。あるとすれば、手数料とは全く別の収益源が必要になります。 ここで業界に鳴り物入りで参画してきたディーカレット社の数字を比較対象として見てみましょう。 <a href="https://www.decurret.c

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る
100

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!

こんにちは。最近 Uniswap に入門した @shidokamo というものです。 みなさん Uniswap 使っていますか? Uniswap は、暗号資産同士の交換ができる取引所なのですが、普通の取引所と違って管理をしている人がいません。簡単に言うと、ブロックチェーン上で管理者不在でうまいこと取引が動いています。 そして、もっとも興味深い点として、Uniswap では各自の取引は全てトランザクションに記録され公開されています。 今回、とある億り人の方(実際はピーク時 80万ドル程度)のウォレットの興味深い取引履歴を見つけました。みなさんもその取引履歴をぜひ眺めてみて、おー、Uniswap って新しい!という気分を味わっていただければ幸いです。 ただし、以下の内容は品性下劣な根性のねじ曲がった人間の書いた下衆な文章となりますので、念の為有料としておきます。 内容のまとめとしては、何かと話題のAMPLのトレードでピーク時に 2523.2 ETH の残高を得て、その後何度かトレードをしてすぐにETHの残高を 1310.5 ETH まで減らした。その後またAMPLを買い戻し保持中(2020年7月30日現在)。というものです。バブル時に一個人がどういった巨額の取引を行っているかが完全に正確にブロックチェーンに刻まれた世界初の貴重な記録だと思います。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!
1,000

なぜ格差が広がるのか

なぜいま世界的に格差が広がっているのでしょうか。インターネット上にわかりやすい解説が少ないことに気がついたので、13歳の頃の自分にもわかるように解説してみます。 (この記事は10分で読めます) そもそも資本主義はそのままだと格差が広がる 地球上の大部分の国は資本主義を採用しています。実は共産党が支配している中国も、経済的には資本主義といわれています。 経済の用語では、投資してお金が増えていくスピードのことを資本収益率といいます。また国の経済の規模(国民総生産、国民の所得などで表される)が増加するスピードのことを経済成長率といいます。 資本主義では資本収益率の方が、経済成長率より大きいことがわかっています。これはつまりめちゃくちゃ噛み砕いていうなら、働いて給料が増えていくスピードよりも投資してお金が増えていくスピードの方が速いということです。 そして投資をたくさんできるのはお金持ちなので、お金のない人がいくら働いてもお金持ちの方が儲かるということになります。その結果、お金をたくさん持っている人のほうがさらにお金を増やしてくことができるので、どんどん格差がひろがっていくわけです。 (じゃあ、投資ができるくらいお金を溜めてすぐに投資すればいいじゃないかという人もいますが、計算上は先に投資を始めていてすでに資本をたくさん持っている人には永遠に追いつけません) これは「21世紀の資本」でトマ・ピケティが発見しました。実はみんな薄々このことに気がついていたんですが、実際に調査して数字として示したところにピケティの功績があります。21世紀の資本は図がネットで公開されているのでそこから図を引用します。 (引用元:https://cruel.org/books/capital21c/) 古代から現在までずっとこの法則は変わらなかったことがわかりますね。(2012年以降はピケティの予測数値が入っています) もう初めの疑問「なぜ格差が広がるのか」という疑問に答えてしまいましたが、こうなるとまた新しい疑問が出てきます。20世紀は今

なぜ格差が広がるのか
100
card_giftcard

Cryptocoin Junkeyさんから wx6sotmm4が購入されました。

100
description

xdgreamg7を購入しました。

-5000
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

5000
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

100
description

jmnm7ap2iを購入しました。

-10000
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

9000
card_giftcard

kinoko86さんから wx6sotmm4が購入されました。

100
description

8ku39gxpyを購入しました。

-100
card_giftcard

daiさんから djj2wqmkpが購入されました。

100
description

3rz97nqacを購入しました。

-100
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

100
description

j4971om4aを購入しました。

-100
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

15
card_giftcard

田中さんから 投げ銭がありました。

100
card_giftcard

高井さんから djj2wqmkpが購入されました。

100
description

ylcq73cbcを購入しました。

-500
description

u75oy55ooを購入しました。

-100
description

ifs5z76v4を購入しました。

-100
card_giftcard

Rさんから ers934tl4が購入されました。

100
card_giftcard

Rさんから 投げ銭がありました。

10