Cryptocoin Junkey

Cryptocoin Junkey

I'm just a BOT.

XMP 上場

話が無かったわけではありません。 Proof of Burn の頃、Zaif (当時)の朝山氏から、トークン名の譲渡を条件に云々というやりとりがあったのは、公開の場である Twitter だったので、記憶している方もいらっしゃるでしょう。 その他に、国内の、とある仮想通貨交換所の首脳から打診されたこともあります。(なかのひとが。無職業者BOTは電脳世界にしか居ないので)雑談中の冗談半分で、ですが。 海外取引所からも、小さなところからありました。怪しすぎるので即断でお断りしましたが。 Ⓜ️ 華麗に上場芸を披露した日本発の仮想通貨/暗号資産が、いまや軒並み行方不明だったり訴訟になっていたり、散々なようです。脇目で見ながら、上場を選ばなくてよかったなぁ、率直に思っています。無職業者BOT が強硬に主張したとおりにして、よかった。 Ⓜ️ 「普通なら 0.1 MONA 焼けば十分」と事前告知したのに大量に焼いた方々については、自己責任だと思っています。冷たいようですが。 ただし、出口がないままなのもどうかという気はしていました。過剰に焼いた人への呵責ではなく、塩漬けのままでは、ネットワーク外部性の恩恵を得られないので。 dispenser の有効化は、そういう意味合いもあります。主な動機はモナカードを始めとするNFTアセットの流通ですが。2つ以上の課題を一気に解決できないものには、無職業者BOTは着手しないのです。 モナパちゃんで XMP を配っておられる篤志家もいらっしゃるようで、それはそれで他人が口をはさむことではありません。しかし、XMP の出口に多様性があってもよいだろうと。 Ⓜ️ もし仮に誰かが XMP を上場させたとして、それを止めることは誰もできません。できたとしたら、Monaparty を "運営" したことになり、日本の資金決済法上かなり不利なことになります。 止められません。ただし、または "故に"、無職業者BOT 及びなかのひとが、XMP 上場のために動くことはありません。 XMP アセットを使って遊べることを増やす活動は、続けます。 Ⓜ️ 追記。 <iframe style="position: static; visibility: visible; width: 550px; he

PartyDNS

まず技術的な話は脇において、喩え話を。 IPFS 上にコンテンツがあります。今回は既にあるものを流用しますが、自分で作ったコンテンツを IPFS 上へ放流するのも、もちろんできます。 https://ipfs.io/ipfs/QmVLDAhCY3X9P2uRudKAryuQFPM5zqA3Yij1dY8FpGbL7T/readme このコンテンツは既に誰かの手によって pin されているので、永続化されます。しかし普通は、誰かに pin してもらうか、自分のサーバを動かし続けていないと、P2P ネットワーク上から消されてしまいます。 自分で作ったコンテンツを IPFS 上で永続化するための仕組みとして、Monaparty IPFS が登場予定です。 Ⓜ️ ところで。 自分で作ったコンテンツ…モナカードの画像でもブログでも良いですが…は、公開したくなったりしますよね? 世界各地にある IPFS ゲートウェイを使えば、公開はできます。しかし、上記のような長い URL になります。ちょっとカッコ悪い。 Ⓜ️ ふとウォレットを見たら、Monaparty アセットを持っていました。ここでは IPFS という名前のアセットだったとします。 https://mpchain.info/asset/IPFS 持っていました。 (ここから先はまだ完全に未実装の話です。でも年内には完成すると思います) IPFS アセットの持ち主(加筆注: holder ではなく、issuer です)は、Monaparty にブロードキャストメッセージを送ります。メッセージの形式は、予め決められています。 一方、どこかに mona.party というドメイン名を所有している謎の組織がいます。この組織は Monaparty のブロードキャストメッセージを監視しています。そして、メッセージを解釈して DNS サーバを書き換えてくれます。 結果として… IPFS 上のコンテンツを https://{アセット

100

Monacoin はガラパゴコイン?

Monaparty って海外で知られているの? ふと思い立って検索してみました。 あ、うん。まあ、知られていないとは思ったよ。予想通りさ。…。 泣いてなんか無いよ。 Ⓜ️ 閑話休題。この検索で意外だったのは、Monacoin というワードに興味を持っているのは、いまや海外のほうが多いらしい。という結果です。 5位まで。中国、セルビア、スイス、ニュージーランド、香港…まあなんか順当な気がします。 10位までも、まあなんかそうだろうなと気がします。スペインがちょっと意外かなとは思いましたが。 で、ここまでで日本が出てこないのです。意外。 では、日本は何位か? ランキングに入った36カ国の中で、最下位。 これ意外ではないですか? ガラパゴじゃないじゃん、という。 Ⓜ️ 正直、無職業者BOTも中の人も「海外上場すればモナコインは騰がる」という意見に対して割と冷淡です。この結果を見ても、思う所は変わりません。 しかし、意外と興味を持たれていて、つまり手に入れたいという人が広い世界には居るという事実を元に少し考えを改めました。海外での上場は、その解消手段の一つとして、割と有望な手段であることは、認めます。pump'n dump 芸は嫌いですが。 Ⓜ️ Monaparty はモナコインを持っていないと使えないプラットフォームです。最低でもマイナーへの送金手数料は要りますから。 つまり少額でもモ

KYC Monacoin Wallets With Monaparty

KYC (本人認証)を外部で行って、確認取れた人にアセットを送れば本人認証済みであることが解る、というアイデアですね。 しかしこれ、Counterparty を使うと、送られてきた KYC アセットを DEX で取引したり dispenser で売れたりするわけです。意味ないじゃん。 たぶんアセットの移動を監視して無効検出するのでしょうけれども。手間ですね。 手間の部分をビジネスにする気なのかもしれませんが。 Ⓜ️ Monaparty には、再移転禁止、上場禁止、販売禁止のフラグがあるので、KYC アセットを売ったり交換したりというリスクはありません。KYC アセットの発行主に返上できるだけ。 これすごくないですか? Ⓜ️ 正直に言うと NEM にある機能のパク…いやインスパイヤなのですが。 <p contenteditable="fa

壊れるまで触るな

モナコインは採掘アルゴ変更のハードフォークしないと死ぬコイン 定期的に湧いてくる声に返す言葉は、タイトルの通り。 GPU で掘りたいなら他所へ行ってくださいね、くらいの感じ。 あるじゃん、1号仮想通貨でも、アンチ ASIC なコイン。 どういう経緯か知らんけど、やたらとモナコインに似ている、あのコイン。 歓迎してくれると思うよ。 #しらんけど https://github.com/c0ban/c0ban/commit/3e1ed9f3c7bc420b2b766ef5bd59f99379ac4fef Ⓜ️ って、無職業者BOTが突き放していました。なかの人は…まあ…ノーコメント。

dispenser を使う場合の重要注意事項

Monaparty では、対応ウォレットを使うことが暗黙のルール化されているように思うので、たぶん起きない事故だとは思うのですが。 Ⓜ️ あと数日で Monaparty でも有効になる dispenser を使うと、モナコインでアセット(モナカードとか)を購入できるようになります。MONANA や XMP を介する必要がありません。 仕組みは簡単で、店を開いているアドレスにモナコインを送金すると、アセットが自動的に付与されます。スマートコントラクト、バンザイ。 Ⓜ️ ここまでで何を言いたいのかご理解いただけた方は、先をお読みいただかなくて大丈夫です。 dispenser 経由でアセットを購入しようとする場合は、Monaparty に対応したウォレットから送金してください。 たとえば、Electrum-mona など、非対応のウォレットから送金すると、アセットは得られますが、そこからアセットに対する全ての操作ができなくなります。 厳密にいえば操作できるのですが、とても面倒です。 さらに避けていただきたいのは、仮想通貨交換所からの直接送金です。アセットは、仮想通貨交換所のアドレスに付与されます。仮想通貨交換所に問い合わせても、たぶん返してくれないです。とても面倒なので。 Ⓜ️ 現時点で Monaparty に到達できる方々は、仮想通貨ユーザ界隈の中でも強者のほうだと思うので、あまり心配はしていないのですが。一応。

1way token swap from Counterparty to Monaparty

技術的にはできますよね、という、お話。作るとは言っていない。 Ⓜ️ XCP 上にアセットが在ったとします。良い名前が思い浮かばないので仮に ZAIF という名前だとしましょう。 そして、その世界には、1 way token swap を支援する謎の組織があったとします。 仮のアセット ZAIF の持ち主の誰かが、ビットコインの送金手数料などに絶望して、Monaparty に移りたいとします。移った先のアセットに価値が乗るかどうかは判りません…というより更にゴミになる気がしますが、思考実験なので気にせず…移りたい人がいるとします。 Ⓜ️ さて、スワップの仕組みについて。 ZAIF アセットの持ち主は、自分が秘密鍵を所持するモナコインアドレスをmemo に入れた send メッセージを Bitcoin アドレス 1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr に向け投げます。このアドレスは、かつて Counterparty が XCP アセットを生成するために用意したアドレスで、だれもこのアドレスからアセットを取り出せません。いわゆる burn 状態です。 謎の組織は、上記ビットコインアドレスを監視しており、send メッセージを確認すると、以下の作業を行います。 * アセット名に接頭語(XMPSとか)をつけたアセットが Monaparty 上にあるか確認し、なければ作ります。ZAIF なら XMPS.ZAIF です。発行量は Counterparty にあるものと同じとします。 * send された (実質上 burn した) メッセージに含まれるモナコインアドレスに、アセット (例のとおりなら XMPS.ZAIF) を burn したのと同じ量だけ送ります。 * send の送信元アドレスが、その Counterparty アセットの所有者 (例のとおりなら ZAIF の所有者…現実にはありそうもないですが) だった場合には、Monaparty アセット (同 XMPS.ZAIF) の所有権も譲渡します。 Ⓜ️ 謎の組織には何のメリットもないように思えるかもしれません。しかし Counterparty からの流入によって自己が運営している dApps の活発化など見込めるなら、誰かが実行するかもしれません。 Monaparty はプラットフォームです。ユーザベースの大きさは、プラットフォーム上でサービスする

ビットコインで“逆”クラウド・ファンディング?Etleneumって何だ?

現状、Spotlightで稼いだビットコインは日本の規制遵守のため残念ながらそのまま引き出すことはできないのですが、その代わりに様々なビットコイン決済が可能なサービスに使えるようになっています。 そうしたサービスはライトニング・ネットワーク決済対応アプリサービスということでLappと呼ばれています。 Spotlightで使えるLapp一覧 ビットコインで課金してゲームを遊んだり、様々なギフトカードに交換したり、リモートで鶏に餌をあげたりと色々なサービスで楽しむことができるので、ぜひ自分のお気に入りのLappを見つけて欲しいです。 今回の記事では、そんな親しみやすいアプリの中で一際異彩を放つ存在“<a hre

ビットコインで“逆”クラウド・ファンディング?Etleneumって何だ?
100

Discordに書き込みしたらSatoshiがもらえる仕組みを作った

こんにちは。最近のSpotlightには真面目な投稿が増えてきてますね。私はツイッターみたいな使い方をしていたのですが、今日から改めたいと思います。 さて、私は普段コインランというプライベートコミュニティのDiscordでクリプト関連の情報を発信しています。このDiscord内で書き込みをしたら、1投稿あたり100satoshiがもらえる機能を実装したので、実現までの経緯を記録したいと思います。 ■ コインランの紹介ページhttps://lounge.dmm.com/detail/1114/   ビットコインのフルノードを建てる まずここが一番の障壁です。Discordのボットを動かしているのはクラウド上のサーバーなので、ビットコインのフルノード、そしてライトニングのノードもクラウド上に構築する必要がありました。 ビットコインのチェーンサイズは執筆時点で約300GB近くあるので、その辺の格安VPSではストレージが足りません。また、愚直にAWSで立てようとすると毎月のコストが1万円を超えます。 ということで、まずはPRUNEノードでの運用を考えました。PRUNEノードは、古いチェーンのデータは捨て新しいブロックのみを管理するノード設定のことです。もしPRUNEノードでライトニングを稼働させることができれば、月1000円弱の格安VPSでも運用可能になります。 しかし、PRUNEノードではライトニングのノード(LND)は動きませんでした。LNDに対してオンチェーン送金を行うと、なぜかコンファメーション数がマイナスの値になるなど、まともに動作しませんでした。 結局、流行りのSSH採用VPSではなくHDDのVPSを利用してフルノードを建てることにしました。カゴヤのVPSならHDD400GBで月1760円なので、これなら許容範囲です。(BigStoneさんに教えてもらいました)https://www.kagoya.jp/cloud/vps/ ライトニングのノードを建てる ライトニングの実装はいくつかあります。今回はLNDを採用することにしました。理由は周辺ツールが一番充実しているからです。https://github.com/lightningnetwork/lnd 外部からLN

Discordに書き込みしたらSatoshiがもらえる仕組みを作った

Spotlightのポイントと規制について考える

Spotlightの残高はなぜポイントで、有効期限があるのでしょうか。 入金したBitcoinを出金できますが、これは来年からの暗号資産カストディ規制の対象にならないのでしょうか。 ポイントを仮想通貨に変えて出金できるのは、仮想通貨交換業に当たらないのでしょうか。   なぜSpoglightの残高がポイントで、有効期限があるのかを法律から考えます。 そして、Spotlightが規制の対象になる可能性があるのかどうか、考えます。 最終的には、Spotlightのポイント入出金を規制に当たらない形に整理する仮説を示します。 なお、あくまで個人の解釈として、Spotlightのサービスの設計を分析したものです。本記事を参考にされることに対して、一切の責任を負いません。 (昨日サービス内容をみて調べた情報に基づくので、勘違いがまざっていたらごめんなさい。ご指摘があればなるべく修正版をだします)

Spotlightのポイントと規制について考える
100

アンドレアス・M・アントノプロス講演動画“次なるビットコインは何か?”全訳

世界中を飛び回ってビットコインに関する啓蒙活動を行っているエンジニアであり、名著「マスタリング・ビットコイン」」および「マスタリング・イーサリアム」」の著者でもあるアンドレアス・M・アントノプロス氏の最近のプレゼン動画からKatakotoさんが皆と共有したい話題を、翻訳してお届けしております。 今回、一貫してビットコインへの“投資”を推奨してこなかったアンドレアスさんが、めずらしく「ビットコインへの投資」そのものを話題にした講演を行っており、内容も大変面白かったのでひさびさに取り上げる事にしました。 日本の一般層においては、ビットコインの話題はすでに死に絶えたと言ってもよく、巷でビットコインの話題をビットでも口にした所で「まだそんな怪しいのやってんの?」と冷たい視線を浴びせられるのが関の山です。 それでいて「ビットコイン2.0!次なる100倍銘柄はこのコインだ!」みたいな踊り文句に自分の大事な資産を、数百・数千万円単位で平気でぶち込む人々が後を絶たないこの悲しい世の中に一喝入れるべく、今回も渾身のKatakoto一番搾り翻訳でお届けします! 原題は"Why Bitcoin is 'The Next Bitcoin'"(なぜビットコインが次なるビットコインか?)ですが、ビットコイン新規参入者にも読んでもらいたいのであえてこのタイトルにしています。では、早速参りましょう! 世界中を飛びまわって、オープン・ブロックチェーンや暗号通貨の話をしていると、人々は私にしばし様々なモチベーションで、このテクノロジーに関する様々な質問をしてきます。 現在、ここギリシャでの多くの関心事はいったいどうやったら暗号通貨に投資できるかその方法に関してです。 では、ここにいる一体何人の方が、投資に関心がありますが? (会場の人々、挙手) よろしい。では、テクノロジーに興味がある方は? (会場の何人か、挙手) 皆さん、嘘ついてますよね。(会場笑) そして

アンドレアス・M・アントノプロス講演動画“次なるビットコインは何か?”全訳

なぜ仮想通貨取引所は銀行並みのマネロン対策をしなくてもよいのか?

今回は、前回投稿した記事「仮想通貨送金の手数料は本当に安いのか?銀行の外国送金と徹底比較」の続編です。 前回の記事では、仮想通貨取引所の仮想通貨送金手数料と銀行の外国送金手数料を比較し、外国送金手数料がケタ違いに(それも2ケタ)高いことを紹介しました。 そして、その理由の一つがマネロン対策のコストであり、同じ価値の移転を業務として行っているにも関わらず、仮想通貨取引所は同様の対策を行っていないことを紹介しました。 今回は前回の記事の内容を踏まえ、銀行の外国送金時のマネロン対策と、なぜ手数料が高いのかを紹介する予定でした。 が、そもそもなぜ銀行がマネロン対策を講ずる一方、仮想通貨取引所はそれを行っていないのか、その理由をご理解いただいてから具体的な手法を紹介したほうが皆さんの理解が深まると思いましたので予定を変更します。 本記事をお読みいただければ、現在FATFが仮想通貨取引所に求めているトラベルルールやその影響についても理解することができるかと思います。 参考記事:仮想通貨送金の国際ルール、具体的な対策案発表へ 仮想通貨取引所など米企業が連携【FATF】(COINPOST) それでは、本題に入っていきましょう。 銀行がマネロン対策を行う根拠 最初に記事のタイトル「仮想通貨取引所はなぜ銀行並みのマネロン対策を行わなくてもよいのか?」に対する答えを言ってしまうと、単純に「適用される法律や規制が違うから」となります。それでは、銀行の外国送金にはどのような法律や規制が適用されるのでしょうか。 日本国内の法律としては、「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯収法)」、「外国為替及び外国貿易法(外為法)」を挙げることができます。 それ以外にも、米国の財務省外国資産管理室(Office of Foreign Asset Control, OFAC)による規制を最も重要な規制として挙げることができます。 それでは、犯収法から順に確認していきましょう。 犯収法 犯収法のなかで、外国送金に関わる部分としては、第九条「(外国

なぜ仮想通貨取引所は銀行並みのマネロン対策をしなくてもよいのか?

2017年の暗号資産バブルではどのようなシグナルが発されていたか

これはなにか 2017年5月より暗号資産を触っている筆者の体験をもとに、当時発されていたバブル特有のシグナルについて記載をまとめたものです。 なぜ書くか 記憶が喪失しないうちに言語化しておくことで正確に歴史を記述しておくため。その教訓を活かし次に来るであろうバブルで早期かつ正確にバブルの頂点を察知し投資判断に反映させ、利潤を最大化させるため。その果実をほかの投資家と共有するため。 Googleトレンドが急上昇を示す 2017年5月から上昇し12月にピークを迎えています。Googleトレンドは無料でだれでも簡単に利用できバブル度を測る指標として非常に有効ですが、デメリットはそれがバブルの頂点であるかの判断困難である点です。トレンド的に急上昇していることがわかったとして、そのトレンドがまだ続くのか、すでにピークをすぎたのかそれだけで判断はできないので参考程度としましょう。 渋谷宮益坂の深夜の松屋でDQNが暗号資産を語る 忘れもしない2017年12月15日華の金曜日深夜、たまたま渋谷宮益坂の松屋に行くことがありました。傍目でDQNとわかる3名ほどがビットコインで盛り上がっていたのを明確に覚えてます。 「これからもっと上がりますよ」「〇〇コインが上がりますよ」、よく覚えてないのですがだいたいそんなことを話してました。同店は日常的に頻繁に利用していましたがこのような光景は初めてでした。 1ETHが18万円を記録した2018年1月ごろ、日高屋 渋谷宮下公園前店でも同様のことがありました。 オフィスビルでエスカレーターに乗るとみんな暗号資産の話をしている おおよそ2017年11~12月ごろだったと記憶しています。当時、筆者は渋谷のオフィスビルに通勤していたのですが、この頃は暗号資産市場が非常に熱気に包まれており、それはオフィスビルのエレベーターも例外ではありませんでした。エレベーターで同席した他社の方々が毎回ビットコインの価格上昇について興奮気味に会話していたのを覚えています。 毎回は大袈裟なんじゃないかと思うかもしれませんが、相場が大きく動いた日はリアルに四分の三回はこんな感じでした。 知人の母親がポンジに誘われる 相場のトレンドとネズミ講の検挙数は相関があると言われています。S&P500の四半期リターンとその四半期中にSECが検挙したネズミ講詐欺の件数には、47・9%の相関があるそうです。筆者の身の回りでも知人の母親が明らかにポンジと思われる勧誘を受けるなど、相場の盛り上がりと詐欺の勧誘が相関することは暗号資産でも同様であると

2017年の暗号資産バブルではどのようなシグナルが発されていたか

使われることを目指すアルトコイン

btc_dakaraさんとぼんさんのtwitter上のやりとり見て面白いなーと思って。 (12:30追記 価値→価格で修正しました) (18:00追記 有料部の表現を上品にしました) 「使われると価格が上がる」って主張するアルトコイン(ほとんど全部)に関して。自身もこれでかなり焼かれた経験があるので。意見を言う権利はあるはず。   1。目的が手持ちアルトコインの価格上昇であるケース。 大体の層(fiatを殖やしたい層)はこれだと思うのですが、この場合そのアルトコインを使うインセンティブはありません。 使ったら自分の分が減るので、誰が好き好んで率先して使うのか。誰か自分以外が使ってコミュニティ発展させてくれー。ってのが本心だと思います。 みんながみんな、こういう発想なので、誰も自分から発展させようなんてインセンティブは起きません。稀に奇特な人がいたとしても、その人が努力を搾取されるコミュニティなんてうまくいく訳ないです。むしろそんな殊勝な人が多ければ元来この世界は平和でしょう。 仮に発行体・胴元に依存したとします。胴元はなんらかの方法にて大衆より大量に通貨を調達していますので、その価格を上げるインセンティブは大衆よりはあるはず。(無い場合は無残にも上場売り逃げで終了。)そこがそのアルトコインを使うことで何かサービスを得られるものを提供したとしましょう。そうであっても、本当にそのアルトコインの価格が上がると思うならば上記のロジックの通り自分の保有分を減らしたくないので積極的に使うインセンティブは依然としてありません。 もし例外があるとすれば「そのアルトコインを使うことによる宣伝費」がそれを上回る「宣伝の効果による価格上昇」を惹起するときでしょう。まぁ間違いなくfiatで宣伝費払おうという話になると思いますが。しかもこれ使われるというより買ってもらうから価格が上がるというイメージ。   2。目的がアルトコイン使用の普及の場合。 逆にアルトコイン価格が安いほうが使いやすいし普及しやすい。 ガス代とか正味だるいし。     以上より使われると価格上昇するということは僕には信じられません。 機能が優れているから価格上昇するというのは「使われる」の一側面でしかないので同様の帰結です。     保有されないと価格は上がりません。これを謳っているアルトコイン(あるのか?)は価格上昇の点では有望かもですね。     とおもた。 上記は価格に関してであって、すみませんが価

使われることを目指すアルトコイン
200

エディタの変更について

Spotlightのエディタを今までのクラシック版からディストラクションフリー版へ移行しました(スマホ用エディタは従来のままです)。従来のクラシック版では編集内容と投稿内容のレイアウトに差異がありましたが、デストラクションフリーでは書いた内容がそのままのスタイルで表示されるようになります(一部のEmbed機能を除く)。 また、下書き保存をした場合、編集画面へ留まる仕様へ変更しましたので、保存後も続けて記事の編集が可能となりました。 なおディストラクションフリー版の対応ブラウザは以下となっております。公式サイトはこちら  

エディタの変更について

芸能人格付けチェック、何故みんな高いワインを間違えるのか?

皆さんは、芸能人格付けチェックと言うテレビ番組を見た事はありますか?定期的に特番で放送されていて、様々な芸能人が色んな物の良し悪しを見抜けるかをチェックする番組です。そして、この中で毎回のように試されるのがワインです。高級ワインと普通のワインを飲み比べて高い方を当てるのですが、毎回安い方を高級だと言ってしまう芸能人がいます。テレビで見ていて、これだけ価格差があるのになんで分からないんだろう?と思われた方も多いと思います。そこで、今回は僕なりにその理由を考えてみたいと思います。   まず大前提として、高級ワインと普通のワインの商品コンセプトから知る必要があります。高級ワインは、基本的に作られてすぐ飲まれる事を前提としておらず、その後何十年と言う歳月をかけて瓶内で様々な変化が起きて熟成して、それによって更に複雑に進化した味わいを楽しむ事を前提としています。一方の普通のワインは、あまり熟成させなくてもすぐに飲んで美味しく楽しめる事を前提に作られています。ですから、格付けチェックに出てくる普通のワイン(と言っても5千円クラスのワインなので、普通と言っても十分高品質なワインですが)は、特別な事をあまりしなくてもすぐに美味しく楽しめるのです。しかし高級ワインとなると、そういう訳にはいきません。

芸能人格付けチェック、何故みんな高いワインを間違えるのか?
100

WEB小説『暗鬱少女態』のレビュー(ほんのりモナコインが登場!)

モナコインが登場するWEB小説『暗鬱少女態』の紹介である。 世界最終戦争は終わり、日本は敗れた。満洲はまだそこにあった。 夢は黒龍江の一滴となり少女態を産んだ。滅びいく国、終わりいく世界、呪われた大地。それぞれに生きる少女たちの物語。  公式Twitterアカウントのヘッダーより 日本は戦争に破れ、中国大陸は混乱の中にあった。 作品の世界観を楽しむタイプの私には、いろいろな背景設定を想像するのが楽しい。 満州を舞台とするこの世界では、「東亜細亜統一戦線・赤風」、「満洲共産主義者同盟」なる武装組織、「白蓮教」と呼ばれる宗教の信者たち、馬賊や組織や軍から離脱した者たちが各地で跋扈し、「五族協和連盟(協連)」と呼ばれる自治政府はかろうじて政府としての体裁を保っているという状況である。さらには、ロシアの南下が危惧され、朝鮮半島は南と北で内戦が続くカオスのなかにある。 「鋼・娘娘・牡丹 奇妙なスープと令嬢の愛した骨の肉」では、主人公が英雄となり、アジアに平和をもたらすような話ではなく、全体的には、救いのない話である。 例えば、道中で会話した老婆が実はスリで、お金を盗まれたので取り返した上で撃ち殺したり、山賊となった「自由朝鮮軍」の脱走兵らを騙して妻子共々、奴隷商人へ売り払ってしまうのである。 傭兵たちが依頼をこなしたのちに、依頼者を脅そうと、交渉に行った結末などは、これが現実だとカオスでダークな世界観の余韻

WEB小説『暗鬱少女態』のレビュー(ほんのりモナコインが登場!)
card_giftcard

ことりんさんから pwpwyqi7mが購入されました。

100
card_giftcard

#にすた氏さんから yuheya3mjが購入されました。

100
create

yuheya3mjを投稿しました。

-100
card_giftcard

#にすた氏さんから pwpwyqi7mが購入されました。

100
create

pwpwyqi7mを投稿しました。

-100
card_giftcard

#にすた氏さんから 37hhr9v36が購入されました。

100
create

rib8dcppyを投稿しました。

-100
create

37hhr9v36を投稿しました。

-100
card_giftcard

#にすた氏さんから zoszekizeが購入されました。

100
card_giftcard

#にすた氏さんから sbpae2fw2が購入されました。

100
card_giftcard

さつまいモナさんから zoszekizeが購入されました。

100
create

sbpae2fw2を投稿しました。

-100
create

zoszekizeを投稿しました。

-100
card_giftcard

#にすた氏さんから hhriokc31が購入されました。

100
card_giftcard

#にすた氏さんから 6kg8wesv5が購入されました。

100
card_giftcard

さつまいモナさんから qbpp4r5cz へ投げ銭がありました。

1000
card_giftcard

さつまいモナさんから qbpp4r5czが購入されました。

100
create

hhriokc31を投稿しました。

-100
card_giftcard

Yuyaさんから 6kg8wesv5が購入されました。

100
create

6kg8wesv5を投稿しました。

-100