kyoronut

kyoronut

renBTCを担保にできるアプリが登場

CreamというレンディングプロトコルでrenBTCの担保採用されました。 https://medium.com/cream-finance/renbtc-token-renbtc-listed-67e664bb226   このことの意義 renBTCが初めて担保として認定されたことです。これまでイーサリアム上で(主に*)担保利用されていたのはWBTCだけでした。 *imBTCなども一応は可能 renBTCはBTCを持っている人ならパーミッションレスに誰でも発行が可能ですが、WBTCの発行にはKYCが必要です。ですので、これまではKYCを好まない人がBTCを担保利用するには、BTC->renBTC->WBTCという経路を選ぶ必要がありました。 その経路ではrenBTCからWBTCへの交換が必要であり、取引手数料がかかるほか、WBTC需要が切迫するとプレミアムがついてしまうという問題があります(ました)。また、単純にWBTCの仕組みが好きでない人もいるでしょう。   こうした問題から解放され、renBTCを直接運用できるようになったのです。   Creamについて CreamとはCompoundのコードをベースにしたレンディングマーケットで、2週間ほど前(2020年8月上旬)からイーサリアムメインネット上で稼働しています。 https://cream.finance/ 実績のあるCompoundをベースにしているとはいえ、あくまでベータ版という位置づけです。また、多くのボラタイルなトークンを選定していることから、大変実験色の強いリスキーなマーケットといえます。もしご利用される場合は、失っても良い額で、細心の注意を払ってください。記録のためにこの記事を書いていますが、正直まだ使わないほうが良いと思います。   必要担保率 CreamでのrenBTCのCollatera

renBTCを担保にできるアプリが登場

やさしいAMM

Uniswap, Curve, Bancor, Balancerに代表されるAutomated Market Maker (AMM)の雰囲気だけお伝えします。   AMMはプールされた複数のアセット間の取引を提供する仕組みです。Automatedと言っているので、ある基本原理のもとに勝手に動きます。それは大別すると主に次の2つです: x * y = 一定 x + y = 一定 ここでx, yはそれぞれプール内のアセットの量です。   x * y = 一定 のAMM Uniswap, Bancor v1, Balancerが該当します。 この原理は y = 1 / x の形に書き直せるので、プール内のアセット量が辿る軌跡を描いてみると、次の図の青線のようになります。 ある時点での価格はプールに少量(dx)が入ってきたときに出ていく量(dy)から考えることができるので、接線の傾き(dy/dx)です。   上の図の例で言えば、オレンジの点(x, y) = (1, 1)での価格は y/x = 1で、緑の点(x, y) = (2, 0.5)での価格は y/x = 0.25です。   x, yのどちらも0になることはないため、プール内のアセットバランスがどのような場合でも価格を算定し取引を提供することができます。逆に言うと、アセットバランスに応じて価格を導出するプライスファインダー(オラクル)としての役割を持ちます。   発展 Uniswap基本原理の正体は (x^0.5) * (y^0.5) = 一定 です。ウェイト(0.5)が隠れています。   Balancerではウェイトを自由に設定できます: (x^w1) * (y^w2) = 一定   さらにアセットの種類も3つ以上にすることができて、 (x1^w1) * (x2^w2) * ... * (xn^wn) = 一定 というのが一般化された姿です。 参考: Balancer whitepaper https://balancer.finance/whitepaper/ x + y

やさしいAMM

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!

DeFiプロダクトのYearn、そして仮想通貨のYFIは、世間一般には全く知られていないプロダクトだと思います。仮想通貨民の間でも「BTC価格を抜いたことで話題になった、いっぱいあるYF系トークンの一つ」というくらいのイメージしかない人が多いのではないでしょうか。 しかし、Yearnは、個人的には2014年に仮想通貨を始めて以来、久しぶりに今後が楽しみなプロジェクトです。 本記事では、Yearn/YFIのココがすごいと感じた点について、軽いノリで書きたいと思います。   <Yearnのココがすごい>   1.DeFi界の「食べログ」ですごい  いきなり「食べログ」って何?と思われるかもしれませんので、Yearnとはどんなプロダクトかを簡単に解説します。  Yearnの代表的な機能は、仮想通貨を預けるだけで、最高(と思われる)の利回りで自動的に運用してくれることです。  最初に生み出された製品が「Earn」です。これはレンディングの最適化を図るものです。ユーザーがステーブルコインをYearnに預けると、ユーザーはyTokenを受け取ります。例えば、DAIを預けると、プロトコルは同数のyDAIを発行します。預けられたDAIはプールされ、Aave、dYdX、Compoundの3つのレンディングプロトコルの中から最も良い利回り先へ自動で移動されます(なお、Earnにデポジットされた資金はCurveのypoolの流動性供給の原資ともなり、収益を最大化させます)。ユーザーが資金を引き出す場合、最初に預けたDAIに加えて、yDAIをバーンすることでレンディングで得られた利息分を受け取る、という流れです。  Earnでは、他のトークンに交換した方が利率が高くなる場合であっても、トークンの売買(swap)を行わないのが特徴です(例えばUSDTよりUSDCの方がレンディング利率が高くても、預けられたUSDTをUSDCに替えたりしない)。このため、USDTで預けた資金は、利息も含めて必ずUSDTで戻ってきます。当初は、レンディングも非常に単純だったので、こうしたやり方でワークしてきました。  しかし、2020年6月のCompoundのCOMP配布を皮切りに、DeFiを巡る状況は一変しました。YAM、CREAM、SUSHI、Buger、UNI・・・。目まぐるしく高利回りのプロダクトが量産され、レンディングや流動性供給で生み出される利息計算は非常に複雑になりました。そして、新しい製品が出るたび、ユーザーは資金移動の判断に迫られる。さらに年利は1日で大変動する。ユーザーは気が休まらない。DeFiユーザーの中でも、そろそろ疲れたな、と思っている方もいるのではないでしょうか(私です)。  Yearnは、こうした状況を改善し得るも

仮想通貨Yearn/YFIのここがすごい!
300

CRVのブースト、その計算方法

はじめに   現在、Curve のガバナンストークンである CRV が DeFi 関連の話題の中でも注目を集めています。その理由の1つとして、8月28日から実施予定の CRV のロックによる CRV ファーミング量のブースト機能が追加されることが大きいかと思います。 しかし現状このブースト機能については、まだまだどんな機能なのか情報が正しく広まっていないように思われます。そこで、今回はこのブースト機能がどのようなものなのかを説明していきます。 ブースト機能の概要   まず、ブースト機能とは何かということですが、その名の通り CRV のファーミング量を増加させることができる機能です。最大でファーミング量を2.5倍にすることが出来ます。しかし、これには当然条件があります。 その条件は、CRV を Curve.fi にロックする必要があるということです。 CRV をロックすることで、veCRV というものを獲得することができます。これが、いわゆる投票力と呼ばれているもので veCRV が多い程、ブーストの増加量が増えます。 また、CRV をロックする際には1週間から4年間までの期間を段階的に選択することができ、ロック期間が長ければ長いほど、CRV に対して良いレートで veCRV を獲得することが出来ます。・例1:1週間ロックする場合、1 CRV ≒ 0.0048 veCRV・例2: 4年間ロックする場合、1 CRV = 1 veCRV では、どれぐらい veCRV を獲得していればブーストの最大値である2.5倍のブーストを得られるのでしょうか。この計算方法は実はすでに公式から発表されていますが、重要なこととして得られるブーストの量は veCRV に依存するだけではなく、pool に供給している自分の供給量の割合にも影響します。 そのため、供給量が多ければ多いほど2.5倍のブーストを得るには、多くの veCRVが必要となります。   詳細な計算方法   まずは、計算式から見てみましょう。 公式が発表している計算方法を若干わかりやすくしたのが次の式です。 ・DollarProvided:自分の供給量・TotalLiquidity:pool 全体の供給量・Voting

CRVのブースト、その計算方法

DharmaでUniswapをガス代タダで使う(一部修正)

※ガス代は無料ですが、4.8%程度手数料で取られることがあるそうです。kyoronutさんありがとうございました。 https://twitter.com/kyoronut/status/1294947272975818754 ファーミングするべきDeFi系ガバナンストークンを、値上がりするからといってUniswapで買って、ガス代高すぎて脱出不可能なマヌケはいますか?私の事です。 ちなみに無駄無駄なのはTx failしたガス代です。   そんなThe worldで時が止まったUniswapの中でも動ける手段があります。そんな現代のスタープラチナがDharmaです。 8月中はDharmaがガス代を持ってくれます。ただ送受信のガス代を持ってくれてたArgentウォレットもそのサービスをやめたので、いつまで続くかはわかりません。   記事にするほどではないくらい簡単なのですが、やり方を書きますね。 まず、Dharmaアプリをここからダウンロードします。 https://www.dharma.io/ 次にDepositを選んで、Shareで自分の公開鍵をコピーします。このアドレスにUniswapで交換したいトークンを送ってください。 ちなみに今の200Gweiくらいのガス代だと送信も$10程度するし、いとも簡単に失敗するのでここから第一の難関です。 ただUniswapのガス代に比べると半分以下で済むと思います。 トークンが届いたら、Dharmaの一番左の画面でSwapします。MetamaskやUniswapでは自動表示してくれない、時価総額700位のおハーブコインでも自動表示してくれるので便利です。 Swapの画面を見るとFeeがF

DharmaでUniswapをガス代タダで使う(一部修正)

【いま話題】DeFi取引で数分で430万の利益…の記事を解説しようと思う

はじめまして。ジャノメ羊ノブナガです。 今日からSpotlightでも記事を書いていこうと思います。少しだけ自己紹介すると、昼間はサラリーマンをやりつつ、ビットゼニーという国内マイナー仮想通貨で遊んでいます。 さて、仮想通貨クラスタではDeFiという言葉が大流行しています。   こんな具合です。なんだか怪しい雰囲気が漂っていますね。 DeFiは実験的な取り組みで成功する保証はどこにもありませんが、いまホットなワードであることは確かです。 そして、先日こんなニュースが報道されました。 (参考記事)数分で約430万円の利益──アメリカで人気のDeFi取引の一部始終 8月10日、あるトレーダーは分散型取引所のユニスワップ(Uniswap)、カーブ(Curve)、dYdXを利用して、テザー(USDT)とUSDCを立て続けに取引し、4万5000ドル(約480万円)の初期投資から4万ドル(約430万円)の利益をあげたという。わずか数分で89%の利益をあげたことになる。 DeFi取引を利用して、わずか数分で430万円の利益を上げた方がいるとのこと…。 なんとも羨ましいですね(嫉妬) 今日はこのニュースを少し掘り下げていこうと思います。   ステーブルコインの価格変動を利用する 早速記事

【いま話題】DeFi取引で数分で430万の利益…の記事を解説しようと思う
500

Compoundにおけるユーザ動向調査

初めて記事を書きます!sisoと申します。普段はただのサラリーマンです。サイバーセキュリティ関係の仕事をしています。最近はDeFiが流行ってますが、私も乗り遅れまいとCompoundでレンディングをはじめました。Compoundが何かわからない方はこの記事を読んでもさっぱりだと思います。申し訳ないです。 私がCompoundを使っていて、色々と気になっていたことがありましたので、それを解析した結果について記事にしたいと思います。正直めちゃくちゃ時間かかりました…笑 【気になっていたこと】①Compoundのユーザ数(アドレス数)②ユーザの資産分布③ユーザのリスク志向④クジラのアドレス ①は実は公式にあるとおりなんですが、34,000アドレスくらいです。独自に調査した結果、非アクティブを含めると37,000アドレスくらいになります。まだまだ少ないですね。アドレス数の動向を追うのも面白そうです。https://compound.finance/markets ②は特に気になっていました。このCompoundの混沌の中で自分の立ち位置が…笑早速結論です。 わかりにくいかもしれませんが、横軸が「担保と借金の合計(対数表示)」縦軸がアドレス数です。例えば横軸が4ならば、10^4 = 10000ドルになります。都合上10ドル以下のアドレスは含んでいません。このヒストグラムにおける全アドレス数は16515です。 やはりという結果ですが、1万ドルを超えるアドレスはかなり少ないです。 対数表示はわかりにくいところもあるので、資産を区切ってみます。 100ドル~1万ドルの分布です。一番のボリューム層です。資産が増えるごとに急激にアドレス数が減ることがわかります。このヒストグラムにおける全アドレス数は8875です。 <img sr

Compoundにおけるユーザ動向調査
500

“イーサリアムの総通貨供給量は?”の質問にアンドレアスさんが答えた!

“イーサリアムの総通貨供給量は?” 最初は誰もがこの質問は取るに足らない、すぐに答えが見つかる類の些細なものと考えていました。 だってブロックチェーンはその透明性こそが売りで、誰でもいつでも確認、検証が可能な分散台帳技術なのですから! ところがどっこいこの問いには、ETH創始者ヴィタリック・ブテリンも含めイーサリアム開発者・ユーザーその誰もが、全員の見解が一致するオフィシャルな答えを提示することができず、海外のビットコインマキシマリストは、ここぞとばかりイーサリアムの“欠点”として一斉攻撃を開始しました。 どうやら界隈の揉め事に関しては、Katakotoさんがこの素晴らしい記事をALISで書いた2年前から状況は何も変わっていなかったようです。 https://alis.to/katakoto/articles/aoNLJ6E1xoBn この記事の中にもあるように、クリプト界隈での揉め事に収拾がつかなくなってきた時にはいつもは、界隈のあらゆる揉め事やドラマから距離を置いているアンドレアス・M・アントノプロスさんが、デンデンデンデデデーンと現れて、ライトセーバーの一振りでその場を治めてくれていたのですが、今回もそうでした。 技術的にボクの理解が追いつかず、訳していて難しい面もありましたが自身の勉強にもなりましたのでここにまとめておきます。 ※技術的な間違いなどありましたら優しく指摘してあげてください。精密機械のためコメント欄などでの強い言葉に時折、誤作動を起こすことがあります。 https://twitter.com/aantonop/status/1292877311570857990 この一連の“ETH供給量はいくらか”問題は、イーサリアムの仕組みを理解しているなら、あまり意味のないバカバカしいGotcha(※ハッカー用語でバグや不良ではないが仕様上不便な部分)である。 ピーター・シフやヌリエル・ルビーニがビットコインに向けてやっているバカげた&ldq

“イーサリアムの総通貨供給量は?”の質問にアンドレアスさんが答えた!

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!

こんにちは。最近 Uniswap に入門した @shidokamo というものです。 みなさん Uniswap 使っていますか? Uniswap は、暗号資産同士の交換ができる取引所なのですが、普通の取引所と違って管理をしている人がいません。簡単に言うと、ブロックチェーン上で管理者不在でうまいこと取引が動いています。 そして、もっとも興味深い点として、Uniswap では各自の取引は全てトランザクションに記録され公開されています。 今回、とある億り人の方(実際はピーク時 80万ドル程度)のウォレットの興味深い取引履歴を見つけました。みなさんもその取引履歴をぜひ眺めてみて、おー、Uniswap って新しい!という気分を味わっていただければ幸いです。 ただし、以下の内容は品性下劣な根性のねじ曲がった人間の書いた下衆な文章となりますので、念の為有料としておきます。 内容のまとめとしては、何かと話題のAMPLのトレードでピーク時に 2523.2 ETH の残高を得て、その後何度かトレードをしてすぐにETHの残高を 1310.5 ETH まで減らした。その後またAMPLを買い戻し保持中(2020年7月30日現在)。というものです。バブル時に一個人がどういった巨額の取引を行っているかが完全に正確にブロックチェーンに刻まれた世界初の貴重な記録だと思います。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!
1,000

AMPLホールドとGeyserの損益の差に関する試算(どっちが得か)

以下の論考は、全てきょろナッツさんの良質な記事(この記事や、この記事等)を参考にしながら私なりに作成したものですが、本稿に誤りがあった場合の責任は全て私に帰します。 1.問題意識 AMPLについて直近1か月の収益を報告している海外のTwitterによれば、単純ホールドだと資産61倍、Geyserに入れると約9.4倍となっています。 Daily Rebase Update:$AMPL +6118%; Geyser +943%Sorry missed the update yesterday as I was out for almost the whole day haha.Meanwhile, congratulations @AmpleforthOrg for surpassing the $500mil mark and sitting comfortably in Top 30!!! pic.twitter.com/MkWxQdxWX6 — Dark Crypto Lady (@DarkCryptoLord) July 26, 2020 一方、本報告は、Uniswapの流動性手数料や、Geyser収益を計算に含めていないので、どちらがどれだけ稼げるか、という点についてやや不正確な点があります。また、それらを含めた試算をしているサイト・記事は(少なくとも私の知る限り)ありません。 そこで、UniswapやGeyserによる収益及び損失の要素も含めた上で、ホールドとGeyserの選択の分岐点となる基準を試算します。 2.結論 投資期間1か月の場合、AMPLの(ETH建)時

AMPLホールドとGeyserの損益の差に関する試算(どっちが得か)
card_giftcard

Yuyaさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

とまと農園さんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

ジャノメ羊ノブナガさんから 1f9xb2pu2が購入されました。

100
card_giftcard

qwsk9s21o へ投げ銭しました。

-200
description

qwsk9s21oを購入しました。

-300
card_giftcard

Kai Hiroiさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

Kai Hiroiさんから lh5vcjkmlが購入されました。

100
card_giftcard

Kai Hiroiさんから 1f9xb2pu2が購入されました。

100
card_giftcard

ethanさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

nigg9さんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

jimmyhommaさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

jimmyhommaさんから 1f9xb2pu2が購入されました。

100
card_giftcard

Hiroyuki Wataseさんから 1f9xb2pu2が購入されました。

100
card_giftcard

Hiroyuki Wataseさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

tsunさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
description

6q3pu6573を購入しました。

-100
card_giftcard

6q3pu6573 へ投げ銭しました。

-1000
card_giftcard

Motokanさんから 9ei04h0hxが購入されました。

1000
card_giftcard

yomogiさんから ifs5z76v4が購入されました。

100
card_giftcard

Shingenさんから 9ei04h0hxが購入されました。

1000