vxyn

vxyn

投稿はまだありません。

サトシの夢は今も生きているか?

「(8月25日)閉幕挨拶 - Is Satoshi's Dream Still Relevant Today ?」を大手メディアはどこも取り上げないので、翻訳しました。 ーーーーーーーーーーー 翻訳者:Shilpin Lin 「サトシの夢は今も生きているか?」 氷見野良三 (JFSA/金融庁長官)による閉会の辞 / ブロックチェーン・グローバル・ガバナンス・カンファレンス(BG2C)にて(2020 年8月24日~25日に都内にて開催) 皆さんこんばんは。二日間に渡って積極的に参加頂きありがとうございます。 2008年10月、グローバル金融システムはメルトダウンの瀬戸際にありました。長年の実績がありまた信頼され権威もあった各金融機関は信用を失おうとしていました。その月、G7各国の金融大臣と各中央銀行総裁は当月の会合をワシントンDCで開き、アクションプランの一番上の項目は救済措置に関するものでした―「システム上重要性を有する金融機関を支援し、その破綻を避けるため断固たるアクションを取り、あらゆる利用可能な手段を活用する」 この信任の危機の最中、ナカモトサトシは静かに彼のビットコイン論文をメーリングリストに送ろうとするところでした。サトシは、いかに経済の中核インフラである決済システムが、信頼されるサードパーティが介在せずとも完全にピア・ツー・ピアで構築されることができるかを記述しました。匿名の人間から受け取ったビットコインが信頼できかつ真正であることを担保するのに造幣局も、銀行も、規制当局も、中央銀行も、金融大臣も、警察官も、検察も、裁判所も軍も必要としません。この提案並びにプルーフ・オブ・ワーク、タイムスタンプそしてビザンチン障害耐性を含む各概念はこれまで慣れ親しんできたシステムの性質について私達が熟考する助けとなりました。 以来十年が経ちました。私達は再び、信用における基本的な問題について熟考する必要性に直面しているのかも知れません。「信用という社会の構成概念」の中には複数の中核の構成要素が含まれ、 その内のいくつかは急速な変化の真っ只中にあります。 例えば信用における重要な構成要素の一つとして対面のミーティングがあります。対面で会うことで相手に関する豊富な情報を得ることが出来、そのような情報を解釈する動物としての本能と直感について私達はある程度自信を持っています。しかし現在、COVID-1

サトシの夢は今も生きているか?

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る

言い訳しておくと自分は会計畑の人間ではないですし、この記事は調べた数字と「どうやったらこの数字が出てくるのか?」という疑問について書きなぐったメモです。もしこの記事が有識者の目に止まって有益な情報が得られたらな…という期待で書いています。 1)疑問に思った経緯 自分はbitFlyer社の加納さんのツイートから疑問に思ったので調べ始めました。 顧客の預かり資産以上に営業収益が出るのは、どういうことでしょう? https://t.co/xtkeg6Q8qr — 加納裕三 (Yuzo Kano) (@YuzoKano) August 8, 2020 こちらは、たなかたかゆき(パピコ)さん(@papico_chupa)がまとめられた国内の仮想通貨交換業者の2019年度決算について言及されたものです。 ここで確認したいのはSBI VCトレード社以外の業者は「預かり資産」>「営業収益」となっていることです。 取引所の収益源と言うと、顧客の売買等の手数料で稼ぐのが基本的だと思われます。例えば売買手数料1%だとして(クソ高いですがw)顧客から100万円を預かり、顧客が100万円分の売買を指示した時に取引所が1万円の収入を得ます。仮に顧客が全力で100回取引を繰り返したとしても取引所の取り分は約63.4万円です(顧客の手元には100万円 × 0.99^100 ≒ 36.6万円残る)。永遠に預かり資産を上回る収益は得られません。 入出金・レバレッジ取引・ポジション維持手数料、追証、呑み…等の要素も絡んでは来ますが、手数料ビジネスだけでは顧客の「預かり資産」を「営業収益」が上回ることは基本的にありえないと思います。あるとすれば、手数料とは全く別の収益源が必要になります。 ここで業界に鳴り物入りで参画してきたディーカレット社の数字を比較対象として見てみましょう。 <a href="https://www.decurret.c

SBI VCがどうやって儲けているか全然分からないので2019年度の決算公告を見る
100

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!

こんにちは。最近 Uniswap に入門した @shidokamo というものです。 みなさん Uniswap 使っていますか? Uniswap は、暗号資産同士の交換ができる取引所なのですが、普通の取引所と違って管理をしている人がいません。簡単に言うと、ブロックチェーン上で管理者不在でうまいこと取引が動いています。 そして、もっとも興味深い点として、Uniswap では各自の取引は全てトランザクションに記録され公開されています。 今回、とある億り人の方(実際はピーク時 80万ドル程度)のウォレットの興味深い取引履歴を見つけました。みなさんもその取引履歴をぜひ眺めてみて、おー、Uniswap って新しい!という気分を味わっていただければ幸いです。 ただし、以下の内容は品性下劣な根性のねじ曲がった人間の書いた下衆な文章となりますので、念の為有料としておきます。 内容のまとめとしては、何かと話題のAMPLのトレードでピーク時に 2523.2 ETH の残高を得て、その後何度かトレードをしてすぐにETHの残高を 1310.5 ETH まで減らした。その後またAMPLを買い戻し保持中(2020年7月30日現在)。というものです。バブル時に一個人がどういった巨額の取引を行っているかが完全に正確にブロックチェーンに刻まれた世界初の貴重な記録だと思います。

とある AMPL 億り人の Uniswap 取引履歴を眺めてみよう!
1,000

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識

今回はAmpleforth、$AMPLをテーマに高めの有料記事に挑戦してみようと思います。Ampleforth Geyserとは、運営が行うCOMP配布みたいなLiquidity Miningキャンペーンです。予定では9月末まで行われます。 WBTCの記事ではうまい棒1本でしたが、今回はざっくりラーメン一杯分の価格です。Spotlight感覚だとほぼ天井の超高額記事ですね 笑正直これを買う人は物好きだと思います。   ※実験的でもあるので、期待はずれだった場合は返金の相談も受け付けます ちなみにこれらの情報は自分で集めようと思えば集められるものしかありませんし、この内容は投資を推奨するものではありません。単純な値上がり値下がりだけじゃない、表面的なリスクとリターンだけではない要素を知ってもらう事が目的と言えます。それでも投資する際AMPLはハイリスクなので適当に大金を投じない事を薦めます。 あまり厳密には詰めずに細かいところはざっくりと、ただしポイントを押さえていく事を目標にします。 この記事を買う対象ユーザーは下記の通りです AMPL購入を検討している Ampleforth Geyserへの参加を検討している 単純にAmpleforthとGeyserの仕組みに興味がある 私のGeyser参加戦績に興味がある(少額ですがリターンの目安にはなります) ちなみにここ1ヶ月のAMPL価格と出来高推移は下記の通り。価格目標は1ドルなのに1度4ドル超えして、その後1.5ドル位まで下がり、今は2ドル超えになってますね… 理屈の上では供給が増えると価値が希薄化されて売られる筈なのに、人々の行動はその逆となり、凄まじい値上がりをしているにも関わらず大量に買われました。勿論それは長続きせず、4ドル超えで弾けた訳ですが伝説のARPと比較すれば可愛いもので比較的被害者は少なくて済んだのではないかと思っています。 そもそもAMPLとは何か?と言うとあまりステーブルではないステーブルコインとでも言えば良いでしょうか。 自分の意見があ

Ampleforth Geyserの概要と基礎知識
80,000

レイダリオ 変化する世界秩序1 プロローグ

レイダリオの文章を翻訳してみました。。   The changing world order 2020-03-25 Ray Dalio これからの時代は、歴史上の多くの時代に似てはいるものの、我々が経験してきた時代とは、根本的に異なるものになると信じています。 私がそう信じているのは、約1年半前に帝国とその基軸通貨と市場の研究中に、私の人生の今までになかったような、しかし歴史上何度も起きていることは知っていたが、異常な展開を目の当たりにしたからです。最も重要なことは、1)高水準の債務と超低金利が合流し、中央銀行の経済刺激力が制限されていること、2)大きな富の格差と各国内の政治的分裂が社会的・政治的対立の増大につながっていること、3)世界の大国(中国)が、過剰に拡張された既存の世界の大国(米国)に挑戦していること、が合流し、対外的な対立を引き起こしていること、です。 直近では1930年から1945年までがその類型である。 これは私にとって非常に気になることでした。 歴史を勉強していると、このような出来事の同時発生は、大まかには10年から20年程度の経済・政治の大きなサイクルの間の移行期として存在し、それが何年にもわたって(例えば50年から100年)繰り返される典型的な時代であることがわかりました。 これらの大きなサイクルは、1)富が追求され生産的に生み出され、権力を持つ人々が調和して働き、それを促進する幸せで豊かな時代と、2)富と権力をめぐる争いがあり、調和と生産性を乱し、時には革命や戦争につながる悲惨で憂鬱な時代との間の揺れで構成されていた。このような悪い時期は、弱点や過剰な負債のようなものを取り除き、痛みを伴うとはいえ、ファンダメンタルズをより健全な基盤に戻す浄化の嵐のようなものでした。それらは最終的に全体をより強くする適応を引き起こしましたが、それらは典型的には誰がトップにいたかと優勢な世界秩序を変えました。   この問いに対する答えは、1930年から45年の間だけでなく、大英帝国やオランダ帝国の興亡、中国の王朝の興亡など、歴史上の類似した事例の背後にあるメカニズムを研究することで、何が起きているのか、何が起きる可能性があるのかの理解を解き明かすことでしか見つけることができない。 それがこの研究の目的であった。 その後、パンデミックが発生しましたが、これもまた、私には起こらなかったが、私の生前に何度も起こった大きな出来事の一つであり、私はより深く理解する必要がありました。   私のアプローチ 短期的な投資判断を求められる投資マネージャーが長期的な歴史に注目するのは奇妙に思われるかもしれませんが、私は自分の仕事をうまくこなすために

レイダリオ 変化する世界秩序1 プロローグ

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する

Ethereumを主としたDeFiはこの業界ではすっかりバズワードとなり、多くの人が知るところとなりました。 DeFiではDecentralizedな性質上、何かの資産を担保に何かをするというタイプのサービスが多いです。最も著名なのはETHを担保にDAIというUSDペッグに"近い”性質を持つステーブルコインを発行するMakerDAOでしょうか。 そして借りたDAIをレンディングしたり、ETHやDAIでデリバティブを使ったり、DAIで何かを支払ったり、他の資産を買ったりという具合です。勿論DAIを借りて返す事に手数料となる金利が発生するのが一般的ですがそれを上回るリーたんが取れればアービトラージ的な事も可能という事です。 ただしこうした運用にはリスクがあります。リスクの考え方や適正は人それぞれで、取引所に預けておくのが安心な人もいれば自分のWalletでないと嫌な人もいるし、レンディングはOKだったりNGだったり、それらもサービスや取引所によってリスク度合いや好みが違ったりと様々… 今回紹介するのは手持ちのBTCをWBTCというERC20のBTCに交換し、それをEthereum DeFiで運用する足がかりにするという話になります。また基本はBTCやWBTCは売らずにホールド路線である為にこんな回りくどいやり方をする訳です。該当するのは下記条件に当てはまる方のみです BTC現物ホールド派 DeFiでの運用に興味があり、自分で調べ、試す方 運用による損失リスクを受け入れられる WBTC向けカストディアンであるBitGoをトラストするという妥協(限られた販売代理店しかBTCを出し入れしないので、取引所と比較すれば遥かにマシではある) BTCからWBTC変換の税的解釈は不明瞭で利確扱いの可能性もある 自分で挙げておいてなんですが、相当厳しいですね… 超古参で利確扱いされたら困る人には合わないかもしれません。比較的最近の人でBTC売買しても良いけど基本ホールド派みたいな人向けですね。 またこれは投資そのものを推奨するものはありません。あくまでも活用法としての紹介です。 この後続く内容としては下記の通りです。ちなみに私は実際にBTCをWBTC化して運用をはじめたのですが、結構悪くないと思ってます。 BTCをWBTCに交換するお薦めの手順 WBTC交換後の運用方法紹介としてTokenSetsとMakerDAOについての簡単な解説            

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する
1,000

M5Stackでビットコインを楽しむ方法

以前から気になっていたM5Stack、やっと購入しました。値段も3500円程度(このサイト)とお手ごろ価格で、注文して2日後には自宅へ届きました。 ビットコインの価格やライトニング決済用インボイスを表示して遊んでみようと思ったので、その備忘録として以下メモを残します。取扱説明書と公式サイトのチュートリアルを参考にしてサンプルコードの実行と、ビットコインの価格表示ができるまでを簡単に纏めました。 (追記)自分はArduinoとかIoT系デバイスは初めて触ったんですが、2~3時間でビットコインティッカーまで作れました。プログラミングを少しやったことある人ならできるはず。本当にめちゃ簡単なんで、ぜひDIYしてみてください! 1.UDB Driverのインストール 取説には記載ありませんでしたが、公式サイトのチュートリアルにはドライバーのインストールが必要とのことだったので、インストールしました。 2.Ardiuino IDEのイントール 以下のサイトからIDEをインストールします。 https://www.arduino.cc/en/Main/Software 3.Arduino-ESP32 Supportのダウンロード IDEを起動し必要な設定をします。 4.MD5Stack関連のライブラリをダウンロード IDEより必要なライブラリをインストールします。 5.サンプルを実行してみる サンプルコードがあるので、それを使ってM5Stackへ「Hello world」と表示します。ここで接続先ポートの設定が正しくなかったため、コンパイルしてもアップロードできないエラーが起きました。シリアルポートを変更して、再度コンパイルをしたら正常にデバイスへアップロードされ、画面に「Hello world」が表示されました。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200516164648gpxr43lg1_bl

M5Stackでビットコインを楽しむ方法
100

暗号資産トップ20の雑な評論 as of 5/1/2020

業界古参として、暗号資産のトップ20を評論します as of 5/1/2020 まず、トップのビットコインに関して、仮想通貨冬の時期にドミナンスが65%は意外。90%くらいが適切と思う。ファンダメンタルズはハッシュレート以外にシュノア署名、タップルート、ライトニング、リキッド等。 2番手はETH。パブリックチェーンとして、今日までサバイブしたし、開発者も優秀で、ビットコインマキシマリストはずっと叩いているが、USDC#ERC20を、CircleとCoinbaseが担いでいるのは検討材料。かつUSDT#ERC20も継続しているのは評価対象。 大きく下位まで飛んで、11位はステラー。リップルのフォークで、IBMは未だ担いでるのだろうか。草コインなので、satsに変えましょう。https://kriptode.com/xlmtoln/index.html 12位はChainlink。分散型オラクルらしい。 13位はカルダノ。ノーコメント。 14位はモネロ。匿名3兄弟は、モネロ、Zcash、Dash。 15位はTron。ジャスティンサンはやり手だが、草コイン。 16位はUNUS SED LEO。知らん。 17位はCROで、初耳。 18位はHuboi Token。先日リストされましたかね。バイナンス、トロン、フボイって感じですかね。チャイナ系中央集権コインの1つ。 19位はDash。匿名3兄弟の1つ。 20位はETC。ETHの原型だが、マイナーという意味で、BTCにおけるBcash的なポジション。 3-10位は有料部分で。

暗号資産トップ20の雑な評論 as of 5/1/2020
100
description

hrmrchb0lを購入しました。

-100
description

u75oy55ooを購入しました。

-100
description

ifs5z76v4を購入しました。

-100
description

bq9bdocfdを購入しました。

-1000
description

1f9xb2pu2を購入しました。

-100
card_giftcard

4xg7zozgy へ投げ銭しました。

-100
description

4xg7zozgyを購入しました。

-100
description

w7pxv2ehfを購入しました。

-80000
card_giftcard

vxynさんから 投げ銭がありました。

7000
card_giftcard

vxynさんから 投げ銭がありました。

30000
card_giftcard

vxynさんから 投げ銭がありました。

30000
card_giftcard

vxynさんから 投げ銭がありました。

10000
description

cud0nyqt9を購入しました。

-1000
description

515wvctxoを購入しました。

-100
description

bqjlbkqiqを購入しました。

-100
description

56wok7fn2を購入しました。

-100
description

imlddu6f2を購入しました。

-100
description

qbhsbhix0を購入しました。

-100
description

916upqe37を購入しました。

-100
description

i5k31kzmyを購入しました。

-100