kinoko86

kinoko86

投稿はまだありません。

Epic Cashの紹介とマイニング始め方

今回は今注目のコインEpic Cashの紹介とマイニングの始め方を書いていこうと思います。 Epic CashとはMimbleWimbleテクノロジーを使った、プライバシーを重視した暗号資産です。BTCは素晴らしい暗号通貨ですが、fungibility(交換できるまたは置き換えることのできる特性)という点、プライバシーという点において問題があると一部の人たち(Charlie Leeや、Andreas Antonopoulos)に語られています。例えば、アメリカのテロリストや、それに関わると思われる人達のWalletから何かのきっかけでBTC,ETHなどを受け取ったとすると受け取った人もブラックリストに載る可能性もあるという問題を解決するものがFungibilityのあるコインです。 https://epic.tech/ Grin、BEAM、Epic Cashの違い   簡単に表にまとめてみました。EpicCashはBEAMや、Grinと比べると後発のプロジェクトですが、3つのアルゴリズムでマイニングできる、最大発行枚数がBTCと同じ21M枚、(少し古いノートPCなどの)CPUでもマイニングできるという点が個人的に気に入った要素です。Beamはイスラエル企業が2018年にスタートアップとして始めたプロジェクトで、Grinは2016年ごろからコミュニティやボランティアが始めたプロジェクトです。Epic CashもコミュニティやボランティアとAnonymousなリーダーが中心となって始めたプロジェクトです。 Grinは、素晴らしいプロジェクトだと思いますし実際にマイニングもしているのですが、最大発行枚数が無限大ということで需要供給のバランスが崩れた時に一気に値崩れする可能性があります。 EpicはBTCと同じ最大発行枚数で、CPU、GPU、ASICマイニングと3つのアルゴリズムがあるところが強みですね。 上のテーブルはマイニング開始からの日数とCPU,GPU,ASICの比率を表しています。現状(2020/

Epic Cashの紹介とマイニング始め方

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する

Ethereumを主としたDeFiはこの業界ではすっかりバズワードとなり、多くの人が知るところとなりました。 DeFiではDecentralizedな性質上、何かの資産を担保に何かをするというタイプのサービスが多いです。最も著名なのはETHを担保にDAIというUSDペッグに"近い”性質を持つステーブルコインを発行するMakerDAOでしょうか。 そして借りたDAIをレンディングしたり、ETHやDAIでデリバティブを使ったり、DAIで何かを支払ったり、他の資産を買ったりという具合です。勿論DAIを借りて返す事に手数料となる金利が発生するのが一般的ですがそれを上回るリーたんが取れればアービトラージ的な事も可能という事です。 ただしこうした運用にはリスクがあります。リスクの考え方や適正は人それぞれで、取引所に預けておくのが安心な人もいれば自分のWalletでないと嫌な人もいるし、レンディングはOKだったりNGだったり、それらもサービスや取引所によってリスク度合いや好みが違ったりと様々… 今回紹介するのは手持ちのBTCをWBTCというERC20のBTCに交換し、それをEthereum DeFiで運用する足がかりにするという話になります。また基本はBTCやWBTCは売らずにホールド路線である為にこんな回りくどいやり方をする訳です。該当するのは下記条件に当てはまる方のみです BTC現物ホールド派 DeFiでの運用に興味があり、自分で調べ、試す方 運用による損失リスクを受け入れられる WBTC向けカストディアンであるBitGoをトラストするという妥協(限られた販売代理店しかBTCを出し入れしないので、取引所と比較すれば遥かにマシではある) BTCからWBTC変換の税的解釈は不明瞭で利確扱いの可能性もある 自分で挙げておいてなんですが、相当厳しいですね… 超古参で利確扱いされたら困る人には合わないかもしれません。比較的最近の人でBTC売買しても良いけど基本ホールド派みたいな人向けですね。 またこれは投資そのものを推奨するものはありません。あくまでも活用法としての紹介です。 この後続く内容としては下記の通りです。ちなみに私は実際にBTCをWBTC化して運用をはじめたのですが、結構悪くないと思ってます。 BTCをWBTCに交換するお薦めの手順 WBTC交換後の運用方法紹介としてTokenSetsとMakerDAOについての簡単な解説            

BTCを担保にEthereum DeFiを利用する

ハイテク株投資家と草コイナー

こんにちは、カラコンルです。   COVID-19の影響で3月の株式市場は大混乱に陥り、ほぼ全ての金融資産が暴落する事態にまで発展しましたが現在年初来でNASDAQ総合指数はプラスになっています。(ビットコインもプラス) NASDAQは世界最大の新興企業向け株式市場でハイテク企業などの技術的新規性の高い企業が多数上場しています。 ※写真はNASDAQの年初来チャートです   元々ハイテク株は不況に弱いと言われ、リセッション(景気後退)が起きた時には最も高い下落率をもたらすと言われてきました。しかし、今回のコロナショックでは初動では高い下落率を記録したものの、米国の代表的な指数であるS&P500が未だに年初来リターンがマイナスなのにもかかわらず、ナスダック総合指数はプラスになったのです。 なぜハイテク株は最も早く復活したのかハッキリとした理由はわかりませんが、おそらくCOVID-19によるリモートワーク(Work From Home)の影響が強いと思われます。あまり進んでいなかったリモートワークがSocial Distancingの錦の旗の元に急激に進んだことによりZoomなどの新興ハイテク企業は新高値を更新し、GAFAMなどの巨大IT企業の株価も年初来でプラスになりました。   こうしたことから「ハイテク株は暴落しない」「ハイテク株は好況にも不況にも強い」「ハイテク株はディフェンシブ」という言葉が流行りました。

ハイテク株投資家と草コイナー

虹を見て何を感じますか?

・場所:三重県鈴鹿市 ・日時:2019年12月27日 ・撮影機器:IPHONE X(加工一切なし) 56年間生きてきて、最もパーフェクトな虹を見かける機会に恵まれました。こんなのはこれが最初で最後かも・・・。こんなに完璧でなくても、僕は虹を見ると立ち止まります。仕事で車を運転していたら、停めて、数分は見続けます。自然に対して敬意を感じられる瞬間は見逃したくないからです。 さあ、この完璧な全体像をご覧になりたければ、ビットコイン or ポイントくださーい ♡ スポットライトが価格設定機能が追加されたので、試させてもらいたく、いつもより100倍の価格設定とさせていただきます。頂いたポイントは換金せずに、投げ銭をしたり、他アカウントに回させていただくことをお約束します! 通常:1ポイント=1SATOSHI=約0.01円* 今回:100ポイント=100SATOSHI=約1円* * レート1BTC=1,000,000円で単純算定しています * 参考:価格設定の上限は「100,000ポイント=100,000SATOSHI」ということは・・・、なんと「1,000円」!

虹を見て何を感じますか?

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

2020年5月20日夜、11年以上ぶりに2009年2月10日にマイニングされたビットコインが移動されました。 取引記録→Blockchain.info ビットコインの最初のブロックが採掘されたのは2009年1月9日のことで、今回動いたコインが誕生したのは3,654ブロック目のことです。(つい最近の半減期が630,000ブロック目だったので、どれくらい最初のほうかわかりますね。) このコインについて、「サトシか?」という疑問が湧くのは当然のことかと思います。当時ビットコインのソフトを動かしてマイニングしていた人物など、多く見積もって数十人というところだったでしょうから。 2013年の記事で、初期のビットコインマイニングのプライバシー面での欠陥に注目し、サトシと見られる主体をパターンから発見したというものがあったので、同じ著者による2019年の追記と合わせて意訳して紹介します。 元記事→"The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius" 追記→"The Return of the Deniers and the Revenge of Patoshi" 初期のビットコインマイナーの欠陥と「Patoshi」 欠陥① ExtraNonceが新規ブロック発見ごとにリセットしないため、マイナーを区別することができる 新しいブロックを採掘したマイナーはコインベーストランザクションというもので新規発行のコインを入手できるのですが(当時は50BTC)、初期のコインベーストランザクションにはExtraNonceという情報が記録されていました。 マイニングにおいて、新しいブロックを発見するのはNonce(ナンス)という数字を見つける作業に他ならないのですが、32ビットのナンスを1から順番に増やしていくという作業をイメージしてください。 ある程度の時間が経つと、ナンスは32ビットに収まらなくなり(オーバーフロー)、再び1から数え始めることになります。そのとき、ExtraNonceに1を加算することになっており、実際に採掘されたブロックにはナンスと採掘時のExtraNonceが記録されます。 欠陥は、新しいブロックを見つけ

11年ぶりに動いたビットコインはサトシのものか?

DeFiトークンの投資尺度

こんにちは、カラコンルです。   暗号通貨(暗号資産)にはコモディティ的なビットコイン(PoWコイン)のようなものもあれば、キャピタルアセット(株式のような)的なトークンもあります。  キャピタルアセット的なトークンの適正価値はどれくらいなのか?ということは今まで検証するのは難しかったです。   例えば、株式であればPER(株価収益率)という投資尺度があります。Price Earning Ratioの略で1株当たり純利益の何倍まで買われているかを見ることができます。 PER=株価/1株当たりの純利益 で求められます。 キャピタルアセット的な暗号通貨だとPERのような尺度は大変重要です。 トークンのPER=トークン価格/1トークン当たりの収益 で求められます。 実はこれ一瞬で見れるサイトがあります。 Token Terminal 図1.各プロトコルのP/E このP/Eという部分を見ればPERがわかります。  

DeFiトークンの投資尺度

ビットコインは高級おもちゃ?

こんにちは、カラコンルです。   「ビットコインはビットコインだ、デジタルゴールドではない」という意見はビットコイナーの中でよく聞かれますが、そうだなと思いつつ(但しデジタルゴールドと宣伝した方が分かりやすいので自分個人はデジタルゴールドと言っている)、ビットコインって暗号通貨投資家以外の投資家からどう思われているのかな?と気になりました。 ビットコインの価格は現在100万円を越えていて、時価総額は約18兆5000億円程です。Silver(銀)の時価総額が1.5兆円(調べるサイトによってかなり違うが)だとすると、最早トレードのおもちゃではないとも言えそうです。株式投資ブロガーもビットコインを将来の安全資産として取り上げるようになってますしね。   ただ、Gold(金)の時価総額は約900兆円なのでGoldに比べるとビットコインの市場規模は大分小さいです。 だからデジタルゴールドって言われるほど巨大でもないですし、だからと言ってトレードのおもちゃってわけでもないかなって感じですね。   ここ数日良い言い方を色々考えてみたのですが、全然思いつきませんでした、、、 「ソニーの本質は高級なおもちゃ会社」 ですが、この記事を見て「あっ!高級なおもちゃってなんか良い表現じゃん」と思ったわけです。(記事の内容とは関係ないです) ※ここから長い画像が出るので注意

ビットコインは高級おもちゃ?

dAppsゲームはオワコンか?

こんにちは、カラコンルです。 昨日5月12日に4年に1度の大イベント、ビットコインの半減期を迎えました。朝の4時30分頃?だったので眠い目を擦りながら起きていた方も多いのではないでしょうか。(僕は死ぬほど眠かったw)   さて、話は変わりますが皆さんNFTをご存知ですか? NFTとはNon-Fungible Tokenの略で代替不可能なトークンのことです。NFTはERC721規格で発行され、唯一無二の価値を持ちます。普通のトークンとは何が違うのでしょうか? 例えばA君とB君がいたとして、A君の持っている1円とB君の持っている1円の価値は同じで交換しても価値は変わりません。そのため円はFungible(代替可能)だと言えます。ビットコインの場合でも同様です。 しかし、A君が描いた絵とB君が描いた絵は当然違うものであり交換したら価値が変わってしまいます。つまり、唯一無二でNon-Fungible(代替不可能)だと言えます。 つまり、NFTは代替不可能で固有の価値を持つトークンです。NFTはゲーム内の資産(土地、絵、キャラ)として使われるのに相性が良いです。 実際に使われた事例(いわゆるdApps)がCrypto kitties,My Crypto Heroes,Etheremonなど多数あります。dAppsとはブロックチェーン上で動く分散型アプリケーションのことです。   実際の価格で取引もされるためのNFT専用取引所もできました。世界最大のNFT取引所はOpenseaです。Openseaは過去に約422万ドルの資金調達に成功しています。   また、実際の価格で取引されることによってバブルも引き起こしました。最も高い価格で取引されたゲームがCryptokittiesでした。

dAppsゲームはオワコンか?

Stock-to-flow Modelの弱点

こんにちは、カラコンルです。   昨日の記事「ビットコインは割高か?」でStock-to-flow Modelを紹介しました。Stock-to-flow Modelは供給量に注目し、 SF=stock(現在存在する量)/flow(年間生産量) の式からSFの値が希少性を表し、それによって市場価値などを用いて価格を予測するという方法です。   しかし、Stock-to-flow Modelにも問題点が存在します。それは供給量だけに注目し、需要を考えずに価格を予測していることです。価格は本来需給と流動性によって決まりますが、Stock-to-flow-Modelでは1つの側面でしか見ていません。   そこで、ネットワークの取引数量にも注目しようと言う考えがNVT比率です。NVT比率はNetwork Value to Transaction比率のことで時価総額をビットコインのネットワークの日又は週ごとにやり取りされるドル総額で算出したものです。  

Stock-to-flow Modelの弱点

草コインはサイドチェーンを使え!

突然ですが、モナコインはお好きですか?モナコインとは Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。通貨単位表記は「MONA」。(Wikiより) 日本独自のコインなのですが、以下に2020/5/7時点の統計データを記載してみました(Coingecko調べ)。 時価総額   :100 億円 取引量(日) :3.5億円 ランキング  :61位 統計データによれば暗号資産の中でも上位100位にランクインしているし、そこそこ知名度もあると言ってもいいのではないでしょうか。また取引量も日に3.5億円もあります。 ちなみにビットコインの時価総額18兆円は、取引量は4.8兆円もあります。すご! ちなみにちなみに、トヨタ自動車の時価総額は20兆円ほどです。 と、統計データはこの辺にして、本題に移りたいと思います。

草コインはサイドチェーンを使え!
description

0i5m10bq5を購入しました。

-100
card_giftcard

kinoko86さんから 投げ銭がありました。

5000
description

cud0nyqt9を購入しました。

-200
description

cud0nyqt9を購入しました。

-800
description

fddjdhk6jを購入しました。

-100
card_giftcard

kinoko86さんから 投げ銭がありました。

1000
description

93ob9k5fxを購入しました。

-100
description

5f84tntouを購入しました。

-100
description

l42xdjfc0を購入しました。

-100
description

4hjdzen86を購入しました。

-100
description

onybd70nxを購入しました。

-100
description

jdmiw2innを購入しました。

-100
description

b0k6jzppaを購入しました。

-100
description

hwt25t01qを購入しました。

-100
description

x5yzq0l7wを購入しました。

-100
description

vrm7c4xpuを購入しました。

-100
description

u3u1ekumlを購入しました。

-100
description

gveljy3o5を購入しました。

-100
description

bqjlbkqiqを購入しました。

-100
card_giftcard

kinoko86さんから 投げ銭がありました。

1000