bitmania

bitmania

bitmaniaはBTC/JPYやMONA/JPYなどをレバレッジ100倍で取引できるゼロカットシステム採用の次世代仮想通貨デリバティブ取引所です。

ビットコインの金利に着目した投資戦略

はじめに 今回はビットコインの金利に着目した投資戦略に関して記事を書きたいと思います。年5-10%のリターンをビットコインの価格変動なしで得る方法を解説したいと思います。投資戦略を理解するのにデルタ・ニュートラルの意味を理解していることが前提になりますので、ここら辺の知識があやふやな場合は以下の記事をお読みください。https://spotlight.soy/detail?article_id=58zw104g4   下準備 この戦略を遂行するには以下のものが必要になります。・ビットコイン・仮想通貨デリバティブ取引所のアカウント・仮想通貨貸借サービスのアカウント 下準備として仮想通貨デリバティブ取引所および仮想通貨貸借サービスでのアカウントを開設しましょう。仮想通貨デリバティブ取引所はもちろんビットマニア(https://bitmania-ex.com/)をオススメしますが他の取引所でも問題ありません。(ドル円の変動を受けたくない場合はビットマニアをご利用ください。) 次に仮想通貨貸借サービスですがこちらは様々なところがあるので以下一覧を載せます。もらえる金利や信用性で選びましょう。このブログではBlockFiの金利を使用して解説します。 海外業者BlockFi : https://blockfi.com/Celsius : https://celsius.network/Nexo : https://nexo.io/earn-interest 国内業者Coincheck:https://coincheck.com/ja/lendingGMO:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/lending/bitbank : <a href="https://support.bitbank.cc/hc/ja/articles/360036057594--%E6%9A%97%E5%8F%B7%E8%B3%87%E7%94%A3%E3%82%92%E8%B2%B8%E3%81%97%E3%81%A6%E5%A2%97%E3%82%84%E

ビットコインの金利に着目した投資戦略

テザーについて

はじめに 本記事ではステーブルコインであるテザーについて解説します。テザーの基本および発行方法や償還方法を解説します。その後テザーの発行要因とテザーを使用する際のリスクを見ていきます。最後に他のステーブルコインと比較して競争優位性を明らかにします。   テザーの基本 テザーはテザー社が発行した時価総額約1兆円の仮想通貨であり、時価総額ランキングは3位です。テザーは1USDT=1USDにペッグされており、ステーブルコインの中で最も使用されています。   テザーの発行および償還方法 テザー社はfiatを担保にビットコインやイーサリアム、トロンなどのブロックチェーン上にテザーというトークンを発行しています。例えばUSDTはUSDを担保にテザー社が発行しています。 発行手順は以下の通りです。1.USDTを手に入れたい企業あるいは個人がテザー社の銀行口座にUSDを送金する2.テザー社はそれと同金額のUSDTを発行し、それを先方のアドレスに送る。 償還手順は以下の通りです。1.USDTをテザー社が管理するアドレスに送ります。2.テザー社はそれと同額のUSDを銀行口座から送金します。 どのチェーンにどのFiatを発行しているかはテザー社の公式ページで公開されています。https://wallet.tether.to/transparency     テザーの発行要因 テザーが発行される要因を列挙しました。 1.Fiatをテザー社に送金し、テザーを手に入れて、それを仮想通貨取引所で仮想通貨購入に使用するため。2.トレーダーが仮想通貨が一時的に下落すると見込み、仮想通貨を売却してテザーにする。これを受けて、取引所はテザーが一時的に不足して、テザー社にテザーを発行してもらうことがあります。その結果、テザーの供給が増えます。 3.銀行を介してOTC取引をしたくない人がいます。これはAML/KYC上の理由によります。これらの人々はFia

テザーについて

XRPの中央集権性について

  概要 本記事ではXRPのコンセンサスアルゴリズムについて解説します。コンセンサスアルゴリズムは一般的にテクニカルであり、多くの人が見落とすところだと考えられます。しかし、コンセンサスアルゴリズムがプロトコルの中央集権性を決定し、どのように攻撃されるリスクがあるかを示唆するので重要です。 本記事では最終的になぜXRPのコンセンサスアルゴリズムが中央主権的か明らかにします。また、リップル社はXRPとは無関係という主張とは相反して、リップル社がXRPのコンセンサスプロセスに多大な影響を与えていることも明らかにします。   リップラーによるXRPコンセンサスアルゴリズムの解説記事 例えばこちらのサイト(https://gtgox.com/)はGiantGox(https://twitter.com/GiantGox?s=20)という著名リップラーが運営しており、リップルのコンセンサスアルゴリズムについて以下のように述べております。 https://gtgox.com/top-9-frequently-asked-questions-about-ripple-and-xrp/#XRP_Ledger 以下はリップル社の公式ページであり、リップルコンセンサスレジャーは中央集権的でない理由として以下を上げてます。 https://ripple.com/insights/xrp%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%

XRPの中央集権性について

ビットコインは2.2億円まで上昇する!?

この記事ではビットコインの将来価格について考察したいと思います。 ビットコインは投資対象のアセットです。それは多くの取引所で取引されていることから明らかです。しかし株式や債券、不動産と違ってキャッシュフローを生み出さないため、単純にこれらのアセットと比較することはできません。そこでビットコインの特徴を洗い出すことでどういうアセットであるかを探ります。 ビットコインの特徴 そこでビットコインはどういうアセットなのかを考察したいと思います。 ビットコインは一言でいうと供給量が一定で対検閲性を備えた経済的価値の移転を可能とするSoV(Store of Value)です。 ビットコインの供給量・・・2140年までに2100万枚が段階的に発行されることがソフトウェアに組み込まれており、これを変更するのは至難の業です。ビットコインの対検閲性・・・ビットコインはPeer to Peerに送付されるため、トランザクションを取り締まることは非常に難しいです。 またビットコインは持ち運びに適しており、USBスティックや人によっては頭の中に数千億円のビットコインを保管することができます。今後はLightning Networkなどの2nd layerが発達することによって、1円以下のマイクロペイメントも一瞬でできるようになります。 これらの要素からビットコインは価値の保存として適していることが分かります。   デジタル・ゴールド 価値の保存として太古から人類に使用されてきたのが金であり、ビットコインがデジタル・ゴールドと形容されるのはそのためであります。金は大昔からあるという利点を除いて、ビットコインは金より優れている点が多いです。したがってまず金の時価総額を一つのプロクシーと考えてみましょう。 金の時価総額は約1,200兆円です。   租税回避!? 富裕層はオフショアのタックスヘイブンに莫大な富を保有しています。タックスヘイブンに資産を保有することによって税金を回避し、政府から資産を凍結されるリスクを回避しています。租税回避の倫理的側面は別問題として、ビットコインにこのような用途があるのは事実です。したがって、タックスヘイブンで保有されている資産はビットコインのターゲットとなります。オフショアのタックスヘイブンに置いてある資産は4,000兆円にものぼる可能性があるとIMFは推計しています。   キャッシュフローを生む資産も価値の保存手段 価値の保存をする際、人々は金だけを保有するわけではありません。株式、債券、不動産に投資する理由として資産を増やすという意味もありますが、単純に資産を置く場所を求めているのも動機です。実際、東京やニューヨーク、ロンドンの不動産には一定期間

ビットコインは2.2億円まで上昇する!?

現代貨幣理論(MMT)とは

なぜMMTの記事? 最近は仮想通貨界隈でもMMT(Modern Monetary Theory)に興味を持つ人が増えているため、この記事を書くことにしました。仮想通貨界隈ではMMTは不人気であり、特にビットコイナーからは激しく批判されることが多いです。しかし、必ずしも正しい理解に基づいた批判ではないこともあり、まずは正確にMMTとは何かを理解することが重要と考えます。 租税貨幣論 MMTを理解する際にはまず、貨幣はなぜ人々に受け入れられているのかについて知る必要があります。ただの紙切れである1万円札に対してなぜ人々は価値を感じるのでしょうか。MMTでは租税貨幣論に基づいて貨幣を分析しています。租税貨幣論とは税が貨幣を流通させるという理論です。具体的にどういう意味かを以下で説明します。 政府はまず国民に対して税を課します。これは一方的かつ強制的に行われます。実際税金を支払わない場合、懲役または資産を差し押さえられてしまいます。政府は税を課す際、自国の通貨で税金を支払うように設定します。日本の場合ですと日本円です。国民は生まれながら納税という債務を持っており、この債務を解消するために日本円を必要とします。よって日本円および税金は以下のように分類されます。国民にとって、日本円は資産、税金は負債。政府にとって、日本円は負債、徴税権は資産(債権)。 なお時系列は、1.政府が国民に日本円での税金を課す。2.国民は税金を支払うために政府に対して労働力を供給し、日本円を受け取る。3.政府が徴税権を行使して日本円を回収する。となります。国民はもちろん政府支出以上の日本円を支払うことはできないため、総政府支出>総徴税額が常に成り立ちます。 総政府支出>総徴税額が常に成り立つということは政府は恒常的に黒字を出すことは出来ないことを意味します。したがって、このフレームワークでは必ずしも政府の赤字は非難の対象とはなりません。 租税貨幣論はあくまで貨幣が成り立つための十分条件であり、必要条件ではありません。ヤップ島の石貨のように税による強制力が及ばない貨幣も存在します。しかし現代の高度に発達した国家はすべからく税を国民に課しており、租税貨幣論が成立します。 上記の議論で読者の中には納税のために日本円が欲しいと思ったことはないと主張するかもしれません。実際、ほぼすべての国民は毎月の給料から自動的に税金が差し引かれており、納税する感覚が薄くなっていても不思議ではありません。その結果、貨幣を商品の交換のための特別な商品として見て、貨幣は貨幣だから貨幣であるという共同幻想こそが駆動力であると感じてしまうのかもしれません。 政府はデフォルトしない 租税貨幣論では政府支出は回収する税金によって制限されていないことが分かりました。 政府は自由に貨幣を創造できることから、国債はあくまで政府のポリシーとして金利を受け

現代貨幣理論(MMT)とは

ビットコインとは

今回ビットコインとはなにかについて簡単な記事を書きました。   ビットコインの生い立ち ビットコインは2008年10月にSatoshi Nakamotoと名乗る人物がホワイトペーパーを公開したことによってはじまりました。https://bitcoin.org/files/bitcoin-paper/bitcoin_jp.pdf その3か月後にビットコインのソフトウェアがオープンソースで公開され、運用が開始されました。それから今日に至るまでの11年間において、約99.98%のアップタイムを実現しており、かなり丈夫なデータベースであることがわかります。http://bitcoinuptime.com/ ではビットコインという分散台帳がなぜ今日に至るまで問題なく運用されているかを知るために、ビットコインの仕組みを見てみましょう。   ビットコインの概要 ドルだとFRBや日本にはBOJといった中央銀行がそれぞれの管理者として通貨の発行をコントロールしていますが、ビットコインには中央管理者がいません。またビットコインには誰が誰にいくら送金したかという台帳を管理する中央的存在(銀行)が存在しません。 ではビットコインを管理しているのは誰でしょうか。答えは皆さまです。 より詳しく説明しますと、ビットコインの世界ではだれでもノードを立ち上げ、今まで起きたすべてのトランザクションを確認することができます。これはすべてのトランザクションが含まれた台帳を各ノードが管理しているということを意味します。そして台帳の中身を10分に1回みんなで共有し、齟齬がないかを確認しています。結果としてすべての人が同じを台帳を持ち、帳尻が合うようになります。     マイニングの仕組み ではビットコインはどのように生成されているのでしょうか。 マイナーという存在がブロック報酬を手に入れるため、パズルを解いており、一番最初にパズルを解いたマイナーが報酬を手に入れる仕組みとなっております。4年間ごとにブロック報酬は半減する仕組みとなっており、はじめは50ビットコイン/ブロックの報酬でしたが、現在は12.5ビットコイン/ブロックであります。2020/5/11頃に半減期に突入し、マイニング報酬は6.25ビットコイン/ブロックとなります。 そもそもなぜマイナーは膨大な計算資源を要するパズルを解いているかというと、トランザクションの順位付けをするためです。これによって二重支払いを防いでおります。この膨大な計算資源を費やすことをProof of Workと呼ばれており、文字通りブロックを生

ビットコインとは

アカウント登録、入金、取引、出金するまで

bitmaniaにアカウント登録、入金してから出金するまでの一連の流れについて書きました。 bitmaniaに登録https://bitmania-ex.com/ に行き、メールアドレスとパスワードを入力する。利用規約に同意した上で新規登録ボタンをクリックする。   登録したメールアドレスにメールが行くので、そのメールに含まれているurlをクリックしてアカウント登録は完了です。  入金方法右上にある入出金アイコンをクリックする。  一番上に出てくるビットコインアドレスあてにビットコインを送付すると入金になります。2つの承認を確認した後入金が完了します。   証拠金の振り替え方法入金した後、トレードしたい銘柄の証拠金にビットコインを入れてください。例えばMONAJPYをトレードしたい場合は、ウォレットから証拠金に移動で証拠金に移したい金額を入力して移動させてください。 そのあとは自由にその銘柄をトレードできます。  トレード方法取引したい銘柄のページに行きますと、ページの左にある下記の注文画面で取引することができます。 <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-

アカウント登録、入金、取引、出金するまで

資金調達手数料の仕組み

資金調達手数料の概要 bitmaniaでは現物取引は一切行われておらず、BTCを担保としたデリバティブ取引のみが可能となっております。デリバティブのみ取引可能な取引所では現物との価格乖離を防ぐ仕組みが必要であり、bitmaniaでは資金調達手数料の仕組みが導入されています。 具体的には下記のように資金調達手数料の徴収・付与が行われています。デリバティブ価格がIndex価格を上回っている場合、ロングポジション側がショートポジション側に資金調達手数料を支払います。Index価格がデリバティブ価格を上回っている場合、ショートポジション側がロングポジション側に資金調達手数料を支払います。 なお、取引所はもちろん資金調達手数料を受け取ることはありません。あくまでもユーザーの間で受け取り・支払いが発生しています。  資金調達レートの計算方法 資金調達手数料を徴収・付与する16時間前から8時間前に、1分ごとにインデックス価格とデリバティブの取引価格をそれぞれ算出し、その差をとります。その差をそのときのインデックス価格で割り、これを8時間分合計して平均をとったのが資金調達レートとなります。 下記計算式で資金調達手数料が計算されております。資金調達手数料=資金調達時に持っているポジション * 資金調達レート 例:資金調達レートが0.05%の状態でロングポジションを10BTC分持っているとき、資金調達手数料=10 * 0.05% = 0.005 BTCを支払うことになります。このとき10BTC分ショートしているユーザーは0.005 BTC分を受け取ります。 ※資金調達レートの最大値を0.375%,最小値を-0.375%でキャップしております。  資金調達時間 資金調達手数料は8時間ごとに徴収・付与されます。徴収・付与時間は6:00, 14:00, 22:00 JSTの計3回となっております。 資金調達手数料に着目したトレード戦略 資金調達手数料の説明は以上になります。資金調達手数料を用いた戦略はいろいろ考えられ、様々な取引所を用いて面白いポジションを構築することが可能になります。例としてbitmaniaとbitmexの間の資金調達手数料の差を裁定する取引などが考えられます。実際、3月7日におけるETH,XRPの資金調達手数料はbitmaniaでは0bps/8hrs近辺なのに対して、bitmexは8bps/8hrs近辺であります。bitmaniaでETHJPYをロングして、bitmexでETHUSDをショートして疑似デルタ・ニュートラルポジションを構築しながら8bps/8hrsを手に入れることが可能

資金調達手数料の仕組み

デルタ・ニュートラルとは?

本記事では最小コストでBTCJPYのポジションをデルタ・ニュートラルにする方法を解説します。 そもそもデルタとは?デルタとはBTCの微小変化(例えば1%)に対してPnLがどれぐらい変化するかを表す指標です。例:bitmaniaで1契約ロングした場合のデルタは10000*0.01=100JPYです。すなわちBTC価格が1%動くとPnLが100円分変化します。 デルタ・ニュートラルとはBTC価格が変化してもPnLに影響を与えないポジションを指します。もちろん現物のビットコインを一切持っていないユーザーのデルタはゼロです。この記事を読んでる人達の多くは現物のビットコインを持っていると思われ、本記事でデルタ・ニュートラルに持っていく最も効率的な方法を解説します。  デルタ・ニュートラルにする方法結論から言えば、BTCJPY価格 * 保有しているビットコインの枚数/10,000 分をbitmaniaでショートすればデルタ・ニュートラルとなります。例:2BTCを保有していて、そのときのBTCJPY価格が950,000円だと仮定しましょう。このとき、950,000 * 2 / 10,000 =190となり、bitmaniaで190枚の契約をショートすればデルタ・ニュートラルとなります。 このとき実際にBTCJPY価格が変動した際にPnLがどうなるか見てみましょう。BTCJPYが950,000円から1,100,000円に上昇したとします。このときbitmaniaでのPnLは(1/1,100,000-1/950,000) * 190 * 1000 = -0.272727 btc(約-300,000円)となります。現物の2BTCのPnLは(1,100,000-950,000) * 2 =300,000円となります。ポジション全体のPnLは0となりデルタ・ニュートラルであることが確認できます。  なぜbitmaniaでデルタ・ニュートラルにするべきか取引所の収益はおおむね2通りあります。1.売買手数料2.ポジション管理手数料 2のポジション管理手数料をとる取引所はデルタ・ニュートラルのポジションを持つのに適しておりません。例えばポジション管理手数料が0.04%/dayの取引所で、2BTC分のポジションを1か月間デルタ・ニュートラルの状態にした場合、支払う手数料は、950,000 * 2 * 0.04% * 30=22,800円です。(計算簡略化のためBTCJPY=950,000で固定しました。)デルタ・ニュートラルの状態を保つ期間が長ければ長

デルタ・ニュートラルとは?

5分で分かるALTJPY FX

はじめにこの記事ではALTJPY FXの仕組みを簡単に説明します。様々なアルトコインがありますが、今回はMONAJPYで説明します。 詳細を知りたい方は下記ドキュメントをご参照ください。https://bitmania-ex.com/AltContractDetail?symbol=MONAJPY 1契約のサイズ弊社のALTJPY FXは1契約の大きさがそれぞれのBitcoin 乗数によって異なります。ALTJPY FXの契約サイズ = ALTJPY価格 * Bitcoin 乗数例えばMONAJPYの場合、Bitcoin 乗数=0.00005 BTCです。 したがって、記事執筆時(2020/03/04時点)のMONAJPYの契約サイズは197 * 0.00005 BTC = 0.00985 BTCとなります。  レバレッジ100倍のレバレッジで取引可能です。  インデックスbitmaniaはIMONAというインデックス価格を使用して損益計算やロスカットを行っています。IMONAはbitbank,Zaif,Bittrexの3つの取引所のMONA現物価格をそれぞれの出来高でウェイトして計算しております。具体的なウェイトは下記ドキュメントを参照ください。https://bitmania-ex.com/doc/ja/Rule#index-price  実勢価格との乖離防止方法bitmaniaはファンディングの仕組みを採用して実勢価格との乖離を最小化しております。  手数料Taker は手数料を支払いますが、Maker では手数料を受け取ります。 テイカー手数料:0.075%メイカー手数料:-0.025%  ゼロロスカット保険基金およびデレバレッジの仕組みでお客様が追証を受けることはございません。詳細は以下ドキュメントをご参照ください。https://bitmania-ex.com/doc/ja/Rule#insurancehttps://bitmania-ex.com/doc/ja/Rule#deleverage  最後にアルトコインをレバレッジ100倍で取

5分で分かるALTJPY FX

USDC/USDTのBlacklistと担保資産

ここ二日間でUSDCとUSDTそれぞれで特定アドレスのUSDC、USDTがそれぞれ凍結されました。 USDCを例に挙げると、凍結アドレスではUSDCの送受信が出来なくなります。つまり持っていても送れない、受け取れない訳です。対象のアドレスはこちら https://etherscan.io/address/0xaa05f7c7eb9af63d6cc03c36c4f4ef6c37431ee0#tokentxns 良し悪しではありますが、基本的にこうした機能は法的に管理された法定通貨担保型ステーブルコインでは標準装備だと考えるべきでしょう。そうでないと大手を振って扱えないと考えられます。 こうした問題は普通の人は自分は無関係だと思いがちですが、誤認凍結が発生する事もありえますし、中国の様な強権の下ではブラックリストの意味合いが全く違うと思われます。なので自由を重んじるクリプト界隈では忌み嫌われる傾向が強いでしょう。 ちなみにこうした規制に強いのは合成資産型ステーブルコインであるDAIやsUSD、mUSD、USD++みたいなタイプのステーブルコインです。(多くはあまり直接的な用途がなくファーミング用みたいな存在ですが一応) そして問題なのは凍結アドレスが担保としてCompoundやMakerDAOにUSDCを入れている場合はどうなるのかです。MakerDAOがUSDCを担保追加した際にはここで意見が別れました。 以下は個人的な考察です。

USDC/USDTのBlacklistと担保資産
100

ドストエフスキー的自由

海外のビットコイナーガチ勢から、「メガバンクの権力から解放されて、お金を自分でコントロールできるようにしようぜ」、というような言葉をたまに聞きます。 僕がビットコインを好きになった理由は、「インターネット上で自由にコインを送金できる」という、今までに経験したことのなかった体験ができ、かつ、エンジニアとしてその技術に興味をもったからでした。 ビットコインが人々を魅了する理由は人それぞれだと思います。ただ、大半の方は、儲けたから、または、これから儲けたいからという理由ではないでしょうか。換言すると、投機的な理由でビットコインに興味があるといえるのではないでしょうか。 実を言うと、僕がビットコインに興味をもち続けている理由の一つに「価格が上がるから」というのも含まれています。人間というものは実に愚かなもので、どうしてもギャンブルに魅了されてしまいます。

666

ライトニングネットワークの手数料市場

ビットコインの手数料は、マイナーに送金データをブロックへ取り込んでもらうために支払う手数料で、より早く送金完了したいユーザーはより多くの手数料を払う必要があります。言い換えると、ユーザー競合による手数料モデルです。一方、ライトニングネットワークは、ネットワークオペレーターが予め手数料を公開して、ユーザーがどのオペレーター経由で送金するかを決めます。そのため、オペレーター競合による手数料モデルと言えます。 オンチェーン送金の手数料:ユーザードリブン オフチェーン送金の手数料:オペレータードリブン オンチェーン送金の手数料市場は発達しているので、特に問題視されることは少ないのですが、オフチェーン送金の手数料市場は未熟でしばしば問題にされることがあります。c-lightningの開発をしているBlockstreamのデベロッパーであるRusty氏は以前、デフォルト手数料ポリシーを協調して各社引き上げようと提案をしたほどです。この背景として、LNノードを運用しているオペレータは手数料を調整することなく、デフォルト値のまま運用していることがありました。LNの手数料は1回の送金中継では1~10satoshiほどしか稼げません。より多くの送金を中継するには、多くのノードと接続する必要もあるため、企業などの大型LNノードや有名サービスを持っていないと、手数料を稼ぐことは現実的ではないのです。 例えば、1回の送金手数料を10satoshiと仮定し、100回/日の送金中継をした場合でさえ、10円/日しか稼げないんですね。 今回、オフチェーンの手数料市場について面白いデータを見つけたので、ちょっとご紹介をしようと思います。

ライトニングネットワークの手数料市場
1,000

おそらく誰でも儲かるビットコイン投資

タイトルがめちゃ怪しいですよね。 disclaimer 絶対儲かる話は絶対ないです。 しかし、本当に簡単です。ビットコインを青の時に買って、赤で売るだけ。移動平均線から解離すると赤になって行きます。有料部分にグラフあります。 このグラフが意味するのは、ビットコイン価格の200週間(約4年間)の移動平均は単純増加を継続してるです。注目すべきは縦軸が対数です。 このグラフはムーアの法則同様に実績値をプロットしただけで、単なる実績値です。ムーアの法則は半導体の容量は指数関数的に増大する(同じ容量ならば、指数関数的に価格が下がる)です。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87 ムーアの法則は驚くべき経験則で、なぜこれが成立しているのか?市場が要求していて、技術が応えられたから?が私の仮説です。ビットコインの価格も(ムーアの法則の様にシンプルな式ではないですが)実は指数関数的に増えてきました。これもおそらく市場が要求して、技術が応えているからと推測してます。そして、背後ではムーアの法則による半導体、計算機、ネットワークの機能向上の寄与があると推測してます。 ビットコイン価格上昇の裏付けとなる重要な事象は、 1. 世界の中銀が無尽蔵に通貨を発行する事。 2. ビットコイン開発者が、ベースレイヤー、ライトニング、Liquidの開発を継続して、その周辺で様々なアプリケーションが立ち上がる事。 3. バグがない事。 elementsを開発してたら、bitcoindのバグが見つかったと、Adam Backが書いていて、奥が深いというか、暗号と数学の話なので、素人に見つかるバグはないと思います。 本当に青で買って、赤で売る人がめちゃ増えたら、どうなるのか?ピークが前に倒れたり、低くなったりの微修正あると予測します。トレンドは維持されるでしょう。

おそらく誰でも儲かるビットコイン投資
100

5分でBitcoin Layer 2 キャッチアップ!

Bitcoin Layer2のイベントへ参加してきました(詳細はここ)。 会場はHashhubということで、名古屋から新幹線に揺られながら、久しぶりの東京へ。 久しぶりの東京だったので緊張しましたが、無事イベント会場へ到着。 50名ほどの方が参加されていました。 イベントでは3名がビットコインのレイヤー2の技術動向と今後の展望について説明されていました。 以下に各発表の概要をまとめたので、ビットコインのレイヤー2のキャッチアップとして読んでいただければと思います。

5分でBitcoin Layer 2 キャッチアップ!
1,000
card_giftcard

#にすた氏さんから 7mba2shwg へ投げ銭がありました。

114
description

6h42f0i0xを購入しました。

-100
card_giftcard

高井さんから kp0z84vz2が購入されました。

100
create

kp0z84vz2を投稿しました。

-100
card_giftcard

チャリティへ寄付しました。

-300
card_giftcard

Culi-zusiさんから w93tba8a2が購入されました。

100
create

qbjbxrtfaを投稿しました。

-100
card_giftcard

紫雲和尚さんから 7mba2shwgが購入されました。

100
card_giftcard

おねだり へ投げ銭しました。

-100
create

7mba2shwgを投稿しました。

-100
card_giftcard

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから w93tba8a2が購入されました。

100
card_giftcard

紫雲和尚さんから w93tba8a2が購入されました。

100
card_giftcard

RAPTORさんから qqbkmxcihが購入されました。

100
card_giftcard

匿名ユーザさんから qqbkmxcihが購入されました。

100
create

qqbkmxcihを投稿しました。

-100
create

w93tba8a2を投稿しました。

-100
description

4z7oy0ttrを購入しました。

-666
card_giftcard

Lapp へ決済しました。

-24004
card_giftcard

bitmaniaさんから 投げ銭がありました。

24000
description

buiccdzbyを購入しました。

-1000