マル・デビ

マル・デビ

投稿はまだありません。

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

MakerDAOと信用創造の考察

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

MakerDAOの債務危機に関して

信用創造(貨幣創造)

はじめに 本ブログはイギリス中央銀行が発行した「Money creation in the modern economy」の記事を意訳したものです(動画はここから参照できます)。この記事では、普段私たちが教科書や経済書籍などで習う信用創造の仕組みには大きな誤解があることを大胆不敵にも指摘しています。最初は狐に摘まれたように感じるかもしれませんが、何度も読むことで信用創造の仕組みや中央銀行の金融政策に対する真理を理解できるものと信じています。 原文はCredit creation(信用創造)ではなく Money creation(貨幣創造)という言葉を使っていますが、本ブログでは信用創造の誤解を解くために敢えて信用創造という言葉を使い解説していきます。   概要 このブログでは、どのようにして銀行が貸し付けを行うことでお金が作られるかについて解説しています。 実際の信用創造は、教科書などで説明されているものとは異なっています。銀行は預金者の預金を貸し出すための単なる仲介者ではなく、また、中央銀行のお金の量を操作することで市場の預金と貸出を創出しているものではありません。 信用創造によるお金の量は最終的には中央銀行の金融政策に依存します。通常時は、これは政策金利によって実施されます。また、中央銀行はQEを通して直接マネーストックの量に影響を与えることができます。   信用創造についての2つの誤解 大部分のお金は銀行の預金によって形成されています。しかしこの預金(以降、ストックマネーと呼ぶ)がどこから来るかについて誤解されがちです。1つめの誤解は、銀行は預金者の預金を貸し出すための単なる仲介者と考えられている点です。この考えでは、家計がお金を預けることで預金が作られ、その預金を企業へ貸し出します。実際は、家計がお金を預けると、その預金はモノやサービスの支払いのための支出として使われます。そ

信用創造(貨幣創造)

おもしろサービス×ビットコイン

スポットライト開発エンジニアの小川です。今回は、ビットコインの面白くかつ実用的なサービスの紹介をしたいと思います。 インターネット上のお金としてビットコインは非常に相性が良いと思いますが、ビットコインの送金には、10分の認証時間と数十円の送金手数料が必要で、さらに1円以下の少額決済は現実的にできない状況です。そこで、ライトニングネットワークという技術を活用してビットコインの高速、低手数料送金が可能となりました。スポットライトもこの技術を活用しています。僕はライトニングネットワークを活用したビットコイン決済を「ライトニングペイ」と呼んでいます。 ライトニングペイによる少額決済はインターネット上のコンテンツを1ページあたり購入したり、動画・音楽ストリーミングによる見た分・聴いた分課金など、今までにはできなかった新しい決済手段ができるようになる可能があります。 今回は、ライトニングペイを活用したギフトサービスを紹介したいと思います。このサービスは、ギフト用に送金したい金額を入力します(以下の例は1000 sats)。 「Create」ボタンを押すと、以下のようなQRコードが生成されるので、このQRコードに対してライトニングペイをします。 決済が完了すると、以下のようなギフト用のURLが生成されるので、これをプレゼントしたい人へ送ります。 <img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s

おもしろサービス×ビットコイン
description

utquws7hhを購入しました。

-100
description

altzjov28を購入しました。

-100
description

ol5v3phx4を購入しました。

-100
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000
description

mkwobd91gを購入しました。

-100
card_giftcard

Yuyaさんから 投げ銭がありました。

1000
description

icxh9th95を購入しました。

-100
create

zi7hhfgleを投稿しました。

-100
card_giftcard

マル・デビさんから 投げ銭がありました。

1000