😇

😇

GOLDとEthereumは"同じ理由"で失敗するかもしれない

ゴールドの失敗とはなんでしょうか?ethreum(PoS)の失敗とはなんでしょうか?それは、この二つが持っているある”共通の性質”に起因するものです。それを説明するために、まずは"希少性"について考えてみましょう。 希少性とはなんですか?ただ数が少ないだけのもの?そうではありません。数が少なく、なおかつ”誰もが欲しがる”ものでなくてはなりません。 「数が限られている」×「誰もが欲しがる」 このAND条件を満たさなければ希少性があるとは呼べないのです。 さて、ゴールドはどうでしょう?一般的に、ゴールドは希少性あるものとして認められています。しかし、あまりにも安定しすぎているその性質は、富を得たものが永遠に富を持ち続けることをあまりに容易にします。 ではイーサリアムなら?これも同じ事でしょう。(仮にそれに価値があるとして)持った者から奪うことは不可能ですし、保有するのにコストもかかりません。 最近では、「デジタルゴールドであるかどうか」という論点で皆が躍起になって争っています。BTCこそデジタルゴールドだ!ETHこそ良いお金だ! いやいや、その話は少し待ってください。皆さん大切なことを忘れてはいませんか? 「人間社会において、ゴールドは成功したんでしたっけ????」 ゴールドがうまく機能しなかったからこそ、法定通貨が生まれたのではなかったですか? それが「携帯性」や「強奪不可能性」を持ったらうまくいく! ・・・本当にそうですか??? 希少性の話に論点をもどしましょう。希少性とは、何か? 「数が限られている」「誰もがほしがる」この二つの重ね合わせの状態を、別の言葉で表現してみます。 「誰もが欲し

GOLDとEthereumは"同じ理由"で失敗するかもしれない

Proof of Stake の"報酬"は本当に必要か?

まずは以下の翻訳(筆者の意訳・要約であることに留意されたい)を読んでみてください。 "「ハッシュパワーが法律だ」という奴がいる。 それに対して「ユーザーが認めなければ関係ない」という反論もある。またそれに対して、「ハッシュが10倍になってもユーザーは従わないとでも?」という反論がさらに返ってくる。   「実世界が法律だ」という奴がいる。 「実世界の資産やビジネスをパブリックチェーンに保存しても意味はない。それはいつも空いている窓にお金をかけて防犯窓にするようなものだ。」と。   さて、この二つの話は同じような欠陥がある。   ハッシュパワーで占領してルールを変えてしまったり、全く新しいチェーンに残高を都合よく移動してしまうことは可能だが、ユーザーがソフトをアップデートしなければ意味がない。「この変更に従うのはやめておけ」という風説を流せばその占領は無効にできる。   同じように、パブリックチェーンにビジネスを保存してそれらに頼ることは、集権的な管理方法によって暴走した欺瞞に「従わない」という選択を可能にする。   ある状態からある状態に移るとき、集団Aにとっては都合が良くてもBにとっては良くない場合、全員が合意するのは難しいのは当然だ。そして、この"調整摩擦"を利用して中央集権的支配からの防波堤を築くことができるのだ。   これは、信頼を必要とするサービスであっても、すべてをブロックチェーン上に置くことが常に最適であると言っているのではない。ブロックチェーンアプリをユーザーに与えることで、少しでも信頼依存の最小化になればいいなという話だ。   私たちが望むのは、マイナーのカルテルがユーザーの同意なしに無効なブロックやルールを適用すると、それに従うためには全員がソフトウェアのアップデートを必要とするような状況を作り出すこと。これが満たされている限り、"協調摩擦"によるセキュリティという目的は達成されているはずだ。"   (Vitalik Buterin) これはEthereumの開発者による<a href="https://vitalik.ca/general/2017/05/08/coordination

Proof of Stake の"報酬"は本当に必要か?

サトシの夢は今も生きているか?

「(8月25日)閉幕挨拶 - Is Satoshi's Dream Still Relevant Today ?」を大手メディアはどこも取り上げないので、翻訳しました。 ーーーーーーーーーーー 翻訳者:Shilpin Lin 「サトシの夢は今も生きているか?」 氷見野良三 (JFSA/金融庁長官)による閉会の辞 / ブロックチェーン・グローバル・ガバナンス・カンファレンス(BG2C)にて(2020 年8月24日~25日に都内にて開催) 皆さんこんばんは。二日間に渡って積極的に参加頂きありがとうございます。 2008年10月、グローバル金融システムはメルトダウンの瀬戸際にありました。長年の実績がありまた信頼され権威もあった各金融機関は信用を失おうとしていました。その月、G7各国の金融大臣と各中央銀行総裁は当月の会合をワシントンDCで開き、アクションプランの一番上の項目は救済措置に関するものでした―「システム上重要性を有する金融機関を支援し、その破綻を避けるため断固たるアクションを取り、あらゆる利用可能な手段を活用する」 この信任の危機の最中、ナカモトサトシは静かに彼のビットコイン論文をメーリングリストに送ろうとするところでした。サトシは、いかに経済の中核インフラである決済システムが、信頼されるサードパーティが介在せずとも完全にピア・ツー・ピアで構築されることができるかを記述しました。匿名の人間から受け取ったビットコインが信頼できかつ真正であることを担保するのに造幣局も、銀行も、規制当局も、中央銀行も、金融大臣も、警察官も、検察も、裁判所も軍も必要としません。この提案並びにプルーフ・オブ・ワーク、タイムスタンプそしてビザンチン障害耐性を含む各概念はこれまで慣れ親しんできたシステムの性質について私達が熟考する助けとなりました。 以来十年が経ちました。私達は再び、信用における基本的な問題について熟考する必要性に直面しているのかも知れません。「信用という社会の構成概念」の中には複数の中核の構成要素が含まれ、 その内のいくつかは急速な変化の真っ只中にあります。 例えば信用における重要な構成要素の一つとして対面のミーティングがあります。対面で会うことで相手に関する豊富な情報を得ることが出来、そのような情報を解釈する動物としての本能と直感について私達はある程度自信を持っています。しかし現在、COVID-1

サトシの夢は今も生きているか?

流れ星と僕

令和2年8月11日の夜からペルセウス座流星群が観測できるということで、夜のジョギングのついでに観測してみました。その結果を以下に記したいと思います。

100

ドストエフスキー的自由

海外のビットコイナーガチ勢から、「メガバンクの権力から解放されて、お金を自分でコントロールできるようにしようぜ」、というような言葉をたまに聞きます。 僕がビットコインを好きになった理由は、「インターネット上で自由にコインを送金できる」という、今までに経験したことのなかった体験ができ、かつ、エンジニアとしてその技術に興味をもったからでした。 ビットコインが人々を魅了する理由は人それぞれだと思います。ただ、大半の方は、儲けたから、または、これから儲けたいからという理由ではないでしょうか。換言すると、投機的な理由でビットコインに興味があるといえるのではないでしょうか。 実を言うと、僕がビットコインに興味をもち続けている理由の一つに「価格が上がるから」というのも含まれています。人間というものは実に愚かなもので、どうしてもギャンブルに魅了されてしまいます。

666

おそらく誰でも儲かるビットコイン投資

タイトルがめちゃ怪しいですよね。 disclaimer 絶対儲かる話は絶対ないです。 しかし、本当に簡単です。ビットコインを青の時に買って、赤で売るだけ。移動平均線から解離すると赤になって行きます。有料部分にグラフあります。 このグラフが意味するのは、ビットコイン価格の200週間(約4年間)の移動平均は単純増加を継続してるです。注目すべきは縦軸が対数です。 このグラフはムーアの法則同様に実績値をプロットしただけで、単なる実績値です。ムーアの法則は半導体の容量は指数関数的に増大する(同じ容量ならば、指数関数的に価格が下がる)です。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87 ムーアの法則は驚くべき経験則で、なぜこれが成立しているのか?市場が要求していて、技術が応えられたから?が私の仮説です。ビットコインの価格も(ムーアの法則の様にシンプルな式ではないですが)実は指数関数的に増えてきました。これもおそらく市場が要求して、技術が応えているからと推測してます。そして、背後ではムーアの法則による半導体、計算機、ネットワークの機能向上の寄与があると推測してます。 ビットコイン価格上昇の裏付けとなる重要な事象は、 1. 世界の中銀が無尽蔵に通貨を発行する事。 2. ビットコイン開発者が、ベースレイヤー、ライトニング、Liquidの開発を継続して、その周辺で様々なアプリケーションが立ち上がる事。 3. バグがない事。 elementsを開発してたら、bitcoindのバグが見つかったと、Adam Backが書いていて、奥が深いというか、暗号と数学の話なので、素人に見つかるバグはないと思います。 本当に青で買って、赤で売る人がめちゃ増えたら、どうなるのか?ピークが前に倒れたり、低くなったりの微修正あると予測します。トレンドは維持されるでしょう。

おそらく誰でも儲かるビットコイン投資
100

サイドチェーンLiquidとビットコイン

Liquidとは、ビットコインを1対1でペグしたサイドチェーンと呼ばれるタイプのブロックチェーンです。サイドチェーンにもいくつか種類がありますが、今回解説するLiquidでは2way-pegと呼ばれるタイプのサイドチェーンを使っています。2way-peg型サイドチェーンは以下の図のようなイメージで、二つのチェーン間でアセットが双方向に行き来することができます。 Liquidでは、ビットコインをメインのチェーンとサイドチェーンの双方向でやり取りができます。また、通常のビットコインでは送金され承認されるまでに10分かかるところ、Liquidでは2分と早く、主に取引所間でのビットコイン送金による流動性の向上を期待され開発されました。 メインチェーンであるビットコインをBTC、サイドチェーンであるLiquid上のコインをL-BTCと呼びます。 Lightning Networkとはどう違うのか?LNはレイヤー2技術と呼ばれることが多く、サイドチェーンとは違ったスケーリングソリューションです。イメージとしてはブロックチェーンの上に乗っている感じです。 以下、Liquidの特徴を順に解説していきます。 ・1分で1ブロック生成・信頼された機関による署名・機密取引(Confidential transaction)・アセットの発行・アトミックスワップ・送金手数料について・統計情報・今後の展望

サイドチェーンLiquidとビットコイン
10,000

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

MakerDAOと信用創造の考察
1,000

MakerDAOの債務危機に関して

はじめに本記事は、2020/3/12頃から発生したMakerDAOの債務危機についての整理と今後の展望・調査の足がかりのために記載しました。本記事を出発点として、MakerDAOの仕組みや改善点を浮き彫りにし、システムを俯瞰し、また今後の調査への参考になればと思います。 MakerDAOについてMakerDAOは、暗号資産を担保にステーブルコイン「DAI」の貸付ができるEthereum上のレンディングサービスです。当初は担保にできるコインはETHだけでしたが、2019年11月からBATを担保にDAIの貸し出しが可能となりました。また今回のBlack Thursday事件後には、USDCを担保にすることも可能となりました。 DAIの価格安定についてステーブルコインDAIは1DAI = 1USDになるように設計されいます。DAIの発行には発行額の150%のコインを担保する必要があり、このコインを担保する為の箱のことをVault(以前まではCDP: Collateral Debt Position)と言います。例えば、1ETH = 150USDで1ETHを担保とした場合、発行できるのは100DAIまでとなります。ここでETHの価格が上がれば、DAIの発行可能数は上がりますが、逆に価格が下がると、担保率が150%以下となってしまいます。担保率が150%以下となるとMakerDAOのネットワーク参加者(Keeperと言う)が、その担保を「清算」することが可能となります。これは、担保であるETHをDAIで買い付けて、DAIをシステムへ還元し、システムがDAIを消滅することで、清算されます。この清算プロセスが上手く回ることで、不良債権を減らし、システムを健全な状態に保つことがDAIの価格安定にとって非常に大切なこととなります。 (余談)こうやって見ると、なんだか銀行の貸付と似ていると思いませんか?既存の金融システムをそのままブロックチェーン上に実装することで、貸し借りの仲介者を無くすことが可能になることを示唆しているように思われます。ただ、現状では担保が必須であり、信用を担保とした。ここで、誰がDAIを発行しているのかという観点から、私たちが使っているお金は誰が発行しているのかを考えてみたいと思います。DAIはユーザーが借りる瞬間にシステムが発行し、ユーザーが返却すると消滅します。私たちが使っているお金も実はこれと同様なプロセスでお金の創造と消滅が行われます。銀行が企業に貸し付けた瞬間にお金が創造され、企業が返済すると消滅します。また、身近な例では、クレジットカードの利用も同様で、消費者がスーパーで買い物をしてクレジットカードで支払うと、消費者のバランスシートにはローンが、スーパーのバランスシートには預金が追加されます。消費者がクレジットカードの請求額を支払うと、銀行はその消費者の預金を減らします。これによって新規に作られたお金が消滅します。

MakerDAOの債務危機に関して
1,000

信用創造(貨幣創造)

はじめに 本ブログはイギリス中央銀行が発行した「Money creation in the modern economy」の記事を意訳したものです(動画はここから参照できます)。この記事では、普段私たちが教科書や経済書籍などで習う信用創造の仕組みには大きな誤解があることを大胆不敵にも指摘しています。最初は狐に摘まれたように感じるかもしれませんが、何度も読むことで信用創造の仕組みや中央銀行の金融政策に対する真理を理解できるものと信じています。 原文はCredit creation(信用創造)ではなく Money creation(貨幣創造)という言葉を使っていますが、本ブログでは信用創造の誤解を解くために敢えて信用創造という言葉を使い解説していきます。   概要 このブログでは、どのようにして銀行が貸し付けを行うことでお金が作られるかについて解説しています。 実際の信用創造は、教科書などで説明されているものとは異なっています。銀行は預金者の預金を貸し出すための単なる仲介者ではなく、また、中央銀行のお金の量を操作することで市場の預金と貸出を創出しているものではありません。 信用創造によるお金の量は最終的には中央銀行の金融政策に依存します。通常時は、これは政策金利によって実施されます。また、中央銀行はQEを通して直接マネーストックの量に影響を与えることができます。   信用創造についての2つの誤解 大部分のお金は銀行の預金によって形成されています。しかしこの預金(以降、ストックマネーと呼ぶ)がどこから来るかについて誤解されがちです。1つめの誤解は、銀行は預金者の預金を貸し出すための単なる仲介者と考えられている点です。この考えでは、家計がお金を預けることで預金が作られ、その預金を企業へ貸し出します。実際は、家計がお金を預けると、その預金はモノやサービスの支払いのための支出として使われます。そ

信用創造(貨幣創造)

おもしろサービス×ビットコイン

スポットライト開発エンジニアの小川です。今回は、ビットコインの面白くかつ実用的なサービスの紹介をしたいと思います。 インターネット上のお金としてビットコインは非常に相性が良いと思いますが、ビットコインの送金には、10分の認証時間と数十円の送金手数料が必要で、さらに1円以下の少額決済は現実的にできない状況です。そこで、ライトニングネットワークという技術を活用してビットコインの高速、低手数料送金が可能となりました。スポットライトもこの技術を活用しています。僕はライトニングネットワークを活用したビットコイン決済を「ライトニングペイ」と呼んでいます。 ライトニングペイによる少額決済はインターネット上のコンテンツを1ページあたり購入したり、動画・音楽ストリーミングによる見た分・聴いた分課金など、今までにはできなかった新しい決済手段ができるようになる可能があります。 今回は、ライトニングペイを活用したギフトサービスを紹介したいと思います。このサービスは、ギフト用に送金したい金額を入力します(以下の例は1000 sats)。 「Create」ボタンを押すと、以下のようなQRコードが生成されるので、このQRコードに対してライトニングペイをします。 決済が完了すると、以下のようなギフト用のURLが生成されるので、これをプレゼントしたい人へ送ります。 <img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s

おもしろサービス×ビットコイン
100
card_giftcard

JNWさんから ln4c2s35eが購入されました。

100
card_giftcard

kinoko86さんから ln4c2s35eが購入されました。

100
card_giftcard

phiさんから ln4c2s35eが購入されました。

100
card_giftcard

賢太郎さんから ln4c2s35eが購入されました。

100
description

hrmrchb0lを購入しました。

-100
card_giftcard

高井さんから ln4c2s35eが購入されました。

100
card_giftcard

btc_dakaraさんから ln4c2s35eが購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから ln4c2s35e へ投げ銭がありました。

1000
create

ln4c2s35eを投稿しました。

-100
create

ln4c2s35eを投稿しました。

-100
create

ln4c2s35eを投稿しました。

-100
card_giftcard

カラコンルさんから ckx0cxcfqが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから ckx0cxcfqが購入されました。

100
card_giftcard

Culi-zusiさんから ckx0cxcfqが購入されました。

100
card_giftcard

高井さんから ckx0cxcfqが購入されました。

100
card_giftcard

Namuyangさんから ckx0cxcfqが購入されました。

100
card_giftcard

katakotoさんから ckx0cxcfqが購入されました。

100
create

ckx0cxcfqを投稿しました。

-100
description

tmrpgubktを購入しました。

-100
description

4z7oy0ttrを購入しました。

-100