武漢ウイルスの死者800人越え、BTCは110万円回復(2月9日の状況)

ほんの一週間ばかり前の2月2日に、私は武漢ウイルスの記事を書きました。

武漢ウイルスの収束はいつか(SARSと比較して予想してみた)

このときに引用した記事では、患者数は9,700人ほどでした。

これが、今や37,000人に達しています。

なんと3倍以上!!!

たった一週間で?!

マジで!?

 

それだけじゃなくて、日本人やアメリカ人の患者も亡くなったそうで、感染はまだピークを過ぎたとは言えなそうです。

患者数は16日ごろピークになるという予測もあるとか。ちょうど一週間後ですね。

http://zapzapjp.com/56394294.html

このグラフの通り、患者数が急減してくれればいいのですが、この予測をしたのは中国のAIだそうで、希望的観測じゃね?という邪推をしてしまう私・・・

100

コメント(3件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

マスコミはなんかウイルスにしても「アオル」というのが仕事みたいになってますよね・・・。正しい報道は必要ですが、インパクトの大きい記事を1面に持ってくることもあって、ビットコインの記事もどうも胡散臭いことの方が先に立ってるんでしょね。1面で取り上げられる日はいつになるのでしょう・・・。

最近のAIは優秀ですね。
中国政府への忖度まで覚えて計算しているとは。

BTCは1000万円になっても新聞の一面に載らなさそう。
載ったとしても、バブルだの危険な投機だのと否定的に捉えそうです。
オールドメディアとして、自分たちの古くて硬い頭で考える範囲外のことはとことん無視か否定しそうです。