ヘッダー画像

お金がないのに支払できるの?~信用創造の罠vol.1

なまえ

こんばんは、紫雲和尚です。 前回は、銀行にはお金がねーよ!という話をしましたが、 今日は、そんなんでお金を払ってもらえるのかよ?というお話。

実際、店頭で 「ねえ、今日1億円とある会社から振込受ける予定だけど、現金で全部出せる?」 って窓口のおねーちゃんに聞いてごらんなさい。 多分、「そんなに現金はありません!」 ていうか、身分証明やらなんやらの話をされて拒否られることになりますね。

さーーて、こんなんで大丈夫なの?というそういうお話です。

続きは、有料部分にて・・・。

文字 717字

100

コメント(2件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

ありがとうございます。
話の枕を考えないといけないところが、従来のブログと違って難しいですね。

精進します。

なまえ

記事の「無料」と「有料」の分け方が絶妙にお上手ですね。

関連記事

名前
サムネイル

銀行にはお金がない?~信用創造の罠、イントロダクション

こんにちは。和尚です。 昔の名前で出ています、ではないけれどこの名前で記事書くの久しぶりです。 さて、本件もSatoshiをいただいたので、しめしめ投稿ができる、と思ってしこしことこうして書いている次第ですが、そのコインの話題をば。 ここで、質問です。 例えば、●●銀行とかの決算を見ると「預金量5兆円」とか書いてありますが、 あれって、本当に銀行の金庫にお金が寝ているんでしょうかね? 例えば、全預金者が「今すぐお金を引き出したい」という感じで窓口に行ったら 払い戻し可能なんでしょうかね? 過去、昭和金融恐慌という事件がありました。 さ

名前
サムネイル

憲法9条と三島由紀夫

憲法改正に関して、世論はどのように思っているのか?今までそこまで真剣に考えたことがなかったが、ちょっとしたきっかけで調べてみた。 あるメディアによれば憲法に関して「世論の6割は何らかの改正が必要」だと考えているらしい。安倍内閣も憲法改正が公約ではあるが、その内閣が出した草案では、「9条は現状維持として、自衛隊に関する条項を追記する」というものであった。 しかし、私たちはそもそも『憲法改正の目的』をしっかりと考える必要があるのではないであろうか? 以下は、三島由紀夫の9条2項に関する意見である。 <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/oSYZvXu_wlM" framebord

名前
サムネイル

ここいらでちょっと一休み~でも貨幣って何だろう?

こんばんは、和尚です。 なんだか暑い日々が続きますね。 さて、今日愚娘に明治維新のことを教えておりまして、 そこに岩倉具視さんがちらりと出てきましたゆえ、そういえば500円札ってあったよなあとかとか思い出して、ちょっと信用創造にも疲れてきましたので、こういう話題を。 なんだか1万円札廃止論とかでてきている一方、 それを否定するような新紙幣の発行発表とかあったりして、日本もぐらぐらと一定しない「貨幣」政策を行っているなあーとか生暖かい目で見ております。 さて、今回の話題は、この写真の500円札、いったい今古銭相場でいくらだと思われます? この話題に絡め