暗号資産取引のために合同会社を設立した話

暗号資産取引のために合同会社を設立した話

これはなにか

暗号資産取引を主な目的として合同会社を作った筆者の体験についてまとめた記事です。

なぜ書くか

昨今の暗号資産市場および日本の個人における暗号資産取引の課税状況を鑑み、筆者と同様の目的で会社設立を検討している(または本記事によって検討する)読者が一定数存在し、記事を執筆することに一定の社会的意義があると判断したため。

なぜ会社を作ったか

税制上の利益を享受するため。個人としての暗号資産取引による利益は雑所得となるため、例えば会社員なら会社からの給与所得と合わせて累進課税で適応されます。所得が合計900万円以下であれば23%の所得税と法人税の23%と同等となります。しかし900万円を超えると33%、最大で4,000万円を超えた場合は45%の税率が適応されます。かつこの税率については直近改善される予定もない状況です。これらの状況を鑑み会社設立に至った、というのが背景です。

そのほか、経費の計上や損失の繰越、暗号資産関係なく会社として業務を受諾、サービス運用を行う予定であることも理由として含まれます。

下記は国税庁の「所得税の税率」の引用です。所得税率 個人

下記記事でも暗号資産取引のための法人設立について解説されています。

なぜ合同会社か

暗号資産取引を行うためには合同会社で十分であり、尚且つ株式会社と比較し設立費用が抑えられるため。後述しますが、筆者は7万円強の費用で会社を設立できました。株式会社の場合ではおおよそ24万円以上が経費として発生しこの差額分の経済的利益を享受したいというのが主な理由です。

会社を作ろうと考えたきっかけはなにか

知人に勧められ、税理士に確認したところたしかにやる意義があると判断できたため。税理士には500万円のリターンが見込めるなら会社を作る意義があるとの意見をいただきました。また、橘玲氏のマイクロ法人活用の考え方にも古くから影響を受けておりいつかやってみたいとも考えていたというのもあります。

橘玲氏のマイクロ法人に関する書籍は下記をご覧ください。

どのような税理士に相談したか

暗号資産に知見のある税理士に相談しました。今回、一定の相談を税理士に行い再認識しましたが、暗号資産で多様な取引を行っている場合は、暗号資産に知見のある税理士でないと相談が大変むずかしいです。「ステーキング」「DeFi」「マイニング」など最低限これらの用語について十分に理解できている税理士である必要があります。自ら取引やマイニングを行っている税理士であるとより望ましいでしょう。

どのようにして作ったか

定款の作成等は設立freeeを使う、定款は電子認証を採用する、など可能な限り費用がかからない方法で手続きしました。司法書士に依頼すると10万円(実費除く)の相場で依頼できたのですが、私の場合は時間に余裕がありかつ費用をあまり掛けたくなかった、純粋に会社の設立手続きに興味があったためこのような方法を選択しました。

司法書士を利用せず自身で手続きしたい場合は設立freeeの利用を推奨です。

会社を作るためになにをやったか(時系列順)

  • 税理士に相談
  • 設立の意思決定
  • 会社設立freeeを利用し定款を作成
  • CD-RおよびCD-R書き込みのポータブルドライブを購入(電子定款の作成に必要)
  • 会社の印鑑を作成
  • 個人の印鑑を印鑑登録
  • 定款を作成
  • 専門家の定款チェックと電子署名
  • 口座に資本金を入金、入金証明をとる
  • 書類をまとめる
  • 登記
  • 履歴事項証明書など取得
  • 銀行口座の作成(これから)
  • 取引所の法人アカウントの作成(これから)

どの程度の期間がかかったか

1~2ヶ月がかかりました。これは単に途中でほかの業務などが忙しくなったり私の怠惰な性格のためであり、同じ方法論でも最短2-3週間に圧縮できます。

合同会社を作るのにどのような費用が発生したか

下記です。

  • 登記免許料 6万円
  • 電子定款作成用のCD-R 455円
  • CD-Rを書き込む用ポータブルドライブ 2,059円
  • 会社の印鑑 1.59万円(設立freee経由で発注)
  • 専門家の電子署名費用 0円(freeeに課金したため、本来0.5万円、紙での定款の場合は印紙代: 4万円)

合計 78,414円 計算式

電子定款の採用、freeeに課金などにより78,414円と比較的費用を抑えることができました。前述しましたが司法書士に対応を依頼する場合は上記実費費用プラス、依頼費用10万円が相場のようです。

また、設立freee経由で1.59万円で会社の印鑑を作成しておりますが、5,000円前後で楽天で作成可能と風の噂を聞きました。余力がある人は調べてみるのもよいでしょう。

そのほか、上記はあくまで法人登記のために必要な費用であり、税理士の顧問料や法人設立後の法人銀行口座、取引所のアカウント開設等のために一定の費用が発生することもお忘れなく。

自分で会社設立の手続きをすべきか、司法書士に依頼すべきか

シンプルに、司法書士への依頼費用10万円とのトレードオフでの判断になります。前述のとおり私は時間的余裕があり費用も抑えたかったため自身で手続きを行いました。しかし会社設立の手続きは煩雑なものが多く、そのような作業に時間や脳のキャパシティを取られたくない人、10万円の費用が痛手でない人は司法書士に頼むのがよいです。

自分で作れるのか不安な人に対してより詳細な説明をしておくと、手続き自体はだれでもできます。設立freeeは大変便利なサービスで、誰でも煩雑さを可能な限り圧縮して手続きすることができます。手続きの順番の理解や必要な書類のダウンロードなどかゆいところに手が届く大変便利なサービスです。ただ会社の設立は役所との手続きであるため、手続きの順番や方法に一定の理解が必要で、脳のキャパシティを一定とらるのは必至です。これらを考慮し総合的に判断してください。

暗号資産取引のために法人を作るのを推奨するか

前述したとおり、法人の設立費用以外にも法人用銀行口座や暗号資産取引所のアカウント開設手続き、そのための会社のHP作成や税理士の顧問料など一定の労力・費用が必要となります。これら一連の手続きについて労力または費用をかけられない場合は推奨できません。

また、言うまでもありませんが、暗号資産取引自体で法人設立に見合うだけのリターンが見込めるかも重要なファクターです。執筆時点の2020年12月では、2021年に訪れるであろう大相場に期待が持てますが、それを過ぎると次の大相場は2025年ごろでしょう。暗号資産の相場サイクルも判断の一つになるはずです。

取引所の法人アカウントは簡単に作れるか

まだ開設手続きを行っている最中ではありますが、国内の取引所についてはそれほど難しくなく、海外の取引所はやや困難な印象です。このあたり知見や経験がある方はぜひ助言いただきたいです。

今後について

登記が完了したので今後は法人銀行口座および暗号資産取引所の法人アカウントの開設を行います。

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

2017年の暗号資産バブルではどのようなシグナルが発されていたか

373

米上場中国企業版マネーショート、映画「チャイナ・ブーム」はなぜ投資家が見るべき映画か

219

ALISトークンでどのようにして資産を2倍にしたか

48