馨しき生クリームのごとき花蕾:バレンシアオレンジと甘酸っぱい記憶

馨しき生クリームのごとき花蕾:バレンシアオレンジと甘酸っぱい記憶

はじめに

 めでるならば桜。では香花といえば何だろう。これからは芳しい香りを放ち、いのちを謳歌する花の季節。ざまざまな彩りとともに小庭に咲き競う。

爽やかでどこか人をいざなう魅力があり、記憶を呼び覚ます清楚な花を紹介しよう。

家庭訪問と新しい出会い

 この季節は香りと思い出が結びついている。中学に進学して出会って間もないクラスメイトと担任教師といっしょの家庭訪問。ある日の放課後、それぞれの家へとぞろぞろと5,6人でついてまわった。

新たな同級生たちの家を興味半分で訪れたが、道すがらいろいろな話で急速に親しくなれた。教師もおなじだ。

短大を出て研修の1年を経たばかりのほぼ新米教師で年が近い。学生と紹介されてもそうかもと思うぐらい。急激に身長が伸びるわたしたちと背格好がかわらず、生徒たちに紛れると存在がわからない。

学生と教師を行き来するような話しぶり。考えやはなしが合うので慕われていた。部活で顧問としても顔を合わせ、それ以来3年間いちばん話せた。

さて教師のことはべつの機会に触れるとして、話を家庭訪問にもどそう。

一軒家の庭とかおり

 団地住まいが多い地域だったが、なかには一軒家に住む子がいた。つぎの訪問先はある女子生徒の家だった。そこには庭木などの植栽があり常緑の葉が木蔭をつくり薄明るい。

花が咲き競いどこからともなくかぐわしい香り。そう、かんきつの香り。このかおりで快活な彼女が思い出される。順番の最後になった団地のわたしの家にも皆といっしょに来ていた。生徒5,6人と教師でめぐって廻った思い出と結びついている。

この生徒とは3年間同じクラス。やはりふつうに話のできる間柄だった。色白で小柄な風体とは合致しないガラガラ声で、文化祭の劇で白装束の白からすをたしか演じたはず。

わが家のかんきつの花と蕾

 さて、今朝のわが家。庭に出るとかんきつの香り。どこだろうと家の周囲をひと巡りすると、まさにバレンシアオレンジの一番花が開いたばかり。この写真の花。

ここに苗木を植えて2回目の春。ついに開花した。しかもつぼみが数多い。よい苗木に当たったようだ。そしてこの花のよいのは蕾。ふわっと生クリームを丸くのせたよう(写真手前)。このかたちがなにより愛らしい。

庭には各季節で香る花がいくつかある。水仙、くちなし、ぎんもくせい、もっこうばら、そしてばら。隣家には沈丁花(午前中にそよぐ海風で自宅に薫る)。わたしはなかでもかんきつの花のかおりを好む。身辺にもこの香りをまず置きたい。

おわりに

 わたしは柑橘系の花の香りに出会うと、ああ家庭訪問の時期だなと頭にうかんでくる。

こどもたちにこれからしばらくすると「白いぼうし」(あまんきみこ)を国語で教える時期が来る。物語のなかで実った夏みかんのもぎたてのかおりが小学校での思い出の印象とむすびつく。

関連する記事

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

桃の実につく害虫

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

NFT上のアートなるものの価値についての深夜のつぶやき

61

学力向上をささえる側から、さまよえる保護者の方々へ

43

タンパク質の取りあつかい技術の継承について

29