ブロックチェーン再入門

ブロックチェーン再入門

100

2020/09/09編集

ブロックチェーンについて調べたことを再度まとめ,その定義やブロックチェーンの特徴を考える.

また,しばしば聞かれるがBC(ブロックチェーン)における「分散」という言葉の意味するところを明らかにしたい

内容 

  1. BCとは
  2. BCの特徴
  3. 「分散」とは?
  4. Bitcoinについて
  5. Ethereumについて

BCとは

  • 不特定多数の人とデータを共有,管理して,なおかつそれが正しいことが検証可能で,さらに改ざんなどの不正がされにくい,共有されたメモリを持つシステム.

用語を使うと

  • 分散化されたステートマシーン
  • 悪意,故障のあるノード含め,無数のノードが参加しているP2Pネットワークで各ノードがコンセンサスアルゴリズムにしたがって単一のステートの同期をとりながら,暗号的に検証可能なかたちでデータを保存していくネットワーク,Nが定まってないビザンチン将軍問題を解いたシステム
  • 互いを信用することなく妥当性を確認・検証可能である.
  • ビザンチン障害がある中で,ある地点での履歴が一つのステートに落ち着き,それが確率的に覆される確率が時間の経過のとともに,0に漸近するようなシステム.

 -------

  • ステートマシン

「トランザクション」に応じて「状態」を変化させるもの.状態を変えるためにはトランザクションを実行する必要があり、トランザクションなしに状態が勝手に変わったりしない.

決定論的であり,現在のステートが同じで同じトランザクションを入力するといつも同じ結果になる

  • ビザンチン将軍問題

wikiによると

故障または故意によって偽の情報を伝達する可能性がある場合に、全体として正しい合意を形成できるかを問う問題,これに帰結される障害をビザンチン障害という

-------

まとめると..

これがあればパブリックなブロックチェーンだろう.

  • ある地点のステートが覆される確率が時間の経過のとともに,0に漸近する

タイムスタンプの順番でチェーンみたいにハッシュを連鎖していてるイメージ.チェーンが分岐しても時間が経てばいずれは一本になり,後ろにブロックが続いていけば,そのブロックが覆る可能性はますます減る

  • P2Pネットワークでビザンチン障害に対する耐性がある

悪意,故障のあるノード含め,無数のノードが参加しているP2Pネットワーク.コンセンサスアルゴリズムというルールに従って有効なステートに合意して遷移していく .オープンなネットワークでステートマシンを保護するために適切なインセンティブが設計されている

  • 暗号で保護されたブロックのチェーンがあって全ての状態遷移の履歴を確認・検証可能である

暗号的に検証可能

Bitcoinは2008年から動き続けているが,blockchainという単語はsatoshi nakamotoの論文には現れない.

性質・特徴

上のほぼ復唱

  •   トラストレス

特定のアクターが期待通りに動かなくても,処理を継続できる性質

Blockchainのアプリは他のに比べたらトラストする部分がずっと小さい

  • 検証可能

誰でもブロックチェーンの履歴について検証可能

分散の意味

しばしば分散だと聞かれるが,定義があいまい.どうゆうことか

The Meaning of Decentralization. “Decentralization” is one of the words… | by Vitalik Buterin

  • ネットワークの形状
  • 権力
  • 物理的に
  • 論理的に

とかありそう

分散の種類

  • アーキテクチャの分散・集権
  • 政治的な分散・集権
  • 論理的な分散・集権

がある.

Vitalicは述べている.

Blockchains are politically decentralized (no one controls them) and architecturally decentralized (no infrastructural central point of failure) but they are logically centralized (there is one commonly agreed state and the system behaves like a single computer)

ブロックチェーンでは誰もが一つのプログラムされたルールに従わなければならない点で中央集権的である.

100

記事を書いた人