ふた組なら片方覚えて使える知識にできるなんでもないひと工夫による記憶法

ふた組なら片方覚えて使える知識にできるなんでもないひと工夫による記憶法

はじめに

 確かな記憶にもとづいて使える知識がほしいもの。自信をもって行動につなげられる知識をどうやって整理して頭にしまって、使うときに効率よく取り出すか。

不器用に生きてきて、トライ&エラーのはるかなる山々を築いてきた経験のいくつかと、それの解決法をなるべく具体的に示そうと思います。

出張すると…

 地方在住のため、ごくたまに都会に出張するときがあります。その際にいつも自分が試されているキモチになりがちです。もっと自意識の高かった若い頃は、あからさまに「田舎から出てきたよ。」という札をさげて、自分がスポットライトに照らされて人からは見えているだろうなと思ったものです。

いまその経験をふりかえると、そんなこと気にしないで堂々としていればいい、些細なことにすぎないのですが、それでもちっちゃなプライドがあります。

フリでもいいからみんなとおなじスピードで案内板を見て見ぬふり、ちら見する程度で颯爽と歩いてみたかった。10日間程度の出張のあいだにそう感じつづけたものです。

さらにそれよりも過去、大都会で企業の内定を手にしながら地方をないがしろにできずに断念した経験をふりかえりつつ、都会で生きていくにはこれは何かしら工夫が必要だなとふりかえっています。

記事の内容からずれつつあるので、本筋にもどして記憶法の話にもっていきます。土地勘のある地方の街を意識しないで歩くのとは違い、あきらかに脳の違う部分を使って行動しています。「確固とした行動には確固とした記憶が頼りになる。」これを具体的な経験からその理由を示します。

都会でさまようわたし

 ひとつは都会で行動してみると、根本の知識としての確固な手がかりの必要なことが多いです。具体例を示します。

たとえば羽田空港を利用する際にANAとJALでは、第1と第2ターミナルのどっちのフロアだっけ?というときです。基本は人の流れに乗りながら案内板に頼ることになりますが。

ようやく空港を抜け出せて山手線で上野に向かいたいとき、内回りだっけ、外回りだっけと地下道からホームに出る手前で迷います。

これはふだんはまちがっても、ありゃまちがえたともどってもう一度やり直せば済みますが、とっさに自分を守る行動となるとそうはいかないでしょう。やはり自信をもって確固としたものにしたいです。

人に尋ねればいいとか、スマホでググればいいとかいうのはここでは抜きにします。上手に検索できることが今はだいじかもしれませんが、それができない状況、たとえば試験を受けるときなどを想定します。

活かせる知識にするには

 学習に関するブログを書いていた頃、どの記事にアクセスが多いか調べていました。「人気記事」として先月の1か月間にアクセスの多かった記事やベストテンがわかります。

どんな記事がよく読まれているかというと、タームをどうやって覚えるか、そのノウハウに関するものがとても多かったです。

わたしだけでなくみなさん、頭に入れて使うことに苦労しているんだなとつくづく感じました。

たとえば、

問1.「空海(弘法大師)が密教の活動拠点としたのは高野山比叡山のどち らか?」

問2.「最澄が開いたのは金剛峯寺延暦寺か?」

問3.「真言宗天台宗、空海の教えは?」

といったような問題に答えるときです。

これらのキーワードをただやみくもに頭に詰め込んで丸暗記するとたいてい混乱を招きます。二者択一のはずなのになかなか正解にたどりつけません。生徒たちを見ていてよくやりがちなのが、そのすべてを正確に覚えようとして四苦八苦することです。

そこでこうして覚えるといいよとアドバイス。

覚え方のコツとは

 まずは、中学校の教科書で宗教→仏教→密教とくれば上にあげた太字の8つのキーワードだけです。まずはおおくくりでキーワード8つを平安時代の密教で分類。ほかの天平や鎌倉仏教などはべつのグループとしてとりあえず排除。

そして

①高野山-金剛峯寺ー空海-真言宗

②比叡山-延暦寺ー最澄ー天台宗

と教科書を見ながらわけて、①か②のうち自分が覚えやすい方だけを選んでつなげて覚えます。①と②の両方を覚えなくてもだいじょうぶ。これがポイントです。

なんだこれだけ?とお思いかもしれません。そう、全部8つとも覚えようとするから、頭から引き出すときに混乱しがち。そこで8つのうちの半分、つまり4つだけを確実に結びつけます。残りがおのずともうひとつの組み合わせになるからです。

すると忘れにくいし引き出しやすい。そして正確に確固なものとして答えられます。ちなみに①か②のどちらかだけ覚えて、上の問1~問3を解いてみてください。先ほどより答えやすくなりませんか。半分のエネルギーでむしろ確実に引き出せます。

覚えてない方のグループからの出題であっても、覚えた方のグループの語を差し引いてから解けばよいことに気づけます。

余裕ができてくれば、なぜその場所に密教が広がったのかとか、地図上の位置や現在の県名とからめて学習すると知識がひろがりなおよいでしょう。

まさに上の山手線もおなじです。

さて山手線では

 わたしがいつも覚えられず苦労した先ほどの山手線の内回りと外回り。あまり利用する機会がありませんし、なにかとっかかりがないと覚えられない例です。

これも「電車も車と同じ左側通行だから時計回りが外回り」とか、「東京から見てえ(地図の北)にある’えの’に向かうにはち回り」と自分がよく行く駅を基点にするとか、覚え方を自分なりに工夫します。

やはりどれかひとつだけ確実なものとして覚えるのがコツです。これで地下道の案内板の外回り・内回りにうろたえずにホームに上がれるようになりました。

そしてさらに確認法をダメ押しで知っておくと便利です。ホームのアナウンスの男女のちがい(内回りは女性)、ホームドアの緑の線の数(内回りは1本)などです。自分が内回りに確実に乗車しつつあるか確認できます(2021年現在)。

おわりに

 物事のより確実な「覚え方」は、覚えやすい工夫をつけ加えるということです。ごろあわせもそうでしょう。

二者択一ならば、両方の組み合わせを覚えようとせず、確実な組み合わせを頭の中に作れば、残りはおのずとついてくるということです。

半分の手間とエネルギーで確実に使う際にひきだせます

今回の例は、入試や学習の際にものごとを覚える際に苦労されるときほど使えるよい方法と思います。

人それぞれで覚えにくいことがらに当てはめるといいでしょう。

関連する記事

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

桃の実につく害虫

Share

Popular stories

NFT上のアートなるものの価値についての深夜のつぶやき

68

数学を「わかる」にするには:てがかりとなる4つの手順

57

だれもいない山は腐葉土にあふれている

56