こどもの宿題にまつわる永遠につづくかもしれないひとつの課題 

こどもの宿題にまつわる永遠につづくかもしれないひとつの課題 

はじめに

 夏休みなどの長い休暇に限らず、学校や塾から出されている宿題。教師と親の立場の両方の経験から、保護者の方々からの相談のようすから見えてくる課題のひとつをあげてみます。

宿題をするかしないかの問題についてどうするんだという中心命題に関して声が聞こえてきそうですが、今回はべつの視点からそれに関連することをとりあげます。

こどもと宿題の時間

 つぎのふたつはよく相談されます。宿題に時間をかけないためにどうしたらよいでしょうか。さらに、ていねいに宿題をするようにしてほしいのですが…。 

このふたつの表裏にみえる課題には関連があるとわたしは考えます。たとえば漢字の書き取りの宿題。ほぼ毎日あるでしょう。

休日も漢字をずっとご家庭で時間をかけて書いているこどもさんがいるのではないでしょうか。

こうしただらだら勉強。あまりよいものではありません。勉強もけじめがほしいところ。だらだらしてよい結果は得られにくいはず。

じゃあ、どうする

 それではどうしたらよいでしょう。毎日のことでもひと声だけでもほめてやってください。「えっ、どうしてだらだらやっているのにほめるの?」とお思いかもしれません。

じつはこれからです。ごくたまにはやく宿題をおわらせることがあるでしょう。もしふだんのだらだらしたようすが気になっているならば、すかさずはやくできた機会をとらえてやってください。

ほめられたこどもはまんざらでもなく気持ちがいいはず。親にほめられることは基本的に好きです(https://spotlight.soy/detail?article_id=56j07yfv1)。

ていねいにやってほしいならば

 逆に、文字や漢字をもうすこしていねいに書いてほしいなと保護者がふだん思っているときは、ぜひすこしでもきれいに書けた機会をとらえて余計にほめてください。

こちらもなぜふだんの字が雑ぎみなのに、もっときれいに書けるはずなのにほめるの?とお思いでしょう。そう、上と同じです。

多少、雑に落ち着かず早々と宿題の漢字の書き取りをすませているとみえるときでも、なかにはぐうぜんでも「ある程度」部分的でもきれいに見えるときがあるでしょう。そういうときにすかさず「この『信』の字きれいだなあ。」とほめてください。

これらの方法の意味とは

 これは書いている最中がなおいいです。「ほう、きょうの字はいいねえ。」とひと言。するとこどもは不思議なもので、もっときれいに書こうという意識がはたらくのでしょう。あきらかにきれいになります。

要はバランスです。ある程度ていねいに漢字(あるいは熟語)が覚えられ、しかもてきぱきとかたづけられるようになることが理想。そのねらいからバランスを考えて「ほめること」です。

おわりに

 どうしても この逆のことをいいたくなるのが本音です。たとえば「宿題、まだかかってるの?」、「いつもいい加減なんだから」をいつも聞かされる身になってみてください。

そこはぐっとこらえて、上に書いてきたことを実践してみてください。すこしづつですがちがいがあらわれるかもしれません。

私のふだんのサポートのなかで得た経験にもとづいた話でした。

このカテゴリーの記事

学校選びが変わった:知っておきたいwebで盛んな説明会の見るべき点

塾に通いつづけられる隘路とは

たのしむおとなと、まねするチャンスをうかがうこどもたち

こどもとガンダムをつくりながらつらつら考えたこと

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

桃の実につく害虫

Share

Popular stories

NFT上のアートなるものの価値についての深夜のつぶやき

68

数学を「わかる」にするには:てがかりとなる4つの手順

57

だれもいない山は腐葉土にあふれている

55