陰キャの自分が「服を選ぶために最低限気を付けている事」とおすすめの参考書籍(無料!)

陰キャの自分が「服を選ぶために最低限気を付けている事」とおすすめの参考書籍(無料!)

なんだかんだ気づけばいい年齢になったのだが、未だに服に大金を掛ける意味が見い出せないでいる。

ウェ~イ!なパリピ共が「この服数万円したんだぜっ!」とか謎のマウントを取ってくるのは大の苦手だし、素材の差はあれど高級ブランド品の価格内訳は「そのブランドのロゴ・名前」が多くを占めていると言っても過言ではないからだ。

あと弊社の頭がアレな脳筋ゴリラ(部長)はロレックスの時計をひっそりとアピールしているのだが、それがスーパーコピー品であることを社員全員が知っている

このように大金を払ったり、偽物を買ってまで見栄を張りたいという気持ちがあまり理解できない陰キャなので、基本的に服にお金を掛けることは少ないのだ。

とはいえ、「ダサいカッコはしたくない、歳は取らないように」

とウルフルズ先生の歌にも出てくるように、最低限は指を指されない、無難で、年相応な服で生きていたいとは思うわけで…

あまり参考にならないと思うが、今回は自分が服を買う・選ぶときに最低限気を付けていることなどをまとめてみた。

オサレ上級者からすれば鼻で笑えるレベルだが、人権を失わない為には大切なのだ。

服を自分を引き立たせる為の装飾と思うか、人権を守るための鎧と思うか、そもそもの方向性が違うのである。

てなわけで簡単にまとめると以下の事に気を付ければ大事故は起こらない。

  • 陰キャには辛いが試着・裾上げは必ずすること
  • 柄物は上級者向けなので基本は無地のものを選ぶ
  • 服の色はなるべくモノトーンでまとめる

要するに「自分サイズに合った」「色合いの調和がとれたもの」を組み合わせればOKという事だ。

色合いに関しては基本モノトーン(黒、グレー、白)で全体をまとめれば無難。

変化が欲しいなら無地系で紺色やベージュなどを入れると幅が出るが、くれぐれも主張の激しい色を入れるのはやめておこう。

人権を得るために参考にした書籍

20代の後半に入ってからいわゆる「年相応」な服装というのが分からなくなり迷走していた時期もあった。

今となっては「なんでこんな服買ったんだ…」と思いながらノータイムでゴミに出したりしてるのだが、安い服でもそれなりに金は掛かるので失敗しないのが一番である。

私自身その時期にネットで知って参考になったのが「服を着るならこんなふうに」という作品だ。

(無料で読めるよ!やったー!)

1巻の初版が2015年のため少し古いか?とも思ったのだが、今でも十分私の人権を守ってくれているのでかなりオススメである。

まぁ漫画ということもあって主人公のスタイルが元々良いという不満は多少あるのだが、巷のファッションブランド共はこぞってスタイルお化けな外国人をモデルにしているので、まだ漫画の方が参考になる。

基本的には先ほどの3点を踏まえ、TPOや季節ごとのコーディネートなどを紹介してくれるので使い勝手も良いのでおすすめ。

あと妹の環ちゃんがなかなかに可愛いので「ファッションなど要らぬわ!」という人にもいいぞっ!

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

スマートウォッチなどのガジェットがメインのブログ「ずいずいBASE」を書いています。 ブログやTwitterで書ききれないものなどはこちらに書いていこうと思います!

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

「男の娘風俗」に行ったらこの世の理不尽さを痛感した話

350

【再開中】水槽版POLLO FEED進捗報告 ライトニング決済でカーテンを開けるテスト

140

【相談】「POLLO FEED」の水槽版を作ってみたいのだが…

108