akky

akky

Pocket Gamer Connectsから振り返るブロックチェーンゲーム史

9月16日に、Pocket Gamer Connectsオンラインイベント内で「日本のブロックチェーン業界の歴史」的なパネルセッションが行われていたので、せっかくなのでパネルセッションの中身を振り返りつつ、日本のブロックチェーンゲームエコシステムの歴史を振り返る記事を作ってみる事にしました。 ※当記事は無料記事です。 PocketGamerというのは2005年頃から続く老舗ゲーム雑誌で、ポケットゲームやNintendoDSといった時代から持ち歩くゲーム = ポケットゲーム を特集し続けているイギリスのメディアです。 そんな老舗メディアがブロックチェーンゲーム専用カンファレンスを開くようになったのは感慨深いですね。 参加メンバーは、日本一のブロックチェーンゲームカンファレンスTokyoBlockchainGameConferenceの運営チームからMissBitcoin藤本さんと絢斗さん、dApps運営会社としてマイクリからマイケルさん、クリスぺから小澤さん、そして日本独自のエコシステムの象徴であるTokenPocketからミニこーへいさんでした。 このメンバー構成からも分かるように、今回のセッションはBtoB向けで、既にスマフォアプリを沢山作ってきた企業がどうやってブロックチェーンゲームに参入するかを具体的に考える為に日本のエコシステムがどう発展したのかを解説するセッションでした。 https://twitter.com/PGConnects/status/1306164215145803776 それでは、当日の流れを遡ってみましょう 1.ブロックチェーンゲームの歴史 = スケーラビリティとの戦いの歴史 今でこそGAS代高騰が話題になっていますが、そもそもブロックチェーンゲームの歴史はイーサリアムのスケーラビリティとの戦いの歴史と言っても過言ではないでしょう。 例えば2017年冬、dapper lab社の作ったCryptoKitiesが爆発的にヒットして当時の全イーサリアムネットワークのトランザクションの15%以上を占拠してBBCニュースに載るという事件が起きました。 https://www.bbc.com/news/technol

Pocket Gamer Connectsから振り返るブロックチェーンゲーム史

BinanceSmartChainでCream祭りに参加する方法

皆さんこんばんは、akkyです。 今までTwitterでdAppsゲーム周りのネタを中心につぶやいていましたが、DeFi祭りが色々面白すぎたのでついに自分も記事を書くことにしました! ※(9/21追記)その後のCREAMの価格暴落→唐突なトークンBurn等の流れもあり、CREAM運営自体がいつまで続くのかやや不安がよぎる状況になってきたので、CREAMへ実際に資金を預けるかどうかは必ずCREAM自体を自己調査してからお願い致します。 ※この記事は無料記事です。 今日紹介しようと思うのは、明日14日の日本時間23時から開始されるBSC(Binance Smar Chain)版CREAMでのエアドロ祭りについてです。 https://medium.com/cream-finance/c-r-e-a-m-launches-on-binance-smart-chain-365734c54a5c# まず、BSCって何?って人が多いと思いますが、これは今年の夏のGAS代高騰事件で加速したポストETHプラットフォーム競争にバイナンスが全力で参入してきたプラットフォームです。 今まであったBinanceChainとは違うので要注意です。簡単に説明すると、ETHのプライベートチェーンです。ホワイトペーパが公式サイト( https://www.binance.org/en/smartChain)にあるので、ざざっと流し読みすると、初期はバイナンス関係者だけが運営できる20のノードで運用されるDPosとPoAを組み合わせたチェーンになります。 出展 https://docs.binance.org/smart-chain/validator/guideline.html え?それってDecentralizedじゃなくない???  と思ったそこのあなた、正解です。 冒頭にも述べたように、BSCはプライベートチェーンなのでパブリックチェーンではありません。 昔だったらそんなプライベートチェーンに人気は出なかったと思いますが、

BinanceSmartChainでCream祭りに参加する方法

Plasma, Zk Rollup, Optimistic Rollup

はじめに 本投稿は、自身のイーサリアムのスケーリング技術動向のまとめであり、イーサリアムのレイヤー2ソリューションとしての概要を掴むために寄稿しました。※本文では説明が割愛されている部分や、間違っている部分がある可能性があります。  目次 ・Plasmaの概要 ・Plasmaの問題 ・Zk Rollupの概要 ・Zk Rollupの問題 ・Optimistic Rollupの概要 ・Optimistic Rollupの問題 ・Meta Transactionの概要 ・Meta Transactionの問題 ・まとめ   Plasmaの概要 Plasmaは、イーサリアムを親チェーンとして、そこへ階層的な子チェーンを追加します。その子チェーンで行われた取引は、子チェーンのオペレータによって集約され、その集約されたデータをコミットメントとして親チェーンへ書き込む手法です。この子チェーンをPlasmaチェーンと呼びます。 親チェーンへはコミットメント(ハッシュ値)のみが記録されるので、親チェーンが保有するデータ量を削減することができます。ただし、子チェーンで行われる取引データは、その子チェーンの参加者が保持する必要があります。また、子チェーンのブロック生成者(オペレータ)が不正なブロックを生成しないか常に監視する必要があります。 Plasmaを使う流れは以下になります。 入金:Plasmaチェーンへ入るためにコントラクトへコインを入金する。 取引:コインの送金などの取引データをオペレータへ送信する。オペレータは受信したデータを集約し、そのコミットメントを親チェーンへ送信する。 出金:Plasmaチェーンから親チェーンへコインを出金する。 Plasmaはオフチェーンソリューションとしてのプロトコルで、さまざまな実装が存在しており、Plasma MVPやPlasma Cash、また日本企業が開発しているPlasma Chamberなどがあるみたいです。 Plasmaの問題 参加者はオフチェーン用データを保

Plasma, Zk Rollup, Optimistic Rollup
card_giftcard

5odqd755f へ投げ銭しました。

-100
description

vm8yswfg2を購入しました。

-100
card_giftcard

Yuyaさんから tgea61b3oが購入されました。

100
card_giftcard

Motokanさんから tgea61b3oが購入されました。

100
create

tgea61b3oを投稿しました。

-100
card_giftcard

Daishiさんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

qilg7d34g へ投げ銭しました。

-200
card_giftcard

JNWさんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

単眼愛(モノアイ)さんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

jimmyhommaさんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

Shingenさんから bxvr7r057 へ投げ銭がありました。

10000
card_giftcard

借金をぶっ殺すさんから bxvr7r057 へ投げ銭がありました。

100
card_giftcard

Shingenさんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

紫藤かもめさんから bxvr7r057 へ投げ銭がありました。

200
card_giftcard

Da-さんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

Kei Tanakaさんから bxvr7r057が購入されました。

100
card_giftcard

Yuyaさんから bxvr7r057 へ投げ銭がありました。

1000
create

bxvr7r057を投稿しました。

-100
card_giftcard

Spotlightさんから 投げ銭がありました。

1000