ヘッダー画像

人間の絆 モーム著を読んで

なまえ

人間の絆は、主人公のフィリップと人生の意味を見つけることのできる文学作品です。

 

イギリス生まれの主人公フィリップは、幼い頃からのえび足にコンプレックスを抱きながらも、読書会をこよなく愛し勉学に励みます。

高校を中退し、ドイツへ留学するのですが、そこでの人々との出会いや経験からフィリップの自我が徐々に形成せれていきます。

 

ドイツ留学が終わるとイギリスへ帰国し、会計士として、会社勤めを始めたフィリップですが、

 

ある時、芸術に目覚めパリへの留学を決意。

 

そのパリでも沢山の出会いをするものの、芸術の才能のなさを実感し、母国へ帰りるのですが、そこで待ち受けていた新たな人生に、、、

文字 355字

200

コメント(1件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

人生はペルシャ絨毯